「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

久しぶりにいっぺん死んだ話。【今日から東京!】

今日は、これから東京です☆

 

f:id:santasantasan:20190716053003j:plain
東京ステーションホテルのアニバーサリーの招待状♡

 

別件で東京に行きたい用事ができ、今回はそれにあわせて、2年前に結婚式を挙げた東京ステーションホテルからいただいたアニバーサリーのご案内を活用させていただこうと思います^^

 

去年はじめてアニバーサリーの招待状をいただいたときに書いた記事がありました^^

 

santasantasan.hatenablog.com

 

この頃、仕事の拠点も東京から、移住してきたこの伊豆のほうにうつしていこう、と決めて動き始めてた頃だったんですよね。そのときはまだ、合宿を実現できるルートがまったく思いつかなかったので、自宅からスタートしようとしていて、このあと徐々にかたちになっていくのですが^^

 

そして仕事においてもそんなふうに新しい道を進んでいこうと思っていたときに、記事内にもリンクを貼っていますが自分の死生観というか、命に対する見方が大きく変わった出来事もあって。

そしてその時点ではまだ気づいていないんですけど、この頃すでに、娘がおなかの中で育ちはじめてたんですよね。

 

やっぱり、あとから振り返ると、自分の内面の変化が先にあって、それが後から人生をかたちづくっているんだな、という真実がありありと感じられますね!

 

 

…それで、今日は東京に出る日なのでちょっとばかりドタバタしていますが、せっかくだから今、書いておこうと思ったことがあります。

 

先日、コミュニティの件について、「今は募集は卒業生のみ」と書いたのですが、これ、やめます。

オンライン動画教材をご購入いただいたことのある方は全員、コミュニティに(ご希望があれば)参加いただけるかたちとしたいと思います。

※コミュニティ参加費は卒業生と同様、月額1万円かかります

 

どうしてそうしようかと思ったかと言うと、これ、書くのすごく恥ずかしいのですが、わたしの最近の気付きとして書かせてください。ゴクリ…。←息を呑む音(わかるわ)

 

 

今までのわたしが卒業生に対して思ってたこと、それは、

  

「それなりの金額のする長期講座に申し込んでくれた(つまり、それなりの金額をかけても自分の人生をより良く生きたいという気持ちをこの場所やわたしにかけてくれた)方たちだからこそ、より長く、大事にお付き合いしていきたい」

 

「だからその気持ちを、ちゃんと相手に伝わるかたちで表現したい」

 

それが今までのわたしの気持ちのベースで、だからこそコミュニティも卒業生限定としていたり、新しい長期講座の企画をしたときは、コミュニティのメンバーさんは参加しやすい安価な価格で、というのをいつも心がけていました。

 

もちろん、出産間近の頃や一時的に長期講座をやってなかった時期なんかは、それらの代わりになればと思ってコミュニティメンバーさんを広く募集してたこともあったんですが、基本はずっと↑のスタンスだったのですね。

 

で、これ、この考え方、

自分ではめっちゃ良いことだと思っていたんです。

 

すごく、そんな自分が人情に篤いみたいな感じで、そういう自分が好きだな〜♡くらいに思っていたんです。

もう書くの嫌になってきたぞ。。。。?汗

 

が、

 

最近、はじめて、とゆうか、やっと(恥)

その

 

自分の思っていた「大事にする」「感謝する」の「選択」や「表現の仕方(あり方)」を疑った。

 

 

そしたら、わかったことは。

これを当たり前に選択しているわたしというのはつまり、

 

・より大事にしているなら(感謝しているなら)、特別扱いするもの。

・「差」をつけるもの。

 

そしてなんならたぶん、

 

・お金をたくさん掛けてまで学ぼう(変わろう)としている人のほうが偉い(!)

・そういう人のほうががんばっている(素晴らしい)(!)

 

こういう価値観を、疑いもせず持っていた。

 

で、それはなぜ??って明らかに見たら、答えは超カンタンで、

 

「自分がそうされたいから(そうされたら、嬉しいから)」

 

……なぜ?? 

 

「だってわたしだって、そうやってたくさんお金も時間もエネルギーもかけてきて、誰よりもがんばってきたんだもん!!!

 

(だから、わたしならそこで特別扱いされたい、差をつけてもらいたい、それで自分が偉かった、すごかった、がんばったんだって実感したい)

 

 

 

 

 

 


( ;´Д`) ( ;´Д`) ( ;´Д`)

 

「絶望」って打ったらなんか自動で顔文字出てきたりしないかなって思ってやってみたけど、出てこなかったので自分で一番適当と思える顔文字を引っ張ってきてみました。

 

 

 

もう、

 

もう、、、

 

ひ〜〜〜〜〜…!!!!(涙)

 

 

 

もうね、

 

うんこ!!!

 

 

これ、

 

うんこだわ!!!!

 

としか言いようがないというか。ないのか。

 

もう、「苦しくて」、だから「外に答えを求めて」、たくさんお金も時間もエネルギーもかけて学ぶことをしていた頃の自分というのはとっくに過去のことなのに(このブログをスタートさせるまえ、心のことを学んでいたときのことですね!)

 

そして今は、ブログも仕事もノート書くことも、

それらに時間もエネルギーもかけているのは、本当に、

ただ「好きで」ただ「好みで」やっているだけなのに。

※そして今振り返ればむしろ、苦しくて学んでると思ってたときも、やっぱりわたしの魂という個がそれらを好きで学びたかっただけ(そのていのいいそれらしい学ぶ理由として「苦しい現実」が必要だった)というのも今なら十分わかってるのに

 

なのに、

 

それなのに、

 

まだこんなむかしの設定を、

今のありかた(選択)にくっつけていたのか!!!

 

という。

 

 

 

 

 

 

しかもこれを自覚した瞬間気づいたんですが、なんならわたししか思ってないわ、これ。

 

卒業生誰も別にこんなこと思ってないわ。

わたししか思ってないことを、わたしだけが大切にして(うんこをね!!)、さもそれが良いことくらいに思ってたという。

なんなら教材を購入してくれてる人、あるいはコミュニティから入った一部の人達にも、

めちゃくちゃ失礼だわ。

 

 

死…。

 

 

で、いっぺん死んで、そしてヨロヨロしながらもより深く自分の中を見ていったときに、

意外すぎるところにこの想いがつながっていたことに気が付きました。

 

娘起きてタイムオーバー!!

続きます!!

 

ステーションホテルの素敵な招待状の写真とともにうんこ連発って…大丈夫かなこの記事…