「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

もともと持っている性質と、人生の選択と。【わたしとジョーさんの場合。】

今日は旦那・ジョーさんがわたしのかつての勤め先からご依頼いただいている仕事で作り込んでいたサイトが無事にオープンし

(ぜひFacebook等でも拡散していただきたいので、後日ご紹介させていただきますね!)

 

そしてわたしも、超超ギリギリながら、本日、

無事にジョーさんとわたしのぶんの確定申告と納付を終えることができました。。。

 

今回は先日少しブログで書いたとおり、ショッキングな出来事に遭遇して、

そこから心がとても硬く重くなってしまっていたのですが、

ジョーさんや周りの人の優しさのおかげで少しずつ固くなっていた気持ちも解けていって、

 

今日はいつも庭の畑の野菜を育ててくれている伯母さんに「こんなことがあったんだ」とサラリと話すこともできて

(※昨日まではそのことを言葉に出そうとするとなぜか涙が溢れてしまい、上手に話ができなかった)

 

「ああ、きっとわたしもうだいじょうぶだ。」

 

と思えた瞬間でした。

伯母さんもとっても親身に話を聞いてくれたし、

ジョーさん、両親はじめ、いろんな方のおかげです。

 

それで、今回の出来事を通じて自分の中でまた改めて気づいたことがあったので、

今日はそのことを少し書いてみたいと思います。

 

最後のほうと、次の記事で、

いよいよ(やっと?)伊豆でのサービスのことを書かせてくださいね。

 

今回のことで思うところあり、

募集するサービスは二つに分けようと思っています。

どちらも伊豆の自宅を起点に行うことに変わりはありませんが、

詳しくは次の募集記事で書きますね!

 

f:id:santasantasan:20180314182340j:plain
早咲きの種類の桜はすでにすっかり葉桜になりました◎

 

*****

 

このブログを以前から見てくださっている方は、

わたしと旦那のジョーさんの出会いや、

わたしが過去にどれだけいろいろと悩みや問題ばかり抱えていたか等々をなんとなく知ってくださっていると思います。

 

それで、このブログを書き始めてから(生き方を変えてから)のわたしの人生が、

たとえば結婚のこととか、ジョーさんの仕事の発展とか、お金のこととか、住まいが変わったこととか、

わりと目に見えるかたちで具体的に好転していってることが

読者の皆さんにとっても、すごくわかりやすいのではなかったかなと思います。

 

それで、いろいろと問題というか、過去が暗いというか深い(良くない意味で…)のは

わたしに限らず旦那のジョーさんも同じで、

 

ひとつ言えるのは、わたしもジョーさんもたぶん、

もともとエネルギーがものすごく強いということ。

 

それが良いも悪いも、

どちらにしても根底にもっているもともとのエネルギー量がふたりとも、

すごく大きいのだと思います。

 

でもそれは、

いわゆるよくしゃべるとか、

ほとばしる熱さ!!熱い人間!!とか、そういう表面的なことじゃなく。

 

(わたしは喋りだしたらよくしゃべるし、ブログでもわかりやすくエネルギー値高い感じが現れてるときも多いかもですが、ジョーさんは大概あんまりしゃべらないし語らないし、

ふたりとも普段は大概ぼーっとしています。。。)

 

火山でたとえるとわかりやすいかもなのですが、

ドッカーン!!って噴火している火山だけがエネルギーが溢れているわけではなくて、

噴火はしていなくても、一見静かにドントしてデンと構えているだけのように見える休火山も、

奥底には変わらず、グラグラと煮えたぎったマグマを抱えているのと同じように、

 

わたしもジョーさんも、

生まれてきてから今日まで、

自分たちでも付き合い方に手こずるような

ものすごくでかいマグマを内に持っているところはたぶん同じなんです。

 

ただ、

今と昔と圧倒的に違うことは、

そのエネルギーが、かつてはものすごく【負の性質に偏って強かった】ということです。

 

だから、引き寄せ合うかのように、

周囲で起きる出来事も、

ものすごく負の出来事が多かった。

 

人が、病んだり、命を失ったり、何か自分や大事な人が危険な目にあったり、

 

もし世界に光と闇があるなら、お互い、出逢う前までは、

 

闇を象徴するようなことばかりが自分たちの周辺では起きていました。

というかその頃は、

それが当たり前だったので、特別変だとも思ってなかったかもしれません。

 

それで今振り返れば、それは、

自分たちの中のかつての負の性質がそういうものをひきつけていたというか、

犬も歩けばなんとやら…ではないけれど、

ジョーと真穂が歩くところ暗いことばっか…みたいな、

シンプルに、自分たちが持っているものと同じ性質のものや出来事を引き寄せて人生をかたちづくっていたんだなあ、と思います。

 

