「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【結果として、女性としてのその人自身の輝きは勝手に滲み出てくる♡】女性のための生き方講座1期、無事終了!&今後のお仕事について予告。

 

昨日9/8(土)、無事に「女性のための生き方講座1期」が終了しました!

 

最終日である昨日は、伊豆の我が家にふたたび集まっていただき、

皆さんでお疲れさまランチ会を行いました!

 

前日からジョーさんとお部屋を掃除して、

初日の講義のときとは少し、家具の配置も変えて新鮮な印象に^^

 

当日となる昨日の朝は、これは講義をしている写真ではなくて、

f:id:santasantasan:20180909160707j:plain

皆さんが到着する前に、ランチのお料理のメニューを書いていました^^

 

f:id:santasantasan:20180909160931j:plain

 

お料理はもちろんわたしの手作りなわけはなく(笑)

お料理全般は南伊東にある「オーガニックカフェチャント」さんにケータリングを、

お刺身を、わたしが小さい頃、祖母の代からお世話になっている地元のお魚屋さんに、

配達をお願いしました^^

 

f:id:santasantasan:20180909160407j:plain

 

f:id:santasantasan:20180909160208j:plain
わたしの手が写り込んでてこわいですね。。。笑

 

f:id:santasantasan:20180909160343j:plain

 

デザートは地元・伊豆産の「かばちばんかん」のゼリー。

f:id:santasantasan:20180909162105j:plain
「かばちばんかん」って、初めて聞いた。。。

 

こちらは、かばちばんかん自体の数が足りなくてわたしは昨日はいただけなかったのですが、

先日お食事行かせてもらったときにジョーさんと2人ぶんオマケしてつけてもらって、

いただいてすごく美味しかったので皆さんにも食べてもらえて嬉しかった^^

 

季節ものですので、たぶん2期のときのランチ会は違うデザートになると思います◎

お料理の中身も、また旬のものを使っていろいろ変えてもらおうと思っています^^

すべて、有機や無農薬のものふんだんに使って丁寧に作ってくださってるので、

ぜひ、2期の皆様も楽しみにしていただければ嬉しいです♪

 

食事の前に皆さんでパシャリと^^

 

f:id:santasantasan:20180909162520j:plain

 

本当に、御顔隠してしまうのがもったいないくらいみなさん、

初日のときと表情や顔色、軽やかさが全然違いました。。。!!

 

f:id:santasantasan:20180708114751j:plain

初日のときの写真。

比べても全然わからんて。

むしろオマエが一番違うと言われそう。

(先月は美容力強化月間だったんで。。。)

 

ごはんを食べながら、お一人お一人この2ヶ月間の振り返りとかもしていただいたのですが、

なんだろう、こんなにもストレートに感謝の気持ちを込めて

「この講座を受けてよかった」と言って喜んでくださる姿を目の当たりにできると思っていなくて、

ものすごくびっくりした、というのが正直な感想でした。

 

こんなこと自分で書くのはこっ恥ずかしいのですが、

皆さんお世辞で言ってくださってるのではないことは伝わって、

それはとにかくやっぱり、みんな、初日のときと、それぞれに様子が全然違っていたから。2回言ったわ。

 

岐阜からきてくださったRさんは、もともと綺麗な方だったけれど、

「はかない美人」というか、影があるというか表情もとにかく固くて、

むしろ何か後ろに常に憑いて背負っているんじゃ、みたいにいつも重くつらそうな感じだったのに(失礼か。でもみんな「あ〜!うんうん!(わかる!!)」みたいな感じで意見が一致したよ。笑)

ほんとうに憑き物が落ちたかのようにスッキリした笑顔を何度も見せてくれて、

「わたし、ほんとに悩みたくて、好きでやってたんだ〜ってわかって^^」って

過去の自分をちょっと「ウケる〜〜」みたいな感じで笑い飛ばせるエネルギーが戻ってきていて、

ノートに書くことも、コツコツと続けていて、

その手応えもつかんできたみたいで、楽しそうで。

 

みんなから

「とっても綺麗になった。。。!!」

と絶賛されていました^^♡

 

そして名古屋から来て切れた同じくイニシャルRさんは、

「結婚して、スムーズな人生を歩んでいない自分」という現実の自分に、

今までは毎朝毎朝目がさめるたびに落ち込んで自分を責めていたそうなのですが

そうだったのか。。。!!

