「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

楽しさと豊かさと喜びとが、永遠無限に拡大し続ける人生の作り方❤【対面レッスン@伊豆自宅レポ②】

昨日の記事の続きです♪

santasantasan.hatenablog.com

 

対面レッスン自体は自宅で行ったのですが、

駅までHさんを迎えに行ったついでにHさんとジョーさんと3人で地元のお店でランチをし、

(もちろんHさんとジョーさんは初対面。けど、気にせず対面させるわたし。笑)

 

そこから自宅までは主に川沿いをのんびり歩いて、

途中ジェラード屋さんでジェラードを買い、甘いものダメだけど、アイスは違うらしいHさん。笑

川べりに腰掛けて3人でジェラードを食す。。。

(このときの写真撮ってない^^;)

 

 

えっと、何しに来てもらったんだっけ??

※60日間集中講座の2度めの対面レッスンのためです

 

 

f:id:santasantasan:20180503094241j:plain
おまけ。
Hさんとジョーさんと3人でランチしたときのおさかな。
(空気を読まず、時間のかかる焼き物を注文してしまったわたし。。。)

 

 

まるで友達や後輩(Hさんはわたしより年下なので)に地元に遊びに来てもらったのではないかと錯覚するくらいの自然な「わたしの日常」の中でお客さんと過ごして、

 

そのまま自宅について、一応、気持ちを切り替えてマジメに対面レッスンをしましたが(これはもちろんジョーさん抜きのマンツーマンです^^;)、

 

さっき書いたとおり、わたしもお菓子バリボリ食べるわ、オットマン(椅子)にあぐらをかいて座るわ、もう、

 

めっちゃ、自然。

 

いつも以上にいつもの、「超・ただのわたし」。

(を、誤魔化せない。取り繕えない。)

 

 

てな感じで、なんかもうすご〜〜〜く自然な、リラックスした心地でお話しができて。

こんなにラフでいいんか〜〜〜いと自分でも思いつつ、

でも、

こちらが緩んでいれば、それはやっぱり伝播するもので、

大切なことは「それっぽくこなすこと」ではなくて、

講座生に大事なことを伝えられて、それを受け取ってもらうこと。

 

それには、ガチガチに固くなっているよりも、

緩んでリラックスして笑っているほうが、

落ち方もやっぱり全然違うのかな、って思いました。

 

そしてそんな時間を共にできたのは、やっぱり、

わたしのまさにホームグラウンドであるこの土地、この自宅に

“来て”もらったからじゃないかなあ??と。

 

もちろんステーションホテルも大好きな大切な場なのだけれど、

「わたしの日常の場」ではやっぱりない。

 

その「日常かどうか」というのは、

どれだけ当たり前にその場所に通っているか??みたいな、訪れる頻度、回数、慣れによって決まるものじゃなくて、

うーん、上手く言えないのですが、どれだけたくさんそこに通っていても、

どれだけそこに慣れていても、

どれだけスタッフさんたちに顔を覚えてもらえるようになっても、

 

そこはわたしの「日常」ではないのです。

「わたしのフィールド」ではないのです。

 

だからこそ、その世界にわたしが寄っていく、飛び込んでいくのではなくて、

ただのわたしの延長線上の世界に、逆に、この生き方に惹かれている方に、

”こちら”に来ていただくこと^^

 

それがしてみたかったんです◎

 

だって、「伝える(伝わる)」とは、

けっして言葉だけで伝播するものではないから。

 

この土地に、この我が家に、この空気感に、

言葉にはならないようなこの生き方(をしているわたしの何か)が詰まっていて、

それが言葉以上に感じてもらえたら、

もっとまた違う世界が(わたしも、お客さんも)見えてるのではないかな〜って思いました^^ 

 

 

今、わたしのような「生き方」について伝えている仕事をしている人は山ほどいて、

対面セッションやミニセミナーなどを行うときに、

高級ホテルのラウンジをその場所として選択している人もまた、山ほどいるかと思います。

 

実際わたしが対面セッションしていてステーションホテルのラウンジに毎日のように通っていたときも(笑)、

それっぽい女性がいつも何人もいて、

不思議なことに大体、みんな格好やメイクの雰囲気も同じ感じなんですよね!

 

ロングの巻き髪にワンピースにヒール靴、そしてブランド物のバック、みたいな。

 

それって別に決まりがあるわけではないとは思うんですが、そりゃそーだ。 

生き方を、個人を、自分を売る、みたいな風潮のあるこういう仕事においては、

同じ女性にいかにその人生や自分自身やその生活を憧れられてなんぼか??みたいなところもきっとあり、

 

なのでいかに華やかに、魅力的に、キラキラしてるように映るように見せるか??みたいなところはきっとビジネスとしてはとても大切なことだと思うのです。

 

わたしも、きっとこの仕事を始めてすぐはそういうふうに思っていて、

いやむしろ、「みんなそうだから」と、それ以外の選択肢があると思っていなかったと思います(完全なる思考停止ですね^^;)

 

