「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【わたしを経由してジョーさんに来た仕事の話】のその後。自分が!!よりも、好きな人が認められていくことがわたしは嬉しい◎

f:id:santasantasan:20180214212855j:plain

HAPPYバレンタイン❤
我が家から徒歩2分ほどにあるパティスリー甘青堂(かんせいどう)さんでチョコレートケーキ買ってきました◎
もともと和菓子屋さんだったのを、先代の息子さんが本場ヨーロッパで修行しパティシエとして、今は洋菓子を提供されているという素敵なお店です♪

 

そんなHAPPYバレンタインの今日は、自宅で一人お留守番でして、

ジョーさんは東京で、新しく関わらせていただく仕事の最終打合せでした。

この記事で書いた、わたしの元職場の代表からいただいた案件です。

↓ 

santasantasan.hatenablog.com

 

この記事を書いたときと、初回の打合せ時は、

わたしの元職場の代表との商談ということもあり、

いろいろ打合せの内容やらジョーさんの準備のことやらが

やはり気になって気になって仕方なかったのですが^^;

 

いざ仕事内容(金額等)が決まる!という今回は

わたしのほうが個人的にそれどころじゃないいろいろが出て、

結果、なんのフォローもしないまま(私的にそれどころじゃないという余裕の無さで^^;)、

勝手にしっかりと、ジョーさんが仕事を決めてきてくれました。

 

そしてご縁って本当に不思議だなあと思うのですが、

 

今回、この仕事のお話をいただいたのが年明けすぐ、

ちょうどコミュニティのメンバーさんが

「Just womenコミュニティで新年会をやりましょうよ!」と幹事を申し出てくれて、

東京駅のそばの素敵なお店を会場にセッティングしてくれた直後だったんです。

 

それでそのお店をネットで見たときに、

 

「あれ?

この場所もしかしたら、元職場の同僚さん同士が結婚式を挙げた場所かも…?

ご縁だなあ。」

 

と気が付き。
わたしはその頃、職場を離れつつあったので、直接参列はしていないんですけどね!

 

ちょうどその翌日か翌々日くらいに、

その元職場の上司から今回のジョーさんへの仕事の話の打診があり。

 

そして新年会で、

 

「あ、やっぱり(元同僚の二人が式を挙げたと言ってたところが)ここだー!

すごい偶然!」

 

なんて驚いて、そこの接客もとても気持ち良くて、

最後ご挨拶で名刺くださったマネージャーさんにも、

「わたしの知人がここで式を挙げたって聞いてますー!」とか話したりして、

もちろん新年会も、素敵な会になり^^

※この時の、この会場です! 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

それで、

今日、ジョーさんの仕事がおかげさまで確定しまして、

今後、現場でジョーさんとやり取りをする担当者になったのが、

その新年会会場で挙式したKさん本人になったそう!

 

まとめると、

 

・幹事さんが偶然選んでくれた新年会の会場が元同僚の挙式会場かもと気づき、

・そのことがきっかけで元同僚&職場を思い出し、

・そしたら翌々日くらいにその元職場からジョーさんに仕事の依頼の相談が来て、

・新年会で実際に訪れて元同僚の挙式会場と確信し、

・ジョーさんがわたしの元職場からの仕事をお引き受けすることになり、その担当者になったのが、
新年会会場で挙式をした元同僚本人!

 

 

…って、それだけなんですけど、

なんかマジカルバナナみたいだなと。。。!
知ってますかね?昔流行った連想ゲームの。。。

 

そしてわたしからすると、

元職場でお世話になった方たちと旦那のジョーさんとが

自分を直接介さず関係性を紡いでいく不思議。。。

 

ジョーさんが夕方、商談から帰ってきて、

「Kさんと一緒にタバコ吸いながら◯◯って話しててさ。」

とか話してると、

「へーーー、ジョーさんとKさんが。。。。」とか、

なんか不思議〜。。。

 

だって、わたしがそこで働いていたときには、

まったく接点のない二人だったんですもんねえ。

 

代表とジョーさんがあーだこーだ、グループ企業全体のことについて

話を深めるとかも。。。。

 

…なんかまったく想像できません!!!

