「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【本当の女性性の意味とは。本当の「女性性を受け入れる」とは。】&9/1~の講座満席のお知らせ◎

先にお知らせですが、表題のとおり、

9/1~の「女性のための生き方講座2期」が、昨晩満席になりました◎

 

santasantasan.hatenablog.com

 

入金確認がこれからになりますので、

ここからのお申込みはキャンセル待ち扱いとさせていただきます。

遅くとも来週火曜日、21日にはすべての方の入金の有無が確認できる予定なので、

もしキャンセルが出た場合(入金のない方がいらっしゃった場合)

キャンセル待ちの方から順にご案内させていただくことになると思います◎

ご了承くださいませ^^

まずは事務的ご連絡は、以上です◎

 

***

 

さて、昨日こんな記事を書きまして、

 

santasantasan.hatenablog.com

 

その中で、

 

自分をごまかすのを、もう、やめるだけ。

自分を見過ごすのを、もう、やめるだけ。

自分から逃げることを、もう、やめるだけ。

 

自分が自分から逃げ続けているから、ずーっと苦しい。

 

…そう書いて、

本当に、大事なことはこれだけ!だと思うんです。

 

自分が自分のイヤと思うところや醜さみたいなものを、

蓋して無かったことにしようとするのじゃなくて、

ただ、事実としてそうなんだと受けとめていくこと。

 

これを、より深いところで積み重ねていけば積み重ねていくほど、

それは自分自身や矛盾をしっかりと受けとめられる、

大きく、丈夫な器として日々、自分の中に育っていきます。

 

人生、つらいことも苦しいこともモヤモヤとすることも誰にだってもちろんありますが、

そんなときも、自分の中に「器」さえあれば、

それらから逃げるのでもなければ、その場しのぎにスッキリさせようとするのではなくて、

それらをいったん受けとめて、置いておいて、

大事なことや本質的なことをそこから受け取って、

大きくしなやかに繁栄していける柔軟さを身につけることができるんです。

 

というか、女性の強みというのは本来はそこなわけです。

 

つまり、妊娠して、新しい命を育てていける器(能力)を最初から持ち合わせている。

 

つわりを含めた体調の変化、

信じられないほどの痛みを伴う出産という行為(※これはわたしもまだ未経験ですけども…ガクブル。。。)を

避けようとするのでもなければ克服しようとするのでもない

(無痛分娩なども出てきていますが、今のところつわりにおいては避けようがないし克服しようがないですよね)

 

そんな「苦しさ」「矛盾」「理解不能なこと」を、

「十月十日」も「置いて」おける、

そうしてまるっと受け止められる「器」を

最初から持ち合わせているんですよね。

 

それは、実際に妊娠出産経験のある・無しにかかわらず、

女性ならばみんな、本来持ち合わせているものなはずなんです。

 

さらに、そうして時間がかかっても、焦らずにじっくりと

「育んでいく」ということができる、

そこに長けている機能を最初から持ち合わせている性なはず、なんです。

赤ちゃん早く育て!!半年もしくは数ヶ月で出てこいコノヤロー!なんて「なんとかしようとしてる」妊婦さん、見たことないですよね?笑

 

そんな、ものすごく

「しっかりとがっちりと受け止める力(それが嫌なものでも、苦痛を伴うものでも、理解不能でも、矛盾を抱えるものであっても)」

「それらを、じっくりとしっかりと育んでいける力」

を、

最初から持っている。

 

その2つがつまり「器」ということになるのだと思います。

 

 

が、しかし。

 

 

実際のところ、こと、自分自身のことになると、

 

「嫌なことは避けようとする。」

 

「不快なこと・苦痛なことは、向き合わないで済むラクな方法をいつも探してる。」

 

「それらをするなら、結果ありき、という姿勢。(=嫌なことするなら、それ相応のメリットが必ず約束されないと、損だからやりたくない、という姿勢。)」

 

そして、

 

「やるとしても、効率重視。(=自分で何かをコツコツとやるよりも、人に聞いたり明確な間違いのない答えを求めて、知識や情報を得ることでラクに解決させたい。)」

 

こんな女性が、現代ではとっても多い

 

というか、現実問題、

 

現代の、悩んでる女性のほとんどが、

自分自身に対して、

自分自身の人生に対して、

こういう姿勢がデフォルトになってる。

なと。

 

