「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

「お金を払ってるのに、全部自分でやらなきゃいけないっていう…!」【お金の対価をどう捉えるか?☆お客様の声☆】

猛暑の中、三連休が明けての月曜日ですが、

皆様お元気でお過ごしでしょうか??

 

わたしはというと、連休中は東京に住んでいる弟がこちらに遊びに来たり(就職が来全ったのでおじいちゃんおばあちゃんにも報告をと、お墓参りに来たかったらしい。)

昨日おとといはあることをやっていて、すっかりブログから遠ざかっていた気がします…

 

いろいろと書きたいことはあるのですが、今日は、

先日ローマから遠隔講座を卒業されたKさんがくださったご感想を一部ご紹介させていただきます◎

 

二ヶ月があっという間に過ぎました。

今は自分をただ見るだけなんだなあーと感じています。

自己責任の観念と、どんな感情でも受け止めること、外側の状況と関係なく自分で今すぐ幸せと決めることが学べました。

今も毎日、優越感や、仕事や体調への不安、修行系の設定が出てきますが、自分でやるんだなと思います。

まほさんの厳しい姿勢のお陰です。

厳しさって大事ですね。

(中略)

明日一日fb見れるようにしていただけますか?データで一部保存する作業がしたいです。

よろしくお願いします。

 

文中のFBというのはFacebookグループ=コミュニティ のことでした◎

個別の遠隔講座ご参加の方は、マンツーマンの電話(もしくはLINE・スカイプ)でのレッスンを2回と、

フォロー期間のやり取りはこちらのコミュニティの中で、

ほかのコミュニティメンバー(卒業生たち)のやり取りも参考にしてもらいながら進めていきます◎

※遠隔講座の詳細については、この記事のこちらのリンク部分をご参照ください◎

 

コミュニティでのやり取りを貴重と感じてくれて、データ保存したいとまで思ってくれたことも、じんわり嬉しかったです^^

 

 

こちらのKさんはローマからご参加ということで、時差が7時間もあって、

きっと、やり取りやLINEレッスンのスケジュール調整も大変だったと思うのですが

(日本時間17時、ローマ朝の10時という時間帯でレッスンさせていただきました^^)

 

最後の一ヶ月間、何か吹っ切れたかのように急に雰囲気が変わられて、

いただいた上記のメールも、スッキリつきものが取れたようになっていたように感じました◎

 

最後に(上記のメールのあとに)ちょろっとお電話したので、

その変化の理由を聞いてみたんですよね。

そしたら、「え〜、なんででしょう」と御本人もわからないなあという感じはありつつも、

おっしゃっていて思わず笑ってしまったのが、

 

「(Kさんにとって)高いお金を払ってるのに、自分で全部やらなきゃいけないっていうのが…最初すごい戸惑ったんですけど…そのことで本当に自分がやらなくちゃ何も変わらないんだ、みたいなこともわかってきて…」

 

というようなお言葉でした。笑

 

あ、もちろん、何もしなかったわけじゃなくて、

質問いただいたことや、Kさんから実践のご報告などあったときは、

ちゃんと毎回お返事とわたしなりのアドバイスみたいなものはたっぷりとさせていただきましたよ!

 

ただ、いわゆる

「お金を払ったほうが上で、お金をもらったほうは下で、だからそのぶん何かを代わりにやってあげる」

みたいなことはしていない、ってことです。

 

あくまでKさんから出てくるものに対してわたしは待ちの姿勢で、

手取り足取り何かをしてあげたわけではないということです^^;

 

気持ちの良い耳障りの良い言葉をかけたわけでもないです。

書いてくださったとおり、厳しい言葉も多かったかもなあと思います。

 

Kさんいわく、ローマの人というのはみんなハッキリきっぱりしているんだそうで、

でも、日本人はあまりそういうのを苦手とするから、

(厳しさを貫くのも)大変だったですよね、というようなお言葉もいただいてありがとうございました!!

でも、それを文句を言うのではなく受け止めて、「自分でやるしかないんだ!」という立ち位置からリスタートを切ってくださったKさんがいたからこその良い結果になったのかなと改めて有り難く思います◎

 

そしてこの言葉から思ったことは、

やっぱりまだまだ

「お金を払う=その払ったお金のかわりに気持ちの良い何か”を“もらう”=得をする」

という発想が人の頭の中で当たり前に染み付いているのかなあ、と。

 

もちろん対価交換というのは絶対にあるわけですが、

わたしが対価として提供しているのは「気持ちの良い何か=自分を認めて褒めて乗せてくれる言葉とか、知識や情報が増えたことによる良いキブン♪」とかではなくて、

「自分の人生を自分が責任持って、自発的に生きる姿勢」

これを身に着けてもらいたい(おこがましいですが、与えたい)と思ってやっています。

 

f:id:santasantasan:20180718064556j:plain
お金を払うスタートから、自分で自分を育てていきましょ〜♪という感じ♪

 

これがわたしにとってのお金との対価交換だと思っているので、

わたしが手取り足取りやったり、口で酸っぱく言わないと(もしくは良い気分にさせないと)自分からやらない、というような2ヶ月間であれば

ほんと意味ないわけです。

 

誰かがなんとかしてくれるだろう(お金さえ払えば)、という姿勢というか甘さ?を、この際きっぱり手放してほしいのです。

 

道を歩いていて、わからないなら、わからないで困ってオロオロしていれば、

誰かがいつか助けてくれるだろう、という風に生きるのじゃなく、

 

わからないならわからないなりに、人をつかまえて、聞く。

どうにかしようとする。

助けてもらおうとする。

待っているのじゃなくて、自分が自分のために、そこに向かっていこうとする。

 

何もわからなくても、すべてにおいてその姿勢で生きようと、

その姿勢で他者と関わろうとまずしたことが、

わたしの人生を劇的に変えてくれた第一歩だったと思っています。

 

だから、そこを身に着けてほしいなと思っています。

 

何をしたらいいか??の具体的な話は、その在り方の上に効果を発揮するものだと思っています。

 

だからわたしは、放置とまではいきませんが、先回りして何かをしてあげる(察してあげる)とかはあえてしないようにしています。

 

言われたこと、指示されたこと、期待されることは懸命にマジメにやってきたけど、

自分が自分のために考えて動く、ということは

やってこなかったという方も多いです。

 

だからこそ、それはたぶん、最初はやっぱり戸惑うし、苦しいと思うけど、

今回のKさんのようにそのことで、「自分がやるしかない」というふうな自分に生まれ変わって卒業されていくことは

本当に嬉しく思います◎

 

そして当たり前ですが、その姿勢の上での、わからないこと、つまずいたことの質問や自発的にヘルプを求める声が上がるのであれば、

そこは、いくらでもとことん、おつきあいしますよ^^◎

そのために使っていただけるのならば、本望です◎

 

さて、今日はもうとーても眠いので簡単ですが今日はここまで…^^

みなさんも猛暑お気をつけてお過ごしください!

Kさんも、素敵なご感想ありがとうございました!☆

これからも、遠く日本からですが、Kさんの人生のますますのご発展を陰ながら心より応援しております!!☆