「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

「心や生き方のことを自分も伝えていきたいので、その学びのために教材を購入しても良いですか?」というご質問への私的回答◎

最近、長期講座のお申込者さん(←今は産休中ですが)やオンライン動画教材のお申込者さんの中に、ちょっとした傾向の変化を感じていてですね、

 

もともと、このブログを知って、わたしのところに縁してくれる方っていうのは、

自分自身がなにかに悩んでいて、自分や自分の人生を変えたくて学びたい、という方がほとんどでしてね、

 

けど最近、ほんとにちょこっとずつですが、

自分も今、悩んでいたり、生き方を変える実践の途上にいるのだけれど、

それに加えて、

こういうことを自分も人に伝えていきたいとか、仕事にしていきたいとか(あるいはすでにブログなど書いてそういう発信をしているとか)、

 

でもまだ自分の中で、伝えていきたい「型」みたいなものを何か持っているわけではないからとか、

もっと自分も学んで吸収したいからとか、

そういう想いで申し込みをしてこられる方も増えてきたな??と感じています。

 

縁を持ってくださる際に、そのようにわざわざわたしに言わない方ももちろんいると思うので、

わたしが気づいてない(知らない)だけで自覚しているよりその数はもっといるのかも??

 

それで、わたしとしては講座でも教材でもなんでも、

学んだことを自分の発信や仕事につなげるということに関してはNO!とは思っていません。

思ったところで止めようないですしね?笑

 

そしてわたし自身も、教材や講座やブログでお伝えしてることをゼロから自分で創り上げたわけじゃなくて、

いろんな先人の方の智慧や経験からインスピレーションを受けて、吸収して、

自分の血肉にしている→そうしてそこから発信したり、つなげたりしてかたちにしている、と思ってるので、

「わたしのもの」「わたしが考えたこと」などと、どーのこーの偉そうに言える立場じゃないと思うのですね。笑

 

個人的に、もっともっと女性たちにこういう生き方のことや本質的なことが伝わっていってほしいと思うし

(人のためというよりそういう世の中になったほうが、自分が楽しいと思っているからです。笑)

だから伝える人が増えていくのはとても良いことだと基本的に思っているのです。

 

基本的に、というのは例外ももちろんあって、それはまず、当たり前だのクラッカーっていうくらいのことですが、

 

【人に伝える前にまず自分から】

 

というのはもう大前提だと思うのですね。

 

でもそれは、「自分がパーフェクトな人間にならなければ伝えちゃいけない」ってことでももちろん無くて、

そんなんだったらわたしがそもそもできない。。。笑

 

ただ思うのは、自分がまだまだグラッグラッなのに、

「わたしはこんなに変化してこんなにHAPPYになり、こんなにめでたしめでたしになりました(だからあなたに価値を提供できます)」

などと、

 

仕事にするために、勝手に自分で完璧っぽい自分を創り上げちゃうこと

 

が問題だと思ってます。

 

グラッグラッまだしてる自分なら、

それを偽らず、デカく見せず、

グラッグラッの等身大の自分のまま

堂々と発信していけ!!!←笑

 

…と!

 

f:id:santasantasan:20181113103736j:plain
堂々と在れば良い!!(なんか、道端で見つけて思わず写メしてしまった可愛い子♡)

 

だって、大きく凄く見せようとしたら、自分が辛いだけだと思うから!

ばれないように、ヒヤヒヤもんだよ??笑

 

で、お客さんって絶対にバカじゃないから、それ、絶対に伝わるから!