それは一言で言えば、

「効率重視」「結果さえ出ればいい」「損したくない」「ラクにさえなれればいい」、「答えや正解だけがほしい」等等…

 

このブログを始める以前から、なぜかご縁で悩みを抱える女性をたくさん見て、関わってきていますが、

多くの場合、そんな姿勢の人がほとんどで、

自分の中でコツコツと積み重ねていこう、育んでいこう、という姿勢が本当に薄いんです。

 

なので、端的に言うと、その姿勢が悩みとか苦しさがずっと消えない原因、ということになるのですが、

当の本人は、多くの場合、それをどこかで(はっきりとは明言しなくても)

 

「親のせい。」

「育った環境のせい。」

「今の社会のせい。」

 

つまり、

 

「わたしの今の不幸せは、他人のせい(=自分には責任なし!わたしは可哀想な被害者!)」

 

などと疑いもなく思っている人がほとんどではないか?と思います。

 

それはもちろん、原因のひとつにはあると思いますが、すべてではない。

何よりも、それ言ってても仕方がない!

 

これは、「そうです、あなたは可哀想な存在なんですよ〜!!あなたは何も間違ってない!!(悪いのは親で、社会のせいで…)」などと

イイコイイコすることで、

気持ちよくさせることで、

味方であるようなふりをすることで、

安易にらくしてお金を落とさせようと、”そこ”に媚びてきた

そもそものこの業界のせいだよなあ。。。とは思うのです。

 

 

が、昨日書いたとおり、

 

自分をごまかさず真摯に見つめたら、

そのイイコイイコの、その偽善的な言葉の、

違和感に本当は誰もが気づけるはず。

 

 

世の中、なかなかの不況と言われていて、

みんなどうにか財布の紐をゆるめてほしいし、

お金を落としてほしいし、

それならばそのために聞こえの良いことをつい言ってしまうのは

こりゃ、仕方がない!!

わたしだってお金はほしーわ!!

 

けど、それを見極める目は、耳は、

自分をごまかそうと、小手先だけでなんとかやっていこうと、

そういう「やましさ」「打算」がある自分に気づいて自覚できれば、

きちんと持てるはずなんです。

 

だからやっぱり、

「自分次第」だと思うのです。

 

効率を重視しようとする自分、

ラクで手頃にできそうなことだけ上手く取り入れて結果だけだしたい自分、

正解だけ求める自分、

損しないよう、絶対に大丈夫と思えないことには気持ちもお金も掛けられない自分…

 

そしてそれらの姿勢は、つまり、(先程の話に戻って)

女性がもともと持っている

「待てる」「受けとめられる」「育んでいける」という、

そんな「器」「能力」を「自ら否定」している状態です。

 

つまり、本当に多くの女性が自ら

「女性性否定」をしてるということ。なんです。

 

スカート履くのに抵抗があるとか、

男顔負けにガツガツ働いてしまうとか、

結婚・妊娠・出産に夢を抱けないとか、

 

そういうのももちろん問題なんですが、

本質の女性性否定って、そういうことじゃないんです!

(※上記のそれらは、本質の女性性否定が原因となって表層に現れた枝葉の部分ってこと。)

 

女性が、効率や結果を重視してとにかく端折ろうとか、

ラクさや快適さだけを求めるとか、

「いま」の「自分」だけ気持ちよくなれればそれでいいとか、

「嫌なこと」「不快なこと」「見たくないもの」は無いことにしようとする、

克服しようとする、そもそも避けて通ろうとする、

 

そういうことを、

 

妊娠・出産、もしくはそしてそこに至るまでの男女の営み的な部分で当てはめてみれば、

いかにへんてこりんというか、「そりゃ無理だわ!おかしいわ!」ということになるか、

ちょっと想像してもらえればわかると思うんです。

そもそも、世界や他者とs○xして生きれてない(生きようとしてない、つまり育もうとしてない)女子多すぎ!!

自分さえ、今さえ気持ちよければそれでいい、楽だし、とかいうオ◯ニー女子多すぎ!!

これは見た目の問題関係なく!!

 

で、当たり前ですが、

だから結婚しない、妊娠しない、出産しないオンナはオンナじゃない!とか言ううすっぺらいことを言ってるのではなく、

その、もともと持ってる性の特性、器、才能等等を!

