「すみません、ただのオンナに戻ります」。

「ただそのままのわたし=ただのオンナ」に戻って生きる喜びとその日々を綴っています◎

「自分を信じる」「自分に正直に生きる」を貫いたら、愛と感謝と幸せしか残らない!!

この記事は2015年末に、

3年以上同棲中の彼氏との結婚が決まらず、

両親との関係もなんだかわだかまりがあり、

仕事も転職を繰り返しても上手くいかなかいなど

 

いろんなところで悩みを抱えていたブログ筆者(わたし)が、

「ただのこの自分を信じて生きたい」という想いのもと、

大事にしてきたこと、実践していたことの一つをご紹介しています。

 

この記事で書いてあるようなことををはじめ、

「自分を生きるということ(そしてそのことで、自分も周りも無理なく自然にしあわせになっていくこと)」とは、こういうことではないかな?

ということをコツコツと続けていった結果、

 

・半年後には結婚が決まり、

・自分が無理なく、心から楽しいと思える仕事が見つかり、

・両親やきょうだいと本当の意味で安心して心が通じ合えるようになり、

・旦那さんとなった彼の仕事(自営業)が軌道にのって、

 

そして、2017年には

・大好きな場所で心から満足のいく結婚式が挙げられ、

・その後、なぜだか1000万円弱のお金が流れ込んで、

 

・都会を離れた伊豆という地域で両親の家をリフォームして、

自然に囲まれた広い一軒家でゆったりと、大好きな旦那さんとともに

生活することができるようになりました。

 

(その軌跡は、すべてこのブログで綴っています)

 

それらの現実の変化もわたしにとってはとても大きなものでしたが、

一番の変化は、わたし自身が心穏やかに、

毎日ほっこりとした気持ちで

「しあわせだなあ」と思えるようになったことです。

 

このブログで書いている、わたしがやってきたひとつひとつはとても小さなことですが、

続けていったら、

自分のことを自然に大切に、

自分らしくただ在ればいいんだな。大丈夫なんだな。と

思えるようになっていくのはわたしが実証済みです^^

 

前置き長くなりましたが、この記事やこのブログがどなたかのお役に立てますことを願っています◎

 

では、どうぞ御覧ください^^

私たちは産まれた瞬間から

親に始まって、

幼稚園に入れば幼稚園の先生、

学校に入れば学生生活で、

そして社会人になれば組織の中で、

「これは良いこと。」

「これは悪いこと。」

「◯◯という立場ではこうあるべきである。」

「ふつう〜〜だろう」

などなど、

本当に様々な常識や社会通念を埋め込まれて生きてます。

 
そんな中でふと、

「常識ではこうだというけど、

本当は違うんじゃないの??

という想いが芽生えたとしても、

それが「社会の一般的なそれ」と比較して少数派であれば

必ず誰しも不安に思うものです。

「わたしが、おかしいのか??」と。

 

そうしてその不安が、

「自分を信じて、自分に正直に生きること」を止めてしまう。

蓋してしまう。

 

だけれど、わたしが自分自身でやってみて、人にオススメすることは

 

「自分を信じて、自分に正直に生きる。

その結果として、

 

本当に人の迷惑になるのか?

 

生きていくことができなくなるのか?

 

不幸になるのか?

 

バチが当たるのか?」

 

これを、本気で自分の人生で試してみたらいい。

 

っていうことです。


それは何も、最初から大きなことじゃなくてもよくて、

 

わたしは、毎日の中でしている様々な選択を、

どんな些細なことでもいいから、

「自分に正直に」選択してみるところから、始めました。

 

それはお昼を何食べたいとか、休日寝まくって自堕落な生活してみるとか、

そんな小さなことからだったように思います。


そうすると、いままで、

いかに他人や社会の目線や常識にそって、

自分の意志でない選択をしてきてたかに気付いていきました。

 

「こんなにも、わたしは他人や社会から見て”こうあるべき”とか、

”こうしたほうがよい”っていう基準で、

自分の人生の選択をしてきたんだ」

 

って。。。

 

あまりにそれが染み付いていて、

最初はどんな小さなことでも

「自分を信じて」「自分に正直に」選択することが

ものすごい抵抗感や恐怖を伴いました。


でもこわいままで、

どんどん、自分に正直な選択を積み重ねていきました。

するとだんだん、自分に正直であることに慣れていったんです。

 

そしてそれに慣れて、それがスタンダードになっていくと徐々に、

 

「いろんなことを、これが常識だとか当たり前だと信じて決めつけて

それに沿って選択してきたけど、本当にそうなのだろうか??

