My process

(旧ブログ名:ただのオンナに戻ります)

全部自分で決めていいんだよ♡「どっちも」が叶う生き方と、お盆休みにおすすめなノート術♪

我が家は今朝、ここ数日間伊豆の家にいて娘の面倒や家事等たくさんサポートしてくれた両親が神奈川の自宅に帰っていきましたが、昨日からお盆休みという方も多いのではないかな、と思います◎

そんなまとまったお休みのときにおすすめなこととして「これまでのノートを見返す」について先程コミュニティに写真付きで投稿したのですが、

ブログの読者さんもお時間あればぜひと思い、シェアしますので、よかったらやってみてください♡

すごく、自分の成長に気づけてノートを継続することへのモチベーションが高まりますよ♡

 

f:id:santasantasan:20190811151526p:plain

f:id:santasantasan:20190811164850j:image

コミュニティ内では実際の振り返りをしたもののノートの写メとそのポイント解説を3つ載せてみました♡
雰囲気だけでも伝わればと思います♡


 

そして最近とても嬉しかったことに、またお一人コミュニティに参加してくださった方がいて、ご丁寧に申込時にメッセンジャーでメッセージをくださったのですがそこにこんなふうに書いてくださっていて

 

f:id:santasantasan:20190811155230j:plain

 

 

連休を活用して、自分と向き合おうとしてくれている♡

これ、すごく嬉しい♡

 

というのもきっと、日々いろいろともやもやしたり気になっていることがあったりしても、多くの人が

 

・せっかくの連休だし!お盆休みだし!

・嫌なことは考えたくないし!

・パーッと遊んで忘れちゃえばいいし!

・後回し後回し!


 …で、そのときはもちろん楽しいんだけど、それは楽しい予定を入れて考えないようにしてただけなのであって、結局は何も自分で動いていないし根本解決もしてないから、

また連休が明けそうになる直前にサザエさん症候群みたいになって、ネットで手っ取り早くなんとかできそうな情報検索してみたり…

そういうブログ探して読んでみたり…

休みが明けたら結局今度は「毎日忙しいから」っていう理由で結局何もできない(しない)。

 

それってさ、

休みがあれば、

「気晴らしやストレス発散できるのは今だけだから(=自分と向き合ってる時間なんか無い)」

 

仕事があれば、

「仕事が忙しくてそんな時間とても取れないから(=自分と向き合ってる時間なんか無い)」。

 

それ、本当に「時間が無い」の??

状況がどうであれ、結局時間を割こうとしてないの、自分じゃん。

 

遊ぶのが悪いわけじゃない、仕事が悪いわけじゃない、

しかしどんな状況であれ、今ここから、自分が時間を割こうとすれば、時間はいつだって「在る」しかないのに。

割こうとしていないのは自分自身。

しかしそこを明らかに見たら痛すぎるため、大半の人は気づかないフリ。

 

そんな人達もけっして少なくないなかで、

連休だからこそ(じっくり取り組もう)、と手を伸ばした先が「自分と向き合うこと」だという女性がいることが、縁してくれたことが、

とってもとっても嬉しいのです!♡

 

今朝も、連休がはじまって親族や地元の友人たちと会うからこそ出てくるモヤモヤがあるからノートします!と投稿してくれた方もいて、

そんなふうに、自分のために一番大切なことに時間を割こうとする、

そんな本当の意味で「自分を大切に生きようとしている」女性がますます増えていってほしい、というのがわたしの願いのひとつでもあるので、

そんな想いでコミュニティに参加してくれたり、コミュニティを活用してもらえたりすること、

とてもありがたく思っています♡

わたしももっともっと、そういう方たちに求めてもらえる自分であれるよう、精進していきたいと思います!♡

 

お盆休みも随時コミュニティは参加者募集中ですので、「今年のお盆は自分と向き合ってみようかな??」と思われた方はぜひぜひご活用くださいね。

お待ちしています♡

 

コミュニティ参加申込み詳細ページはこちら♡

 

☆ ☆ ☆

 

さてさて、昨日の記事の続きです^^

santasantasan.hatenablog.com

 

 

そうやって、赤ちゃん(娘)が泣いたらかわいそうだから、一緒にいないと嫌がるからと、母親であるわたし一人が無理をして娘を囲うような関わり方と、

そのとき、まだまだ人見知りでじいじばあばにビビって泣き(笑)、それでもじいじばあば、子育てスペースで遊んでくれる保育園の先生たち、

たくさんの大人と触れ合って、愛を注いでもらって、そういう幼少期を過ごすこと、

 

娘の長い人生にとって何が良いことなのか?悪いことなのか?

そんなの誰にもわからない。

 

わたしがいつも思ってること、

今の感情、今の気持ち、今見えること、今わかることをすべてだと思うな。

 

娘だって、誰だって、

与えられた環境・状況がどんなものであれ、自分次第で幸せであろうとすることは平等に可能です。

 

いつでもそれと見てすぐわかる愛のカタチ、言葉、態度、環境・状況、

それらしか愛だと認められないような大人であるとき、どんなに状況環境が整ったとしても自ら幸せで在り続けることを選ぶことは、きっとなかなか難しい。

 

なら、与えることよりもむしろ、本質的な愛があるのかもしれない。

愛のカタチを、どう表現していくか?遺していくか?

