「すみません、ただのオンナに戻ります」。

「ただそのままのわたし=ただのオンナ」に戻って生きる喜びとその日々を綴っています◎

みなさん、失礼過ぎです!笑【“ボロボロの住まい”は想像以上だった件。】

f:id:santasantasan:20180511174546j:plain
泳げたいやきくん。(足湯にて。)

 

 

先日の、こちらの記事。

santasantasan.hatenablog.com

 

「今ここで勝手にしあわせになること」に、

いかに制限は何もなく、ただただ自分の好きで自由であること(つまりものすごく簡単で誰でもできること)を知ってほしくて、

ほんの半年前まで暮らしていた築60年越えの旧・我が家をご紹介しておるのですが。

(詳しくはリンク先の記事をどうぞー!)

 

で、これに対して過去の卒業生やコミュニティのメンバーさんから、

非常に素直かつ失礼なご感想(笑)を早速いくつかいただき、

とてもおもしろかったのでご紹介します。

 

まずはコミュニティメンバーのKさんから。

真穂さん、みなさん、こんにちは。

今日はただの感想なんですけど、^^;

真穂さんのブログ記事を読ませてもらって、改めて「ほーーー!!!」と感動したというか、初心を思い出したというか、それで感想をここに書きたくなりました。

 

お家の写真の記事ですが、私もだいぶ初期からブログ読ませてもらっていますが、ここまでボロボロとは思ってなくて(すみません。。)、びっくりしたのと、

 

「今ここで、勝手にしあわせになる。」ということが、やっぱりそこまでの覚悟であって、真剣で本気だからこそだったんだなあって思ったんですよね。(※ま:いや、覚悟さえも大して無かったかもしれません。。。)

 

(中略)

 

やっぱり一番大切なのは「何かを手に入れたり状況がよくなること」じゃなくて、「自分が心穏やかに生きられること」だよなあって、改めて思ったんです。

世間の「ふつう」に乗れているとか、
人にすごいねって認めてもらえるとか、
みんなと横並びで順調に人生進めていけてるとか、

そういうのがあるから「だから安心」じゃなくて、
もしそこから外れることになっても、私が勝手にしあわせになれるほうへ踏み出していくこと。

そういう選択を取れること、
そのために自分を知っていくこと、
自分を無理くり変えるんじゃなくて、自覚することで無理を手放していくこと、

私が頑張りたいのはそっちだし、もっともっとそこに集中したいなって思います。

 

 

続いて、こちらわざわざメール送ってくださった(笑)、

お、こちらもイニシャル同じくKさんですね!

こちらのKさんはシングルマザーさんです◎

 

真穂さん

こんにちは。
赤ちゃん、手足ももう見えてきたんですねー^^
ほんとすごいスピードですよね。

さて!
ブログ、マル秘記事拝見してびっくり~!!!
せめてスターつけて反応したかったけど、つけられなかったのでメールを。。。

以前受講していたとき、わたしがボロい家に住んでいるとメールに書いたら、
「うちもオンボロです」
ってお返事いただいたんですけど、まさか上を行ってるとは思いませんでしたー!笑
(※ま:だから言ったじゃないですかー!)

 

 

ほんとに、真穂さんがこのおうちからあの内容のブログとか音声を発信していらしたということに驚きを隠せません。

 

 

気持ちを直視して!→この家いやだよね?→行動!つまり引っ越し!

っていう流れにならなかったんですから。

そして、しかも、退去がなかったら今でもそこに住んでいたと思うとおっしゃる!驚

この違いって、ほんとにすごく大きいなって思い、考えさせられました。

表面的なキラキラ追ってるのとは全然違いますね。

 

まず「いまここ」で、自分で幸せになるっていうこと、条件とか環境次第じゃないんだっていうこと。

 

あと、真穂さんが当時望まれていたことが、ジョーさんのお嫁さんになることとジョーさんの赤ちゃんを産むという、「まったくきらびやかじゃない」ことだっていうこともなんていうか、感慨深いです。

 

わたし、以前は、「一旗あげたい」的な気持ちがあって、できることなら子どものこと気にせず仕事(?)してみたいとも思ってもいましたが、

いま、子どもといるってことは遠くにすごい人の講演聞きに行かなくても自分の中でコペルニクス的転回が起こるようなことが日々あるし、

特にいまみたいな、子どものほうもお母さんお母さんって来てくれる時期はやっぱりなるべく一緒にいたいなって思います。

(中略)

真穂さんのおっしゃるように、いまここで受け取れるものを受け取って幸せでいたいです。

そして、子どもと一緒に、そういう、いまここにあるものを一緒に発見していきたい。

(中略)

お返事大丈夫でーす^^

気軽にメールをさせていただける間口を開けてくださっていて、ありがとうございます。

 

 

お二人とも、大変素直なご感想いただきまして、ありがとうございましたー!!!

