「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【出産も、子育ても、心の底から楽しみでしかない!♡】感じるままに、堂々と♡思い切り期待することを恐れない♡

f:id:santasantasan:20181024154315j:plain
先週の東京出張で、ジョーさんと新宿で食べたパンケーキ♡

 

おととい、うっかり妊婦健診の日にちを間違えて行きそびれてしまい、

病院から電話かかってきた^^;

慌てて昨日、リベンジ検診に行ってきました!

 

いよいよ来週頭から臨月に入るので、

これからは毎週検診になるのだそうです☆

 

予定日まで、いよいよあともう一ヶ月…♡

 

そんな今の正直な気持ちは、、、、

 

出産と、これから始まる子育てが、

めちゃくちゃ楽しみで仕方ないです!!☆

 

 

…でもですね、この

「出産&子育てが、すっごくすっごく楽しみ!!」っていう気持ち。

 

少し前までは、この気持ちを、

持ってちゃいけないし、

仮に思ってても、

堂々と言っちゃいけないこと、

というように思っていたんです。

 

なぜなら、

 

「出産楽しみ〜・▽・♡」

「育児楽しみ〜・▽・♡」

 

…そんなふうに、手放しで大きく期待して、ワクワクしてたら、なんとなく、

 

「そんな甘いもんじゃないよ〜〜出産も、子育ても!」

とか、

 

「あんまり良いことばっかり想像してると、あとあと痛い目見るよお〜??」

とか、

 

「まあそうはいっても、理想と現実は違うからねえ〜〜」

とか、、、

 

 

なんか、誰に?かはわからないんですけど、

そんなふうな言葉で、

ワクワクとした明るい気持ちに、どこかで、

水を差されてしまいそうな気がしたから…なんです。。。

 

別にわたしの友達で先にママになった子たちとか、そんな嫌味なこと全然言われたことないんですけど。笑

 

でも、友人では居ないけれど、身近な人たちの中に、

「子供が居てしあわせ」と言いながらも、なぜか、なんとな〜く直接的にではなくても間接的に、

 

「”子供がいて自由が効かなくて、いろいろ本当に大変〜〜〜”アピール(←?笑)」

を、してくる人たちが

いなくもない。。。

 

本人はけっしてアピールしているつもりもないんだろうけれど、なぜか、何らかの理由から、

「言いたい(アピールしたい)」のだろうなあ、と思う。

 

そしてそのたびに、

 

「子供がいて、良かったって思ってるの?それとも、良くないって思ってるの?

どっち??

 

と、素直に聞きたくなる。笑

 

もちろん、「良くないと思ってるわけない」「良い(しあわせだ)と思ってるに決まってる」、

そんなことはわかってるのですよ??

 

けど、なら、

なんでいちいちそんなことを(マイナスのほうのことを)言いたがるんだろ〜〜〜???って思う。

 

めっちゃワクワク楽しみにしてるときにそんなん言われたら、こっち、まるで、

モグラたたきゲームのモグラになった気分ですわ。

ひょいっと笑顔で出てきたら思い切り叩き潰される感じ、と言いたい。

 

 

そしてその「思わず言いたくなる」理由を、多くの人(=多くのママ経験者)は、

 

「それだけ(ただ単純に「嬉しい」「良かった!」「しあわせ」って言い切れはしないほどの)大変さもまた、あるのよ〜〜〜(今はわからないだろうけど〜〜〜)」

 

って言うんだと思うんだけど、

 

そんなの、仕事でもなんでも、おんなじじゃね??

 

と。

 

会社員やってても、自営業でも、どんなに自分で好んで、選んでやってても、

そのように捉えてしまえば(捉えようと思えば)

「嬉しい」「楽しい」「良かった」「しあわせ」とだけでは言い切れない大変なこと(しんどいこと)って、

いっくらでもあると思う。

 

でも、

どこを見るか。

どこをどう捉えるか。

せっかく、言葉というものがあって、それを語れる口があって、

その恩恵の中で、何を言葉にするか。

 

 

わたしは、たとえばこの仕事していて、この生き方していて、その中で当たり前だけどいろいろ大変だなっておもうことがあったとしても、

 

「いや〜〜そうは言ってもこの生き方も大変なのよ〜〜〜(あなたは経験してないからわからないでしょうけどね??)

 

なんてけっして言いたくないのと同じように、

 

子供が生まれて超絶大変なことがあったとしても、

しあわせをたしかに感じているのなら、

喜びと捉えているのなら、

 

「いや〜〜〜、めっちゃ最高にしあわせだよ!!

良いよ!!

個人的にはめっちゃオススメ!!!」

 

って、

全力で言いたいの。笑

 

この生き方も、結婚も、恋愛(=男性とともに生きていこうとすること)も、

同じなの。笑

 

それはもちろん、誰かに見せつけるため、「わたししあわせなんです良いでしょピール」するためじゃなくてね?(これは論外過ぎる!!)