生きるという根源的なことにおいて、活かそうとしていないどころか大切にしようともしていない、

大切に育んでいこうともしていない(それは損、とみなすとかまさにそう!)

その姿勢が女性性否定だよ、ということなんです。

 

 

その上で、

個人としての好きなこと、たとえばブランド物のバック買いました〜♡

自分の好きなことにお金使います〜♡

アタシ、そうやって自分を大切に生きてます〜♡ルン♪

 

とか、それっぽいことをやることに終始し、そこに自己満したって、これがオ◯ニー(自己満)女子。ってことね。とっかかりとして入るには良いとは思うけれど!

 

個のベースとなる「女性という性(の特性・才能・器)」をそもそも大事に扱おうとしていない=全面否定しているんだから、

そりゃーほんとの意味で「自分を大切にしている」ことになるわけがないのです。

 

「自分」の前に、まず、「オンナである」のだから!

 

わたしがいつも、怒ったりムキャー!!!となったり(同じことか…)

2年半、こんなにも熱くブログを更新し続けるのはそこなんです。

オンナが自ら、女性性否定をしないで!ということ!

そうしたらどうしたって、女性である自分が安心してHAPPYに過ごすことも、できるわけがないでしょう?ということ!なんです!

 

自分自身が熱くなるポイントを、時に、厳しくなるポイントを、

随分長い間、なかなか言語化できないでいたのですが、

やっとわかってきた気がします。

 

そうして、だからこんなにも、しつこく伝えてしまうのです。

 

ただ、自分から目を背けないことなんだよ。と。

ただ、自分を受け止めるだけなんだよ。と。

効率や正解や損得やスッキリすることにこだわって、それらを握りしめないで、

丁寧にコツコツ、自分の中でひたすら積み重ねていくだけなんだよ。と。

 

わたしたち女性は、全員が等しく、

それができるんだよ。

 

自分さえ、やろうと思えば。

 

f:id:santasantasan:20180815125356j:plain

 

 

だから、ごまかさず、肚据えてゼロからでもやっていこうよ!一緒に!!

 

…と、そういうことなんです!

足りないから、足して、埋めるんじゃないの!!

今もともとある力を思い出す!

そうしてそれを、育もうとすることなんです!!

 

 

昨晩、9/1~スタートの「女性のための生き方講座」の最後の一席にお申し込みくださった方がくださったメッセージの中に、

「自分のやりたいことをやってきたつもりだけど、それで社会的にはとても恵まれているとも思うけれど、何か満たされなくて、だから自分を大切に生きていきたい」

という旨の言葉がありました。

 

そうやって、自分の心の声に耳を傾けて、立ち止まって、

これで良い(満足だ)ということに思考でしないで、

生き方を素直に見つめ直そうとする、

 

そういう女性が縁してくださることを、とてもうれしく思います!

 

先程、ほとんどの女性が誰かのせいにしてる、とも書きましたが、実際に縁してくださる女性のほとんどは、

このブログを通じて「それは違ってた!」と素直に認めて自分のしあわせ自己責任、で生き直そうとしてくれる人ばかりだから、

そのことも、本当にありがたく、そして嬉しく思っています◎

 

わたしがブログでお伝えしたいのは、

その「ちょっと違う」「今まで(たぶん)自分の中に無かった視点」を少しでもわかりやすくお伝えして、

「ハッ!!」と何か、気づいたり感じたりしてもらうこと。

 

でも、気づいた、感じた、だけではやっぱり何も変わらなくて、

そこから一歩進むには

「自分でやること(自分が動くこと)」

なんですよね。

 

なので、講座やコミュニティで、その「自分でやること(自分で動くこと)」のポイントと、それを継続していきやすい環境を、提供しています◎

 

ブログと、講座(コミュニティ)は、それぞれ、

そんな役割分担です◎

 

女性のための生き方講座2期は満席となって、ここからはキャンセル待ちとなりますが、

もし「自分でやること」をものにしていきたいな、という方がいれば、

遠隔講座のお申込みはまだしばらく受け付けておりますので、

お気軽にお申し込みください♪

※遠隔講座の募集期間、気づけば明日までだったので少し延長し、

8/26(日)までとさせていただきます♪

santasantasan.hatenablog.com

 

それでは、今日も暑苦しい(笑)長文をお目通しいただき感謝を込めて♪