そしてお二人とも、、、、

 

失礼過ぎやろーーーーー!!!!笑。

 

 

って、嘘です。笑

 

どちらのご感想も拝読してこっちが吹き出してしまいましたが、

最大限の賞賛をいただいたと嬉しく思っていますー^^

え、違う?笑

 

ジョーさんにも、「ねーねーこれ見て!!」って見てもらったら、

「…ってオレの実家だよ!!失礼だろーーー!」って突っ込んでました。笑

もちろん笑いながら^^

先にネタを振ったのはわたしたち(てゆうかわたし)ですが、

皆さんの素直な感想のおかげでまた二人で大爆笑させていただきました。笑

 

 

やっぱり人様から見てもボロボロですよね?あの家。(再確認か。)

 

ほんとに、セッションとかしてるとき、

「今の収入や生活に不満がある」とか、逆に

「一歩踏み出して何かを失うのがコワイ」みたいな方とかたくさん接してきましたが、

 

「いやー、少なくともわたしの住まいよりは条件良いんじゃないかしらね?(今のままでも、今以下の生活になったとしても)

 

と思っておりました。わざわざ口には出してないですけども。

 

でも、だからといって不幸とも思っていなかったですし、

嫌だ!引っ越ししたい!っていうのも特に無かったんですよね。

 

確かにはじめてジョーさんちとしてこの家に足を踏み入れた日(=27歳の誕生日、ジョーさんにごちそうしてもらうはずが山手線の中でスリにあってお財布と鍵を丸ごと無くして家に帰れなくなった日)はすごいびっくりしましたけど、、、

 

一緒に暮らしたいと思ったからのちのちあの家に転がりこんだし、

恥!とか、嫌!とかは無かったんですよね。なんてゆうか、、、慣れ??

一緒にいたい、っていうのがわたしの望みで、特にそれ以外の条件は二の次だったのですよね。

そりゃお金があれば引っ越したり、もう少しなんとかしたりしたと思うんですけど、

お金もなかったし、

そもそもそののちに自分が仕事辞めちゃったのでもうしょうがないですよね!って感じで。。。^^;

 

あの家からセッションしてるときにはステーションホテルのラウンジに通ってたし、

一人ノリノリでブログ書いてたし、

銀座でホステスしてるときもあの家からきらびやかな世界で仕事して、

芸能事務所の社長さんとか、亀田三兄弟の弟さんとお父さんとか来て

ふつーに接客とかしたりしてましたよー!

(亀田興毅さん最後の現役試合!!とかってネットでいろんなところに出てるので、ふと思い出しました〜!来てたのは弟さんとお父さんだったけど。)

 

 

でも別に、そこに対しては、

自分を誤魔化してるとか、自分を作ってるとか、

そういう気持ちになったことは無いんです。

もしそういう自分を偽ってるみたいな気持ちがあったら、すごく苦しかったと思うけれど。背伸びはしてたと思うけど。笑

 

たぶん、いる場所、向かう先、身につけるものがそれらだっただけで、

別に築60年のボロボロ団地にいるわたしも、銀座のクラブにいるわたしも、東京ステーションホテルのラウンジやウェディングサロンにいるわたしも、

全部わたしに変わりは無かったからじゃないかなあ。

 

結婚式のプランナーさんやそれぞれのお客さんにも、

「すごいボロボロ団地に住んでるんですよー!」ってフツーに言ってましたし。笑

 

でもそれはわたしの価値観で、わたしの優先順位だから、

すごく、住む場所に価値を置いていて、

「ここは絶対に嫌!!なんとしても引っ越す!!」って決める人がいるのであれば、

それはそれで全然いいと思うんですよね。

自分の望みを明確にして、そこに行動を起こそうとするなら、

立派なことだと思います☆

 

誰がなんと言おうと、今ここでしあわせになっていいし(なれるし)、

その上で自分なりの好みと優先順位を追求していけばいいと思うんです。

 

一番こわいというか、残念なんじゃないかな、って思うのは、

自分の満たされない気持ちを状況や環境や誰かのせいにして責任転嫁してしまうこと、

もしくはいつも「他人から見てどう映るか??」という軸で自分の好みや優先順位を決めていること(もしくはそれにさえ気づいていないこと)だとわたしは思うんですね。

 

