「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

「嫌なこと」は、なぜ起きるんだろう?「嫌な人」は、なぜ目の前にいるんだろう?

昨日、コミュニティのメンバーさんからの投稿や、オンライン動画教材のお申込み者さんからのメールを拝見して、

改めてこのことを書いてみたいな、と思いました。

 

タイトルのとおり、

 

「嫌なこと」は、なぜ起きるんだろう?

「嫌な人」は、なぜ目の前にいるんだろう?

 

ということについて。

 

最初に伝えたいのは、

どんな人生をどんな心で生きていたとしても、

嫌だと思うことがまったく無い人生ってないし、

嫌だと思う人がまったく現れない人生っていうのもない。

 

講座などでよくたとえるのは病気と一緒で、

どんなにストレスなく健康に気をつけて生きている人でも、

肉体を持って生きている以上、

病気になるときはなるし、

ならない人はならない。

引き継がれたもの=遺伝的なもの を持っている人もいるわけで。

 

けど、「病気になりやすい生き方」、

たとえば生活習慣が悪かったりとか、ストレスためまくりとか、

自ら病気に近づくような生き方をしたら、そりゃ、

病気にもなりやすいのは想像つくでしょう??

 

でも、どっちの人も、起きた出来事の表面だけを他人からみたら、

「病気になった。以上。」

だけなのです。

 

それを、生き方が悪いからとか、心の状態が悪いとか、

決めつけることはできないってこと。

でも、そこに寄っていかない生き方もできるよね、っていうこと。

(しかし気をつけていても、なるときはなるよね、っていうこと。)

 

そしてつい先日、免許の更新に行って講習ビデオを見たときに思ったのは、

車運転するってことも一緒だな、と。

 

自分が安全運転にしっかり気を配っていれば、事故は起きにくい。

 

けど、自分一人で生きてるわけではないからこそ、

どんなに自分が気をつけていたって、巻き込み事故に合うことはある。

 

人との関わりの中で生きていくってそういうこと。

嫌な人が、まったく現れない人生っていうのも、そうそう無いのだ。

でも、事故に合う(事故を起こす)確率を減らす運転の仕方・心構えっていうのもあるということ。

 

人生もこれと同じだとわたしは思ってます。

 

起きるときは起きる。起きないときは起きない。

 

けど、

自ら「嫌なこと」を引き起こしやすい生き方(「嫌な人」に遭遇しやすい生き方)を無意識でしている人は実は本当にたくさんいて、

 

それに気づいて生き方を変えたらそれだけでも、

 

人生はずいぶん大きく変わるのだ。

 

わたしが伝えたくて、自分の経験からも、お客さんの変化からも日々実感するしかないのはこのことで、

けどしつこいけど知っておいてほしいのは、

それらマイナスをゼロにすることを人間一人ごときができるわけではない、ってこと。

 

 

なんでそんな当たり前のことを言うかというと、

心のことや、目に見えないことを学んでいれば、

そうした世界で「正しく」生きていたら、

すべてをコントロール・思い通りにできると当たり前のように信じてる人がいるな、と感じることがまだまだあるからです。

 

生き方を整えたら、嫌なこと、嫌な人からぜ~んぶ解放される、って思っている人。

 

「そこ」を目指している人。

 

「そこ」で、さっさと「めでたしめでたし(HAPPY END)」にしちゃいたいと思ってる人(その”ラク”さを狙って、その動機でこういうことを”かじろう”としている人。)、

 

これってつまり、ものすごーく”怠慢”かつ、”がめつい”ということなんだけど、

 

※昨日のコミュニティメンバーさんと申込者さんがそうなわけではないですよ!リンクしたのは別のとこ^^

 

まだまだこういう業界はそういう人が少なくないと思っています。

 

だから、「嫌なこと」は、起きるときは起きるし、

「嫌な人」も、出逢うときは出逢う。

コレ常識。

 

ただ、

 

・なんだかいつも同じパターンだな??(人・ところ変われど)

とか、

・常に何年も「嫌なこと」「嫌な人」が多い人生だとか、

あるいは、

・ここ最近、急に状況等いろいろ悪化してきて今までどおりにいかなくなってきた

 

というよう人は、

「嫌なこと」が起きる現実も、「嫌な人」が目の前にいる現実も、

もしかしたら自分次第で簡単に変えられることかもしれないし、

その「理由」は同じかもしれないよ!ということ。

 

結論から書くと、結局は昨日書いた記事と同じことで、

↓ 読んでみてくださいね♡

santasantasan.hatenablog.com

だからずーっと、「そこ止まり」の人生。 - 「すみません、ただのオンナに戻ります」。

 

 

「嫌なこと」でも起きない限り、

 

「嫌な人」でも目の前に現れない限り、

 

本気出さないでしょ??

