「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

自分をしあわせにするための、学びの姿勢。「へんてこな対等」持ち出さない❤コミュニティ配信ミニ講義動画、第一回テーマ決定!!

最近のわたしの日常的な仕事として、お客さんと接するものとしては、

・卒業生参加のコミュニティのメンバーさんとのやり取り

と、

・遠隔講座、女性のための生き方講座講座生とのやり取り

 

…この2つが主になります。

 

そんな中で、ペースは人それぞれで良いと思うんですが、

最近、特にメキメキ変化(というか、脱皮?)されているなと感じられる方が数名いらっしゃって、その中には、

 

・最初からグングン吸収していくタイプの方

もいれば、

・以前はどんなに色々と色々な角度からお伝えしてもなかなか伝わらない、という感じだった方が、人が変わったようにこちらの言っていることをスル〜ッと飲み込んでいけるようになった

 

というようなパターンもあって、

なので、その「どれだけ変化できるか」は

「今の現状がどうか」でもなければ、

「最初から備わっている才能みたいなやつ」でもないと、

これらは本当に関係ないんだと、

改めて確信しています。

 

じゃあ、関係しているのはなんなのか??と言えば、

 

・どれだけ今の自分を謙虚に見つめようとしているか

・どれだけ今の自分を謙虚に疑おうとしているか

 

…やっぱり、この2つだな、と思います。

究極は同じことだと思うんですけど。

 

で、こういうこと、

前もものすごく感じて記事にしたことがあったなあとふと思って、

なんだっけ、なんだっけ、、、と記憶の糸を手繰り寄せたら、

 

これでした。

懐かしの「絶望シリーズ」

santasantasan.hatenablog.com

 

この記事で紹介した、わたし自身の学びの実体験、というものがあるわけです。

引用します。

 

 ことの発端は、講演会中の質問の最中でした。

「何か質問をすると、ものすごい核心をついた答えを得られる人」というS氏の前評判を聞いたわたしは、素直に手を挙げて質問をしたんです。

家族や両親との関係が人生をどういったものにするかのキモ、というS氏の講演内容に対してわたしがした質問は

「家族や両親とはいろいろありました。
でも、それはもう解決していて大丈夫なんです。

ただ、自分のことを大事にできないところがあって、
それをどうしたらいいか教えて下さい」

 

というものでした。


書いて今気付きましたが、
まさにこのブログのテーマ(自分を大切にする)ですね。


以前のわたし自身がもっとも、それを悩んでいた人間だったということです。


そうしたらS氏はなんと答えたかというと
「わたしのセミナーに来たらいいですよ」と抜かしたんですよ。

わたし、がっくりきてしまって、
なんだよ結局はただの自社のセミナー勧誘かよ!!と。

そしてそのあとにこう続けました。

「そうしたら、親にももっと感謝できるようになるよ」と。


は?と思いました。

わたしの話聞いてたのか?と。

イラッとしながら
「いや、親にはもう十分感謝していて…」と伝えたら、
遮るようにたった一言、こう言われたんです。

「それ、自分でそう思ってるだけかもしれないよ」と。
今日は良い天気ですね、って言うくらいにサラッと。

 

たった一言です。このたった一言に、わたし、
強烈な怒りが湧きました。

そして同時に、強烈な恥ずかしさも。

 

 

今でも思うのです。

 

このとき、もし、当時のわたしが、このS氏に対して、

「いや、わたしはもう親には十分感謝していて…」と、

「それはもうわたしはできてきていますので。わかってますので。」とでもいうように、

【自分の経験・自分のモノの見方】を握りしめていたら、

今のわたしとわたしを取り巻く世界の変化は有りえなかったな、と。

 

今でも思うのは、

「わたし」と「S氏」は、【人としての価値】は【対等】なんですよ。

どっちがすごいとか、どっちがエラいとか、無い。

 

これは誰と誰の比較であっても、100%です。

命として、人という存在としての価値は、どんな人でも対等なんです。

 

けど、

 

実際の現実の人生、という部分に着目したとき、

S氏はといえば、

少なくとも自分の人生に満足している(=満足できる人生を自分の力で築き上げることができている)人。

 

そして当時のわたしはといえば、

自分の人生に、

とても苦しんでいた。

不満や悩みがいっぱいあった。

少しも上手くいってなかった。

 

この点では、S氏とわたしは対等じゃありません。

ここでへんてこな【対等】を持ち出してきたら、すべてを取りこぼすんです。

 

