「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

自分を大切にする子育て☆親であってもやっぱりその前に、等身大の「ただの自分」を忘れない☆

今朝の伊東はものすごい快晴で、

気持ちよく早起きができたので朝から2回洗濯機をまわし、

駅近で行われている「伊東のあさいち」に行き、

そしてそのまま海岸でお散歩をしました☆

 

f:id:santasantasan:20181021172051j:plain
海がめっちゃ青くて綺麗だったーー!!!

 

 

f:id:santasantasan:20181021172126j:plain
あさいちで買った伊豆函南産の干しいものインスタ映えにチャレンジ。
インスタやってないけども。
国産手作り干しいもが食べられるしあわせ!←干しいも大好き
他にも、キンメのあら汁などいただきました☆

 

 

そして砂浜をのんびりお散歩しながら、

地元の漁協組合がやっているレストランで、ランチにお刺身定食を食べて帰りました。

 

f:id:santasantasan:20181021172348j:plain

 

 

妊婦は基本的に生ものNGと聞き、わたしも控えていますが、

地元のとれたてのもの(しかもそのすぐそばで水揚げされたもの)はやはり鮮度が違うので、

私的に大丈夫だろう!ということにしています^^;

とっても美味しかったです♡

 

 

さて、そんな感じでのんびりとした日々を送っておりますが、

お腹のほうはすっかりでっかくなり、

いよいよもうすぐ臨月に入ります◎

 

でね、一応お腹はめちゃめちゃ大きくなりつつも、

先週までは東京に出張に行っていたり、 

 

santasantasan.hatenablog.com

 

先日取材に行かせていただいた村井さんにも、

「(臨月間近のわりに)けっこういろいろ活動されてますよね!」

と言っていただいたのですが

 

santasantasan.hatenablog.com

 

基本的に何もない日はこんなふうに、地元でのーんびり過ごしていますし、

お昼寝もたっぷりしています◎

 

が、SNSやブログからだけだと、とにかくいろいろ動いているように見えるのか、

ついに先日、Facebookを見たある人から

「そんなに好きなことばっかりやってて、子供が生まれたときに大丈夫なの?」 的な、

子供がかわいそうだ的な、

心配して言ってるんだ的な、

巷でよく聞く的なソレを他人様から初めて言われたのでした。

 

今回は、その人のほうでいろんなモヤモヤがあったバッドタイミングに

わたしがキラキラ楽しそうに見えたようで、本人も半分それを認めましたが、

 

これがいわゆる巷でよく聞くやつか…!!

(親になると言われるとかそう見られるとかいう的なやつか…!!)

 

と。

 

わたし自身は、わたしと真逆(=専業主婦、子供&家族のために全てを捧げる的な)なその人の生き方を否定したこともなければ、

 

相談や愚痴を聞かされれば常に応援の気持ちで耳を傾けてきたつもりなので、

 

オマエ、なのに自分がちょっともやったときは八つ当たり的にこっちの生き方大否定かよ!と心底呆れつつ、

 

いつもの癖?で、これってどういう心理的パターンなのかな、と

ある種、興味津々でノートにいろいろ書きながら、私的探求が止まらない。←これたぶん一番性格悪いやつな。

 

 

それでやっぱり、改めて感じたことは、

 

そこにどんなに愛があったって、

親という立場になったって、

いくら子供が可愛くて大事だからって、

 

だからって、

 

自分にかかってる負荷(無理)を

それらでチャラにできるわけじゃない。

 

…ってこと。

 

親だって、そこにどれだけ深い愛があったって、

それならなんでも我慢できる・がんばれる、大変なことも自分の中で無かったことにして消化できる、ってわけじゃなくて、

 

所詮、人間なんだから、

それは抑えて蓋してるだけなんじゃないかなーと。

 

だから、「こんなにいろいろ我慢して誰かのためにがんばってる自分」の前に

「全然、誰かのために自分を抑えること無く好き勝手自由にやってるように見える他人」がいたら、

「そんなことがあっていいはずがない」

って思いたくなる。

 

てゆうか、思うの勝手だけど、

相手に言いたくなったり、自分がもっと認められたり感謝されたりするべき、って

周りやパートナーや子供にその気持ちを求めてしまったりすると、

結局は損するのは自分なんですよね。

 

なら、そこまで自分に無理を重ねない努力をしたほうが、

家族もよっぽどしあわせなんじゃん、と個人的には思うのです。

 

わたしはもちろん、まだ親として子育てに向き合ったことが無いから何も言えないってずっと思ってきたので、子育てのことに関しては長らく口をつぐんできましたが、

(経験していないことを偉そうに決めつけて語るのは違うと思うから。)

 

少なくともわたしの今の妊婦生活で言えば、

「今」、何か起こっているわけではないのに、

近い未来に、子供が生まれたときに動き回れなくなることが予測されるからって、

「今」からそこを自粛する必要はないと思うし、

(「今」と「将来」を勝手にくっつけて、「今の在り方」に反映させることはないと思ってことですね)

 

そもそも、

「子供が生まれたら自由が効かなくなるだろうから、今のうちに好きなことできるだけしておこう」

っていう気持ちで動き回っているわけじゃないんですよね。

 

そもそも大前提として、

子供が生まれたら「何かが無くなる(時間とか、自由とか)→だから今のうちにやっておけ」

ってそもそもそういう考え、持ってないし!!

