「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

素の自分を出して生きても人は離れていかないから大丈夫♪安心して「大好きな自分」になっていこう!

このブログは2015年末から、

3年以上同棲中の彼氏との結婚が決まらず、

両親との関係もなんだかわだかまりがあり、

仕事も転職を繰り返しても上手くいかなかいなど

 

いろんなところで悩みを抱えていたブログ筆者(わたし)が、

「自分を大事に生きたい」

「もう、良い子や何かを出来る優れた人になろうと無理な努力をするのはやめたいから、

すみません、ただのオンナに戻らせてください。。。!

という気持ちで

自分とコツコツ向き合って生き方を変えていった軌跡のうちのひとつの実践事例を綴っています。

 

生き方を変えていくことをコツコツと続けていった結果、わたしは、

 

・半年後には結婚が決まり、

・自分が無理なく、心から楽しいと思える仕事が見つかり、

・両親やきょうだいと本当の意味で安心して心が通じ合えるようになり、

・旦那さんとなった彼の仕事(自営業)が軌道にのって、

 

そして、2017年には

・大好きな場所で心から満足のいく結婚式が挙げられ、

・その後、なぜだか1000万円弱のお金が流れ込んで。

 

・都会を離れた伊豆という地域で両親の家をリフォームして、

自然に囲まれた広い一軒家でゆったりと、大好きな旦那さんとともに

生活することができるようになりました。

 

(その軌跡は、すべてこのブログで綴っています)

 

それらの現実の変化も、わたしにとってはとても大きなものでしたが、

一番の変化は、わたし自身が心穏やかに、

毎日ほっこりとした気持ちで

「しあわせだなあ」と思えるようになったことです。

 

2016年には個人セッションやスクールを開催して、

その卒業生たちも同じような気持ちの変化を実感されたり、

彼ができたり、結婚が決まったり、親との関係が和解したり、

パートナーシップが激変したり、

職場の人間関係が変化したり、、、

そんな嬉しい報告をくださるようになりました。

 

人は誰もが、生まれ持った自分を生きていけば、

自分のことを自然に大切に、自分らしくただ在れば

人生まるごと大丈夫。

そうなっていくのは、わたしとわたしに縁してくれたお客さんたちが実証済みです^^

 

※お客様の体験談や御礼のメールなどは、

ブログカテゴリー「お客様の声」にて随時ご紹介しています

 

前置き長くなりましたが、この記事やこのブログがどなたかのお役に立てますことを願っています◎

 

では、当時まだわたしが試行錯誤の実践の真っ最中だった頃の記事を

どうぞ御覧ください^^今回は「素の自分を出して生きていくこと」についてです◎


☆ ☆ ☆

「素の自分を出せない」

「そもそも、素の自分がわからない」

「素の自分で生きようとすると、人が離れていきそうでコワイ…」

 

本当の自分を生きようとするとき、そんな不安が出てくることってあると思います^^

でもですね、本当は、素の自分を出して生きても、人は離れていかない☆
今日はそのことについて書いてみたいと思います♪

・素の自分を出して生きると人が離れていきそうで怖い←怖いのはイヤ、という誰もが抱える本音

たとえば。

今まで“良い子”で生きてきた方が素の自分を出して生き始めると、仲の良かった友だちや周りの人が離れていきます、とか、そうなるのが怖くてなかなか自分の素を出して行きていけない、とか、そういうお話ってよく聞きますよね。

なるほどそんなものなのかなあと思いつつも、どんなに周りの人が上辺だけの付き合いであっても、馴れ合いと呼ばれちゃう関係であってもやっぱり、

 

「今まで一緒にいた人が離れていったらそりゃ、怖いし悲しい。」

それが実際の本音だと思います。

 

だから本当に望んでいること、本音は、

「素の自分を出して生きながら」、

「人が離れていかない(嫌われない)」のがいい。

断然、それがいい。(笑)

「あちらが立てばこちらが立たず」みたいなのじゃなくて、もっと両方ちゃっかり手に入れたいってダメなの??ってフツーにわたしは思っていたんですよね。


・「ただのオンナ」はちゃっかりを狙って良い。

で、このブログはそんな立派な人間になることじゃなくって、立派でも良い子でもない、ただのオンナ=素の自分でじゅーぶん幸せになれるんだよ!!っていうことをお伝えしてるので、この点についてもおんなじこと。


よく自己啓発本などで言われるような

「素の自分を出して生きることで、人から嫌われる(人が離れていく)のを恐れず進もう!!」

というようなセリフは一見カッコいいけれど、

本当はコワイし嫌だな、と思う自分の気持ちに蓋をして、なかったことにするならば、

それは結局は、

「自分の本音(弱さ)に蓋をする」っていう偽の自分を生きること、

良い子ちゃんの生き方から何も変わってないってことなんです。


それをやめたいから、

もう自分を取り繕ったり、自分に嘘をついて生きるのがつらくて嫌でそんな生き方をやめたいから、だから素の自分を出して生きたいのですよね?