それで、その【負の性質】とか【エネルギーの大きさ】っていうのの中身はなんなのか?(なんでそんなものを持っちゃったのか?)というと、

これはちょっと説明がややこしいのですが、

大きなところからまず言うと、

たぶん遺伝子の記憶みたいなものだと言われています。

 

つまり親とか、おじいちゃんおばあちゃんとか、

そのまたずっと奥の先祖代々、、、みたいなルーツの中に、

そういう要素(性質)が強く残っていて、

生まれた瞬間からある程度それを色濃く引き継いでる、とか。

 

病気も遺伝することがあるのと同じように、

顔が似るのと同じように、

親や先祖から遺伝子の記憶を引き継いでいて、それが自分の根底の性質を作る、と言われています。

 

だから、無垢な赤ちゃんでも、ゼロスタートではないんですよね。

前提条件というか、ゲームで言うなら初期のキャラ設定みたいな感じで、

すでに引き継いでいるものがたくさんあるっていうことなんです。

 

 

で、そのベースの上に、

育った家庭環境や親との関係(この二つの影響力が大きいと言われてる)や

生まれてからの出来事・人間関係を積み重ねていって、

更に自分の性質をかたちづくっていくことになります。

 

だから、最初、ある程度前提条件が決まってしまっていても、

たとえばマイナスな要素(性質)を引き継いで生まれてきたとしても、

自分が生まれてから生きていく中で、

大人になっていく過程で、

自由の中で自分の意志をもって、縁や環境を自分で「選択」していくことで、

 

このもともと持ってる要素や性質がもし、マイナスなものだったとしても

ある程度、

自分次第で良い方向に変えていくことはできるということ。

 

たとえていうなら、太りやすい体質の家系に生まれてきても、

(=太りやすいという要素をすでに持っていたとしても)

自分がある程度年を重ねて、

たとえば学生になったときに買い食いをせずに食べるものも高カロリーなものを選んだりしないという「選択」を「自分が」したり、

あるいは、運動部に入って筋肉をつける、カロリーをより消費するという生活習慣を人生に取り入れるという「選択」を「自分が」したら、

 

「太りやすい性質」は受け継いでいても、

「太らない(痩せている)」という人生を創り出すこともできるよね?ということです。

 

※「実際はそんな簡単な問題じゃないんだ!」と文句言われるかもしれませんが、たとえなのでご理解ください。。。

 

それでわたしがこのブログで伝えてるのは、そうやって、

「生まれ」や「育ち」や「過去」や「そもそも引き継いでる性質」は変えられなくても、

それを責めたり嘆いたりで終わるのではなく、

「今」の「自分」と「向き合」ったり、

その「選択」を変えれば、

それだけで人生はきっと大きく変わるよ!ということを言っているんですね。

自分の経験をもとに。

 

それは、たとえ親が虐待していたとしても、

連鎖しない親になることはできるかもしれないし、

なんらかの原因によってガンになってしまっても、

ちゃんと身体の治療をしつつ、自分の心のありようでそれを悪化させないで治していく方向に向けることはできるかもしれない。

 

人それぞれ、前提で引き継いでいる性質の濃さというか大きさは違うからこそ、

「100%今の自分次第!(で全てのことが変えられるし解決できる!)」なんて単純なことはもちろん言えなくて、

なぜならそうは言っても、虐待もガンも本当に大きなことで、

世の中、そうそう綺麗事で「自分の心次第だよ!」なんてのじゃ済まされない。

けど、それでも実際そういう良い変化をしているお客さんが実際にいるのだから、「できない」ことではないというのも忘れないでほしいといつも思う。

 

それで、話がちょっとそれちゃったんですが、

そうそうジョーさんとわたしはと言えば。

 

先程書いたとおり、わたしもジョーさんも、

一言で言ってしまうと負の出来事というか、

人生って明るく楽しいよね〜〜♪って軽やかに生きてくのじゃ済まされないようなものを引き寄せてしまう性質をたぶんもともと生まれた時から持っていて、

 

さらにそれが、

育った環境や親との関係の中で、より、色濃くなっていってしまって、

 

そしてさらに残念なことに、

過去いろいろなことがあっても、そこから自分たちの手で光指す暖かいほうに向かって生きていくことを選ぶこともできたはずなのに、

 

わたしもジョーさんも、かつてはそれができなくて、

 

もともと持ってる自分たちのエネルギーの強さや大きさを、

負のほうにますます育ててしまう生き方や環境や縁を「選んで」しまっていたんですよね。

 

