「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【自分へのこだわりを飛び出てその先の世界へ!】日本を代表する男性たちの在り方から確信する❤【先日のワールドカップ日本×セネガル戦が教えてくれたこと❤④】

なんだか壮大に長くなっておりますワールドカップシリーズ!!

そういうシリーズだったのか?

 

santasantasan.hatenablog.com

  

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

最後にもうひとつ、サッカーの話題でおもしろいな(素敵だな)と感じたことがあって!

韓国がドイツに勝ったのだそうですね!!

(※ドイツ=サッカー強い優勝候補国 だったそうですね〜)

 

サッカー強国の多いヨーロッパ圏では、予選の段階から強いチームも地域予選?で敗退してしまうことによって本戦に出られない国も多いそうで、

そんな中でアジアは世界的に見たら強くない、

けど、アジアの中で何枠、という枠で、アジアの国は

ある種、”ヨーロッパでは地域予選で敗退してしまって本戦に出られない、世界的に見たら強い国”よりもたとえ弱かったとしても本戦に出れてしまう、というのがあるんだそうです。

 

それって予選敗退した”強い国”とかからすると、

「なんだよ!!」っていうのがあるだろうし、

そういったことがたびたび言われたりすることもあったそうなんですね。

 

それってそもそもワールドカップっていわないだろう!(世界で皆が平等に戦っている状態とはいえないだろうってことらしい)という意見もあるらしい。

 

けど、こうして優勝候補国っていわれるドイツに韓国が勝ったり、

日本だけじゃなくアジア勢も成長しているんですね^^

 

それを素敵だなと思うのは、わたしがアジア人だからアジアを応援してるからとか、

白人だ黄色人種だ、それの優劣を議論したいとかそういうことじゃなくて

(そういうのほんとくだらないと思う。笑)

 

弱い国があっても、

まだ育っていない芽があっても、

経験するという門戸が開かれていて、

そのことによって芽が育っていくということが、

スポーツのすごく素敵な在り方だな、って^^

 

f:id:santasantasan:20180628214624j:plain

 

先に挙げたように、ルールがかえってジャマになっているとか、

ほんとうの意味で平等じゃないとか、

弱い国はダメ!(いらない!排除!)という考え方もあるとは思う。

 

けど、スポーツで、ルールを通して、

まだ、育っていない国にも、世界と戦うチャンスがあるということ。

 

そしてそのスタートは絶対に、結果が出なくてブーイングもあるだろうし、

何より本人たちが悔しいし、けっして良い気持ちはしないと思うんです。

 

けど、そのことによって、その、よりプロフェッショナルな世界・人と触れる「経験」によって、

その芽が育っていけるということがあると思う。

 

それがとても素敵な素晴らしいことだと思うし、

そうしてどこかが強くなったら、今まで強かった国が「困る」じゃなくて、

そのことによってまた刺激されて、

互いに成長していけるのが素敵だと思う。

 

そうしたら結果的に、サッカーの世界全体の繁栄につながっていくのでしょうね^^

 

そういうのがわたしはいいな、素敵だな、と^^

 

そしてそれは、こういう「生き方」のことにおいても同じだと思っていて、

「一人でできること」にこだわっていて取りこぼしている人ってけっこう多いなあ、と思うのですね。

 

たとえばわたしのお客さんとなる人達でいえば、

ブログを読んでるだけで、何も教えを請わずに自分一人でできるならすごい、とか。

 

「お金(や何かを自分から持ち出して)経験を得ること=損(未熟・ダメ)」だとか、

もしくはその逆で、

「お金(や何かをかけないで)自分だけでやれること=得(すごいこと・良い)」

 

と設定している人が、ものすごく多い気がする。

 

でもさ、そんなのって、たとえば「本当にガチで突き詰めて日々やっている人」とかからしたら、

 

どんぐりの背比べじゃん。

 

としか思わないと思うわけです。

失礼かもしれないけど。

 

たとえば生き方の話でいったら(サッカーの話の流れでレベルちっさ過ぎるかもですが)わたしだったら日々、もう数年、すごい濃度と集中力でこれだけを突き詰めてこれらのことをやっていて、

その中には人からお金を払って学んだことも多々あるし、

発信もしていて、つまり感じたことを、言葉に置き換えて表現したり、

今は人にも伝えるということをしていて、

それを一番にと思って日々時間とエネルギーを割いていて。

 

取り組む分野は違えど、それはジョーさんも同じなんですよね。

 

人から見てどういう風に映りたい、とか、

そのためにどう取り繕おうとか、見せようとか、パフォーマンスしようとかは一切なくして、

ひたすらに自分のために自分を磨いていて、

それがお客さんのためにもなっていくと思っているし、そうしている。

 

サッカー見てても、何してても、

それを思う存分楽しみつつ、

勝手にその自分が磨いていきたい先につなげちゃうし、つながっちゃう。

 

ものすごく自分と、自分が選んでやっていること(仕事とか)に対して集中しているから、なんですよね。

けどそれは、集中しているからといって「何かを学ぶぞ!!受け取るぞ!!」ってガチガチに常に肩肘張ってるのじゃなく、

むしろどちらかというと常にリラックスしている。

 

