「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

祝2016!地球はがんばって廻ってないので、わたしも今年もがんばらず、ただ「夢中」になっていきます!

遅ればせながら、明けましておめでとうございますー!!!(ドンドンパフパフ!!)

2016年がやってきましたね。元旦は、やっぱりとてもワクワクウキウキしますね♡
皆さま、どうぞ今年もよろしくお願いします^^

f:id:santasantasan:20160101182139j:plain

(ちょっとおせちっぽくしてみました。白いお皿にのってるのですか?伊達巻の切れ端です)

さて、2015年最後の夜はNHK紅白歌合戦を見て過ごしていたのですが、そのなかで感じたことがありました。

今年は例年以上に、「自分を信じて」とか、「自分を生きる」とか、「わたし以外わたしじゃないの」とか(←まんまか)、そういう感じをテーマにした曲が多い気がするなあ〜と。
それが被災地とか、どこか特別なところに向けられたものではなくって、普通に当たり前の日常を送っている一人ひとりがその主人公として置かれてる気がしました。(自分がそこによりフォーカスしてる時だからそう感じただけかな?)

きっと欲しいものは誰もがたくさんあるし、ココロ惹かれるものも溢れてるけど、それらが全部当たり前に手に入るようになっても、自分が自分を生きれてなかったらきっとつまらない。逆に無いなら無いなりにも、周りをわりと気にせず楽しく面白く生きていられるのは、自分で自分の選択してきたことに納得が持てる時かなと。
だからすごく勝手に天下のNHK紅白歌合戦「あんたの思う生き方ナイスだよ!」って言われてる気がして、大変気分の良い年越しでした。


さて、2016年ですがボーっと過ごしています。
旦那さんと当たり前に神社にお参りに行って、プラプラ散歩してって感じなのですが、心底「しあわせだ〜」と感じられていることが何より嬉しく思えることかもしれません。

今日の記事タイトルの「地球はがんばって廻ってないので」の通り不自然なことはせず(というか、できない自分を認めて)、人参をぶら下げられて意味も求めず走る馬のように、ただただ自分に、旦那に、「今」に夢中になって、後々振り返ったら「気づいたら結構なとこまで来ちゃったよ!」と思えるような1年を過ごしたいと思います♡

皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします!