「すみません、ただのオンナに戻ります」。

「ただそのままのわたし=ただのオンナ」に戻って生きる喜びとその日々を綴っています◎

【追記あり!】母子手帳をもらいに行きました!【初めての子育て支援課へGO!】

今日は市役所に、母子手帳をもらいに行きました!

伊東市役所はとても大きくて綺麗で、海沿い一面窓ガラス張りになっている食堂からは

伊東の町が一望できます^^

 

f:id:santasantasan:20180514173341j:plain
この景色を眺めながら、ジャージャー麺を食べました!今日はお天気がいいー!!!

 

市役所内の「子育て支援課」というところに行って母子手帳をもらう、とのことだったので、てっきり転入届を出したときのように事務的な手続きに終始するのかと思いきや、

文字通りめちゃくちゃ「子育ての支援をしようとしてくれている課」でございました。

 

アンケートなんかも記入して

(「妊娠を知ったときにどんな気持ちだったか(嬉しかった/困惑した など)」

「配偶者もしくはパートナーから暴力を振るわれていないか」などの項目もありました。。。!)

 

妊娠・出産後にどんな支援があるか等を

ひとつひとつ丁寧にいろいろと話して教えてくれました。

 

「今の時点で心配事や気になること、不安なことはありませんか?」なども聞いていただいて、

わたしが気になっていたのは先日の母の話から、

昔は補助券だけでは妊婦健診の代金は全然足りなかったと聞いたが、今もそうなのか?ということ ※1

(→現在は妊娠の経過が順調であれば、基本的には補助券でまかなえますよ、というご回答でホッとしました^^)

 

あとは我が家には車がないので、

「いきなり破水したーーー!!!」みたいなときにはタクシーを呼んでも慣れていて対応してもらえるものでしょうか?と聞いたら、

妊婦タクシーというようなかたちで、

事前にタクシー会社さんに登録しておけば、パッと迎えに来て慣れて対応してくれますよ!と

その情報もいただきました^^

 

特に何も不安とかないと思ってましたが、いざこうして聞かれると、

病院の先生に相談するのとは違うちょっとしたことが聞けてすごく良かったです^^

 

※1

すでに先輩ママさんたちは常識!くらいにご存知でしょうが、

妊娠は病気ではないため健康保険の3割負担の対象外になるので、

各市区町村が妊婦健診の補助券を出してくれて、自己負担を軽減できるようにしてくれてるのが一般的なのだそうです!マメ知識〜!

 

そして、妊娠中、出産後、サポートしてくれそうな人、初めての妊娠で相談に乗ってくれそうな人などは身近にいますか?ということも聞いていただき、

 

旦那さんが家で仕事をしているので基本的に今も全面サポートしてもらえていること、

里帰り出産はしない代わりに、出産して退院後は母がこちらに来てくれるつもり満載ということ、

(“里”として熟知しているのが母にとってもわたしにとっても、神奈川の実家よりもずっと、こっちの地域なので!)

 

あとは離れて暮らしているけれど姉が、今もいろいろわからないことは気軽に聞けて、

マタニティ用品からベビー用品まで全て取っておいてくれているらしく、余計なものは買わなくて大丈夫だからね!と言ってくれていることなど軽くお話したところ、

 

それはすごく良いですね!!心強いですね!!

 

って何度も力強く言っていただけて、(特にジョーさんのことではなく、母や姉との関係を褒められ?た!)

ちょっとそれがすごく意外でした。

 

女性の身内、母親や姉が自分の妊娠を喜んでくれて、

楽しみにしてくれてて、そしていろいろと助けてようとしてくれることは

当たり前じゃない人も多いのかなあ、と。

 

それをジョーさんにポツリ言ったら、

「いや、君たち家族は実際、相当仲良いと思うよ。自覚ないかもだけど。」と言われました。

 

そうなのか〜〜〜〜…。驚

 

仲悪くこんがらがり過ぎた時代が長すぎたため、自覚が無かった!!!

昨日の記事にも書きましたが、仲良くなることを目指してたわけでも無いし。

 

それでも確かに、雨降って地固まる、ではないけれど、

すっごくすっごくこじれてぐちゃぐちゃにヒドイ状態だったからこそ、

たくさんたくさん向き合って(そう感じる自分自身と)

結果的にものすごく仲が良い(絆が深い)、みたいなことになったのかもしれません。

 

子育て支援課の担当員さんの反応を改めて思い出して、

ちょっと照れくさいような、こそばゆいような、

でもやっぱり「へへ」って、ちょっと嬉しいような…*^^*

ちょっと一人、ゴキゲンというか、ルンルン気分になりました。笑

 

家に帰って広げたら、資料もこんなに入っていたー!!!

 

f:id:santasantasan:20180514174108j:plain
葉酸サプリもプレゼントしてくれたよ!

 

f:id:santasantasan:20180514183020j:plain
母子手帳はミッフィーちゃんかディズニーかの二択で、中身見やすいディズニーを選びました❤

 

 

そして金銭的な支援に関しても、

思った以上にいろんな支援があるんだな、という印象でした。

 

補助券のことももちろんそうだし、出産御見舞金もいただけたり、

出産一時金については、

わたしが会社で社会保険の手続きしてた5年くらい前はまだ、病院に先払いして後日役所から返金…が一般的だった気がするけど、

今は一時負担もしなくて済む(病院側と役所でお金のやり取りはしてもらえるというか。)が一般的だと聞いて、

日進月歩で赤ちゃんとママのための保障は手厚くなっているんだなあ、と感じたり。

 

【ここ追記。大事なこと書くの忘れてた!】

そしてね、一番驚いたのが、

子育て支援課の担当員さんの言葉からも、いろんな冊子パラパラとめくって書いてあることでも、

「産後のママはとにかく身体を休めることが大事」

というスタンスだったこと。

 

これ、もっと世の中的には、

「産後であってもママががんばること!!!」というのがスタンダードな見方なのだと思っていました。

でも想像を越えて、周りや社会は

「ママは頑張りすぎない」「身体を休めよう」「周りを頼ろう」ということを推奨してるんだと。

すっごくすっごく嬉しい意外でした!

 ***

 

自宅に帰ってから子育てで躓いて、ゆっくり休めなかったり、がんばり過ぎてしまうときには、

たった3000円で、1泊3食付きで市民病院の特室に赤ちゃんとお泊りできるショートステイサービスもあるんだって!!!なんか、ぜひ利用してみたい。。。ただの好奇心。。。

 

保育園の説明もしてくれて、伊東市は子どもが多いわけじゃけっしてないけれど、

保育園はかなりいっぱいみたいだから、

すぐに働きたいならタイミングを必ず逃さず…みたいなことを教えてくれました。

わたしは今のところ、赤ちゃんの健康状態にもよるけど、

そこらへんに転がしながら、子育てしながら(もしくはジョーさんに見てもらいながら)その延長線上で仕事したいなと思っているので、保育園は考えてなかったけど、

生まれてみたらどうなるかわからないからそういう現状も聞けたことも、

とっても参考になりました!!

 

プレママプレパパ教室とか、離乳食教室とかもあるらしい。

全部おもしろそうだーーー。※ただのいつもの好奇心。

 

 

で、なんかこういうリアルな話?を知ると、

妊娠とか出産とかに対して、

ちょっとおもしろそう〜!(楽しそう〜〜!!)とか、

割りと行けるんじゃん??(お金のことも、支援も、いろいろあるんだな、と)とか、

思ったりしません??

 

これ、ただのわたしの記録で書いてるけど、

でももし、そういう気持ちになってくれる人がいたらいいな〜と^^

 

なんか面白そう、なんか楽しそう、なんかそれもアリっぽそう、

そんな風なとっかかりと持つって大事な気がします。

 

わたしもできればそうありたいし、

(もちろん、楽しい面白いでは済まされない!!っていうときも必ず来るんでしょうけれどそのときはそのときと言うことで^^;)

 

まだほんとーーーに右も左もわからない新米ママ候補生の立場なわたし(※AKB風)だけど、まだまだこの先赤ちゃんの成長がどうなるかわからないけど、

 

それでももし、このブログを読んでくれてる人の中で、結婚とか妊娠とかをこれから迎える女性がいるなら、

 

なんかわたしもよくわかんないけど楽しいよーーー!!

楽しそうだよーーーー!!!

 

ということを言える人でありたいなあと思う^^

「妊娠ってこんなに大変なのよ!!」「母になるってこんなに覚悟が必要なのよ!!!」ではなくって。

 

知らない世界を知るのは楽しいし^^

それは、『子育て支援課』というのにおいても、知らない世界を知ったというのでは同じ、喜び、楽しさ、ワクワク、です。笑

 

 

手続き終えて、市役所のお庭(?)を散歩!

お花が綺麗だった!!

 

f:id:santasantasan:20180514183000j:plain

 

 

二人(+お腹の中のベビぼん)で写真、パシャリ〜

f:id:santasantasan:20180514183217j:plain

 

と思ったら完璧に顔が隠れてるわたし。

こうやって見るとお腹だいぶぽっこりしてきてますね^^;

 

わたしはいろいろと心配症なところがあり、

こうして、日々の喜び、楽しさをめいっぱい感じてここに綴りつつ、

まだまだ、この妊娠が無事に継続してくれるかどうか??

それはわからないなあ、と感じるときも多々あります。

でも、「わからないから、失うことが不安だから、喜びを感じない、無かったことにしてしまう、控える」、

…この選択肢はやっぱり、採用したくないな、と思っています。

 

このことについても、また新たにちょっと書きたいことがあるのですが、

今日は長くなったのでこのあたりで…^^

 

最後にオマケの写真。

伊東市のマタニティマークは、裏がミッフィーちゃん。

「ちょっと可愛いんです!」と、少し誇らしげだった子育て支援課の担当員さんが可愛かった。笑

f:id:santasantasan:20180514184333j:plain

 

今日の記事、これにて、完^^

 

☆7/7(土)開催決定☆今週募集スタート予定☆ 

santasantasan.hatenablog.com

 

☆Twitterにてブログ更新情報、PICK UP記事紹介中☆

twitter.com