そういった「自分を責める遊び」を本気で自覚して、すっかり手放せて、

親御さんへの積年の想いも友人と思っていたけれどそもそも友人じゃなかった(ここを明らめたらしい!)人たちと比較してモヤモヤした気持ちを楽しむ遊びも、

すべてすっぱり手放せました〜・▽・!と、

本当に終始ずっとにこやかで!

 

大企業にお勤めのHさんは、「わたしは全然変わってなくて〜」みたいに恐縮されていたけど、

暇つぶしにつけてはダラダラと見てしまっていたテレビの悪習慣(笑)を手放せて、

「あれだけやめられなかったのに。。。!!」と本当に嬉しそうだった^^

 

講座を通じてご自身のウィークポイントがどこなのかは自覚されていて、

そしてわたしや同期の講座仲間さんに「ぶっちゃけどうしてそうなれたんですか?!」って聞いてくれて、ごはん食べながらそんな話もみんなでして、

ノウハウとかじゃわかれない【感覚】をきっと共有しあえたのは、

このメンバーだったからこそ、ではないかなと^^

 

今回のメンバーではHさんのことだけは、妊娠する少し前くらいから存じ上げていたので、

その頃に比べればほんとーーに十分変化されたとわたしは思ってます◎

あとは継続は力なり!!ですよね♪

 

そして初日、西日本集中豪雨でものすごい雨の中、

神戸からなんとか来てくださって、

実は当日、お昼も食べずに講座に参加してきてくれたCさん。

 

そんな疲れも見せないくらい(事実わたしは気づいていなかった、ごめんなさい!)、

初日から明るい笑顔ですごく講座を盛り上げてくださって、

昨日もわたしや他の方たちのことも、さりげなくとても気を配ってくださって^^

 

そんな太陽みたいな感じのCさんが最後、泣いた。。。!!ので、わたしとてもびっくりし!!

 

「生きてる間にこの生き方しれて、よかった。。。」とまで言ってくださって、

本当に感謝&恐縮でございました;;

 

 

こうやって書いていてこそばゆいくらいに皆さんそんなふうに感謝と喜びの気持ちをストレートに表現してくださって、

でも、それってやっぱり、わたしの力ではなく、

受け取る側の皆さん側の姿勢による成果、なのですよね。

 

1期はフォロー期間中、そんなに盛んにやり取りをしていたわけでも別段ないのだけれど、

わたしの発した些細な言葉や一回一回のやり取りから、

受けとめていこう、糧にしていこう、という非常に真摯な姿勢というか、

 

「見たくない自分も見つめる覚悟」

「変化していく覚悟」

 

みたいなものを、

それぞれがある程度きちんと胸に持っていたのではないか、と思います。

 

そういう姿勢の方は、こちらがたとえ1しか投げていなかったとしても、

その1から無限に多く受け取れるのです。

自分が受け取ろうとしているから。

 

これはやっぱり、能力ではないと思うんですよね。

姿勢、すなわち、気持ち、です。

 

そしてそれは、他者や縁によって引き出される側面も確かに、多少はありますが、

やっぱり自分自身が「持とう」としないと持てないものです。

(他人ではどうこうできない領域がある。)

 

そしてもうひとつ、一番うれしかったのは、

その喜びや嬉しさやにじみ出る自信みたいなものが、

変にハイな「良いことがあったから喜んでいる」という、相対的な喜びじゃないと感じたことです◎

 

すなわち、外側や現象に左右される喜びではなくて、

もっとどっしりとした、むしろそういったものに左右されないたぐいの、

【絶対的な】喜び、自信(自分への信頼)であるように感じました。

 

わたしもこの2年近く、いろんなお客様にいろんなかたちでこの「女性である自分を大切に生きていく」ことを伝えていて、

同じように感謝されたり、喜ばれることも多々あったけれど、

その「喜び」や「感謝」の中身が、

「講座期間中に良いことがあったから」、というものであったり、あるいは、

「いろいろな新しいことを知れて、なんだか自分が変われた気がする(いわゆる、知識欲が満たされた、というような感じ)」

という方も

実際、少なくありませんでした。

 

これは、「そのとき」は良いのですが、

実際、

とても“もろい”。

 

だって、人生には良いことばかりが続くわけではないことも、

たびたびあるのだから。

 