 

やっぱりわたしは、あくまで個人的な好みとしてだけど、押し付けはしないけど

めっちゃオススメなの。笑

すっごく、良いものだと心から思ってるの。笑

もちろん、その選択の中で良いも悪いも、当然にあったとしてもね。

 

だから、「めっちゃ良いよ〜〜〜!!!」って、

せっかく人に伝えられる、人と繋がれる「言葉」と「口」とを、

自分が持っているのなら。

 

ずーっと一生、本気でそう言い放ち続けたいの。笑

 

どうせ同じ年を重ねるなら、そういうおばさんになっていきたいの。笑

 

 

だから、しあわせだと思ってるのに、

その波の中のあえて低い波ばかりを人にはことさら強調して伝えようとする人って、

基本的に意味不明なのです。笑

 

「いや、でも、生き方とか、仕事とかとは、ワケが違うから〜〜〜子育ては〜〜〜」

 

って言いたくなるのなら、もう、

 

むしろなんでそんなに

「出産・子育て=特別に超特別なこと」

とみなしたい??

 

と、問いたい。笑

 

いや、そりゃ特別なことだとは思いますよ!!

 

生き物を扱ってるんだし←言い方よ

仕事や生き方のことのように、産んでスタートを切ったら、基本的にはやめられないことだと思うから。

 

だけどそんなこと、たぶんみんなわかってるし、

わからなくても、経験すればそれぞれにわかることが必ずあるんだしね??

 

それをなぜ、はなから、相手が経験し、自分で気づいていく(自分で学び取っていく)ことを待たずして、

それを「今」、「わからせたい(言いたい、言ってやりたい)」って思うのだろう??

 

大げさかもだけど、次の世代の人達に、後世に続く人たちに、

 

産んでほしいと思ってるのか?(=産んだらすごく良いよ!と思っているのか??)

 

産まないほうが良いと思っているのか??

 

いったいどっちなのか???

 

と、やっぱりずーーっと疑問で。

なんならこれ、妊娠する前から素朴にずっと置いておいてる疑問なので、

この自分の妊娠を機に、何か見えたらいいなと思う。笑

 

けどやっぱり、

オンナの敵はオンナ。

 

これとおんなじことなんじゃないかな〜〜〜って、思う。

おんなじっていうのは、

 

ママの敵は、ママ(ママ経験者)。

 

もちろん敵ばっかりじゃなく、味方もたっくさんいると思うんだよ!

 

だから結局は自分がどこにあわせて、

どこのパラレルワールドを素直に求めて手を伸ばしていくか??だと思うんだけど

(これはオンライン動画教材の③本目を見てね!!)

 

わたしはそういうことを言うような、

これからママになる人達の「喜び」「楽しみ」「ワクワク感」に水を指すような(思わず水を差さずにはいられなくなるような)先輩ママにはなりたくないし、

そういう人たちともあえてお付き合いはしたくないから、

なら、まず自分から、

 

もっともっと堂々と、楽しみにしよう♡

もっともっと堂々と、ワクワクしよう♡

 

と、決めたのでした♡

 

そしてそのイメージする「喜び」っていうのは「夢みたいな理想」では全然なくて、

 

・たとえば安産ではなかったとしても=めちゃくちゃ難産だったとしても、

・たとえば母子ともに健康ではなかったとしても=何か、生まれてすぐに保育器に入ったり、チューブにつながれてしまったり、母子いずれかあるいは両方に生命の危険を感じたり、あるいは子供に障害があることが生まれてきて初めてわかったり、

・めーっちゃ夜泣きの激しい超手間のかかる子が生まれてきて育児ノイローゼになるかもしれないし、

・ジョーさんとめっちゃケンカするかもしれないし、

 

 

…そんなことさえもひっくるめて「経験できる喜び」とわたしは思っているんです。

決めているんです。

 

他人様、世間様が認めてくれそうなところの「良い出産・良い子育て」の「型」をゲットできる保証があれば

喜んでいい、

楽しみにしていい、

期待をこめまくっていい、

 

そんなふうにははなから思ってないのである。

 

もちろん、

できれば安産であってほしい、

できれば痛み少なくスルリと生まれてきてほしい、

できればなんの問題もなく元気に生まれてきてほしい(※この「元気」という言葉の「設定」も一般的なものとは違う気がするけど)、

 

そんな【好み】はあるけど、

 

でも、その【好み】と違う展開になったからって、不幸ではないし、

「喜びがない」わけではない。

 

たぶん、どんな展開になっても、どんな経験も、「経験できる喜び」。

 

だからそもそも、

この冒頭に書いたところの

「そんな甘いもんじゃない」の「甘い」の定義も、

「良いことばっかり想像してる」の「良いことばっかり」の定義も、

「そうはいっても理想と現実は違う」の「理想」&「現実」のそれぞれの定義も、

 