 

 

…っていうこと!だと思うんです。

 

 

先の記事で書いたとおり、9割以上の人が、

「マイナスで無ければいい(人と、そこそこ同じであればいい)」

という基準でなあなあに思考停止して毎日や人生に対して受動的に生きてるなら、

「問題」でも起きない限り、

ほとんどの人は「ハッ!!」として重い腰を上げて、本気出していこうとはしない、のだと思います。

 

でも、本当なら、

そこらへんに咲いている草花と同じように、

わたしたち皆にそれぞれの個性があって、

それぞれがそれぞれにそのまんま(心のまんま)生きたら、

人のためにも世の中のためにも「勝手に」役立てるようになっている。

 

それはもちろん、過去も含めて。

「こんな親に生まれたくなかった」「こんな経験したくなかった」

とかって思うことさえも、

すべての経験がきちんと、パズルのピースみたいにピタッとはまって、

「その自分」を受け入れ、活かして生きようとすることが、

自分にとっても周囲にとっても「良き」ようになってるのです。

完璧に。

※それは小さい頃は選べなかったかもしれないけど、今は選べるので、それならもう好きに自由に選んで良いのだけどね。何を選んでも結局「良きこと」に勝手に調和されていくから大丈夫。

だから本当にすごいんだよ、このわたしたちが生きてる世界って!

 

けど、

じゃあ自分は自分を生きよう!自分を知ろう!!としている人って、

実はほとんどいないでしょ?

 

だって、

 

そんなことを追求しようとするよりも、

 

「みんなと一緒っぽいこと」してるほうが、

 

ずっとずっと安心だもん。

 

「ラク」だもん。

 

だから、無意識に、考えないようにするんだよね。

感じないようにするんだよね。

なかったことにしようとするんだよね。

自分のほんとうの気持ちを。

自分の個性=弱点にも思えるすべてのことを。

 

そうやって、

「なんとかそこそこ上手くやっていきたい」ということが目的になり、

怠慢になり、甘んじるから、「自分自身の命」に背中を向けるから、

 

いやいや大切なことはそうじゃないだろう!!って、

 

「問題」を起こすことで

 

あえて向き合わざるを得ない状況に導いてくれてるんだよね。

 

 

わたしたちを生かしてくれている何かが。

 

あるいは、自分の中の、無視された「ほんとの自分」が。

(ここは結局、表現の違いなだけであって、結局はイコールの存在なのだと思うのだが。)

 

それは個人単位でも起こっているし、時代の変化も全部そう。

どんどん、誤魔化せばごまかすほど、苦しくなるようにするかたちで、「追い込んでくれてる」のです。

 

 

わたし自身も7年前の2011年の3月の震災をきっかけに、

一気に「追い込んでいただき」、^^;

 

そこから心のことを学び初めて、数年間でいろいろと少々状況がいったん落ち着いたものの、

さらに3年前の2015年の11月にまた再びグッと追い込んでいただき(笑)、

そこからは全降伏して一気に自分を生きることに踏み込んでいったのです。

 

そしたら、あっという間にいわゆる「問題」と思っていたことが消えていって、

生きる世界がまったく変わったのです。

 

もちろん、その「変化した世界」の中でも時々は、

嫌なことも、嫌な人も、現れます。

 

けど今は、それを自分が糧にしようとすれば、

「次の、もっと素敵なステージへのお誘い」、「最大の好機」だということを、経験からもうよくわかっているので、

「嫌だな」とも思うけれど、

淡々と自分と向き合うのみなのです。

オンライン動画教材でお伝えしている実践ワークを通じて。笑←わたしだって、未だにずっとやっていますよ!楽しいし☆

 

だから、いわゆる嫌なことが今起きてる人、

いわゆる嫌な人が今目の前にいる人は、

ちゃんと愛されてるってことなんです!

 

f:id:santasantasan:20181106122309j:plain

 

だから自分がその愛を受け取ろうとして、

今までないがしろにしていた部分を向き合おうとして、

何か今までと違う一歩を踏み出そうとしたら、

必ずどんどん状況も変わってく。

 

そうして自分から向き合うようにしていったら、

だんだんと「嫌なこと(嫌な人)」が必要なくなるから

(それがあろうが無かろうが関係なく、自分が自分の命・人生と自発的に楽しんで向き合うようになるから)

そもそも「嫌なこと(嫌な人)」も起きにくくなってくるんです。

 

「楽しい」「嬉しい」ばっかりから糧にしていくことができるように、

ちゃんと、なっていく!

 

けど、腰が重いしできれば今のまま変わりたくないし、なんとか付け焼き刃的に今までのやり方でどうにかしよう、、、ってまた背中を向け続けたら、

その「あんま嬉しくないかたちの愛」しか降ってこないどころか、

ますます追い詰められていくよ。笑

 

それは、自分で選べる。

ので、

あなたはどっちがお好みでしょう?

 

もう、与えられてる愛から背中を向けずに、きちんとこれを機会に向き合うぞ!という方は、

断然、こちらがおすすめです♡ 

 ↓

f:id:santasantasan:20181012193355j:plain

 

けど、コレさえも、

「ラクになる」「得する」「マイナスをプラスかせめてゼロに持っていく」ためのものじゃないんだよ!

自分が自分と向き合うことを、楽しんでやっていくための第一歩なのです。

 

「ラクになる」「得したい」、そこだけを求めてたら、結局全部取りこぼすから。

でもそこをいったん置いておいて、自分が自発的に進んでいったら、

そしたら最終的には、すべて手に入るようになっていく。

だって、それが命の本能だし、この世の真理だから。

 

それを、ぜひご自身の人生で実感してくださいね♪

それでは、今日もお読みいただき感謝を込めて♡

有意義な一日をお過ごしください♪