読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

「できない」、「弱い」っていう才能。

昨日は直前ですが、お電話して当日の予約がとれたので、

ブライダルシェービングというものに行ってきました。

 

わたしは実は自分の顔面において

エステやシェービングや、それらのサービスに伺うのがとても苦手です。

 

というのも、わたし自身がものすごく肌が弱い(というか薄い?特に顔が。。。)らしく、

少しの摩擦でも赤みが出たり、傷がついてそこからぶつぶつが出来てしまうから。

 

エステティシャンさん等にまずそれを伝えなくてはいけないところからすでに申し訳なく、

そして施術をしてくれる方にもとても気を遣わせなくてはいけなくなるし、

自分自身も「大丈夫かな。大丈夫かな。。。」と

終わる前も、終わってからも、

ドキドキすることが多いのもちょっとしんどくって。><

 

でね、よくこういうわたしのような、

心や生き方について扱う業界ではこんなことを聞きませんか?

 

「自分を生きていれば、肌も身体も強くなる」と。

 

わたし、随分最近までこれはほんとうにそうだろうなーって思ってたので、

ずーっと自分の状態がコンプレックスでした。

 

だって、この生き方を始めて一年以上経つけれど、

肌も身体も、

別に丈夫になんないんだもん。。。涙

 

 

もちろん、以前と比べればずーっと状態は良いです。

 

一時期は顔中ものすごい膿状のニキビまみれで

(汚い話でごめんなさい><)

皮膚科に行っても何をしても全然治らなかった、

そんな時期が大学を卒業して新卒入社で就職してから

とっても長い期間あったりしたので、

 

そういう時期に比べればものすごく今、状態がいいです。

 

 

でも、いわゆる「ゆらぎ肌」というのでしょうか、

季節の変わり目や、

花粉の時期とか、今のように黄砂が飛んでる時期とか、

紫外線を強く浴びたあと、

そしてシェービングなど強い負荷がかかれば、

やっぱり肌に顕著にでます。。。

 

もちろん、そんなふうに状態が一時的に悪くなったとき、

自分がどう在るかによって、それがマイナスの方向に働くと、

その悪い状態(問題)をますます悪化させるとか

より長く治りにくくさせてしまうことになるのかとか、

 

そういうのはわかるようになったので、

以前より心持ちは随分ラクです。

 

だけど、伊豆に行って外観光しまくったあととかは

やっぱりしばし肌が大変な状態になりますし、

こればっかりはただただ受けたダメージからの回復を待つ

(自然治癒力を、心の状態でジャマしない)

しかできません…。

 

 

そんな風に、けっして、

「いつもツヤツヤの、問題のない、健康的な、強い肌!」になったわけではないんですね。

 

 

だから、繰り返しになりますが、

それがとってもコンプレックスでした。

 

一時期は、「自分の在り方にまだまだ問題があるからこうなのかなあ〜…」と

自分を一から疑って見直していた時期もありましたし。^^

 

 

ただ、最近は妙に納得が行くようになったというか、

 

一つは、わたしの魂の性質(感性みたいなもの)が、

こーーーんなに感受性ビンビンなのに(笑)、

 

その容れ物であるわたしの身体だけが頑丈で、敏感でない=ある意味で鈍感 というのは

逆に不自然だろうなあと思ったんですね。

 

わたしは、良くも悪くもこの豊かすぎる・敏感すぎる感受性を持っていることが

長い間随分生きづらくて、

だからこそ長い間随分、ジャマ者扱いしてきて、

 

でもそれを受け入れて、一緒に生きていく選択をして、

むしろ大きくウェルカムして、

大切に尊重して生きていく選択をして、

 

そうしたら起きたことといえば、

このジャマ者と思っていた、世の中に必要とされるはずがない(むしろ迷惑をかける)と思っていた感受性くんが

 

 

かえって世の中のいろいろな理(ことわり)を感覚でキャッチしてくれる強力な味方になって、

 

それを人様にお伝えして応援するこういう仕事で

人や世の中の役に、わずかでも立てるようになったわけで。

 

わたしは人の依存心や構ってちゃん心を汲むことはしないと決めているけれど、

それでもある程度、人の気持ちの機微に気付けなかったら、

こういう仕事はできないでしょうし。

 

敏感に気付いて受け取れるからこそ、

突っ込んだり、気づけて伝えられることがあるのだと思います。

 

わたしはテレビは見ないけれど、きっと今でも、

もし悲しいニュースや、苦しい何かを見聞きしてしまえば

やっぱり多少なりとも心が揺れると思うのですよね。

その敏感さは変わらないと思う。

 

だけど、今わたしの周りにそういう人も出来事も正直いなくなったというか、

そういうものに好んで近寄って嘆き悲しむことで「良い人ごっこ」をすることで魂を揺さぶる生き方を心底望んでないので、

そういう現実がほとんど現れないのですね。

現れたとしても、増幅しない。

(わたしが、感情をそこで揺らして楽しませて増幅を助長させることをしないから。)

 

だから、この感受性の鋭さが、

無くなったのではなく、

プラスにばかり使える人生になったんだと思います。

 

 

 

 

 

