読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

【御礼。スマートニュースに載りました。】がんばらずに幸せになるのは悪いこと?もしくは「調子に乗りそうでコワイ」について。

昨日、やけにアクセスが増えていくと思っていたら、はてな枠のスマートニュースに掲載されていました!

この右下↓(なんかその上のアニメ画像がいやだなあ。。。)

f:id:santasantasan:20160104112709p:plain

 

皆さんがブックマーク等してくださったからに間違いないと思います。見つけてくれた旦那さんにも、本当に有り難いです。もう連日うざいかもしれないんですが、本当に有難うございます。

・がんばらずに強運になる。それは波乗りジャーニー的生き方。

皆さんからすると小さなことかもしれないのですが、ブログ自体は始めてまだ1ヶ月ちょっとの自分としてはとても大きなことです!そしてそういうことがあると、わたしは自分は自分のチカラで生きてるんじゃなくて全部周りのお蔭、なぜならわたしはわたしの好きなことしかやっていなくて、努力をしない(できない…)ただのオンナだからです。なので自分で成し遂げた感ゼロです。
そういう意味でとにかくものすごく強運で、恵まれていると思います。本当に有難うございます。

周りの方や、おっきく言うと宇宙とか、ご先祖さんとかが起こしてくれる波。
わたしはただただ、それにただ乗っかるだけの、波乗りジャーニーをいつも本気で目指しています。波に乗れば乗るほど自分はもちろん周りも幸せにすると本気で思っている変人です。そして目指しているというのはつまり、そうでなかった過去があったからだし、まだまだもっとそうなっていきたいと思っているということです。
そして特に女性に、(もちろんその人が望むならですが)一緒にそんなジャーニーな生き方をしようよ!!誰でもできるよ!!って勝手に自己満足で投げかけているのがこのブログです。

でも、そんな風になったらコワイ、と思う方がいると思います。
「いや、わたしはそういう生き方はいらない」という人はそれでいいと思うのですが、コワイ、というやつです。

コワイというのはきっと、「そんな努力もしないでがんばらずに幸せになったり良いことが起きたらきっと調子に乗るんじゃないか」とか、もしくは「調子に乗ってると周りから思われるんじゃないか」とかいう想いからではないかと思います。もしくは「そういう人は、調子に乗っているようで嫌悪感がある」というのも。(この記事を読んでそう思われる方もいるかもと思います)
でもそれってやさしい方こそ、そのように思われると思います。でもどうせならそのやさしさをご自身に使って欲しいと思い、今日も勝手にその話を書きたいと思います。

・歴史を紐解くとわかる、性によって違う「幸せと運(自分に安全な世界)の作り方」。

突然ですがはるか昔、わたしたちのご先祖様が他の哺乳類と進化において大きな差を魅せつけたときってなんだか覚えていますか?(たぶん学校でどこかで教わった気がします)あれです、二足歩行です。

でもこのことで、女性にだけは圧倒的な不利が生まれたのをご存知でしょうか。
何が?というと、このことによってスタイルが変わり、産道が狭くなり、他の哺乳類よりも出産がしにくくなったのですね。つまり他の哺乳類は一人(てゆうか一匹??)で出産することができるけど、人間は一人では自力では出産することができなくなった。しかもその後、子どもを抱えては食料確保が困難。そこで男性に出産を手伝ってもらい、食料を与えてもらって(=かわりにいろいろやってもらって)命を繋いでいたのですねー。ちなみにその時に、脳の発達と関連して生まれた恋愛感情が上手に役立ったのだそーですよ^^ピンチをチャンスに変えたご先祖さま方、カッコいいです。

それで何が言いたいか?と言いますと、女性はもうはるか昔から、自分が能動的に何かして(それを現代ではがんばるとか努力するとか言うのかもしれない)自分の安全なる世界(それを現代では幸せとか、心地よいとか、豊かとか運がいいとか言うのかもしれない)を築いてきていない生き物なんですね。与えられる、周りに動いてもらう(言い方乱暴かもですが与えさせる、動かせる)ことが本能的に得意なんです。
その本能ってもう、何億(億?わかんないけど)世代にも渡ってDNAに刻みこまれてる。良いも悪いもない、ただ、オンナって大前提がそういう生き物なんです。

・与えられる、周りに動いてもらうことが「ラク」だと思うようになったのはなぜだった?

