「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【「不潔」って、「排除」って、なんですか??】上っ面の「自分を愛する、大切にする」くらいなら、一度本気で今の自分を大嫌いになってみろ♡

f:id:santasantasan:20181124183005p:plain
夫婦で始めた伊東の素敵なヒト・コト・モノを発信するサイト「オノズカラシカル」のInstagramより。わたしたちの日常が写真で覗けます。笑

 

 

最近、オンライン動画教材をご購入をきっかけにコミュニティに参加してくださった方がいるのですが、

本日、コミュニティ内にて↑のようなご質問をいただきました◎

 

ブログ読んでると度々出てくる「不潔」という表現、

この不潔とは、どういう感じのものか??

 

…という。笑

 

なかなかこういうご質問っていただく機会がないので、

「ふむ!確かに、どういう感覚かな??(自分的に…)」

自分を振り返る良い機会になって、

わたしも本当にとっても有り難いです!!

この前は別の方に、「真穂さんの思う”宇宙”ってどんなですか?」って質問をいただいた…笑

これも、ふむ!確かに、、、と、言語化すること、とても勉強させてもらいました!

ありがたし!!!

 

あくまで「わたしの思うところの…」なので、

それが唯一無二の正解とかではまったくないのです。

が、その上で、わたしの思うところの「不潔」とか、「排除」の話をさせていただきました。

 

けっこう面白い投稿になったんじゃないかと思い(自画自賛?笑)

ブログでも一部シェアできればと思います^^

 

まず大前提として、わたしは基本的に、

人間って本来、みんな、すごく素晴らしい尊い存在だ、と、

結構本気で思っているんですよね。

 

だけど、実際の現実問題として、

その本来の素晴らしさを最大限に生かして生きることのできている人というのは、実はものすごく少ないのではないか?とも、思っています。

 

というのもほとんど多くの人は、その生まれながらに持っている本来の素晴らしさを最大限に活かして生きよう!としているというよりも、

 

・周りと比較してどうするか(どう生きるか)を決めていたり、(それゆえに思考停止していたり、)

 

・他人よりも損しないように、他人よりも得できるように、ということを大切にしていたり、

 

・今が良くて今がラクであればそれで良いやっていう考えに甘んじていたり(今の苦しささえラクになれればそれでいい、と思っていたり)、

 

・他人から見て自分の人生の充実度がどのくらいの立ち位置であるか?というようなことを気にしていたり、

 

・他人を羨んだり、誰かや社会や何かのせいにして文句や不満を垂れたり、被害者(悲劇のヒロイン)でいようとしたり、

 


そんな風なクソみたいにくだらないところを気にすること、実現することに時間もエネルギーもお金も何もかもを”掛けて”いる、

イコール、

自分を、この命を精一杯生きようとしていない、

という人がほとんどのように感じるのです。

 

で、わたしもこのクソみたいにくだらない生き方を、20数年間、疑いもせずに採用して生きてきてたんですけど。 笑

 

そしたら、人生どんどんどん詰まりに、

にっちもさっちも行かなくなっちゃったんですけど。 笑

 

そこではじめて、自分のすべての、「無意識の当たり前(に採用していた「生きる姿勢」)」を疑い始めてみた。

 

そしたら、心底、

「不潔だ。」と思ったのですよ。

 

本当、オエッ…!!って感じに。笑

字小さくしても、汚いわ。

 

もうね、自分の中が、「不潔まみれ」も良いとこで、

しかもそのひとつひとつに、

 

「でも、”みんな”だってそうだし」

「だって、育った環境が◯◯だったから」

「だって、あのとき親がああしてくれなかったから」

「でも、そうはいってもわたしだって」

「でも、わたしよりもできてないけど幸せそうな人もいるじゃん(ずるい)」

 

等々、

「でも」「だって」っていう、

これまた不潔まみれの言い訳がわんさか、そこにくっついてて、

当時の自分、まさに、

不潔不潔のオンパレード!!笑。←いや笑えないって。

 

 

それらを全部、誤魔化して、無自覚で生きていたんですよ。

なので、ひとつひとつ、自覚して、おえー!ってなりながら何度も死んで(心がね。。。)

ひとつずつ、そんな不潔まみれ、言い訳まみれの自分を

「排除」していったんです。

 

他人を排除じゃないんですよ、まず排除すべきは自分自身(の中にあるもの)。

 

よくね、自分を大切にするとか、自分を愛するとか、皆さん求めているし、

これ、めっちゃ流行ってるじゃないですか。

 

でも、いつもわたしが思うことは、

自分を大切にする、のその前に、

自分を愛する、のその前に、

 

さっさと、

心底、今の自分に絶望して、

心底、今の自分を大嫌いになったほうがいい。

 

と思うのですよ。

 

その、クソみたいな生き方している、誤魔化しまくりの状態の自分を上っ面に愛そう大切にしようとかしてどうするんだって話ですよ!