だから最初の、まだむしろ貯金切り崩して生活していたような頃も、

実際のわたしは貧乏でボロボロの団地に住んでいるとはけっしてバレないように(笑)←いやむしろバレてたと思うけど。笑

そのとき出来る限りの良い服を着て、

全然場慣れしてないくせに、超背伸びしまくって、

ステーションホテルのラウンジをセッションの場所に選んだことは、

少しでも自分をより良く見せたい、という気持ちがあったからだと思うんですよね。

 

自分を少しでも素敵に見せられるように、

憧れてもらえるように、

そのために、

高級ホテルのラウンジ、という「雰囲気」に、「真穂さんがすごい」みたいな錯覚をお客さんに持ってもらうことを、どこかで求めていたのだなあ、と。笑

 

ちょっと、書いていて笑えてきますね^^;

 

そのうち、本当に収入が上がってきて、

場慣れもしてきて(むしろ力が抜けてきて、服装も気張らずシンプルなものになっていった)、

そして何よりもステーションホテルのスタッフさんたちの温かさ・雰囲気が大好きになって、

だからこそラウンジやホテル内のスパやトリートメントに行ってみたり、

そして結婚式もホテルで挙げることにして、

あの場所は気づけばわたしにとって大切な場所となったことに変わりはないのですが。

 

でも、やっぱり、

「伊豆にいるわたし」とは「わたしの日常」とは違う。

少なくともあのホテルではあぐらはかけない。。。←かくなよ、家でのレッスンでも!笑

 

そしてわたしは、自分をよく見せるとか、

それによって憧れてもらう、とか、

キラキラした、非日常(と思われるもの)を、お客さんの人生に求めてほしいわけではなくて、

だからわたしにも、そこを感じてほしいのでは無くて、

 

もっともっと、平凡というか、フツーーーというか??何をもってフツーかは曖昧ですが^^;

 

「こんな風になりたい!」というよりは、

 

「こんな人でも、こんなに平凡でも、

 

なんかよくわかんないけどこの人、

 

楽しそうだし、しあわせそうだなあ。」

 

「なら、自分もそうなれるかな?(なりたいな)」

 

みたいな、

そこに、希望をもってもらえたらなあって思っているのですよね。

 

「しあわせ」とか「満たされた毎日」っていうものを、

ファンタジーとか魔法の世界とか、

リア充みたいなキラキラした特別なものとしていて、

そんなふうな人生にしたい、という方は

わたしのところじゃなく、ぜひぜひホテルのラウンジで開催しているような女性のところに行っていただいて(笑)、

 

少なくともわたしにとっては、この生き方を伝える場としては、

それはわたしらしくないし、

わたしの役割でもないな、と思ったんです。

 

夢を見させることなら、

特別感を醸し出してそこに魅力を感じてもらうことなら、

わたしじゃなくてもいい、と思った。

 

なら、もっと、

わたしがここにいる意味。

 

 

たまたま、祖父母の暮らしていたこの家を、

祖母が突然亡くなる少し前に、1階だけリフォームが済んでいて比較的キレイになっていたこと。

 

たまたま、祖母が亡くなったのちに長男のわたしの父がこの家を継いだけど、

住む人もいなくて空き家になっていたこと。

 

その立地が、たまたま、この伊豆っていう、

田舎であっても観光地ゆえに、比較的アクセスも土地柄も人をおもてなしできる条件は整ってる場所であったこと。

(この場所からたとえ一駅でも最寄りがズレていたら、都会から人にきてもらうのはものすごくハードル上がったと思う!)

 

そしてわたしとジョーさんがたまたま、東京の住んでいた家を出ていかなくてはいけない状況になったこと。

 

そしたらたまたま、わたしの母がこの家をリフォームしたがっていて、

たまたま、わたしの父が警察を定年退職した直後で、退職金という余裕があって、

「住んでくれるならリフォームのお金出してもいいよ(内装とかも好きにしていいよ)」って言ってくれたこと。

 

そしてそんな流れの中で、たまたま、あんなに都会大好きだったわたしが田舎に住むことになって、

住み始めたらこの土地での生活にものすごく居心地の良さを覚えて、

ここを中心に仕事もしていきたいなあ(都会に出ていくのはなんかもう違う)ってなったときに、

たまたま妊娠したこと。

 

 

全部「たまたま」かもしれないけど、

それを、

「自分たちだけの良かったこと(自分たちだけに意味あること)」にはしたくなくて、

繋いでいきたいと思うのですよね。

 

 

誰かの、「次の喜び」に^^

 

誰かの、「次の繁栄」に^^

 

 

だってそのほうが、自分たちだけ!!というよりも、

ずっとずっと、とびきりワクワクする!!!

楽しくなる!!!ますます拡大する!!!

