「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

「こんな自分は…」なんて卑下しないで!どんな女子だって、モテも素敵な恋愛も手に入る♡〜自分を生きる43日目。

今日は朝から「今日は恋愛についての記事が書きたいな♪」と思ってました。

先日から発達障害や心の病とか、そこまでは行かなかったとしても
ちょっと今の社会では生きづらいというか
「不器用女子」
みたいに自分を認識している人でも漏れ無く、
「素敵な人生を歩めるよ!」
ということを書かせていただいています。

書こうと思って書いているというよりも、
なんか溢れ出てくるのです。

なのでいつも、溢れ出るままを記事に記しています。

それで恋愛についても全く同じで、
そのままの自分を自分が大切に生きれば、
どんな女性であっても素敵なパートナーと巡り会えるし、
素敵な恋愛(結婚)が出来るよ!!っていうことをお伝えしたくて。
(これは法則なので、本当に“どんな女性であっても”です!)

そうしたらちょうど今朝、タイムリーにこんな記事を見たんです。

女性から男性に好き、と伝えると、男性が図に乗るからオススメしない、
というもので、

人によっては半永久に続くゲームですが、勝ち続けるためには「好き」と言わないように、末永く楽しんで下さい。例え結婚していたとしても「好き」と言うのはいけませんよー!

と〆られていました。

それはそれで“その世界では”、その通りだと思うから、
間違ってるとは思わないです。

でも現実は

「え?そんなふうなことが(いわゆる)定説なのか?」

というか

「そんな風に思ってたら、むしろマズイのでは??(むしろ真逆では??)」

ととても余計なことを思ったので、
わたしなりの見解をブログに書くことにしました。

モテるために、であっても基本同じことなのですが、
特に自分に自信がなくて
でも「素敵な恋愛をして毎日幸せに過ごしたい」という方、
そしてモテであっても
「なぜモテたいの?」の回答が
「幸せを感じたい、愛されたいから」
などに繋がるという方に、
もしよろしければ読んでいただけたら幸いです^^


まず思うのは、そんな風に男性を見ていたら
(好き、とこちらから伝えたら図に乗る生き物、と見ていたら)、
そういう自分の周りには漏れ無く、そういう男性しか集まってこないです
ということです。
だって自分がそんな風に男性を決めつけてるんですもん。

そして、自分が駆け引きで相手を好きでいさせようとしたら
相手も駆け引きで自分を好きでいさせようという男性しか現れないです。

類は友を呼ぶ、とはまさにこのことであります。


さらにそのように男性を決めつけてる世界で生きると、
女性から好きと伝えて図に乗る男性とはつまり、
その程度の男性だと思うのです。
しかも、こんなこと書いたらアレなのかもですが、
相当レベルの低い男性だと思うのです。

そんな男性にモテて(好かれて)、
果たして嬉しい(幸せ、意味ある)のでしょうか?


わたしは男性って、そんなもんじゃないと思います。

特にデキる男性というか、一生大切にしてくれるちゃんとした男性であれば、
オンナとそんな駆け引きしてる暇ないと思うんです。

なぜなら素敵な男性であれば、
仕事場からも友人とかからも必要とされてる人だと思うので、
そんな駆け引きオンナに付き合ってる時間ないと思うんです。

実際、わたしが銀座でホステスしてたときも、ナンバー1の女の子って、
駆け引き上手の方じゃなかったですよ。
とっても明るくて、素でいる計算のない方でした。
(他の女の子たちにも素で優しかった^^)

「わーい!!!」

って感じで駆け引きなしで、
「どんなお客さんが相手でも自分で自分を楽しませるチカラのある子
がやっぱり長く愛されてました。

だって今の時代、男性だってめっちゃ消耗して、
普通に皆さん(優秀な人だって)お疲れだと思うんです。

世の中不況とやっぱりまだ言われてますし、
企業内外での競争とか緊張感とかサービス残業とか、
大変だと思います。
まともな男性ならば、
元々の男性的なハンター気質はそちらで100%活用されているかと思います。
(オンナに対して、ではなくて。)

そんな時に、「好き」を言わない(=追いかけさせてやろう)みたいなオンナ、
可愛くないに決まってる!@0@
めんどくさいに決まってる!@0@


そんなオンナに付き合ってる暇あったら、
無条件で自分を大切にしてくれて、
忙しい自分でも思って待っててくれる
(というか自分が側にいれない時も勝手に人生楽しむことのできる女性を
選ぶかと思われます。

 これ、素敵な男性ほどそうだと思います。
女でそんなめんどくさい遊びしないです。
(現代は昔と違って他にも面白い遊びがいっぱいありますもんね。仕事も含め。)

そういう女性を追っかけるのが大好きな男性はもちろんいますけど、
そうした男性は漏れ無く、そのスリルを楽しみたいだけなので
早々に次の女性に行ってしまいます。

だからクラブでも、すごーく色っぽくて、
猫のようにツンツンしている人は確かに一時的に追いかけられるのですけど、
それだけの女性って銀座にもたーくさんいるので
すぐ別のところに行ってしまいます。

だから大変なんです、お客さんの気を引き続けるのが。
そのためにテクニックをずーっと使ってないといけなくて、
気が休まらない。とても大変です。

そうするとどうなるかというと、いつもキリキリしていて、
どんどん性格もキツくなっていって、顔にもそれが出るのです><

プロでもこれなんですもん、
だから素人がその(テクニックの)世界に手を出すのは
わたしは絶対オススメできません!