 

もっとちゃんと見なきゃ〜!!♡

自分のクソさ加減、ダメさ加減を♡ と「♡」をつけて可愛く言ってみる。

 

それが、ほんとの意味で「自分を大切にしようとする」ってことじゃない??

「自分を愛する」ってことじゃない??

 

「良いとこだけ」見ようとするなんて、都合の悪い嫌なところを無いものにしようとするなんて、

そんなの愛じゃないでしょ。大切にしてないでしょ。

 

性格は変えられないけど、生き方の選択は変えられるのだよ。

自覚さえすれば。

 

だからわたしは自分の中に見つけたいくつもの「不潔」を「排除」していったんです。

それがわたしにとっての「自分を大切にして生きる活動」の大事なひとつの柱だったかなあ、って思うんです。

教材でいうなら②のところがその説明に繋がっているかな、「不潔」とか「排除」とは明言してないけど。笑

ピンと来にくい人は、その目線でもう一度見直してみてくださいね♪

 

そしたらどんどん自分自身も、人生も変わってきたんです。

変わらないわけないんですよ、選択を、自覚をもって変えているんだから◎

 

だからですね、他者に対しても、

変わろう、向き合おう、としている人のことはそもそも、今が仮にどんな状態であっても、「不潔」とは感じません^^

ただし、「変わろう風」「向き合おう風」の「ごかましプレイ」しちゃう人にはわたしは厳しいと思います。それはすぐ見抜ける。笑

 

そのように、今がどんなにひどい状態の人であっても、

そんなひどい状態の自分と向き合おう、とした瞬間から、人は本来の人としての(命としての)輝きを取り戻していくのだとわたしは思っているから。

 

実際、たくさんの人のその過程を見させていただいていて、

この気持ちはブレることはありません◎

本当に皆さん、美しくて素晴らしいな、って心底思うよ◎^^

 

そしてその、命を最大限活かそうという生への姿勢が、その輝きが、

いろいろな(世の中で言われるところの)良いことも引き寄せていくのだと思います。

 

あくまでそれはおまけですし、教材でお話しているとおり、自分が好みを自覚してそこに寄せていかないと話にならないですが◎

これは教材③の部分かな☆

 

しかしそれって当然と言えば当然で、

わたしたち生き物、人間にとって、一番大事な仕事ってなんなのよ??

ってことですよね。

 

まずはこれを考えてみましょうよ、っていう話で。

でもほとんどの人は、そんなこと考えようともしないで日々に追われて周りの目や常識だけ気にして生きてるでしょ?そら如何ともし難いわ。

 

わたしはそれを真剣に一度、立ち止まって考えてみて、

一応、自分の中で出した結論が、

与えられたこの命(この「個」)を最大限生きること

 

だと思ったのです◎

 

これは今も、ブログ始めた当時からも変わらずに「そうだろうな」って思ってる。

正解は、証明しようがないし、わからないけれど。

 

この命、この自分という「個」を最大限活かそうとする姿勢は、きっと、

この命を与えてくれた神様?のような存在の意志に沿っている。

 

だって、命を与えてくれたんだし。

一人ひとり、違う「個」を、与えてくれたんだし。

きっとそうに決まってるでしょう!!根拠なし。

 

「性」も同じことですよね。

女性という性を与えられたなら、その、女性という性の特性をそのまんま受け入れて生きようとすることが、

神様の意志に沿っていると思った。

※これ、動画教材④の部分ね!

 

だから、わたしはそのように生きてみた。

もちろんいろいろなポイントはあるし、どれも大事だから教材に細かい部分はまとめてあるけれど、でも、

本筋としてはそこの部分を大切にして生きるようになったから、

ある程度人生が【わたしの思う良い方向】に流れていってるのかなって思っています◎

他人から見てどうの、ではなくてね◎

 

 

で、わたしはそうやって、自分の中から「不潔」を見つけては「排除」しているので(今ももちろん続いているよー!)

 

だから、自分の中に感じる「不潔」は、他人に対しても「不潔」って、そりゃ思う。

 

けど、これは何度かブログにも書いているかもしれないけれど、

だからといって、別に

「不潔=不正解(無価値)」ではないという。

 

わたしの思う不潔が、自分の中にあっても、

それを見たくない人、誤魔化し続けたい人、蓋し続けたい人、というのも、やっぱりいますよね。

 

それはそれで良いと思うんです。
個人の好みの問題というか、それはその人の人生の、その人の責任だと思うので◎

不潔=その人に価値がない、ということでは、当たり前ですが無いのです◎

 

でも!ですね…!

 

もう少し長くなるので次の記事に続く◎

 

☆三連休、中日に入ってますが、すぐに動画教材をGETしたい方はこちらのPayPalにて☆(ご入金手続き後、すぐに教材データを発送できます♪)

☆ペイパルでのオンライン動画教材のお申込みはこちらのボタンから☆
※別途ペイパルアカウントの開設は必要です(開設は無料)