「すみません、ただのオンナに戻ります」。

「ただそのままのわたし=ただのオンナ」に戻って生きる喜びとその日々を綴っています◎

【募集開始◎】「”わたし”と本気で向き合う楽しさを知る〜自分を生きるの60日間集中講座」のご案内

※おかげさまで3月開始分の募集枠は残り①名様となりました◎

 

 

標題のとおり、

「”わたし”と本気で向き合う楽しさを知る〜自分を生きるの60日間集中講座」のご案内です◎

 

タイトルのとおり、60日間、

自分自身と本気で向き合うこと=自分を生きること の楽しさを

知っていただきたく開催します◎

 

f:id:santasantasan:20180215193648j:plain

 

 

「今の自分と、今の自分の人生は、

自分が積み重ねてきた結果そのものである」。

 

 

その【積み重ねてきた】ものの対象はきっと人それぞれで、

 

何か好きなことがある人は、

何かその「好きなこと」を積み重ねてきたかもしれない。

 

「仕事をがんばること」を積み重ねてきた人もいるかもしれない。

 

美容や、何か、「女を磨く」みたいなことを、

積み重ねてきた人もいるかもしれない。

 

「親の期待に応えること」を積み重ねてきた人もいるかもしれない。

 

「嫌われないこと」を積み重ねてきた人もいるかもしれない。

 

もしくは

「それが具体的に何かと言われたらわからないけれど、

いわゆる”ふつう”のレールから落ちないこと」とか、

 

「周りの誰かと比較した時に、自分はわりとイケてるな、わりと大丈夫そうだな、とかって思えること」を

積み重ねてきた人もいるかもしれない。

 

わたしはどうだったかな??と思うと、

一番最初に思い浮かぶのは「仕事」だった気がします。

 

それで、

なぜ、当時のわたしは「仕事」を積み重ねることを選んでいたのかな??

と振り返ってみると、

ただなんとなく、なんの根拠もなく、漠然と、

 

やるべきことや、求められることや、必要とされること、

もしくは評価されることを積み重ねていけば、

 

きっと神様か誰かがどこかで見てくれていて、

 

いつかきっと、しあわせになれる、もしくは、

悪いようにはしないでくれるんじゃないか。

 

だって、こんなにがんばっているんだし。

 

…って、

そんな風に思っていたからかな??と、今では思います。そのときは、無意識だったと思います。

 

そして、当時のわたしの場合は、

「仕事を好き」だし「楽しい」とも思っていました。

 

でも今振り返るとそれもちょっと違って、

本当は、

仕事でものすごくがんばって、スキルを高めて、

たくさん評価されたり、結果を出すことよりも、

 

心から大好きって尊敬できるような人に出逢えることとか、

その大好きな人に、好きって言ってもらうこととか、

そのままの自分と、一緒にいて心地よいと思ってもらえることとか、

必要とされたり、大切に思ってもらうこととか、

 

そういう関係が築きたいな、とかのほうが、

本当は一番望んでいたことのように思います。

 

でも、そこを見ないように、感じないようにして、

結局はいつも「仕事」を積み重ねていたのは、

 

「わたしにはそんなことを望んでも無理だし」とか、

「らしくないし、カッコ悪いし」とか、

 

「そんなことを望んでしまっても、傷つくし、悲しいから。」

という気持ちがあったからだと思います。

 

だから、

【実際に、人生の中で積み重ねていっていること】と、

【本当は、心の中で、自分が望んでいること】が、

 

いつも一致していなくて、

チグハグな状態。

 

 

それなりに上手くやれそうなところとか、

それなりに評価されそうなところとか、

それなりに必要としてもらえそうなところとか、

 

そういう場や機会やご縁ばかりを当たり前に選ぶようになって、

気付いたら、

仕事も、お付き合いのある人も、関わる場も、目の前に現れる男性も(汗)

 

いつも、

イマイチだな、、、

好きじゃないな、、、

嫌だな、、、

不満、、、、

 

…そんな風に感じる人・モノ・コトばかりが目の前に溢れる現実になっていました。(汗)

 

でも、嫌だな、イマイチだな、不満だな、ということはなんとなく

「重さ」として感じられるのに、

じゃあどうしたいか??なんて考えてもピンと来ず。

 

それは前述したとおり、

自分が感じている本当の気持ちよりも、

「それなりに大丈夫そうな、安全そうなところ」を優先させてなんでも選ぶことを当たり前にしてきてしまったからこそ、

自分が感じてることがわからなくなってしまったのだと思います。

 