余計なお世話だけれど、そうしてテクニックで男性を遊んだしっぺ返しは
最終的にいつも選ばれないまま年だけ重ねていく
という形で必ず自分に返ってきます。

だって最初から

「男なんてそういうもの」

っていう、男性をバカにした設定なんですもん。
そういう女性には、そういう男性しか目の前に現れない。
しかも、自分が扱おうとするのと同じように扱われる。
そういうことです。

 

それでそんなの、本当は誰だってイヤですよね?

だって幸せになりたいから、愛されたいから、
モテたいし、好かれたいはずですもんね?

 

で、わたしが勝手に心配しているのは、
不器用で、いつも損ばかり取っちゃったりして、
女子である自分にも自信を持てないなあ、みたいな純粋な方が、
逆に振れて素直に真に受けて、
テクニックに走って自分の良さを見失ってしまったら悲しいな、と。

 

素直で不器用な人は、その自分を卑下しないで、
こんなんじゃモテない、なんて後ろ向きにならないで、
その自分をとても大切にして活かしたらいいんだと思うんです。
いつものことですが、
自分が自分を大切にした分だけ、
周りも男性も大切にしてくれるようになるからです。

自分で自分を真剣に愛していたら、
勝手に男性が寄ってくるですよ。
優しくて素敵な男性が^^


なんならわたしは大好きが強すぎる痛いオンナなので
(前回の記事どおりですが)
一日に10回以上毎日毎日旦那さんに
「大好きー!!」
「大好きー!!」

って、想いが溢れる度に思わず口に出しちゃってますが、
旦那さんは3年半一緒にいても、日毎ますます大切にしてくれるばかりです。

わたしの姉においては、小さいころの病気で左手が短い障害があって、
勉強も仕事も全く出来ない人だったのですが、
学生時代からずーっとモテモテで、
今は5つ年下の真面目なイケメン男性と結婚して
3歳の子どもに恵まれて、
専業主婦ライフを笑顔で楽しんでいます。

それは姉が、手が短いからわたしは愛されない、ってするんじゃなくて
笑顔で、自分をいつも愛して生きていたからだとわたしは思ってるんです。
(なんかホントにいつも楽しそうですもん^^超人的に空気がよめない人なんですけどね。。。笑)

かくいうわたしは、そんな姉に嫉妬して、
超、可愛くない、それこそ
「男なんてどーせ〜〜だろ!!」
的な、男性を小馬鹿にした小生意気なオンナだったのです、20代の頃は。

でもそれではもちろん恋愛は全く上手く行かなくて
姉への嫉妬を学びに変えて、
ちょっとずつ「自分を愛する」を自分でやって、今、幸せに思っています。
今のわたしの周りの男性は、旦那さん初めみんな優しいですもん。
それが、どんな女子にだって手に入る、っていうことです^^
(だってあんな小生意気なわたしだってそうなれたんだから!!苦笑)


なので社会からの評価がどんなだって、関係ないです!
これはきっと、男性も!

今度、男性バージョンでも書いてみたいですけど、
ホントにそう思います。

いかに自分で自分を愛して肯定していくか、そこだけなんだと思います。
どんな自分であっても、愛して可愛がってあげること^^

そしてそんな風に、自分を愛するように男性も素直に愛して行こうとしたら、
それに応えてくれる男性がかならず現れますよー!
特に、テクニック至上主義と思っている女性がまだまだ多い現代だからこそ、
そうではないことに気づいて実践される女性は相当有利だと思います☆^^


それでは、今日もズカズカと偉そうなことを書いてしまいましたが
お読みいただき感謝を込めて!

たくさんたくさん自分を大切に思える方が増えて、
たくさんたくさん、すてきに大切にし合えるすてきなカップルが増えますように♪


サンタサンタ^^

※3/20に女子のための勉強会を開催します♪
3/20という日の大きな意味についてはこちらをご覧ください♪
↓ 

santasantasan.hatenablog.com

※これらの記事もよろしければご覧ください☆
↓ 

santasantasan.hatenablog.com

santasantasan.hatenablog.com

santasantasan.hatenablog.com