「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

もしかしたら、がんばらなければがんばらないほど、思い切り幸せになれてしまうのかもしれない。「もしかしたら」へのちょっとずつのチャレンジ。

f:id:santasantasan:20180627185448j:plain

今日、ある「もしかして」が私の中に湧きました。

「あれ?もしかして…生理中だけど、生理痛ってもういらないんじゃない?」と。

事の発端は、今回から布ナプキンを使用し始めたことで、布ナプキンについた経血を洗っていた時のこと。

意外にも、ほぼ水だけで「サラ〜っと」、経血が落ちてしまったのです。そしてとても、血液量が少ない。あれ?これって布ナプキンを「使い続けていたら」起きる現象じゃなかったっけ??

 

改めて気付いた、ストレスフルだった以前の私と今の違い。

それで、思い出したことがあります。

以前、バリバリにがんばりまくって働いていた時の私はといえば、血液量も多く、期間も長く、そして女性の方ならわかると思うのですがレバー状の血液の塊のようなものが紙ナプキンについていて、それが当たり前でした。もちろん、生理痛もとっても重い。

 

でも今回ハタと気づきました。仕事を辞めて、少しずつがんばることを手放してきてから随分、経血の量も減ったし、レバー状のヤツを見てないな…と。恐らく、仕事を辞めて自分に素直に正直に生きることで「◯◯せねばならない」の思考を元に動くことが減って、ストレスが大きく減っていることによるのではないかと思います。

恐らく紙ナプキンを使い続けていたら、そこまでまともに自分の経血を見ることもないので(すぐポイッとゴミ箱に捨ててしまうので)この変化にも気づかなかったかもしれません。ですが今回、実際に洗い流す作業をしてみて、その変化に気づきました。

 

布ナプキンを使ってみて気づいたこと。月経時=超重い生理痛は、ただの私の思い込み?

そこで再び、「あれ?」となったのです。

これだけ月経に変化があったのなら、子宮への負担はかなり減っているはず。

なのに生理痛は、相変わらずつらく、重い(と感じている)。

これってもしかして、私の、ただの思いこみなんじゃないか?と。

 

これまで「生理が来る=超重い生理痛がセット」っていう図式が十数年頭に染み込んでいて、その思い込みだけで、必要以上の痛みを自分で作っているんじゃないのか??と。その痛み、いる?私に今も、必要?

ううん、いらないや!
“生理の時はひどい生理痛っていう図式”、私の人生の設定に、もういらない!!

と、決めたんですね。

そうしたら、それまでズーンと重かったお腹から腰の痛みが、スーッと和らぎました。その後、今日は痛みなく過ごせています。

 

もし自分の人生が、全部自分の設定通りに動いているとしたら?

これ、嘘みたいな話ですが^^;

でも「ただのオンナ」の原点もまさにここなんです。

そもそも、自分の人生の当たり前過ぎる前提さえ、実は全部思い込み(自分の無意識の設定)で作られてるんじゃないか?っていう一瞬の「もしかしたら」。

その設定は、世の中の常識や、育った環境が、初期設定になっているのかもしれませんね。

 

この「もしかしたら」は、いつも何かをがんばりすぎて、くたびれ果てた私の中に生まれたものでした。

私、過去記事でご紹介した通り、自分のことをきょうだい児とか、アダルトチルドレンとか、欠陥まみれとか思っていたから、だからがんばらないと幸せになれない、と思って仕事とか、ココロの勉強とか、がんばって積み重ねてきたわけです。

 

がんばれば幸せになれると思ってて、でもちっとも幸せ感や自己肯定感が増さなくて。

 

結局、努力にクタクタに疲れ果てて、ある時あきらめて浮かんだ「もしかしたら、がんばらなければがんばらないほど、ただのオンナのままで(ままの方が)幸せになれるのかもしれない」

そこから、「もしかしたら」と一瞬感じることに、ちょっとずつのチャレンジをしていいくようになりました。

 

もしかしたら自分に嘘ついてまわりに合わせてがんばって働くよりも、自分を大事にしてたほうがお金も入ってくるのかもしれない」

 

もしかしたら、がんばって学び続けることをやめたほうが、幸せを感じられるのかもしれない」


もしかしたら、がんばって社会適合者を目指すよりも、デコボコの欠陥まみれのままの方が、私が輝けるのかもしれない」

 

もしかしたら、自分の感じた正解だけに従っていれば、全部上手くいっちゃうのかもしれない」

 

…そんな「もしかしたら」へのちょっとずつのチャレンジです。

 

大事なのは正しいかどうかじゃなく、自分から湧き出た想いにフタをしないこと。そしてやってみること!

そして私の中で大事にしているのは、それが正しいかどうかよりも、その想いにフタをしないで、実際どうなのかやってみたらいい、っていうことです。

ダメならそれでいいんです。

間違ってたら、ちょっと(というか結構)恥ずかしいけど、でもたぶんそれを気にしているのは私だけだし^^;

ただ、やってみないで「そんなわけない」って最初から否定したくないなっていう感じなんです。

 

今回のことも、また明日、「やっぱりイタイ〜!!」ってなったら、一瞬「なんだあ、ただの思いこみだったのか」って恥ずかしいですけど、そうしたらその場合はそうだったんだって、それだけですむことですもんね^^

まだまだいっぱい、妄想みたいな「もしかしたら」が私にはあるんですね。それの一つ一つを、ちゃんと素直に受け止めてみたいんです。ワクワクしてみたいんですね。

旦那さんのお仕事も、「もしかしたら」大ブレイクするんじゃないか、とか^^

人生長いので、すぐに結果が出ないことにこそ、良い「もしかしたら」を持ち続けていたいです。そしてその心持ちが、実際の現実も動かしていく気がします。

 

生理痛の話から人生の話にまで話が及んでしまいましたが(笑)、そんなますます変人ぶりを貫こうとしているわたしでした。

今日もお読みいただき感謝を込めて!^^