「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【募集開始】5月度Just a womanカレッジ

すみません本日少しドタバタしておりましてすっかりこんな時間の更新になってしまいました><

本日、5月度のJust a womanカレッジ生の募集を開始します^^

 

santasantasan.hatenablog.com

 

昨日の記事に記載しましたとおり、もう5月も下旬を迎えますので、

初回電話レッスンは6月の日程からという方でも大丈夫です。

※その場合、6月スタートの人数が多めであれば、6月度の募集はなしとさせていただく場合もありますことご了承ください!

 

ちょうど昨日なのですが、以前コミュニティに参加してくれていた卒業生が再びコミュニティで学びたいとメールをくださって、

「また一緒に学べることがすごく嬉しいな」

と感じている自分に気が付きました。

 

これはカレッジ生でも同じように考えていますが、”一緒に”というのは別に「ベタベタと仲良く、近い距離で」という意味ではなくて、

わたしの中では連絡を取っていようがいまいが、「同じ方向=自分を見つめて自分を生きること」を一歩一歩積み重ねているのであればみんな「一緒に」だとも思っています。

 

だって、どうせ「もともとひとつ」なのだから^^

 

だから、「目に見えるかたちでつながっていること=一緒」ではない。

そういう「一緒」でなくても別に構わない。

 

けど、今回「嬉しいな」と感じた自分に対して

「なんで”嬉しい”んだろう??」と自分の中を見つめてみたとき、出てきた気持ちは、

自分が必要とされていると実感できるからとか、メンバーさんが増えるからとか、

そういうことじゃなくて、

 

役に立てることが嬉しい

 

単純に、そういう気持ちなんだな、と思いました。

 

この、わたしとして生まれて生きてきた生命や経験を、個を、

もともとひとつでつながっている皆さんが、より「本当の自分」に戻っていく上で、

わたしという個で役に立てることがあること(そういう機会をいただけること)が、ものすごく嬉しいんだなあ、と。

 

わたしはこのブログを書き始めた頃は、本当に「自分一人のため」にやっていて、

自分を大切にできなければ他人を大切にすることもできるわけがないと、

ただただ自分を一番に、自分のことだけ考えてやってきました。

 

それはたぶん仕事をスタートさせたころも同じで、

「人に伝えたいという自分の気持ち」を叶えたくてやっていたことのほうが大きかった。

 

だけど3年近く仕事をしてみて、楽しいばかりじゃないこと、思うように伝わらなくてしんどいことももちろん出てきて、

でもそれでも続けていきたいと思うのはなんで??と自分に問うたらやっぱり、

 

「それが、自分とご縁を持ってくれた誰かがより”自分を生きる”ことの役に立てたらと思うから」

 

という気持ちが一番支えになってる気がします。

 

もちろんだからといって、人にとことん合わせたり、自己犠牲を強いたり、自分と相手との距離感やバランスを崩すことは好みではないからやらないけれど、そうであっても、

昔のわたしが聞いたら「偽善かよ!!」って思い切り斜めに見そうなセリフです。。。笑

 

でも今は、わりと本気でそう思っている。

 

先日の勉強会を経ていろいろと感じることがあり、

そんな綺麗事な自分を許そう、と思えるようにもなってきました。

 

以前は、もっともっと「自分が」だった。

それが悪かったとは思わないけれど、そういう時期も経て、今、本気でそんなふうに思えるようになったのも、自分を真っ直ぐ生きて、本当の自分を生きようとして、今、自分が幸せで在ることをその都度選んできたからだと、思います^^

 

日々生きていればいろいろな苦しいことも嫌なことも起きるときがあって、

でもそれらを避けようとするのではなくて、

そこからより、本来の自分、何も飾らない、背伸びしないただのオンナ(Just a woman)に戻っていく好機としていける柔軟な一生モノの生き方(在り方)を一緒に学んでいける仲間とのご縁を、5月度カレッジでも持てれば幸いです^^

お申込みはこちらより、お願いいたします^^

自分を大切にする方法オンライン動画教材申し込みフォーム

 

f:id:santasantasan:20190518183926j:plain