読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

ただのオンナにもどりましょう♡〜自分を生きる68日目。

昨日御茶会に申し込みのあった方から、
「“ただのオンナ”に、わたしもなりたい!
と思いました」

とのメッセージをいただいて。

そんな言葉を読者さんが言ってくださるようになったのか〜と、
なんかとてもとても嬉しかったんです><
(なれますよ〜♡ゼッタイなれますよ〜♡って愛をめっちゃこめてお返事してしまいました♡←きもい)


だってわたし、女性がみんな“ただのオンナ”に戻ったら
誰でもすごくラクになれるし幸せになれると一人で勝手に確信をもってまして。

別にそれが全てではないですし、
押し付ける気はまったくないんですけど、
いろいろな女性の悩みとか行き詰まり感とか漠然とした不安感って
“ただのオンナである自分”を
認めたり愛したりしてこなかったから、
苦しいし悩むんじゃないかな??と思っています。


そしてそれは、
なんの価値も外側から付け足す必要のない、
そのまんまで大好きだし、愛される自分。
それに根拠の無い自信をもてる、ってことだと思ってます。
(笑えますが、この「根拠が無い」が大事かと笑)

f:id:santasantasan:20160520161951j:plain


たとえば。
ただのオンナは自分がただのオンナだと知っているので、
できないことはできないって素直に言える
自分を大きく見せるために、スゴイって評価されるために
「できます!!」なんてぜったい言わない。

他にも、
「それ、やって♡」「お願い♡」と素直に言える。
「全然知らない^^」「全然わからない^^」と爽やかに言える。←そして「だからお願い♡」につなげる。


ただのオンナは変なプライドや見栄がないから。
勝ち負けの概念がないから。

なぜ無いかって、
「そんなものを持てるほどの自分ではないもん」
つまり
「ただのオンナだもん」ということです。


伝わりますでしょうか?

卑下とは全然違うんです。

むしろその逆で、
自分の小ささ、弱さ、無力さ、大したことなさ、汚さ、「こんなもん」ってとこ、
そういうのを全部、自分でスッポリ、受け入れちゃってるんです。

ただのオンナであることに、全面降伏してるんです。
だから、誤魔化さないし、飾らないし、取り繕わないし。
(これ昨日も言ってますね、何度もスミマセン^^;)


だから、
助けてくれる人が有難い。
そんな自分でも愛してくれるひとが有難い。
そんな自分でも受け入れてくれてる環境が有難い。
ひいては生きてるだけで有難い。
全部ぜんぶ、有難い。
てゆうか、奇跡じゃない??←つまり「有り難し」。


でもわたしたちってたぶん、
そういうことを教わってこなかったですよね??
親からも、学校からも、社会からも。

だから悩んで当たり前で、迷って苦しんで当たり前で。
男性みたいに「これ」って生き方がないですもんね。
ステージによっても変わるしね><


だからこそ、なにか悩んでるのが深い人ほど実は、
「ただのオンナである自分」を
受け入れることができないでいるのではないかと。


それはつまり、「何者かでないとダメ」という。
何者かであって、認められることで、評価されることで、注目されることで、
自分を満たそうとしてる。

意図してるのはそんな大きな「何者」でなくても、たとえば

「いい会社に勤めてたら(満たされるはず)」
「お給与が上がれば(満たされるはず)」
「結婚できれば(満たされるはず)」
「子どもができれば(満たされるはず)」
「ブログのアクセス上がれば(満たされるはず)」

とかとか!(まだまだそういう社会の風潮が主流ですしね)


それが得られない自分がつらい。落ち込む。どうーん。。。。
だから、努力する。必死につかむ。


過程自体を楽しんで向かっていける(築いていける)ならもちろん良いんです。

それをし続けられる人、それで何かを築いてきたひとは
ムダじゃないし、むしろ本当に素晴らしいですし!

でも、
ずっとやり続けていて疲れたり、なんだかそれがないとダメ、
止まるのはコワイという想いがどこかにあるのならば、
それはたぶんちょっとズレてます。

さらにもし、がんばらないで幸せそうな人を見たとき、
イライラしたり、批判したくなったり、
こうあるべきでしょ!だって◯◯なんだから!!と、
言いくるめたくなったり。(主に正論的なやつです)

ここまできてたらかなり重症かと思われます。

その根底、
だってわたし、がんばってきたんだから。
だからわたしも、あの子も、どのオンナも、
がんばらないで幸せになっていいわけがない。

…そんな感じではないでしょうか。

その価値観を守りたくて、壊されたら自分が築き上げてきた、
追い求めてきた日々がリアルに全て無意味に感じちゃいそうで
それが怖くて悩み続けることを無意識に選択してる人も
いるかもしれません。(そんなこと、ないよー!)