わたし自身が。

 

そしてS氏は、何ひとつ、困ることも、取りこぼすことも無いでしょうね。

わたしがここで、へんてこな【対等】を持ち出して、【我(が)】を握りしめまくって、

「わたしはもうそこはできてます」と、我(が)を通したとしても。

 

そうしてわたしがそのまま、人生苦しんで悩み続けてても、

S氏には何も困ることも取りこぼすこともない。

だって、関係ないですもん。

 

「ああそうですか。君はそう思うんですね。

なら自分の思う通りにしたらいいんじゃないですか。

僕は僕なりのアドバイスをしたつもりですが、聞き入れる気がないのなら(=理解しようと自分を疑う気がないのなら)、

どうぞご自分の人生なので、ご自分のお好きなようにお生きなさいな。」

 

S氏側から見て、これでおしまい。

 

そうして我を通そうと、自分(S氏)の話を聞こうとしない、

その、言わんとしてること、言ってることを理解しようとしない、

つまり自分を疑おうとしない

そんな「ただの一人のオンナ(の子)」よりも、

 

「自分はわかってるつもりだったし、やってるつもりだったけど、でも、もしかしたら、

まだわたしにはわかってない、違う何かがあるってこと??」

と、

自分の認識を疑って、相手の言葉の奥を汲み取ろうとする素直な人

再び、エネルギーと言葉をかけようとするでしょう。

 

あのとき、S氏に、へんてこな【対等】を持ち出して、

「この人はわたしのこと、わかってないな。わたしはもう、すでにこれこれこうしてきて、今、こうなんですよ。(自分のことをつらつらと語る)」

などと、

自分のほうじゃなくて、S氏がわかってないということにして、そんな自分を当たり前に疑わずに、

自分の見解・自分の意見・自分の何かしら を、伝えることしか能がなかったら、

もうそこで成長のチャンスも、脱皮のチャンスも、

すべて取りこぼすんですよ。

 

へんてこな【対等】ってつまり、

【自分(の認識・自分の受け取ったこと)のほうを疑えない】ってことですから。

 

【わたしはわかってて、あなたがわかってない、というていで相手と向き合う】ってことですから。

 

笑えますよね??

その自分のやり方で、人生上手くいってなくて苦しんでるから、

できてる人に学びを乞うてわざわざ来てるのに。

 

そこで変てこなプライドを持ち出すんですよ。

 

そんなところで【対等】であろうとするんですよ。

 

はーーー???

 

てゆうかオマエ、何しに来たんだよ???

(そこでへんてこなプライド持ち出して、「いや違う、わたしはこうなんだ」ってやって、

なんかあんた自身が得するの??)

 

ですよ。

 

明らかに出してる結果が違うのに、

そしてそれを、その「違い(差)」を学ぶために、近づいているのに、

 

見ているものの、視点の差がそこに歴然とあることを、疑えない。

 

f:id:santasantasan:20180722212611j:plain
命としては対等。けど、立場が違えば経験値も見ている世界もまったく違うでしょう?
そうして先人から、学んでいくのでしょう??

 

 

「わたしはもうそれはやってますし、変わってきてますので。」とか、言っちゃう。

自分の「やってるレベル」「変わってきてるレベル」を疑ったらいいのに。

その人の言うところの「それ」と、自分が捉えている「それ」と、

「もしかしたら、同じ言葉でも、全然違うんじゃないのか??」と、疑ったら、

絶対に、

より良い学びにつながるのに。

 

なぜ、人生上手くいってない(=他人から見てじゃなくて、自分にとってね!)自分の認識のほうを、疑わないんだろう??

過信してしまうんだろう??笑

 

それを、「プライドが高い」「できない自分を認められない」と言っているんだけどな。

 

「愛」

も、

「感謝」

も、

「決める」

も、

何もかも。

 

同じ「愛」という言葉を使っていても、「感謝」という言葉を使っていても、「決める」という言葉を使っていても。

 

ぜーーーんぶ、意味、違うと思いますよ。

レベル、次元、

違うと思いますよ。

 

経験と、出してる結果が圧倒的に違うのだから。

次元が、レベルが、そもそも違うのだから。

(いのちの価値としての次元、レベル、じゃあないですよ!!)

 

どうして、そこ、疑えない???