わたしたちは本当は一人ひとりが立ち止まって、自分の頭で考える必要があるのかもしれない。

 

そしてわたしは、世間や周囲の目を気にして一般論に合わせて生きて、わたしがわたしをすり減らして生きることで大事な人や大事な自分を「守る」愛よりも、

 

こわくても人と違っても、わたしが最大限わたしを突き抜けて生きることで、わたしの中で勝手に幸せであって、それがわたしの中に満ちて満ちて満ち溢れて、

溢れまくったその愛が、勝手に大事な娘や家族やお客さんをも大きく幸せの渦で飲み込んでしまうくらいに。

 

それくらい、とことんやってやれ。

それくらいに、なってやれ。

 

いつも、そう思っています。

それは「それが娘のためになるんだ!」なんて主張したいわけではけっしてなく、

ただわたしはわたしを最大限生きたくて、

同じくらい、娘のことも大好きで幸せであってほしくて、できる限りいつも「可愛いなあ、大好きだなあ♡」と思っていたくて(自分が余裕をなくしてキリキリ舞いで接してしまうのではなくて)、

そのどっちの願いも叶えたいだけ。

それがわたしの好みなだけ。

好みな「愛のカタチ」なだけ。

  

f:id:santasantasan:20190811162404j:plain
じいじばあばにたくさん可愛がってもらったら、また一段と表情と発語が豊かになりました!♡

 

 

最近、「愛のカタチ」については所々で書いていますが、ちょうど合宿1期のメンバーの一人が数日前にこんな投稿をしてくれました。

 

 

f:id:santasantasan:20190810091232p:plain



相手に沿おうとする愛じゃなくて、

マイペースを守り相手を拒否しないようにする愛を(選ぼうと思った。)

 

そう、「愛のカタチ(表現)」は自分の責任において、自分だけで自由に選ぶことができるんだ。

 

これに対してわたしがしたお返事コメント。

f:id:santasantasan:20190810092113p:plain

 

 

「どうせ全部愛しかない」という真実と、

「全部、自分で自由に決めていい」ということ。

 

そのことに救われる人は、いったいどれくらいいるのだろう?

 

少なくともわたしはこの真実に、何度も救われてきた。

 

大好きなお母さんと自分、どっちか。じゃなくて、

大好きな旦那さんと自分、どっちか。じゃなくて、

大好きな仕事と大好きな娘、どっちか。じゃなくて、

大好きなお客さんと、大好きな家族、どっちか。じゃなくて、

 

「どっちも」が叶う生き方。

 

f:id:santasantasan:20190811163753j:plain

今朝のノートタイムは、最近娘にそっくり(※主に9割前髪)だと気がついたチャーリー人形とともに。笑

愛のカタチを自分が決めるだけ。

それを、愛だと受け取ってもらえなくても別に構わない。

巡り巡っていつか、その愛は(たとえ自覚してもらえなくても)相手に届き、相手の中に遺る、と信じているから。

 

誰かに対してどう在るか、どう接するべきか??と悩むのは、

心が狭いからでも小さい人間だからでもなんでもないんだ。

 

わたしたちが底知れない深い愛を

もともと持っているからだ。

 

親への愛のカタチ。

旦那さんへの愛のカタチ。

娘への愛のカタチ。

お客さんへの愛のカタチ。

 

どういうカタチを選んでも、その愛は必ずどこかで伝わるんだよ。

どこかで伝わって、必ずその人を幸せに導いてくれるんだ。

 

自分だけで決める。

もちろんわたしも今でも怖いと思うことはたくさんあるけれど!

 

その怖さを抱えながら、怖いからやらない、ではなくて、

その大きな愛を、自分にも相手にも安らぐかたちで扱うことを自分に許せたら、そんな女性が増えたなら、

その愛の大きさを、不必要に自分を責めることに使う女性がきっといなくなる。

本当にホッとして優しい気持ちで生きていくことができると思う。

そして自分を許せたら、他者や世界に対しても優しくなれる。許していける。

そしたら自分の生きる世界は、確実に優しく温かいものになっていく。

女性みんながそのように生きれたら??

このひとつの世界も絶対に大きく変化する。

 

わたしもひたすら、まずは自分から。

そしてその上で、このブログで、合宿で、コミュニティで、

機会が変われど、自分自身のあり方から、言葉から、表現から、

いろいろなかたちで、

伝え続けていきたいと思います♡

みんなで、そんな生き方をしていけたらいいなあ♡

 

それでは、素晴らしいお盆休みをお過ごしください♡

 

☆募集予定☆

伊豆合宿2期 2019年9月28日(土)29日(日)

※前回開催の様子はこちら※ 

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

☆募集中☆

①オンライン動画教材

santasantasan.hatenablog.com

 

②コミュニティ「Just women」santasantasan.hatenablog.com