「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

スッキリさせるのが目的じゃないはず。そして産後のお仕事妄想など…☆

今日は大学時代の友人が伊東に来てくれてランチをしました!

本当に、数年ぶりの再会!!

が、話止まらずで、お互いずーっと喋り続けていました!!

 

f:id:santasantasan:20181121153224j:plain
先輩ママでもある彼女から「出産後、育児が大変なときにはお茶を飲んでホッとする時間に助けられるよ!!」ってプレゼントしてもらったカフェインレスの紅茶;;

 

すでに3児のママである彼女、

以前の記事にもちょろっと書いたように、お互い東京の大学で知り合ったんだけど、実は後から、父親同士が伊東出身で、わたしの父が彼女の父にかなりお世話になっていた先輩後輩関係だった…という不思議なご縁のある友人なのです◎

 

それでも直接二人で会ってこんなに話をするのは本当に大学時代以来、かも…^^;

わたしの父親と彼女のほうが、連絡を取り合っていたと思う^^;

彼女のお父さんはもう亡くなっているのですが、彼女とわたしの父が同業職ということから連絡を取ることもあったようで、これまたなんだか不思議なご縁なのです^^(父はもう定年していますが^^)

 

そんな貴重なご縁の中の貴重な友人にもかかわらず

なかなか会うことがなかった、というのは、

お互いに住まいが離れていたからというのももちろんあるけれど、

たぶん本当の理由は、

「会いたいね」と言いながらも、わたし自身が会うことに少し、躊躇していた気持ちがあったからだと思います^^;

 

というのも、彼女自身に対してはとっても良い友人で、何もマイナスな気持ちって無かったんですが、

大学時代、彼女とわたしが一緒に所属していたサークルでの数年間が、

わたしにとっては黒歴史だったから^^;

 

※この「オンナの処世術シリーズ」のときに登場したサークルですね…^^;

 

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

上記のシリーズで書いてあるとおり、大学を卒業してからもう10年以上も経つのに、

この記事を書いた当時までは、

わたしはこのサークルでの数年間の、ある一部のネガティブな記憶に強烈に引きずられていたので、

この頃の自分を知っている人にはできれば会いたくないな(会いにくいな)、という気持ちがどこかにあって。

 

けど、このシリーズを書いている間の気付きとしても記事の中で触れているとおり、

ずっと引きずっていたそのネガティブな想いと一度しっかり向き合ってみたら、

本当に不思議なくらい、あれだけ重い足かせになってた過去の記憶(経験)が

「まあ良いこともあったな。自分にも、問題があったな」って

自然に受け入れられるようになった。

 

そしたら、彼女に会うことも、抵抗がまったく無くなって、

素直に「会いたいなあ」って思うようになった^^

 

そのタイミングでわたしの妊娠を知って、彼女が忙しい中にもかかわらず、伊東に行く!って言ってくれたのです。

本当に嬉しかった〜涙

 

そして今回話をしてみれば、あの頃のマイナスな部分のことって本当に、わたし自身が引き寄せてこじらせていた問題ばかり、つまりやっぱり自分の責任だったと改めて思ったし、

 

その証拠に(?)というのもなんですが、同じ場所に所属していても

(わたしが幹部などの仕事についていて、彼女はそんなにどっぷりサークルに出入りしていなかったという違いはあれども)

彼女はわたしが経験した嫌な想いってしていないし、

それゆえに彼女にとってはそのサークルは、

けっしてマイナスな思い出になっていないんですよね◎

 

その違いはやっぱり、「自分がどういう人間であったか」だったなあ、と。

 

彼女と話をしていて、良い人達もいっぱいいたことを思い出したし、

ということはやっぱり、

わたし自身が局所的に、マイナスな思い出に固執していたかったんだな、と

改めて思いました。

 

そしていざ再会してみれば、そこは”彼女とわたしのご縁の始まりの場”というだけで、

もう今再会しても、その頃の話はほとんど出てこないですし◎

 

「元その◯◯サークルに所属して同じ時を共有していたわたしと彼女」としてではなくて、

「一ただのオンナの彼女と一ただのオンナのわたし」でいろんな話をすることができた◎

 

時間は多少かかったけれど(でもそれもたぶん、最善の完璧なタイミングだったと思った◎)過去の記憶からの妄想にとらわれずに、彼女と再会することを選んで良かったな、と心から思いました♪

 

 

それで、そんな今日の嬉しかったことって、

前回の記事で紹介させてもらった、Iさんのメッセージに触発されて、「書きたいな」と思っていたことと、

奇しくもちょっと繋がっているな!と気付きました◎

 

※前回の記事はこちら☆

santasantasan.hatenablog.com

 

こちらの記事内の、Iさんからのメッセージの、この部分。

 

私は、人との関係でモヤモヤしたことがあると、すぐに白黒つけたがって、関係を切ろうとする癖があることがわかりました。

嫌と思うことを伝えたことで嫌われる怖さとか、どうせ伝えたって相手は変わらないとか、面倒くさがられると思われるから避けたい、グレーな関係が不安で不快だからです。

 

でも、家族や友人や、今お付き合いしている人と、一対一で向き合って、これからもよりよい関係を築いていきたい、建設的でありたいと思いました。

真穂さんの教材を活用させてください。

よろしくお願いします!