“自分のほう”を。

 

最近、メキメキと脱皮しているという方たち、

御本人が、長年の苦しさとか、しがらみとかを

ぐっと手放せて、本当にラクになったとか、本当に心地よく楽しくなったとか、

 

ぐっと次元が変わったな、という人たちはやっぱり共通して、

ここが変わった、と思うのですよ。

 

わたしが何かお伝えしたとき、

「いや、自分は」と我を通してくるのじゃなくて、

自分のほうのものの見方・捉え方のほうを

疑ったり、見つめ直したり、というのが、素直にできるんです。

 

「ここはそのとおりだと思いますが(わたしの考えと一致していますので聞き入れますが)、ここは違います(わたしはこうです。知ってください。)」

じゃなくて、

全部まるごと、いったん、受け止めようとするんです。

なんかいちいち、細部の言葉の端端に、どーだこーだ反応するんじゃなくて。

わたしだってただの人間なんだから、たとえとか、全部が全部「正しく(間違いない現状通りに)」表現なんてできないわ。

 

で、「違う(真穂さんわかってない)」って正直思っちゃう自分がいるなら、

その「思っちゃった自分のほう」を、

いったんはちゃんと、疑うことができるんです。

 

「もしかしたら真穂さんがわかってないんじゃなくて、

わかってないのはわたしなんじゃない??」

 

と。

 

これ、へんてこな【対等】を持ち出してこないからできることね。

【対等じゃない】を受け入れているから、できることね。

 

で、それは存在や命の価値の【対等】とは全然違うものなんだから、そこは間違いなく対等で優劣ないんだから

だからこそ、受け入れられるんだよね。

 

てか、本当は、全員が全員、

受け入れてるからこそ、お金出して学びに来てるはずなんだけど。

だって自分と同レベルの人から学んだって全然意味ないですもんね?

 

こういうことが、

【その人自身のために】、できるんですよ。

 

なぜなら、もっと自分を、ほんとの意味でラクにさせてあげたいから。

ほんとの意味で、向上させてあげたいから。

ほんとの意味で、もっとHAPPYな、もっと好みな人生を歩ませてあげたいから。

 

わたしが、わたしにとって、S氏はすごい人だから、すべていったん受け入れて、自分のほうを疑うけれど、

けど、だからといって、別にわたしにとって特別大事な人じゃないのと同じように(笑)、

それをするのは、自分のためだからできるのと同じように、

 

全部、自分への愛があるからこそ、できることなんだよね。

【歴然とした差の有る人】から、学ぶことができるのは。

そして、学ぶというのは、変にへりくだることではなくて、

自分のほうを疑って、相手の言ってることの真意を紐解こうとするという姿勢、なんですよね。

 

で、自分だけでわかんなかったら、相手に聞けばいいし、確認すればいいし。

プライド高い人はそれもできないんだよね。

対等じゃないと認めたからこそ学びに来てるくせに、

いざ、自分のコンプレックスに刺さるようなことを言われると(勝手に、言われたと感じると←こっち、別に刺してないしね!)

途端に【反応】してくる。

 

「わたしは」「わたしが」と。

 

弱い犬ほど吠えるのと同じ。

攻撃とまではいかなくても、やたら、ペラペラしだすんですよ。

 

で、そのわりに人の話聞いてないという。

聞いて無くて、自分が「こうだ」と思うことばかりしつこく聞いてくる。

 

その答え、こっちはすでに投げてるのにね。

 

でも、それさえも、今の自分のレベルで(自分の目線を疑おうとせずに)

「これはわたしの聞きたい答えじゃない」もしくは「自分はこれはもうわかってる(からいらない)」とかって、

これはわたしにとって価値がない(そうじゃなくて、それじゃなくて、わたしの聞きたいことはこっち)って判断してるんだよね。

 

そこも、疑えばいいのに。

 

だからどうしても、そういう対応取られたとき=自分のほうを一度、その人自身が疑おうとしないとき、

 

こいつ話聞いてねーな…!