 

「今」、できること・したいことが自分の心にあって、

「今」、それをできる時間や何かがあるのなら、

「今」、それをしたらいいと思うので、

そのようにしている(在る)だけ。

 

そしてその基本的な姿勢の中で、

たとえばベビーにいきなり何かあって

したいと思っていたことが急にできなくなったり、

その機会が失われたりしたとしても、

「不幸」「不自由」ではないって決めてるんです。

 

それはわたしが決めてるんです。

どうあっても、不幸にも不自由にもならないって、「自分で」決めてるのです。

 

そうなったらそうなったときの「今」に全力投球すると思うし、

そのための覚悟や一応の準備、責任も、引き受けてないわけじゃない。

考えてないわけじゃない。

そんなことは自分に起きるはずがないとか、想像してないわけじゃない。

 

むしろたぶん、ずっとずっと、真剣に真面目に考えてきた。

 

考えた上で、責任もって、この生き方をしてるのです。

 

「みんながこうだから」とか「世の中的にはこれが一般的だから」とかじゃなくて、

わたしにとって、ジョーさんにとって、ベビーにとって本当に良い「家族の在り方」を、

それこそ家事ひとつ、お金の使い方ひとつ、

一個一個、

めっちゃ真面目に考えて選択してきてるのです。

 

それは別にいちいち他人にひけらかすことではないから、言ってないし、言わないだけであり!

たぶんみんなそうじゃない?自分に責任をもって生きてる人、みんな。

 

SNSやブログは、わたしたちの存在や大切にしてること、目指してること、

知ってもらうためにあえてやっていて、

目的があってやっているんだよね。

ひけらかすためじゃない。

でもそれも、受け取り手によってどうしても印象が左右されてしまうのかもしれないけど。。。

 

「家族や子供やパートナーのために仕方なく」とか、

「みんなそうしてガマンしてるんだよ」

とか言う人のほうが、よっぽどいざというときに、

自分の選択や言葉や行動に責任を少しも持とうとしてないな、

いやむしろ、常日頃からそうなんだろうな、と

改めて感じました。

 

それも好みというか、自分の人生の自分の選択してる生き方なのだからいいけれど、

わたしに当ててくれるな…!!

ということだけが言いたい。笑

 

そもそもそこは対立するものじゃないとわたしは思うんだけどな。

 

わたしも、わたしと自分の家族のためにこの生き方を選択してて、

自分の選択に誇りを持って生きてる。

(とゆうか、いろいろと制約もあるなかで、誇りの持てる選択・生き方をしようと常に思ってる)

 

で、家族のため、みんながそうしてるから自分も我慢するしか無い、っていう人も、

それはそれで誇りを持ってその選択を生きたらいいと思うのです。

がんばっていることに変わりはないのだから。

 

別になーんにも、競う必要ないとこ。

それぞれがそれぞれで、良いじゃん、と。

 

ただ、それは人に見返りや評価を求めることじゃなくて、

ただただ、自分の中で淡々と、自分が自分を認めていけばいい。

自分で決めてやっていることなんだから。

 

わたしもわたしの好きで生きてるから、

あんたもあんたの好きに生きたらいい!と、

それで良いと思うんだけどなあ。。。

 

わたしがこうしてブログに書いていることも、やっていることも、

誰かの否定じゃなくて、自分の生き方の肯定のためじゃなくて、

ただ「知る」ことを通じて

「そんなのもアリなんだ(なら、わたしもそっちの生き方してみたい)」って人もいるだろうと思うから←わたし自身が昔そうだったし。

選択肢のひとつとして、こんなんもありだと思いますよ、と淡々と自分を見せているだけ、なんですよね。

 

先に書いたとおり、自分が経験してないことをどうのこうの書くのは違うよなと思ってこれまで来ましたが、

「親になること」

「子供を育てること」

に関しても、いろいろと自分なりに大切にしていきたいな(できれば。笑)と感じることも増えてきたので、

正論とかじゃなく「わたしはこう思うし、こうしていきたいなあと今は感じてる」っていうことのひとつとして、

「自分を大切にする子育て」というカテゴリでまた

少しずつそんなことも綴っていけたらいいな、と思います♡

 よかったら、どなたかの何がしかのヒントになったら嬉しいです♡

(そしてそんな方は、一緒にがんばっていきましょうね♡^^)

 

そして、母であろうが、妻であろうが、彼女であろうが、娘であろうが、

はたまたどんな仕事してようが、

この生き方の基本姿勢については、全部コレに詰まってます!

f:id:santasantasan:20181012193355j:plain

 

どんな立場であろうとも、まずは、何においてもここから!

あ、好みが一緒な方ならば、ということですよ!

なので、まだお手元にお持ちでない方は、

ぜひぜひあなたのあなたらしい生き方を彩っていくお供として、

オンライン教材をお手元に迎え入れてあげてくださいね♪

 

それでは、また〜♪