もしかしたら、違うんじゃないのだろうか??」

という想いが芽生えていくようになりました。

 

たとえばわたしには以前は、

「オンナがオンナであることを仕事に持ち込むこと(たとえば生理中のしんどいときに仕事を人にお願いするなど)は、いけないことである」

なんていう思い込みがあったので、

 

当時のわたしは男性顔負けに、

毎日終電まで、家にも仕事を当たり前に持ち込んで、ガツガツと働いていました。

 

でもそれで心身ともに支障をきたすようになっていったとき、

自分のほんとうにほんとうの正直な気持ちは、

「女性であることに蓋をしたくない」

「生理を含む、女性の身体の自然なバイオリズムを無視して否定してまで

男性と同じようにコンスタントにがんばるのが当たり前とすることは、

しんどいな、そんなの嫌だな」

「もうこんなのやめたい」

って気持ちでした。

 

なのでわたしは、その自分の気持ちに正直であろう、と決めて、

 

「自分に正直な気持ちで生きることが本当にいけないのかな??」

「そのわたしの正直な気持ちは、今わたしがいる世界では非常識かもしれないけど、

そうじゃない世界もあるんじゃないかな??」

という自分の直感を信じて、

そんな世界を垣間見たくて、銀座でホステスのアルバイトを始めたりもしました。

 

そうしたら、そこは

「わたしが今まで常識と思っていた世界」とはまた真逆なほど異なっていて(それが良いか悪いかは別として)、

いかに自分が、

自分の育ってきた、小さな世界の価値観に縛られていたのか、と気付かされることが山ほどありました。

 

そして

「水商売とは◯◯だ(こわい・汚い・良くない、等々…)」

 

↑これも、世間で言われてることと実際のそれとは、

全く異なる世界もあるのだということにも、気付かされたりしました。

 

その間も、本当に不思議なご縁や奇跡みたいなことをたくさん経験して、

その結果、

自分自身が、世間一般の「こうあるべき(常識)」を自分の人生に採用するのをやめて、自分の気持ちを信じて、自分の気持ちに正直に生きると覚悟を決めたら、そのときに、

 

その覚悟によって、そんな自分でも許される世界が創造されていくんだ、という確信が持てていきました。


結果として、ものすごくベストタイミングでホステスの仕事を辞めることもできて、

その後、一般社会に戻っても、

なぜか男性や社長さんに守られることが増えて、

存在するだけで、笑っているだけで喜ばれることが徐々に増えていきました。

 

世間で言う「ちゃんと」「真面目に」に沿うことに必死になっていた頃は

どんなにがんばっても、批判されたりやる気がないとみなされて叱責されていたのに、です。


その他にも、彼が独立することに対して

「フリーランスは生計が不安定になるものだから、

パートナーである女性は会社員を辞めるべきでない。

固定給をもらってきて支え合うもの」

 

みたいな世間の価値観を勝手に信じて採用していたのですが、

これも、わたしの正直な気持ちは

「わたしは会社員が心底合わない、嫌」

「辞めてのんびりしたい」

というものでした。

 

そして「もしかしたらその考えがオトコをダメにしてしまうんじゃないのかな??」

という自分の直感を信じて、

収入のアテもないまま

会社員の仕事を先に辞めてしまったんですね。

 

※その経緯はこちらを御覧ください

santasantasan.hatenablog.com

 