実際、そうやって、講座やセッション期間にとっても奇跡のようなことが起きて

「このままこの生き方をしていけば、もっともっと、良いことだけ人生に起こしていけるようになって、今までの「残念な自分」を挽回できるかも!」

と、【そこ】にばかり目線が行ってしまって、

親をはじめ、周囲の人たちを心の中でマウンティングしはじめたり

(こういう生き方をしってるわたしはすごい、できてない親や友人は残念な人たち、とか。)

 

もしくはいざ、ちょっと思い通りにいかない壁のようなものにぶつかると、

途端に周りがまったく見えなくなってしまう方、

その嫌なことを無くそうとすることを第一義にすることで、本来の実践を正しく継続していけなくなってしまう方も、

残念ながらたびたび見てきました。

 

そのたびに、伝わらなくて残念な気持ちを受けとめつつ、

あくまで相手次第ではありながらも、

どうしたらこちら側でもより、大事なことがより伝わるようになるか??と

残念な気持ちになるたび自問自答して、

結果として今回の「女性のための生き方講座」は特に、

その「良いこと起こすためにやっているんじゃないんだよ!」ということにより重点を置いてお伝えさせていただきました◎

 

それを受け取ってくださったのは皆さんお一人お一人の力ですが、

その受け取ってもらえた姿、

そのことで、女性本来の、良いも悪いも矛盾もすっきりしないことも受けとめる器が自分の中にできれば、

こんなにもその人本人の魅力というのは勝手ににじみ出て輝き出すのだなという姿を目の当たりにさせてもらえたことは、

わたしとしても本当に本当にありがたいことでございました。涙

 

そう、やっぱり「ここ」で喜びたいし、喜んでほしいのです!

 

そして「女性のための生き方講座」というのは、

女性なのでこういうふうに生きましょう、という何か「型」をわたしから決めつけてお渡しするのではなく、

 

「自分を見つめてみれば、自分と向き合ってみれば、

あなたの中にある女性としての輝きは、内側から勝手ににじみ出てくるようになるよ」

 

「だって、もともと持っているものなんだから」

 

ということを、お伝えしているんです。

(つまり、自分と向き合う、自分を見つめる方法のひとつを提案しているだけ。それだって絶対的な正解ではなく、あくまでわたしがオススメするものというだけで、「こうしなければならない」は一切ない。)

 

だから、何か、女性として足りないから外から足しましょう、学びましょう、という話は最初からしていない◎

 

女性としてこの世に生を受けた以上、必ず、

ちゃんと最初から与えられているし、持っている、

だから大丈夫しかないんだよ、ということを、

一人でも多くの同じ女性に実感してほしいな、と思うのです◎

 

そうしてその本来の姿で生きることが、何よりもの一番の社会貢献だし、親孝行だし、全方位への感謝そのものの体現だし、そして何より、

「自分も大事な人をも、もっともしあわせにする方法」です!!

 

1期の皆さんから、やっぱりそれは可能なことなんだな、と改めてたくさんの希望と喜びをわたしもいただきました!

 

2ヶ月間でそこまでやりきったご自身をどうか誇りに思って、自信をもってこれからもそれぞれの人生を歩んでいっていただきたいな、と思います♡

これからも一緒に楽しんで進んでいきましょう♡

本当に素敵なお姿見させていただきありがとうございました!♡

 

 

さてさて、そんな感じで産休前の自宅での講座開催は残すところ生き方講座2期のおつかれさま会のみになり、

フォローやお電話レッスン、コミュニティでのやり取りも全力で楽しんでいきたい所存です♡

 

と、ともに、昨日1期の方にはちらっとお話したのですが、

産休に入る前に最後に、

今までとちょっと違うステージの新しい試みを

この9月、10月中に行いたいなと考えています。

(これ、書かなきゃちっともやらないだろうわたし、、、と思って、自分の背中を押すつもりで書いてます^^;)

 

もしかしたら産休前、いや、産休中のわたしが動けない間も、

この「女性である自分を大切にする方法」や「ただのオンナに戻る」ということについて、

ご関心ある方がいれば、随時学んでいただけるサービスを、、、ということを今、準備を進めております!

 

詳細は次の記事でまた改めて書きたいと思いますので、もしご興味ある最近このブログのことを知ってくださった方などいれば、

ぜひ見てみてくださいね^^

 

では、今日はそんなところで!

明日からまた一週間、お元気にお過ごしください♡