フラットでゆったりとしている状態が常(つね)なのです。

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

それはもちろん楽しいから、好きで、好んで選んでやってることなんだけれど、

そういう人からしたら、その世界で常に磨いている人からしたら、

(自分とだけ戦っている、という言い方もあるかもしれないね^^わたしにはちょっとしっくり来ないいい回しだけれども◎)

 

そんなところ(そんな今の世界)で

「自分一人でできてる」か「そうでない」か、

こだわっていること自体が、小さくてつまんない。

 

って思っちゃう。笑

 

サッカーで言うならば、世界に出ていくこともできるのに、

日本の国内でどれだけ自分が一人でできているか?みたいなことにこだわってるような感じというか。

 

なら、そこ気にしてる暇あるなら、もっと世界に出て、目を向けて、

もっともっと「知っている」人たちから学ぼうとするほうが、

ずっとずっと有意義な気がする。

 

そのために、リスクとか、先に持ち出すものが大きかったとしても、それでも、

自分がその先の世界を知りたい・触れたい・吸収して糧にしたい、と思う衝動のほうがずっとずっと大きいんだと思う。

 

そのために、もっと、外の世界に学ばせてもらえる人や、自分の目線では至らないところを気づかせてくれる人や機会があるなら、

求めていくほうがずーっといい。

 

「一人でできるか?」とか、「お金をかけないで済むか?」とか、

全然大事じゃない気がする。

どうでもいー気がする。

 

もしそういう気持ちがあるときは、

そんなところにこだわりたくなるのはどうして??と自分を疑ってみるといいと思う。

(大体は、損したくない(出したくない)が働いていると思う)

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

少なくともわたしは、「先へ先へ、もっと見たい。もっと感じたい!」、

そんな風に思ってずーっと学んできたし、学び続けているんですよね。

 

今はこの人からこういうかたちで学びたい!という特定の対象があるわけじゃないけれど、

本を読んだり、そうやってサッカー観て触れたりして、

サッカーに限らず何かから知って、そのことをもっと知ろうとしたり、

そういう人の対談とか見たり探したりするよ◎

 

そしてそこに、「お金をかけないほうがいい」とは思っていないし、

「一人でできること」にもこだわっていない。

 

出逢ってみないと、わかれないことがあるんだ。

 

経験してみないと、見えないことがあるんだ。

 

触れてみないと、学べないことがあるんだ。

 

育てていくことができない芽があるんだ。

 

だから、その機会があるなら、手間とか恥とか惜しまず飛び込んでいくことが、

その先の未来につながるのだと思う。

アジアの国々がどんどんサッカー強くなっているのと同じように^^

 

そして同じ「外の世界に出ていく」であっても、

ひとつを知って満足しないからこそ、そこだけで良いことにしないからこそ、

いろんな国に移籍したりするんじゃないかなあと思う。

 

そしてそれは、単なる「つまみ食い(表面かじるばっかり)」とは全然違うよね。

吸収しつくして次に進んでいく。

全部、「自分」に「反映」させていく。

それが「繁栄」につながる。

 

「今」で吸収していく。

けど、どんどん、「今」を壊して変化していく。

 

そこに強さとかはいらなくて、いや、さすがにサッカーのプロは強い精神力を持っていると思いますが^^;

感じていることに素直であるだけでいけると思う。

 

感じることに蓋をしなければ。

 

素直に手を伸ばしていけば。

 

 

わたしは今回、プロの日本代表のサッカーを通じて自分なりに感じたことを書いているけれど、

そこで「自分レベルが何を言っているんだ」とか「プロと同じにするな」とか自分に言っても、それこそ何も学べないと思う。

 

そんなの全然違う世界のことだとわかった上で、

世の中そもそもが違う世界まみれなんだから、

そこから少しでも今の自分に重ねて、糧にしていかなかったらなんにもならない。

 

強くないから、すごくないから、大したことない人生(自分)だから、を言い訳にしては、すべてがそこで止まると思う。

 

アジア勢だって、「強くないから」でワールドカップ出なかったら、

ぜったいそこ止まり、きっとその芽は育たなかったよね!笑

 

わたしはサッカーめちゃくちゃ楽しんで観戦しつつ、

有り難くそれさえ糧にしていきたい❤

 

そしてそれについてここで放ったことが、また、

誰かの在り方につながったらいいなあと思います❤

 

さて、今晩はポーランド戦!!

ここまで熱くサッカーを語ったものの、ジョーさんいわく

「こういう余裕のあるとき(勝ち点が多いとき)にいきなり全然ダメになることもある。たった一人の気持ちのゆるみで。それもまたサッカーの面白さだけど」

とのこと!汗

そーなのか!!せっかくこんなに良さを語ったのに!!笑

 

 どうなるかわかりませんが、もし眠気に余裕が少しおありの方なら、

サッカーに興味のなかったかたも、

ぜひ今晩観戦してみてはいかがでしょうか❤

 

長くなりましたがワールドカップシリーズ(?)これにて、完!!