 

てなる。

耳で聞いています、っていうことじゃないんだよね。

自分の中に入れないで、即、自分の考え跳ね返してくるだろう(疑いもせずに。)、っていう。

 

で、そうなったら、もう、こっちとしては

何も言いたくなくなるよね。

 

別に意地悪とかじゃなくて、

だって、

言う意味ないんだもん。

 

どうせ、聞いてないから。

(自分を疑おうと、聞き入れようと、いったん受け止めようと、しないから。)

 

聞こうとしてない人に時間とエネルギー割くくらいなら、

それ、無駄だから、

こうしてその経験をせめてブログに書いたり、

聞こう(受け取ろう)という姿勢の人たちに願いを込めて投げるだけだよね。

 

お金払えば、与えてもらって当たり前、じゃないんですよ。

 

確かに「ちゃんとした企業」だったら、手取り足取りやってくれるかもね。

けど、そこに気持ちが乗ってるかといえば、それは別だと思いますよ。

あくまで表面上かもね。

 

【平等】じゃないんですよ。

同じお金を払ってても。

 

もちろん、お金まで懸けてくれた人により、受け取って欲しいし、わたしでできることがあるならいくらでもお伝えしたいと思います。

当たり前じゃん。

そこまでして縁を持ってくれた人のこと、

可愛くないはずがない!愛してないはずがない!!

力になりたいと思ってないはずがない!!!

で、どうしたってやっぱりそう思っちゃうから、こうしてブログにも書いてる。「届いてほしい、何か伝わってほしい」って思ってるから、やっぱわたしはやっちゃうんですよ。ちくしょう。。。

 

けど、そこで、肝心なときに、

自分を(へんてこなとこで)守ろうとする結果、

受け取ろうとしてもらえないんだったら。

 

 

もちろん、ビジネスとして最低限のこと=聞かれたことに応えること はわたしもしっかりやるけれど、

それ以上のことは、

聞こう、受け取ろうという人に懸けていきますよ。

 

頑なに「自分(我=が)」を握りしめて、

自分の未熟な目線・解釈、受け取る能力のほうを疑おうともせず、

人の言ってることの真意も汲もうともせず

「自分は」「自分は」「自分は」

ってひたすらそればっかりの人は、

そもそも受け取りたくないんですよね?って話。

 

どうせみんな、もともと一つで、もともと一つの命なんだから。

 

だったら、より、響くところに投げていきます。

心の扉、開いている人に届けたいし、わたしの大事なエネルギーをかけたい。

 

無駄なことにかけていいエネルギーも言葉も持ち合わせてないし、そんな趣味もない。

 

そしてお互い、全然HAPPYでもないしね。

だって、受け取りたくないんですもんね??

 

近々詳細の告知をしようと思っていますが、

コミュニティでの動画ミニ講義配信の第一回のテーマは

【一緒に繁栄する方法】

に決定しました。

 

なんでわたしが、自分のことだけ一番にして、大切にして生きて、

けど、

結果的にパートナーのジョーさんはじめ、家族、ベビちゃん、友人、

誰にも迷惑かけずに嫌な顔されずに、

誰もすり減らずに、誰も損せずに、

誰も困ったことにならずに、

 

わたしは愛されながらも、【周りも一緒に】繁栄していけるのか??

 

お互い感謝、お互い大好き、って関係でいられているのか???

最近は弟がスゴイ…!!この話もまた告知のときします!!

 

そのためにわたしがしてきたこと、心がけてきたこと、今も大切にしていること、、、

リアルな話交えて、ぜーんぶお伝えしています!!

※すでに撮影済、ただいま編集作業を進めてもらっています

 

 

コミュニティではそれとともに、動画だけではわからなかったこと、自分の場合はどういうこと??みたいなちょっとした細やかなところなど、

また配信から次回講義の配信までの1ヶ月間、自由に質問・相談、していただけます♪わたしも全力で答えさせていただきますよ♪

 

今回、コミュニティメンバーだけの限定配信にしようと思っていましたが、

7/31時点での遠隔講座参加生、女性のための生き方講座講座生にも配信しようと決めました!

 

より、繁栄してほしいから。みんなでHAPPYになれたらいい!

 

そしてその自分を、ほんとうの意味で、優先させて、大事に生きる、その生き方で、

たくさんの人をHAPPYに巻き込んでほしいから!!

 

また別途告知記事を書きますが、

一般の、コミュニティメンバーではない卒業生の方たちの参加申し込み締め切りは7/30正午まで、とさせていただきます。

※これはコミュニティ内企画なので、なんらか長期講座の現役参加生、もしくは卒業生以外は参加していただくことができません

 

「今の自分」を握りしめていたって、自分が傷つかないことばかり逃げていたって、

自分はもちろん、周りの誰もしあわせにならない!!

 

なら、皆でわかちあって、心開いて、学び合って、

皆でHAPPYになろう!!!❤

 

 

また別途告知記事も書かせていただきますが、

卒業生の皆さんの新たなるご参加も(コミュニティただいま!の方も!☆)、

心よりお待ちしています!!!