だから、身体も、最近は、

その心のわたしがいて、

この身体はわたしにとても合ってる気がすると、

このわたしの容れ物なだけのことはあるなと、

なんというのかな、

愛着が湧いてくるようになりました^^

 

あ、もちろん、今でも、

「ちょーーーー丈夫な、悩みゼロの健康つるつる肌になったら一番ラクなのにーーー!!」

っては思っていますよ。笑

 

でもきっと、この弱い肌や身体であることは、

その弱さゆえに、

サポートしてくれる周りに感謝できたり、

自分にできないことをできる技術者さんを尊敬できたり、

(もちろん今回のように、必要なければ無理にそういう施術を受けに行くことは無いと思いますが^^)

 

そうして「おかげさま」「ありがとう」の循環を

よりわたしに体験させてくれるためにそうであるのかなという気持ちがしてきて。

 

というか先に、

「ほんとうにおかげさまだな〜」

「ありがたいなあ〜〜」

っていうあったかい嬉しい気持ちになって、それを受け取らせてもらえて、

 

そうなってはじめて

「あ、でもこれって、自分が弱いところがあるからこそよりそう思えんだな!」って

気付かされるというか。

 

わたしはお調子者なので、

もし自分でなんでもできてたら、

強かったら、

今みたいに「おかげさま」とか「ありがとう」とか

多分ぜったい思わない^^;

 

わたしの中の弱さと、できることできないことの、この【塩梅】が

一番、わたしを幸せにしてくれる(しあわせと感じさせてくれる)塩梅に

 

ちゃんと完璧に計算されてそうなってるんだなあと。

 

きっと本来、それに気づいてないだけで、

全員がそうなんだろうなあと。

 

そう思ったんですよね。

 

そしてそう感じるとき、

たとえば今回のシェービングとかも、

やっぱり翌日の今日は肌に赤みがさして、

ちょっとかゆみがあるんですよね。

問題が出なかったわけじゃない。

 

ただ、

そのわたしの【弱さ】が原因で起こることが、

その施術してくれた人を責めたり、恨んだりするような結果には

最終的にはならない気がするんです。

 

わたしの中にある【弱さ】は、

それによって人を責めたり恨んだりするきっかけになるためにあるのではなく、

 

最終的には、

 

人に感謝し、愛を循環しあうために、

存在してるのだと思うのです。

 

そうだと思うし、そう信じたいとも思うのです。

 

そしてそれは、わたし自身というよりも、

わたしを何かの意志をもってこの世に生み出し、

そして今も生かしてくれている何者かへの信頼、という意味でもあります^^

 

 

そんなわけなので、シェービングをしてくれた方・そのお店にも、

「おかげさまで当日は綺麗な状態で式を迎えられました!ありがとう!」と、

直接伝えられるかはわからないにせよ、そういう想いを送りたいので(笑)

 

だから少なくとも、せめて自分で肌を刺激して悪化させてしまわないよう、

今日から保湿等々しっかりがんばります!!

 

 

式だって本当のところ、

良いお式にしたいのはその気持ちがあるからなんですよねえ。

 

自分にとって、良い式となって、楽しめれば、

「あなたのおかげです、ありがとう!」と

関わってくれた人に心から言える(思える)から。

 

別に良い人ぶるのでもきれいごとでもなく、

それが一番自分にとっても嬉しいことだからそう思う。

 

誰かに、「ありがとう!」「おかげさま!」って感謝できる自分で在れることが、

やっぱりいちばん、

自分にとっても気持ちがいいですよ〜〜。

何かを手に入れたって、自分一人のこと喜びじゃあ

ある程度で限界というか、つまらなくなるしパワーにならなくなるものです。

(と最近、ほんとに思う。)

 

 

これって、「自分を大切に生きる」でもまさに同じことね!

だから、自分をまずは一番に大切にするんだよ!

 

 

そうしたら、「できない」こと、「弱い」ことさえ、

その自分のままで、

ものすごい才能になりますよ^^☆

 

 

お!今日は久しぶりに中身のある良い記事が書けた気がする!笑

7月のスクールのお申込みも、まだ1ヶ月以上あるにもかかわらず

密やかにしっとりゆっくりと(笑)お申込みありがとうございます^^

 

式に向けてあとすこし、楽しみつつがんばりますー!^^

 

皆さん今日も良い一日をお過ごしください♪

 

【募集中】

Just a womanスクール
〜自分を大切に生きる方法〜第3期

 

【日時】2017年7月1日(土)13時〜18時

 

【場所】JR東京駅徒歩10分圏内の貸し会議室

(お申込み者様に直接ご連絡いたします)

 

【対象】【そのままの、ただのオンナな自分に戻って

その自分を大切に生きる】ことをしたい上で、

(いつかは)結婚したいと思っている、独身女性の方。 

年齢は20代〜40代前半まで。

 

【特典】①Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのものです)でのフォロー(スクール当日から一ヶ月間)

②卒業生向け音声配信サービス4月分の配信

 

【代金】140,400円

 

【お申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。

2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。

※2日以上経っても折り返しのご連絡が届かない場合はメールの不具合等ですので、

お手数ですがメールアドレスや迷惑メール設定などをご確認の上、再度ご連絡をお願いいたします