ここまで書いて、「なるほどな〜」って頭では思ってもらえたとして(え、思わない?)、でもきっと「そうは言っても、なんかそんな周りに動いてもらったりラクしちゃ悪い気がするし周りから責められそう〜><」って想いが出てくると思うんです。

そこ、「なんで与えられる、周りに動いてもらうこと=”ラク””悪い”って思うようになったの??」っていうところです。オンナが与えられるだけ、周りに動いてもらうだけのことが悪いことって誰が言った??っていうツッコミがありませんか?

それはお母さんがそういう生き方(がんばって、努力して自分を抑えてきた)だったからかもしれないし、いろんな要素が人によってあると思うんですけど、大本の大本は、ただの本能で動いていた狩猟時代とかから社会が出来て文明が出来てきて、割りと今の時代になってもまだまだ、物事のベース(常識)は男性性が得意なことがベースになっているからということが大きいと思います。
それは男性がそうさせたのではけっしてなくて、わたしたちのおばあちゃんやひいおばあちゃん世代が男性性が活きる社会のベースに女性としても一緒に乗りたくて、そのためには男性性のベースに女性が合わせることが必要だと「思い込んでそのままここまで来てしまった」。もちろん、それしか当時は方法がなかったのだと思います。それくらい、わたしたちのいばあちゃんたちは苦労をいっぱいしたとは思うんです。
でもその中で、そこに追いつくのに一所懸命ななかで得意なこと、先代たちからいただいてきた財産(本能)を置いてきてしまった。
むしろそれを封印しないと「負けてしまう」「追いつけない」と女性自身が思って、いつしかそれを自分の次の世代たちにも(良かれと思って)伝えてここまで来た。それが気づいたら、世の中の空気感や常識に変わってた。

・それならば。今の与えられた時代でオンナとして、どう生きる?

もちろんそういう先輩たちのお蔭で女性は(まだ発展途上なとこがあったとしても)一昔まえよりこんなにこんなに自由になれて、今は出産も生きぬくこともはるかにハードルが下がってて、女性が勤めたっていいし独立したってもちろん全然良いのです。むしろどんどんそうなって女性に輝いて欲しい派です、わたし個人としては^^

良いのですがザックリ言うと、「最初から与えられてる得意な部分を生かしたほうがそれらも上手く行くのだけど」、「封印され過ぎてあることさえ忘れてるし使い方がわからない(使っちゃいけないという刷り込みがいつしか常識になっていた)」。だったら「それ思い出して使った方がスムーズじゃない?」という感じです^^そして実際に、それが男性にも大きくプラスになって、オンナもオトコもお互いハッピーで一石二鳥!社会もハッピーでバンザイ!!なのです。(この辺りはまた別記事で機会があれば書きたいと思います)

・話が脇道にそれすぎて長くなったのでいったんここまでのまとめです

…と、いろんな前提記事を書いていたらよそ見しすぎて「調子に乗ったら(乗ってると思われそうで)コワイ」までに話が及びませんでした。続きを次の記事に書きたいと思います!忘れそうなので今日書きます!とりあえず、ここまでのまとめです!!!


・女性はがんばらずに幸せ&強運になれる。それは波乗りジャーニー的生き方。

・どうしてそうなれるの?歴史を紐解くと、それは二足歩行のハンディから身につけた先祖の智慧。(そして私たちに残してくれた財産)

・だけれど時代が大きく変わってきて、女性自らその財産を封印してしまった

・封印してるということは、今もあるということ。そして忘れてるだけだからいつでも取り出して使える

・そうしてそれは、男性においても社会においてもハッピーになる鍵

ここまでお読みいただき、感謝を込めて!(スマートニュース掲載の件も、本当に有難うございます!!)

☆波乗りジャーニー的生き方に興味がある方はこちらがオススメ。絶賛大募集中です。

 ↓

 

santasantasan.hatenablog.com