 

どんなにすごく見せようとしてても、キラキラに見せてようとしても、

つたわるのはその奥のエネルギーみたいなものだと思うのです。

 

「感じる」部分だと思うのです。

 

それと、実際に放たれてる「言葉」にギャップがあればあるほど、

なんかその違和感を言葉にはできなくても、

「違うな」って感じ取られてしまうと思うから。

 

で、だからといって、

「わたしはまだまだこんなもんで、全然で〜〜」って変に自信ないまんまを垂れ流しちゃうのも違うと思うんです。

「自信ないってちゃんと示してるわたし」を免罪符にするのは違うと思うんです。

 

たとえるなら、「わたしほんと全然ダメで、まだまだで〜〜」って言ってる歯医者さんに虫歯の治療してもらうなんて恐ろしくてできないですよね。笑

 

そういうふうに垂れ流しちゃえば、自分はスッキリするかもしれないけど、

それを当てられたらお客さんもたまったもんじゃない。笑

 

だから、完成された自分を演出しちゃうこと(=上手に出ること)も、

あるいは自信ない感じ(感情)をそのまま垂れ流しちゃうこと(=下手に出ちゃうこと)も、

真逆なように見えてどっちも実は同じなんですよね。

 

そうじゃなくて、

 

まんまの自分で相手と向き合う。

 

あとは、その結果として、選ぶのはお客さんだと思うから。

それもただの好みでの選択で、その数や出してもらえる金額=自分の価値なわけじゃないと思うから。

 

そして「自信も経験もまだまだなんです〜」ってわざわざ言っちゃうことと同じように感じるからわたしがしないのは、

 

誰々さんがこう言ってて(誰々さんから学んで)と

いちいち言うこと。

 

これも、先程書いたとおり、わたしもいろんな人から日々インスピレーションを受けていて自分の発信に確実に繋がっているのですが、

だからといって、いちいち、「その人がこう言ってて」とその名前を載せることは今はしないです。

 

前は、それが誠実だと思っていたのですが。その「インスピレーションをくれた相手」に。

 

けど今は、それってどこかで、

「自分の血肉にして、100%自分の責任のもと、発信する」

ということから少し、逃げていることと同じだな、と思うようになったんです。

 

その姿勢って実は、お客さんに不誠実だよなと思って。

 

わたしは本当、こんなんだけれど、

でも少なくともこんなただのオンナのわたしから買いたい(学びたい)と真っ直ぐ思ってくれてる(そしてその気持ちでお金を出そうとしてくれてる)お客さんに

「いやいやわたしなんてまだまだですので、この人やこの人やこの人から学んでいて…」

みたいにいちいち名前を出さないと、どこかでソワソワしちゃうのって、

真っ直ぐ受け取る覚悟も責任も無いんだと気づいたんですよね。

そう言っちゃうほうが、スッキリするしね。

でもそれも、お客さんには関係ない自己満スッキリだから。

ちょっとかっこ悪いと思ったのですよ。

 

なら、

「人から学んだ部分もインスピレーションを受けた部分も多々あるけれど、

でも、

それを血肉としたわたし自身が一番、伝えられるし伝えたいと思ってる。」

 

っていう自負を常に堂々と自分の中に持てるくらい、

ただ黙って黙々と、自分の中で本気の血肉にしよう、と思ったんです。

 

一番っていうのも、なんというか、伝わるかな、

誰かと比較したときの一番ってことじゃなくてね。

あくまで自分の中だけのものなんだけれど。

 

世の中には、たとえばこの業界で本を何冊も出してたり、大型のセミナーやったりしたら100人とか200人とかすぐ満席になってしまったり、

ものすごい人ってやっぱりいるじゃないですか??

 

で、その人たちと比較したら、どうしたって、

「その人達のがすごい(自分よりも)」とか、

思っちゃう部分は人なら誰でもあると思うのです。

ただの人間ですもん。笑

 

けど、そんな中で、

たまたま(わたしならば)このブログを見つけてくれて、読んでくれて、

お金を出して学ぼうとしてくれる人、というのがいるわけじゃないですか。

 

それはその人にも感謝だし、

その人がブログを見つけてくれたことだって、

あるいはそのタイミングが、その人にとって「こういうことを知りたかった」っていうタイミングと重なったことだって、

たまたまのようでたまたまじゃないかもじゃないですか。なんか日本語がまどろっこしいな。。。笑

 