こういうこと言っちゃう人たちの「それ(の定義)」とは、

こちらは最初から違うんだ。

 

と、思ったのですよね。

だから、お話にならないというか、同じ日本語しゃべってても言葉が通じないというか。

 

こっちの人たちの「定義」を採用しちゃうと、ほんと、

「成功といえる出産」「成功と言える子育て」を築き上げようとしはじめるから、どうしたって「外側に示せる結果」が大事になってきてしまうし(そこをコントロールしたくなる)

 

それゆえに感じてるままに堂々「楽しみに」「ワクワクして」いられなくて、

超絶苦しくなると思うし…←実際一瞬なりかけたよね!!ハッとして引き返したわ。笑

 

だから、「成功と(誰が見ても言える)型」を、

自分の出産、育児 に、寄せていかなくてもいいんだよね。

 

自分の思う、自分だけのそれでいい。

もっと自由でいい。

で、その心でのびのび「今」、しあわせや喜びを感じてたら、

その心がまた未来をつくっていくのだから◎

※そういう心でいたら、いわゆる嫌なことを「引き寄せないで済む!!」とか言ってるんじゃないですよ。笑
それに固執している自分を疑おう。笑

 

実際、妊娠期間も、心拍確認できないとか、胎児の発育不全とか、いーっぱい不安もドキドキもあったけど、そしてつわりももちろんしんどかったけど!今も、すぐ眠くなっちゃってほんと困るけど!!笑

 

それも含めて全部「経験できた(感じられた)喜び」ですもん。

 

それらも含めて、妊婦生活を振り返ってみるとまだ終わってないですけどね!

 

「めーっちゃ、楽しかった!!」

「大変だったこと、本当に不安だったこともあったけど、なんにもわたしのしあわせに差し支えなかった!!」

「良かった良かった♡」

 

ってしか、無いもん。

 

これ、過ぎたことだから言えるんじゃないのわかりますよね??

最初からずーっと!!!ってこと!!なんですよ!!

 

不安だったときから、どうなるかわからなくて、ただただ時が過ぎるのを待つしかなかった頃から、ずーっと。

ただただ待つだけ、って過ごしてたことってなかった気がするけど。笑 いざというときの責任は引き受けた上で、結局やっぱりどんなときも、好き勝手やってたけども。笑

 

わたしの中ではずーっと、

「不幸」ではなかったし、

「不自由」ではなかったし、

「理想と違った」「こんなはずじゃなかった」「考えが甘かった」とか、

無いですからね!◎

 

そういう意味ではやっぱり、「仕事」「生き方」「パートナーシップ」等々と

根っこは同じな気がします◎

 

すべて自分次第◎

自分一人で、安心安全の世界は創り出せる◎

 

だから、とりあえず自分が経験してみた「妊娠」ということに関してだけ言えば、

次に続く人たちにも、

 

「安心して妊娠したらいいよ!」

 

「安心して、自由に、好きに過ごしたらいいよ!」←先生から止められてるとかいうときは別ですよ。笑 その自由、その好きにする、の定義も疑おう♪

 

「絶対に大丈夫だよ^^すっごい、喜びしかないよ♪」

 

「パートナーとも(険悪になるどころか)ますます絆が深まるしかないよ♡」

 

「(つらいのに独りでがんばらなきゃいけないどころか)ますます神様と周りからの愛と応援を受け取ることしかないよ♡」

 

って言いたいし、本気でそう思っています♡

 

出産、子育てを経験しても、そういうわたしで在りたいと思うから

(やっぱりどう考えても、新しいステージに向かうことを楽しみに思い切り期待してる同じ女性たちに、水を差すような発言を思わずしてしまう女性はダサいし醜いとわたしは思う。。。!!そんなふうに年を重ねたくはない。。。!!)

 

だからやっぱり、

 

まずは、ただのオンナである自分を大切に♡

自分を粛々淡々と、常日頃より、整えていくことから♡

 

ここですね♡

 

それについてはこちらを♡笑

f:id:santasantasan:20181012193355j:plain

 

これから家庭をもって、ママになる可能性のある女性たちに、

あるいは今日のこの記事を「すでに自分はママになっているけど(もしかしたら)今の自分は無意識で水を差したくなる側かも、、、!」ということを自覚するきっかけにしてくれた素直で素晴らしい女性たち(笑)に、

あるいは、自分なりの生き方を選択している・したいけれども、

周りの目や言葉に引っ張られて、感じるままに堂々と自分の人生に期待して生きることにまだ抵抗がある方に…☆

 

お手にとってほしいと思います♡

 

わたしも、もっともっと堂々と、感じるままに、思い切り♡

これから迎える新天地に、

期待して、楽しみにワクワク、めーっちゃ心震わせながら、

残りの妊婦生活を存分に謳歌したいと思います!♡