 

 

 

> グレーな関係が不安で不快

 

 

> 人との関係でモヤモヤしたことがあると、

すぐに白黒つけたがって、関係を切ろうとする

 

 

…これ、皆さんにはお心あたりはありませんか??

 

実はこの仕事をしていて、最近よりいっそう、こうした傾向の強い女性が多々見受けられます。

そもそもそれを、問題だと自覚していない人のほうが多い気がする。

 

むしろその気持ちを自覚しないままに「これこそが自分を大切にするということだ」変に振り切れた行動・言動を他者に向けてしてしまって、

さらにそれらを肯定して「これで良かったんだ(わたし、偉かったあ〜〜♡)」みたいなことにしてしまっている女性のなんと多いことかと!

 

本当は、白黒ハッキリしないことを抱えておきたくなくて、モヤモヤが気持ち悪くて、

さっさとスッキリさせたいから、「えいやっ」と「してしまいたかった」だけだろうに。

そしてそのあとの気持ち悪い違和感を感じたくなくて←これを感じたら、疑うことができるのに…!!

「良かったこと」にしてまたスッキリさせようと、

「これが自分を大切にしてるってことだから」って言い聞かせてしまっている。

 

 

これじゃまるで、

「自分を大切にする」を、

自分の都合の良いように悪用してるようなもの。

 

 

とってもとっても残念なことです。

 

モヤモヤとしたまま、抱えておいておくことで、

グレーを受け入れることで、

後からより深く良い関係性を築き、再び育めることも、

ますます信頼関係が深まることも、

何より自分自身の器を広げることも、

できるチャンスがいくらでもそこに隠れているのに。

 

 

今回の、わたしの友人との関係性の復活もそうで、

もし、大学時代のあの頃の自分を知っている人とはもう繋がりたくない、

今の(ある程度自分でも満足しているし、充実していると感じている)わたしを知っている人とだけ繋がれればいい、

このブログの読者さんやお客さんならば、ある程度わたしのことを「すごい」とか「良いな」とか思ってくれるのだから、

その関係性だけあればいい、などと

 

過去へのモヤモヤした気持ちをスッキリさせるために、過去をすべて悪者にして、

自分は勝手に被害者になって、

そのようにして、会いたいと今もなお言ってくれている彼女とすっぱり縁を切ってしまっていたら、

 

確かに気持ちはスッキリするでしょう??

 

けど、このブログなど一切関係のない、こういう生き方を実現してきたわたしではなく、

本当に良いも悪いもいろいろある「ただのオンナのわたし」を「好きだよ」と言ってくれる大切な人間関係(ここでは友人)を

一人失うことになったと思うのです。

 

その、いっときの「スッキリ」のために。

 

 

でも、人生で欲しいものというのは、

本当に、その、

「いっときのスッキリ」なのか??

 

 

モヤモヤを抱えないこと、なのか??

 

 

たとえば今、夫婦でやっている伊東の活動も同じことで、

この伊東という地域で繋がる人は、

わたしがどういう仕事をしていようが、どれだけ、教材購入者さんやブログ読者さん等の支持してくれる人(?)がいようが、あるいはどれだけ稼いでいようが、あるいはどれだけ、こうした生き方について知識が深かろうが、

 

どれも、「メリット」にはならないんですよね。

わたしという人間とつきあう上では。

 

このブログを通してできる人間関係では、皆さんやっぱり、

「真穂さん」ではなく「この生き方」を自分の糧にするために、わたしと繋がってくれているのだと思うし、

それでいいと思うのです。

 

でもそれは、わたしというただのオンナのひとつのオプションでしかないでしょう??

 

そのオプションを通してしか、魅力を感じてもらえないなんて、

人と繋がることができないなんて、

やっぱりわたしはちょっとさみしいと思う。

 

そういう後ろ盾がない、まっさらなわたしでも、わたし自身が「素敵だな」と感じる人と

奥せず繋がれる自分でありたい、と思うんです。

 

それってあるいみ、すっごくこわいしスッキリしないんですけど。

 

そもそも自分という人間を知ってもらうことも、相手という人間を知ることも、

信頼関係を築いていくことも、

全部ゼロからだから。

 

後ろ盾がないから。

 

やり取りの回数を重ねてみて、こういう冗談はここまでは通じる人なんだな、とか、

こういう距離感が良いかな、とかがわかってくる。

 

それを知っていくには、時間もエネルギーもかかると思うんです。

その間は、モヤモヤすることもスッキリしないこともいっぱいある。

正直、気持ち良いか悪いかっていったら、スッキリしないので気持ち悪いもの!