いつも「大丈夫そうなところ」を選択する上では、

自分が本当は感じてることなんていうもののは、

そもそも感じ取れないほうが都合が良かった(=感じ取ってしまったら、不満や嫌な気持ちもより強く感じ取ってしまうから)のだな〜〜〜と、

今となっては思います。

 

そんな風に、だんだんと、

モヤモヤした気持ち、

なんか重いな…という感覚が大きくなってきて、

苦しくなってきたのでどうにかラクになるすべはないかな??と考えていた時に、

当時、今の旦那さんと同棲していたアラサー女子のわたしが思いついたのが、

 

「そうだ!!結婚できたらきっと、

このモヤモヤもスッキリするだろう!☆」

 

ということでした。(汗)

 

むしろ、

「そうだ、彼が結婚をちっとも決めてくれないから、わたしは悩みが突きないんだ」

くらいに、本気で思って本気で現・旦那さんのせいにしていました。。。

 

なので、必死に彼に合わせようとか、

彼の機嫌を取ろうとするも、

幸か不幸か、そのときの彼はテコでも動かず。。。汗

 

そうしていくうちに、だんだんと気がついたのが、

結局は自分の問題だっていう

極めてシンプルなことでした。

 

わたしが変わらなきゃいけないんだー。ということ。

 

そして、変わるっていうのは、

今の自分の問題と感じる性格を変えるんじゃなくて、

とゆうか、そんなことは出来ないから、

何度かいろいろトライして、彼が結婚したくなるような(?)聖母マリアみたいな素敵な女性になろうと試みましたが、無理だった。。。無駄だった。。。

 

このどうしようもないただの自分を受け入れて生きていくことをするほかないんだ

ということに気付いていきました。

 

そうして、

本当は自分が何を感じているのか、自分はどんな人間なのか、

ひとつひとつ、コツコツと自分自身と向き合って、

本当はどうしていきたいのか??とか、

そもそも、わたしこういう性格なんだから、背伸びしたって無理じゃん。。。(無理なことは、やめよう)とか、

 

ひとつひとつ、「ただのわたし」を知って、それに合わせて、

生きていくことをやっていきました。

 

そうやって、自分とひとつひとつ向き合っていくと、

見たくなかった自分もたくさん現れて、

 

でもそれもひとつひとつ、苦しい気持ちを抱えながらうけとめていくと、だんだんと、

 

その、見たくないものを見つめる苦しさよりも、そのあとに、

そこから逃げずに、自分をうけとめられた嬉しさや

自分のことを知ることができる喜びのほうがどんどんと大きくなって、

 

どんどん、自分と本気で向き合うことが楽しくなっていきました。

 

そうこうしているうちに、

結婚したいだとか、

仕事が好きだけど忙し過ぎてつらいことだとか、

収入が彼もわたしも少ないことだとか、

好きじゃない人ばかり周りに溢れてるだとか(苦笑)

 

そんな風に、

 

誰かと比べて自分ばかりが「ついてない(損に感じる)=問題だな」

と感じてモヤモヤとしていたこともまた、

「自分自身が、そういう問題と感じる現実も創りだしていたんだ」と

本当にシンプルにわかるようになっていって。

 

それがわかったのなら、

自分が手放せばいいだけなんだ、と選択を変えていったら、

だんだんと、

 

結婚が決まったり、

彼の仕事がどんどん軌道に乗ったり、

彼がしっかり稼いできてくれるようになったから、お金の心配がいらなくなったり、

嫌いな人が周りからみんないなくなって(苦笑)、

素敵だなと思う人ばかりに囲まれるようになって、

旦那さんとはケンカが本当に減って、ものすごく仲が良くなったり、

 

そういう「嬉しいな」って思える現実が、

「わたしの当たり前の現実」になっていきました。

 

 

わたしは、心や、いわゆる、真理というか、

スピリチュアル的な勉強も何年もしっかりとやってきた人なのですが、

本当に人生が変わったのは、「そっち」の学びのおかげではなく、

むしろそんなことは、何ひとつも知らなかったとしても、誰もができること。

 

すべきことは、

 

ただ、自分自身と向き合うこと。

 

…これだけだったんです。

 

ものすごくシンプル。

そして、なんの知識も要らない。

 

その上で、一方で、

 

ただ、自分自身と向き合うって、

つまりどうしていくことなのか??

 

というのが、きっと皆さんわからないのだと思うので、

そこを、今回の集中講座では、丁寧にやっていきたいと思います。

 

長くなってしまったので、

講座の詳細については次の記事に続きます!

↓ 続き、講座の詳細についてです◎

santasantasan.hatenablog.com