わたしはもう、これは、その人の本当のそのひと自身とか、

あるいはその人のご先祖様とか、

そういう存在が出会わせてくれたのではないか、とか結構真面目に本気で思っているんですね。

 

なら、そこまでして生まれた(生み出してもらった)奇跡の縁に対して、

ここにいない誰かと自分を勝手に比べて

 

勝手に負けて、勝手に誰かの後ろに逃げるなよ。

 

と思うんですよね。自分に。

それってゼッタイ、不誠実。自分のとこに来てくれた人に対して。

 

だから、もちろん変わる変わらないは本人次第だけれど、

このブログを知って、このブログに興味あるあなたなら、

 

ゼッタイあなたにとって必要なものはここにあるのですよ旦那。←誰。

 

と、堂々言える自分であること。

 

そのためにはやっぱり、

自分がひたすら自分の中に積み上げたもの。積み上げてきたという自負がないと、

堂々言えない(思えない)のですけどね。

言う言わない、という表面的な選択が大事なのではなくてね。

それが無いのに堂々とかは、ただのおバカさんです。。。!!

 

 

だから矛盾してるようだけど、

わたし以外の人から広まっていっても良いと思うけれど、一方で、

自分が一番、情熱もって伝えてるし、伝えられる。

 

くらいに思っています。笑

 

しつこいけど、誰かと比べてということではなくて、

あくまで自分の中でそんな風にいつも思い続けられるくらいに、自分を磨いていきたいというのがあるのです!

 

料理でもWEBでもなんでも、本気でやってる人ってみんなそうなんじゃないかなー??

ジョーさんも、そんな感じだな^^

 

そして伝えたい、という方は、

そんなふうに堂々その人自身も思えるくらい(あ、誰かから学びました、って言う言わないは好みの問題なので、自分の好み次第で良いと思いますが◎)

本気で自分の中だけで自分を積み上げていってほしいな、と思います◎

で、それだけ本気でやってたら、

必要なお金は勝手についてくるとも思います◎

 

そもそもそれも、テクニックとかなくて、

淡々と自分の中でやって、自分を見つめていたら、

今書いたようなことも自分で気づけますもん。

だから、そこに必要な「何をすべきか」「どう在るか」は

購入してくださった教材に全部詰まってると思いますよ♪

 

そして最後にもういっこ、

教材”自体”は、ジョーさんに心を込めて作ってもらったものなので、

「これわたしが作りました」というのはもう、明らかにそれはなので、^^;

それは防げるようにと実例集やワークシートにはcopy right(ってゆうの?あれ?←ジョーさんに任せきりで自分よくわかってない)の明記や、

あとはいたるところに”透かし”が入ってます◎

 

何気ない教材のひとつひとつの付録や本体、

実はいろいろ考えて作られています◎

 

それもまた、「ふつーはこうだから」とかではなく、

 

「”わたしが”どうしたいか」

「そもそもその”どうしたい”はどんな気持ちからなのか」

 

そんなことを自分に問いながら、ジョーさんといっぱい話し合いながら創り上げていきました◎

 

なのでその教材から学んでいただいて、

いっぱい皆さんのそれぞれの血肉にしていただいて、それがまた必要としている誰かに繋がり、伝わっていくのだとしたら、それは、

 

とても光栄に思います◎

 

そしてそれはもう、「わたしやジョーさん」を離れて、血肉にしまくった、”受け取った”、その人自身の手柄ですから、

どうぞ自信もってください◎

 

・・・・きのうはとっても眠かったけど、しっかり休んだら今日はなかなか歯切れのよい記事を書けましたー笑

自分でお仕事してる人・したい人に限らず、何かヒントになったら嬉しいです♪

(教材は引き続き、どんな方も幅広くお申込み受付中ですよ♪)

 

それではまた♪