別にそのままでも、その人の人生なので勝手なのですが、
そういう自分が嫌ならば、一度立ち止まって、
ただのオンナであることを受け入れてみる必要があるのかもしれません。

 

そしてそうそう、
「ただのオンナ」ってこれだけ何回も連呼してると、
「わたし、ただのオンナなんかじゃない!!」
って気持ちが湧き出たりしませんか?

これがまたミソでして^▽^


たぶん「ただのオンナ」って、
「素の自分」「ありのままの自分」などと同義語な感じかと思います。

だったらそういえよ!!と思いますよね。(思わないですか??笑)


検索されやすいのはこれらのワードなので
長らくこの言葉を使ってきましたが、
でも本当は、この言葉ってごまかしだって思ったんですよ。
綺麗な言葉だから、いくらでもごまかせますよね。
なんか、表面的っていうか良いとこだけって感じしますよね。
不快な自分、醜い自分はスルーできちゃいそうですよね?

なんとなくニュアンス、伝わりますでしょうか?
で、それはただの逃げだと思うんです。

「ただのオンナ」っていう、
一見小バカにされてるような、見下されてるような言葉を前にして、
ピクっと反応してしまう心があるのかどうなのか??

「そんなことない!!」って、誰かに主張したり、
わかってほしくなる想いが出てくるのかどうか?


そこがミソ、ある種のバロメーターだと思うのですよ^^☆


つまりそれが少しでもあるならたぶん、
誰かにわかってほしい、愛して欲しい、認めて欲しい、つまり
自分でただの自分を愛せてない、認められてない、
そういう「何か」があなたの中に、あなた自身があなたに対してあるわけなんです。


「ただのオンナ」を自分で認めきってしまって
自分で自分に根拠の無い自信があるひとは、
そもそも気にならないですもん。

むしろ「ただのオンナである自分」に誇りを持って咲いてるので、
何も持ってないくせになぜか堂々と自分に愛を持って咲こうとしているその姿(笑)に、
「こいつはほんとに仕方ないなあ〜」と、
全くもう〜って感じで周りも助けてくれます。
この周りって、目に見えない宇宙の動きもです^^


見栄をはってしまって、なんでも自分でなんとかしようとするから、
宇宙も人も助けに入るスキがないのですよね。

もしくは助けようとしてるしメッセージも送っているのに、
見ようともしないでスネるか悲劇のヒロインになろうとするから、
もういいや、ってなるのですよ。


でも本当は、ムカッ、もピクッ、も、
全部伸びしろということなんです^^

そういうものがたくさんあるひとは、
たくさん心も現実も変化していけるわけで、
伸びしろがたくさんあるってことなんです♡


そして誰でも、
ただのオンナに戻れるということ^^(本人が望んでるなら。)

ただのオンナに戻ったときに、それまでの
「◯◯でないと(△△になれない)」
の世界では絶対に得られなかった
奇跡体験アンビリー◯ボーみたいなことが、
自分の人生でわんさか起こってくるわけなんです♡

 

だから、話ちょっと戻りますが、
「ただのオンナに戻りたい!!」と言える方はそれだけで、
ひとつ壁を超えてきてるんではないかと。

だから、ご自身がご自身に思うよりもきっと、よっぽどすごいことなんです♡
今からお会いするの、とても楽しみです♪


そして、わたしひとりぽっちで自分のためだけに密かにやってた
「ただのオンナに戻ります活動」が、
望む女性に一人でも多く伝わって、みんなで
「ただのオンナに戻るど〜!!!(ドドドドド)」
って感じで(どんな感じだ。)
たくさんたくさん女性としての幸せと豊かさを感じたい!!
感じるぞ!!他の誰でもない、自分のちからで!!
という女性が増えると嬉しいなあと、これまた勝手に思っています^0^

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて♪
今日もすてきな一日をお過ごしくださーい☆
サンタサンタ。 

♡お茶会セッションについて♡
お申し込み・お問合せは
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います^^)にて、
「お茶会セッションについて」などの件名でご連絡ください^^

 詳細はこちら☆

santasantasan.hatenablog.com