「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

コミュニティが生まれ変わった話。

ここのところ合宿のことばかり書いていたんですが、実は同時期に同時並行くらいな感じで、コミュニティもめちゃくちゃ変革期でした!

 

1日に、最低でも2〜3記事ほどアップするようになって(ブログじゃなくてコミュニティのほうですね!)、

それもポンポンっと気軽にバンバンアップするようになりました。

 

なんとゆうかわたし、タガが外れたのです。笑

 

これまでは長らく「どうしたらコミュニティをもっと盛り上げられるかな(=どうしたらもっとコミュニティのメンバーさんに喜んでもらえる場にできるかな)」ということを試行錯誤していたんですよね。

 

でも、わたしが今回やっと至った結論は、

 

・場を作りたいなら場作りするな。

・盛り上げたいなら盛り上げようとするな。

・役に立ちたいなら役に立とうとするな。

 

それら、せんでいいから、

 

勝手に、ただ自分で在れ。

勝手に、ただ自分だけで放ってろ。

 

↑こっちでした!

ハイ、シンプル〜。笑

 

でも本当、逆説的なんですが、コレなんですよね。

強固にただ「わたし」で在ることが、ただその「わたし」を放つことが、勝手に自然と誰かの役に立つ。

 

そうやってきて今のこのブログもあるのに、コミュニティにおいては顔の見える関係性であるぶ、どこかで自分以外の外(の人たち)に役立とうとか、喜ばれようとか、そちらに対して意識が向きすぎていたのだと思います。

それも結局は愛だから悪いものではないんだけれど、そのことで、「ただ自分で在る(その自分から境界線を作らずすべてを放つ)」というとてもシンプルなことを見失ってたのだと思います。

 

その、「自分の中心に在ること」からずれて離れてしまうことが一番、結局は自分のためにもならなければ誰の役にも立たないのに。

 

だからこそ、

とにかく好きなように好きなことを書こう(放つ)。

そこから何かを見出すか、何かを受け取ろうとするかは、皆がそれぞれに決めること。

  

ブログとコミュニティが違うのは、ブログはひとつの記事として完成させようとすると、わたしにとってはそれなりにまとまった時間と集中力と、不特定多数の人にわかるように伝わるよう意識(言葉がけ)がすごく必要だということ。

 

だからこそそれなりの時間を要するので、産後はいくら気づきがたくさんあってもなかなか記事をアップすることができないもどかしい時期が長らく続きました。

  

それが今回、コミュニティには気軽に放っていい、と決めたことで、ふと思い出したとき、ふと気づいたときに、娘と過ごしているときの合間合間のスキマ時間に、スマホで気軽にサクサクと「わたしの欠片」をアップしていくことができるようになりました。

 

それはたとえば今の時点では、

 

・朝わたしが実際に書いている感謝ノートの公開

・読書ノートの公開

・写経ノートの公開

・ノートを続けるコツ(わたしなりに心がけていること)

・0歳の娘の子育てしながらどうやって時間を創っているか(心がけていること)

・今からやります宣言部(ノート書く前に宣言投稿してからスタートすると気持ちがしゃきっと切り替わります^^)

・ノートタイム=自分との対話時間 がよりいっそう楽しく豊かになる文房具のススメ・活用方法

・わたしが見つけて心に響いたオススメの動画やコラム(わたしなりのポイント解説)

・わたしの日々の気づき、失敗談(本当はブログに書きたいのだけれど時間がまとまって取れなくて書けてないことなど)

・妊娠、出産、子育て期の知恵袋(わたしがやってみてよかったこと、買って良かった便利グッズなど)

 

などなど。

 

あとは、これまだ書けていないのですが、パートナーシップの工夫、お金のこと、親子関係(母とわたし、わたしと娘含む)、人間関係、コミュニケーションについて、真理の話など、

このあたりのことも書きたいことがいろいろとたまっています。

 

たまっているというか、放てば放つほど、無限に湧き出てくるのですよね。

放つからこそ、自分の中でよりいっそう豊かに巡る。

 

なのでコミュニティという気軽に放つことのできる場を持ち始めてから、やっぱり自分の中がよりいっそう、豊かに溢れるようになりました。

きっと、放てることはいくらでも尽きることがない。

なぜならわたしたち、みんな無限につながっているから。

 

オマケとして、それを拾って糧にしてくれる人がいたら、共鳴しあうことができたら、わかちあうことができたら、なお良いな、という気持ち。

 

でも、それが叶わなかったとして構わなくて、ただ私一人でも、勝手にひたすらわたし自身が自分と向き合っていくだけ。自分に潜っていくだけ。

 

それは、ブログであってもコミュニティであっても同じこと。

自分に集中するだけ。

もう、ほんとにただそれだけ。

 

やっぱりいつも、本質は常にシンプル。

 

f:id:santasantasan:20190713215220j:plain
実際にコミュニティにアップしている写真たちの一部☆

 

そしてやっぱり「わたし1人だけでまったく構わない」、

そんなふうに心から肚決めてやっていると、逆説的だけれど、

かすかでも確実に、メンバーさんたちの中から「動き」が生まれ始めているな、と感じます。

それはわたしが「なんでも聞いてもらっていいですよ!」って言って、そこで皆の役に立てるつもりでいた頃よりもずっとずっと、自発的で自律的で自己完結的な動き。

自己完結というのは、相手(外側)に何かを求めるための行動ではなくて、つまりそれはたとえば、わたしに何かを言ってもらいたいとか、かまってちゃんみたいな意味での動きではなくて、誰にも何も求めず、ただ、自分であることの延長線上の発言だったりするということ。

 

けど、逆説的なんだけれどその自己完結なあり方が、結果的に自ずから然りで、参加している他のメンバーさんにもなんらか気づきのきっかけや影響を与えている。

 

「まず、自分が自立した自分である上で、何があってもまず自分を見つめる、その姿勢の上で、それぞれがそれぞれに自分に必要なものを持ち帰って、自分の人生の血肉にしていく」」

 

そんなことのできる場をつくりたい、とずっと思ってきました。

 

それが今、本当の意味でかたちづくられようとしているのかな、と思っています。

 

そこに必要なのは、活発なやり取りでも、

和気あいあい・仲良しグループみたいな雰囲気でもまったくなく、

 

ただ、自分一人が自分で勝手に放ち、自分で勝手に糧にするだけだった。

自分一人で勝手に喜び、勝手に幸せであるだけだった。

 

コミュニティは現在は長期の講座の卒業生のみの募集となりますが、

これを機会にまた、一緒に学びを深めたいという方がもしいたら

ぜひ門戸を叩いてもらえたらな、と思っています^^

ちなみにですが、合宿参加者様は過去投稿分も含め、フォロー期間中コミュニティの閲覧・利用もできます♡

 

勝手に受け取って、勝手に人生の血肉にしていく。

いつも自分の内側を見ようとする。

そんな同志が増えたら幸いです♡

 

卒業生の皆様、コミュニティへのご参加(カムバックも含め♡笑)は

メールにていつでも心よりお待ちしています♡