「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

女性として。あなたの【人生の優先順位第一位】はなんですか?

f:id:santasantasan:20181217182110j:plain


先程ふと、コミュニティのメンバーさんの投稿へのお返事を書いていて思い出したことがあったので、ブログでもシェアを☆ 

 

わたしはよくこのブログでも「今」や「今」の自分の気持ち・好みを大事にして生きることの大切さを書いてると思うんです。

それが自分を大切に生きることにとって、とても重要だと。

 

けど、今ふと気がついたのですが、わたしの人生をこんなに好み通り(というかそれ以上)に彩り鮮やかにしてくれたのは、

その意識だけではなくて、実は、

その大前提として、無意識にいつも、あることを意識していたからではないかな、と思ったんです。

 

その「あること」というのはつまり、

 

・自分はどんな人生を生きていきたいのか??

 

・一番、人生において譲れないのはどんな願いなのか??

 

・自分にとって、人生の優先順位第一位は何なのか??

 

…ということです。

 

…そこを、その都度の「今」においていつも明確に持とうとしていて、

というのはつまり自分のほんとうの気持ち(願い)を知ろうとしていて、

 

それをいつも頭の片隅におきながら、その上で、

「今」の「気持ち(感じてること)」を大切に、

自分のあり方や日々の選択を好みで選ぶ…という上述のことをしていたんです。

 

それはたとえば、コミュニティのほうにも書きましたが、

このブログをスタートさせた頃のわたしの人生の優先順位第一位は

 

「ジョーさんとずっと一緒に生きていきたい。」

 

であって、

そのわたしの好みのかたちが「結婚」だったんです。

 

そして「結婚」にこだわったのは、このブログの長い読者さんならきっとわかってくださっているとおり、

それが「フツー」であり「みんなしてるから」だからとか、

結婚しないとかっこ悪いから、負け組と思われるからとか、

自分の幸せを結婚することで保障してほしいとか、

ウェディングドレスが着たいからとか、

※わたしは最終的には自分好みの結婚式を挙げることができましたが、その前に「式を挙げられなかったとしても良い(それでもこのひとと一緒に生きていきたい)」という想いがまず大前提でした◎

 

そんなふうに、いわゆる「みんなと一緒がいい」とか、他人の目を意識したゆえの「叶えたい優先順位第一位」だったわけではないことはおわかりいただけてると思います◎

コレ読んでみてね☆

santasantasan.hatenablog.com

 

このブログを書き始めたことは、その「ジョーさんと一緒に生きていきたい。結婚したい。」という当時の優先順位第一位を叶えるためのひとつの手段でした。

なぜならその願いをかなえるために当時の自分に必要なのは、

「自分で勝手にしあわせであること」

「自分で自分をしあわせにすること(自分で自分を大切にすること)」

だと思ったから。

自分が精神的にもっと自分の足で立てないと、自分の足で人生を歩んでいけないと、

ずーっとジョーさんの存在に、

気持ちの上で依存してしまう自分だと思ったから。

 

そして、その自分のままである以上、結婚なんてしたいと思ってもらえるわけがないんだ、ということまでは、当時の自分なりにわかったから。

 

なのでブログを書くことで、自分を生きられる自分になろうと、その発奮材料にしていこうと、このブログをはじめました。

よくこれも書いていますが、起業とか、仕事での成功のため、ではまったくなく

(そもそも仕事にする気がなかった)

それが自分のライフワークになり、お客様が増え、ある程度の余裕あるお金を稼げるようになったこと、などは、

全部その「人生の優先順位第一位」を叶えようと進んだ道のりの中で与えられたおまけなのです。

 

で、「人生の優先順位第一位」なんて、ある意味ちょっと大それたように聞こえる目標が、

思いのほか早く叶うことが目に見えて実感できてきたのが

ブログを書きはじめてたった半年くらいのこと。

 

それが叶ったというか、ああもう叶うんだな、という実感に疑いがなくなってきた頃、続いて自然に湧いてきた気持ち=叶えたい人生の優先順位第一位は

 

「ジョーさんとの赤ちゃんを授かりたい。」

 

だった。

なので、それをこの先の人生の優先順位第一位にしていこう、と思った。

 

そしてそれは、「結婚できたけど、それが当たり前になったら次はこれが不満で、現実がまた嫌だから叶えたい」という気持ちからではなくて、

ブログを通じてこの生き方を続けていく中で、

 

「ジョーさんとはやっぱりどうしても一緒になりたい、結婚したいな。」

という強い願いは変わらず持ちつつ、そこに向かいつつも、同時に、

「けど、もしそれが叶わなくっても、わたしは勝手にしあわせで在る。わたしのしあわせに結婚やジョーさんは関係ない。」

という、一見矛盾している相反する気持ちを、スッキリさせずに同時に自分の中に引き受ける、という姿勢を

しっかりと自分の中に根付かせることができた延長線上に芽生えた気持ちだった。

 

なんであっても、わたしは勝手にしあわせである。

ジョーさんが一緒にいてくれても、いてくれなくても。

赤ちゃんが、授かれても、授かれ無くても。

 

でも、わたしの人生の中で、一番大事にしたいこと、叶えたいことは「それら」だったから、

かなわないかもしれなくても、淡々とただ黙って、

そこに向かってできることはすべてやってきた。

 

だって、何よりも優先順位一番のことだと自分が思ったから。

 

いつも書いてるけど、その、自分にとって一番大事なことを明確にすることから逃げて、

傷つかないこと、損(と思えるようなこと)をしないようにすること、感情が揺さぶられないで済むこと、「とりあえずみんなと一緒(浮いてるわけじゃない)」であることが

人生でホントに大事なことなわけじゃない。

 

傷ついたり、がっかりしてみたり、苦しくなって感情が揺さぶられたり、ストレスもときに感じたり、恥をかいたり悪目立ちしたり失笑されるようなことがあったとしても、

それでも「これをわたしは人生において叶えたい」とまっすぐになれることが

本当は一番大事なことだと思うんです。

 

で、こういう話をすると、

「そんな風に思えるような(特別な)ものは、自分にはない」とほとんどの人が言うけれど、

それが特別なことである必要はないんだよ。

 

ただ、女性として、生まれて、生きて。

 

本当に、男性とともに生きるのではなく、

独りで生きて独りで死んでいく、それでOK?

 

子供を産まない、持たない、それでOK??

 

それらのことに対する「あなたの人生のスタンス」を、自分なりに明確に持っているか?

 

それを、自分に問うことだと思うんです。

 

長くなったので、(そろそろ娘が起きそうなので。笑)次の記事に続きます◎