でもそれさえも、

「みんなから変(とか、残念、とか可哀想、とかかっこ悪い、とか)に思われたくない→少しでもそう思われるようなことなら無理してでもみんなと同じ、みんながすごいと見るものがほしい」

というのが好み、という人もいるのだろうから、

ほんとうに自分の好き好きでいいと思うのです◎

ただそういう人にとっては、このブログはなんの役にも立たないかもってだけです◎

 

そしてこれは少し前の記事でもちょろっと書きましたけど、

わたしはほんとうにかなり最近まで、

「こういう仕事をするならば、人から憧れられる容姿やファッションやライフスタイルを持っていないといけない」

と勝手に思い込んでいまして、どこかでやっぱりそちらに“寄って”いかないといけないと、

これまたもう当たり前くらいに思ってたんですけど、

別にそんな決まりどこにもなかったっていう。

 

だから昔の家を公開してもいいって思ったし、

なんなら今の家も外観はけっこうな年季入ってるし、

それでもちゃんとおもてなしできる条件を整えているならば

今の自宅にお客さんを呼んで、ここで講座をすればいいって思ったのです。

(さすがに前の家にお客さんを呼ぶのは“おもてなしできる状況”ではないと思いましたので^^;)

 

それでこの仕事が成り立たなくなるなら、

それはもう仕方のないことなのですよね!

女性のための生き方講座だって、わたしが絶対面白そう!!みんなも絶対いいよ!!って本気で思うから喜々として「やりまーす!!!」ってブログに書いているけど、

別に人が来てくれる勝算があるかと言ったらそんなの特に全然無いのですよね。

 

わたしは「すごくいい!!」って思ってるからやろう!と思っているけど、

それでももしダメだったら、そしたらそのとき考えたらいいんじゃない??って思っていて、

それはジョーさんも同じなのです。

勝算や戦略があって、今の暮らしや今の自営業っていう仕事をしているわけじゃないのです。

 

もちろん、自分たちの技術(実績や知識)の深さ、厚みは当たり前に確信してるけど、

でもだからってずっとこれ一本で食べていけるという勝算があるわけじゃない。

食べていけなくなったら、近所のコンビニでバイトするわー!てジョーさん言ってるもん。でもそこのコンビニ潰れちゃったんだけど。。。

それ、冗談じゃなくてほんとに本気なのですよ。

 

今、自分の好きなように生きて、でももしそれでダメなときが来たら、

それはそのとききちんと現実を受け入れてやれることをやってこう。って思ってて、

そしたら意外と「そのとき」が来ないだけというか。笑

 

意外とこうやって、「ちょーフツーの(どころか、けっこーヒドイ家に住んでた)マホさん」を良いな!って思ってくれるお客さんもいるわけで。

やっぱり嬉しいですもんね、マウンティングされるでもなく、幻滅されるでもなく、

そこから受け取ってくださることも、素直に「ボロボロですね!」って言ってくれることも(笑)、そんなふうにフラットに言っても良い人だとみなしてくれてるってことも^^☆

文章どう映るかはわかりませんが、私的には付き合いの長い信頼のおけるお二人なので、嫌味など一切ないこと伝わりますし、だからわたしも不快感ゼロです♪

 

そしたらそんな平穏も温かい気持ちもオマケでしかないから、「有り難いね」って受け取るだけ、なんですよね。

家のことだってきっとそういう立ち位置だったかなって。

 

で、せっかく有り難いしかない「今」があるのに、

未来の心配をして今を牽制して生きるとか自分の本音を偽って生きるとか本当にもったいないというか失礼だから、

だからさっきの記事みたいに買いたいものあったら買うし、もっとこう生きれたらいいなって気持ちがあることには、素直に手を伸ばすし^^

 

すごく、そんなシンプルなことなんです!!

 

さて、明日はローマにお住まいの方との集中講座スタート、LINEレッスンです♪

海外及びご病気やお子さんの関係などで、どうしても講座に来ることが出来ない方のスカイプもしくはLINE・電話などでの個別レッスンは受け付けておりますが(お受けできるかどうかは要相談)、

それ以外の対面のマンツーマンのレッスン/セッションは今後の募集の予定はありません。

 

ご関心ある方はぜひ、今度開催予定の「女性のための生き方講座」へお越しください♪

開催日は7/7(土)を予定しています◎

 

こちらについてはまた次の記事で募集開始時期や詳細等ともに書きますね!

まずはこの記事についてはここまで♪

ダブルKさん、素敵なご感想ありがとうございました〜♪