 

そしてそうなることが、自然なことだと思うのです。

自分たちに与えられたものが、自分たちの喜びだけにとどまらず、誰かに循環していくことが。

 

だから、神様?から用意された環境とご縁と場所があるのに、

わざわざそれを置いて、「皆と同じこと」をする必要はまったく無いと思ったのです。

 

むしろ、その、与えられたものをさらに自分なりに、自分の好みで育くんでいくこと。

 

昨日の記事に書いたとおり、

ちょうど、これもたまたま、

Twitterでこの過去記事をPICK UPしましたが、

(さっそくフォローしてくださった方、ありがとうございました❤)

 

 

無いものを取り入れていくんじゃなくて、

自分にすでに与えられたものを育てていくんだよね。

内も外も。ぜんぶ。

 

それがわたしらしいやり方^^

わたしの好きな、好みの生き方^^

わたしが皆さんに、伝えていきたい、「これ、ほんとにとってもいいよ!❤」って全力でおすすめしたい生き方❤

 

だからですね、ここから先はまだまだ妄想の話ですが、

これから先、赤ちゃんが生まれたら、

赤ちゃんいるから、仕事なのだから、赤ちゃんいたらお客さんに失礼だから、子どもは預けてそういう生活感は出さないで…じゃなくて、

 

赤ちゃんそこらへんに転がしながら、

授乳しながら遊ばせながら、

もしくは横でジョーさんやうちの母親に見ててもらいながら、

 

そんな「そのまんまのわたし(とわたしの日常)」を、

お客さんに目の当たりにしてもらえたらいいなって思うんです。

 

結婚して誰かと一緒に生きていくこと、子ども産み育てること、母になること、

そういうのにものすごくハードル感じてる女性いっぱいいますよね。

 

なんというかすごく、立派な自分にならないとできないことのように、

感じてる女性も、きっといっぱいいますよね??

 

でも、こんなフツーの、けっしてまったく立派じゃないわたしのそのまんまに触れてもらえて、

 

「感じてるハードル自体、本当は幻じゃない?」

 

「このわたしのままで、自分も、できるんじゃない?(こんな人でも出来てるんだし。)」

 

って、ちょっとでも感じてもらえたら。笑

 

ものすごく嬉しいな〜〜!って思うのです!

 

実際、Hさんが来てくれたときも、話に夢中になってわたし、1階のベランダに洗濯物干しっぱなしで、ジョーさん無言で取り込んでおいてくれて、

「あ!ごめんありがとう〜〜〜!」とか言ってましたから^^;

ほんとそんな感じなんです^^;

 

 

今もですね、つわりの気持ち悪さも続いているし、

すごく体力も落ちてるし、眠いし、

でも、

こうして新しい講座のこととか考えたり、

お客さん自宅に招いて対面レッスンしたり、

フツーーにそっちにいっぱい喜びのエネルギーが溢れてもいるのです^^

 

でもわたし、自分が妊娠する前は、どこかで、

妊娠したら、子どもできたら、そのこと一番に考えなくちゃ!って、

なんとゆうか、つらい、しなくてはならない仕事ならやってもいいけど、全然子供と関係ない自分のしたい仕事のことでワクワクと頭いっぱいにするとかいけない!とか

どこかで思ってたんですよね。

 

まじめか!!と思いますが、実際、

マジメな人ほど、無意識にそんなふうに感じて、

ゆえにライフスタイルの変化に不安やハードルを感じ過ぎてしまうのも事実だと思うのです。ちょっと前のわたしのように^^

 

だから、そんなに構えなくてもいいんだな、って感じてもらえたら、

もうそれだけですごく心のハードルが下がって、そうした結婚や妊娠がグッと近づくと思うのです!

(心で遠ざけてしまってるってこと、山ほどありますから!!)

 

だから、もちろんまずは無事に生まれてきてくれたらの話ですが、

もし母に、親になっても、

赤ちゃん転がしておいて、来てくれたお客さんに抱っこだってしてほしいし(嫌でなければ^^)

そんなふうにプライベートで違うステージに上がった自分の「まま」で

お客さんの役に立てること、背中を押せること、

いつもその状況なりに構築していきたいと思います❤

(とか言って、実際に生まれたら、可愛すぎて仕事はもう一切興味なし!ってなるかもですが^^未知の世界に突入したときに、何を感じるかは、今の自分には絶対にわかりようがないですからね◎)

 

だから、憧れられる存在、キラキラ輝いた存在というよりも、

どうせ人と、同じ女性と関わるのなら◎

身近な、今のその人自身を大切に抱えて生きていきたいと感じてもらえるような存在でありたい^^

 

 

Hさんが、貴重なGWにわざわざ時間をかけてこちらに来てくださったことで、

そして心のこもったご感想くださったおかげで、

更にタイムリーというか、「特別でいたかったけど、違った」というようなHさん自身の気づき(詳細は一つ前の記事を御覧ください❤)も全部完璧にわたしの中でつながって、

改めて、そういう自分の大事にしたい気持ち、スタンス、明確に見つめることができました❤

(Hさんありがとうございました^^)

 

引き続き、自分の周りにいてくれる、与えられている、

在ってくれるすべてのものを、思う存分に活かして人と繋がり一緒に育っていきたいな、と^^

 

喜びを皆で拡大していけるかたち(つまりわたしが一番楽しいかたち❤笑)を、

ワクワクしながら探求していきたいと思います!

 

では、今日は大阪から来てくださる講座生との自宅での対面レッスン!!

楽しみです〜〜〜^^♪ 

 

☆近日募集スタート予定☆ 

santasantasan.hatenablog.com