それは、「わたしたちのもともと持ってる強くて大きいエネルギー」っていうものを、たとえば

「めっちゃ切れ味鋭い包丁」とたとえるとする。

 

そしたら、「めっちゃキレ味鋭い包丁」を「持っていること】を財産として、

大切な人に、愛あふれる料理を作ることもできたはずなのに、

当時のわたしたちは、その「めっちゃ(以下略)な包丁」で

「自分たちや周りをも傷つけてしまってた」というか。

 

めっちゃ…な包丁をどう使えるかは選べたはずなのに。

 

でも、かつてのわたしたちは、そういう使い方を選んでしまっていたんですよね。

これはもう、無意識で。

 

 

結果として、自分たちも本当に苦しかったし

(でもたぶんそのときは麻痺しすぎていて苦しいと感じ取ることもできてなかった)

 

周りも、不幸みたいなことがいつも起きる縁や環境だった。

 

それはわたしたちが誰かを不幸にしたとかじゃなくて、

同質のものが引き寄せあって集まっていた結果なんだよね、やっぱり。

 

そこから、わたしとジョーさんは、

「今のままではいけない」ってあるとき、同じタイミングで気付いて、

(それが7年前の3.11直後の、わたしの姉の結婚式だった。これも、付き合い始めてからいろいろ話す中で、お互いのターニングポイントが一緒だったと後から知った、って感じです)

 

そこから、それぞれに自分が積み重ねてきてしまった負の部分を、

これ以上積み重ねないことと、

今までとは違う道を「選択すること」をしていったんです。

 

つまり前述のたとえで言うならば、

めっちゃキレ味の良い包丁を持ったまま、

それを用いてする「選択」を変えていったんです。

心のこもった料理を作るほうに使いたいと。

そう願って、意識的にそちらのほうの「選択」をしていくようになりました。

(ジョーさんも、話聞いてるとそんな感じ。)

 

 

そのコツコツとした積み重ねの結果として、

お互い、人間関係も環境も。。。ものすごく変わっていったんです。

 

だからこそ、一年後に再会できたときに、お互いに、

今度は良い部分(とか、たぶん、お互い負を強く持って積み重ねてきたところから、そこから自分で選択して抜け出て歩んでいったっていう経験を持っていた部分など。)で目には見えないけれど何か感じ取って引き寄せ合うことができて、

 

すごく導かれる感じで一緒になれたというか。

 

そのとき、これ、わたしすっかり忘れてたんですけど、

確かにそのつきあい始めの頃から、より、

特にジョーさんのほうの積み重ねてきちゃった負の遺産(みたいなもの)の中でも

特に大きなものが、

思いもよらないかたちで清算できて。

※たぶんこれが残ってたら結婚できなかった。

 

グレー過ぎてここでは書くこともできないし、

これから先、人に伝えることもできないですが、

そういうことがどんどん起きていって、

 

極めつけに、このブログを始めて「自分を生きる」ということをもっと加速度的に実践していく中で、

「ああ大事なのはこういうことでは?」ということが感覚ではなく意識的にしっかりわかってきたことで、

よりその変化のスピードがアップして、

それでこのブログに書きつらねているような、

ただのオンナの奇跡みたいなのがたくさん起きたわけなのです。

 

最初の話に戻りますが、たぶん、

わたしとジョーさんのエネルギーが最初からとてもデカかったからこそ、

そしてそのエネルギーを向ける矛先を、恐れず真逆に変えたからこそ、

 

(ここらへん、わたしもジョーさんも根が素直で馬力はあるから、やると決めたらやるぜとなったときの潔さと勢いと進み方が半端ないのが功を奏したのかと。。。。)

 

とことん真逆に触れて、

「ちょー闇の世界(人生)」から

「ちょー光の世界(人生)」

に180度、

好転度合いが大きかったのだろうな、と思います。

 

で。

 

ここ数年は、その光の世界(人生)が有り難いことに色濃く出ていて、

わたしはなんというか、

前述した

「もともと自分が持っていた(引き継いで生まれた)ものの性質」を 

忘れていたというか、

もう、「無くなったんだ(解決したんだ)」とどこかで思っていたのだと思います。

 

 

でも、無くなったわけじゃないということと、

それも「わたしの一部」だったということ、

なのにそれを、邪魔者扱いして、否定して、

どこかで「無くなったほうが良いもの」だと思いこんでたのだと、

 

そのことを、先日の出来事から気付かされたんです。

 

なんだかすでにとっても長くなってしまったので、次の記事に続きます。汗

サービス募集の記事は、その次の記事の次に書きます。。。汗

 

続きの記事はこちら

santasantasan.hatenablog.com