 

だったら、素の自分を出して生きることを、

怖いと思ったって、全然OK☆

嫌だと思ったって、全然OK☆

 

むしろ、素の自分を出して生きていくというのはまさに、

そんな、ただのオンナでしかない自分の弱さ、ズルさ、小ささを

感じて認めて自分が受け入れてくことこそ、一番大切なことなんです^^


逆に、そこで強がって、

「素の自分を出して生きたいのなら、人に嫌われても仕方ない(それを怖いと思わない自分にならなければ、素の自分でなんて生きることはできない)」とでもいうように、

「◯◯を手に入れたいのであれば△△であるべき」というような思考回路を当たり前に持ってしまうと、

「こうあるべき思考」がどんどん強くなっていってしまって、

体も心もガチガチになっていって、

女性は簡単に自分を痛めつけてしまうことになるんです。

 

あなたがどんなに今まで自分にムチ打ってがんばってこれたとしても、

きっとそれを続けていると、気づかないうちに体も心もガチガチになっていて、

自分でも気づかないうちに、苦しくなっていることってあると思う。

 

オンナって存在の「素の自分」というのは、

本当は、そもそもそんなに強くない。

 

そもそもそんなにがんばり続けられない。

 

そもそもそんなに無理し続けられない。


もろくて弱くて繊細で、でもそんな「厄介だ」と思っていた部分のある自分こそが

ただのオンナにおいては最高の魅力になっていくんです♪

 

・変わる人が偉くて(=得で)、変わらない人が悪い(=損で)じゃあない。

そして周りの人が離れてしまいそうで変わるの怖い><の意見に対してよく、

「素の自分を出して生きることで離れていくような人は、最初からその程度の人間なんだから良いんだ」

とか、

なぜかとても偉そうに言う人もいますよね。

 

けどわたしは思う。

それ言ってるオマエ何様やねん、と。そんなわたしも何様。(自己ツッコミ。)


なんとなくこれらの言葉って、

素の自分を出して生きられるようになった人が偉くて、

その人から結果的に離れていった人たちは偉くない(=レベルが低い)、みたいな、

「なんか見下してる感があるなあ…」

って思うんです。

 

でも、そうじゃないですよね?

 

どこに対してどう変わるっていうのは「その人(自分)にとってのそれ」なだけで、「他人のそれ」とは全く関係なくて、

まして他人の優劣のモノサシに使うなんて見当違いも良いとこなんだと。

 

わたし、わたしがわたしにとっては違うと感じて、素の自分を出して生きるために手放していった環境や働き方に今も残っている人たち(たとえばかつての職場の先輩や同期など)を、

今もなんら変わらず大好きです。

 

そして今も、全員と良好な関係を保っていますよ^^

離れていく人は一人もいませんでした◎

 

そして今も、それぞれの部分ですごく感謝していますし、それぞれの部分で尊敬しています。

 

だってわたしが今、今の素の自分で、自分にとって大好きな自分でいられるようになれたのって、それでこんなに毎日自然体で幸せを感じて生きられるようになったのって、他でもない

そうでなかった時のわたしと付き合ってくれてた人たちがいたからですもん。

 

それが無かったら、「今」も無いですもん。

 

だからか、一緒に過ごす時間は減った(=離れた?)かもしれないですけど、

別に誰も離れていった感じしないです。

 

むしろみんな、助けてくれたりとか、応援してくれてたりとかしてて、あれ??素の自分を出せなかった頃より愛されてる??と実感する日々なんです。

 

で、これは、「ただのオンナである素の自分」を生きたら、誰でも手に入る美味しすぎる環境だとわたしは本気で思ってます☆


・ほんとうは、「素の自分を出して生きたら愛されるしかない」が真実☆

そんなふうに、わたし自身の実体験から、

素の自分を出して生きたら人が離れていく(嫌われる)かと思いきや、実は真逆で、

愛されるばっかりの美味しすぎる環境が手に入る。

 

なぜかっていうと、素の自分を出して生きたらまず、自分自身のストレスが激減するから。

 

人って自分にストレスがたくさんあるからこそ、苦しくて他人の嫌なところが見えたり、なんか相手のことを悪く言いたくなっちゃうんです。

自分で自分が素の自分を出して生きてなくて苦しいからこそ、その苦しさを他人や外に向けちゃうことがあるのです。

 

でも素の自分を出して生き始めたら、それがなくなるじゃないですか。

 

そうすると、心に余裕が生まれて相手にも優しくなれるし、堂々「素の自分」で咲いてるあなたが、現実はそれがなかなか出来ない人が多いからこそ、周りからはすっごく輝いて見えるんですよね。

カリスマって言われる人も、実はそういうとこが魅力の根本だったりします♪


わたしはもう、あるときから心底、

立派な良い子じゃないと愛されないなら、そんな自分なんていらない!!

と思って、だからこそそれらをドキドキしながら捨てていって、ただの素の自分に少しずつ少しずつ、戻っていきました。

 

そうしたら、パートナーからも周囲の人からも、嫌われるどころかむしろ愛される、努力しないから運が逃げると思いきや、それどころかどんどん強運になる、それがわたしだけでない、本当に「ただのオンナ」であるセッションのお客様もその現実を手に入れていて。

 

素の自分を出して生きるだけで、自分が自分を大好きになれて、周りも自分を大好きでいてくれて、そうして周囲をも幸せにしていくのなら。

 

今ははっきりと思うのは、

素の自分で、「ただのオンナ」で、生きなきゃもったいない!

 

わたし自身が、素の自分を出して、そのただのオンナでしかない自分自身を大切に生き始めて何をしたか、

そうして何が変化していったかは、

このブログにすべて詳細に記載していますので、よろしければ参考にしてくださいね♪

 

まずは自分の弱さを受け入れるところから♪ぜひ、やってみてくださいね♡

ぜひぜひ、すべての女性にオススメしたい生き方です♡

 

☆“良い子”から飛び出して、「ただのオンナで幸せになれる」
自分を大切にする生き方のすべて☆
最新の記事はこちらから♪