そうしたら、そのことをきっかけに、彼の仕事への覚悟と

わたしを守ろうという強さが強まったようで、

その後、いろいろな人に支えられながら、

わたしたちの間でお金が当たり前に回っていくようになっていきました。

 


オンナは、妻は、嫁は、娘は、こうあるべき。

 

↑世間にはこんな呪い(苦笑)が多々ありますが、


その後も、いちいちそんな常識を疑って、

自分の正直な気持ちを確認して、

そして自分の感覚を信じて、

 

両親に甘えたいと思ったら甘えるとか、

家事もやりたいときしかやらないとか、

彼のお母さんやお兄さん、お義姉さんにもなんにも取り繕わず、

世間的に見たらダメダメな娘であり、妻であり、嫁(候補)であっても、

「ただ自分に正直で在ろう」としていきました。

 

その結果、現実は、悪くなるどころか、

彼もわたしを大事にしてくれて、

彼の家族も可愛がってくれて、

家事や仕事をがんばらなくちゃとか、「こうあるべきだ」と思って

一所懸命無理してたときよりも、

なぜかすべてが円満になっていきました。


そしてわたしのことを、真面目な、世間的にしっかりとした娘に育てようとしていたわたしの両親さえも、
今となってはわたしが甘えることや自由であることを

むしろ喜んでくれるようになったんです。

 

 

最初に書きましたが、

 

「自分を信じて、自分に正直に生きる。

それで結果、

 

本当に人の迷惑になるのか?

 

生きていくことができなくなるのか?

 

不幸になるのか?

 

バチが当たるのか?」

 

これを本気で自分の人生で試してみたら、

 

・迷惑どころか必要とされ愛された。

 

・生きてくことができないどころか豊かになった。

 

・バチが当たるどころか幸運ばっかりになった。


そういうことしか、起こらなくなっていったんです。

 

f:id:santasantasan:20180510121811j:plain

 

そしてそれをセッションなど通じて人に伝えていったら、

そのお客さんたちからも、同じような変化の実感や、感想がどんどん増えていったことで、

「自分を信じて」「自分に正直に」生きることはご利益しかないと確信していきました。

 

「努力して」

「真面目にコツコツ」

「自分のことよりも人のために、社会のために」

世間では、そういう生き方が良しとされて、幸せになるとされいると思います。

 

でも、それ、本当にそうでしょうか??

 

そういう【まっとうな】生き方を積み重ねて生きてきて、

実際どうでしたか??

 

わたしは、幸せを感じなかった。

わたしだけどころか、

周りさえ幸せに、笑顔に、できなかった。


だから、変えたんです。自分に正直に、生きようと思った。

そうしたら、現実が教えてくれた。

答えはすべて、自分の中にあることを。

 

自分を本気で信じて生きようと思ったら、最初は、

恐ろしいほど自分しか興味ない、

見てない自分を知ることにもなります。

 

最初は慣れないから、コツコツばかみたいに恐怖を感じながら

自分に正直に選択することの繰り返し。

 

でも

自分が自分の醜さに、欲の深さに、

都合の良さに、

「わたしってなんて恐ろしいオンナなんだ…」

って絶望し、身悶えしながらも、

 

そんな自分を愛して受け止めて

自分に正直に生きようと貫いたら絶対に、

それが自分の自信になっていって、現実も変化してくるんです。

 

自分を信じて生きることに、確信が深まっていくんです。

 それはやってみた人間にしか見えない世界なんだと思います。


だから、結論は、やってみて!!ということです。

怖いと思うけど、損なんて本当はひとつもないです。

 

そうして社会の「ナニ」に振り回されず

自分を信じて自分に正直に生きて、オンナの人生謳歌する女性が増えていってほしいな、と思いますし、

わたしもその軌跡をこれからも綴っていきたいなと思います^^

 

 

☆「自分を信じる」「自分に正直に生きる」〜関連記事☆

santasantasan.hatenablog.com

santasantasan.hatenablog.com

santasantasan.hatenablog.com

santasantasan.hatenablog.com

santasantasan.hatenablog.com