 

でも、それをかけたらかけたぶん、

オプションに頼らない「ホントの人間関係」が出来上がっていきます。

それは、信頼や自信につながっていく。

 

「オプションでない、そのままのわたしを良いって思ってくれているんだな」と。

 

そんなこと積み上げるくらいなら、一人でいるほうがラクかもしれない。

でも、それってやっぱりちょっと、さみしいと思う。

わたしは、ラクであることが求めてる幸せではないから。

一人よりも、人とまっさらな自分で繋がることでしか得られない喜びって、やっぱりあると思うんです。

だから、神様は世界に「自分以外の誰か」を創ったのだろうと。

 

恋愛・パートナーシップもまさにそうなんです。

 

たとえば、夫・ジョーさんに対してわたしは、

わたしがどんなブログを書いていようが、どんな仕事をしようが、周りからどんな評価を受けていようが、

どんなに稼げていようが、逆にどんだけ惨めな立場の頃であろうとも、

 

また、

妊娠して体型が変わろうが、

わたしの人としてのどれだけの弱さや汚さを知ろうとも、

 

どんなわたしであっても、絶対に変わらず、

愛して受け入れてくれている、という自信と安心感があります。

 

それはたぶん、出産して、育児が上手にできなくて、良いママになれなかったとしても、

ますます良い妻であれなかったとしても、

それでもこの先の未来も、何もジョーさんがわたしを見る目は変わらない、と思えます。

(わたしがわたし自身を誤魔化して生きることがなければ。)

 

 

その自信や安心感というものをなぜ今持てているのか?というと、それは、

オプションに逃げずに、自分の価値などを見せつけようとか、そこで相手の気持ちを振り向かせようとか、コントロールしようとかせずに、

ただのわたしとして、いつもまっすぐに彼と向き合ってきた積み重ねがあるからなんですね。

 

その間、たとえば結婚をなかなか決めてもらえなかった頃などは、もちろん、

たくさんのモヤモヤと、白黒ハッキリしないことで溢れてました。

 

でも、それでも、それをスッキリさせようとせずに、抱えてひとつずつ、丁寧に時間をかけて消化させていきました。

 

 

なぜならわたしにとって大事なことは、

その場でさっさとスッキリさせることじゃなかったから。

 

 

だから、強いんです。

即席で築き上げたものではないから。

 

 

モヤモヤを置いて置けない、なんでもすぐにスッキリさせたい、自分のために辛抱してみることのできない女性は、人と良い関係性を築き、育んでいくことができません。

 

なぜならいつも、目の前のスッキリを取ってしまうから。

 

でも、本当に大切にしたいもの、

目的はそこではないよね??

 

 

「そこ」と向き合わずして、結果的に損をするのは自分自身。

 

それはつまり「自分を大切にしていない」ということに繋がっていきます。

 

でも今は、それこそが自分を大切にすること!なんていうスッキリ論みたいなものが、平気でまかり通ってる、正直とってもヘンテコな状況だと思います。

 

こうしてかなりわかりやすく書いてみても、

いざ自分の無意識の行動・言動となると、いかにそれがヘンテコリンであるか、

気づいていない女性がほとんどのように思います。

 

本当に、すっごく勿体のないこと。

どうか、いっときのスッキリに逃げて、大切なことを取りこぼさないで。

 

そんなことをものすごく感じている昨今だからか、

産後、落ち着いたらば、今後は

「自分を大切にする」のかなりガッツリとした実践講座をやりたいななどと思っています!

 

本当の意味で「自分を大切にして生きる」ということと「それっぽいこと(勘違いの「自分を大切にする」)」の違いを、

実践を通して明確に腑に落としてもらいたいな!と思ってます◎

 

あるいは、無意識でどれだけ「取りこぼし」行動・言動をしているか、というのも。

 

人にも運にも縁にも愛され恵まれるかどうかって、やっぱり、

自分の日々の姿勢が全部反映されてると思ってます。

 

愛され応援される人は、やっぱり、本人が気がついていなくても、愛され応援されるなりのことをしています。

(たぶん、無意識で。)

 

逆に、人や運や縁やお金に恵まれないと感じている人って、やっぱり、

「それやってたらそりゃそうだろう!(愛されないだろうし恵まれないだろう!)」という行動を、本当に無意識に至るところに採用していると思うのです。(観察してると。)

 

そういうところを、がっつり自覚していってもらう実践講座。。。笑

 

自覚できれば、変えていけますから◎

 

産後の年明け、いったいいつ頃実現できるか今は皆目わからないですが、

(春頃かなあ…そして産後、どういう状況&気持ちになってるかも全然わからないですが^^;)

もしご興味ある方がいたら、ぜひぜひブログをウォッチしておいていただければ嬉しいです♡

そして今後の講座等は開催するにしてもすべて、オンライン動画教材のご購入を必須としていきますので(ここが基礎なので、ここを知っておいてもらわないと話にならないので…!)

 長期の講座等にご興味ある方も、教材は必ず手に入れておいてくださいね♡

f:id:santasantasan:20181012193355j:plain

 

おそらく、今後の長期講座は教材代込で20万円くらいを予定しています◎

(講座申込み前に教材を購入してくださった方においては、教材代を差し引いた金額になります◎)

 

自分ひとりでコツコツと積み上げていきたい&いける方は教材のみで、

わたしや仲間を通じて学びを深めていきたい方は長期講座へと、

そんな選択肢を増やしていけたらいいな、と思います◎