 

それくらい、不思議な展開。

 

でも、それはさみしいとか、わたしも混ざりたいとかって感情はまったく無く、

男の仕事に不要な口出ししない!これ鉄則!!

むしろ嬉しいというか、おもしろいなあというか^^

 

ジョーさんにはより良い仕事をしてグループ全体の繁栄の役に立ってほしいなと思うし、

 

ジョーさんにとっても、経験することが全て財産になると思うから、

せっかくいただいた機会を活用して、

思う存分才能を発揮して、

チャレンジして、プレッシャーも糧にして、←これ、わたしはできない。

また良い実績・実例を作ってほしいと思う。

 

そしたらまた絶対、

ここでの1(イチ)が、

次の2や3や10につながっていくと思うから。

 

なんかね、本当にただの予感でしか無いんですが、

わたし去年はけっこうお金を稼いだのですが、

ジョーさんきっと、そう遠くない時期に

その当時のわたしをサラリと越えていくだろうなと。

 

そうならなくっても全然良いし、

ただなんとなくですけど、

あ。そうなるの、そんな遠くないな。と。

 

ふとそう感じています。

 

そして Mさんのときもそうだったけど、

そうやって、自分を起点としてジョーさんの仕事が始まって、

でもそのきっかけは自分だったとしても、

それはすぐに自分の目の届かないところにまで進んでいって、

 

自分の知らないところでジョーさんがまた、

”わたし”をくっつけていない、”ただのジョーさん”として、ゼロから、

信頼と、人間関係を構築していくこと。

 

そして、仕事の結果を出して、お客さんに喜んでもらうこと。

ますます、わたしの影は薄くなって(笑)

”ジョーさん自身が”信頼されていくこと。

 

これがわたしはとても嬉しいし、面白いし、楽しい◎

 

それはたとえば、自分が仕事に対してへんてこなプライドをもっていた時、

なぜか意味不明にジョーさん(旦那さん)に対して競争意識を持っていた時、

(仕事が上手く行って欲しいと思いながら、どこかで「負けたくない」「わたしだってすごいんだから」というまったくもって意味不明な対抗心を持っていたときがあった^^;負けたくないって、何にだよ??って話なんですが!汗)

 

そこで自分の仕事の成果を出せた!(わたしだってちゃんとやれてる!)みたいな

よくわからない優越感に浸るのよりずっとずっと嬉しいし、

 

今も、わたしの人間関係から仕事が入ることを、どこかで、

「わたしがやってやったんだ!わたしのおかげだ!!」

とかっていう喜び方にしてしまったら、

わたしの知らないところでジョーさんとわたしの知人が人間関係を創っていくことを

どこかで嫉妬してしまうと思う。

 

そうじゃなくて、ただ、

わたしが大好きなジョーさんの、たくさんの素敵なところを、

わたしの好きな人や、お世話になった誰かに知ってもらうことができて、

必要とされることができて、

認められることができること。

 

わたしは純粋に、旦那のジョーさんという人の一ファンみたいなところもあるから、

「ジョーさんってすごいね!素敵だね!!」って思ってくれる人が増えれば

「でしょー!?」って、純粋に嬉しい。笑

 

ジョーさんという人の存在とか、素晴らしさを

一人でも多くの人に知ってもらえたら、ただそれで嬉しい^^

 

今は、共働きの人も増えて、うちもまあそうですが、 どっちも自営だけれども。

そういう背景もあることで、

つい同じ土俵に立とうとしちゃったり、

なんか競っちゃったりして、

 

自分がすごいとか、自分が繋いだとか、自分も仕事がんばってるとか…

 

自分が!自分が!自分が!!!

 

…ってなっていた頃がわたしはあったけれど、

でもその頃よりは、今のほうが、

ずっと気がラクで、楽しくて、しあわせだ〜〜〜笑

と、経験者は思う。笑

 

わたしなんかでは絶対できない仕事を、ぜひがんばってほしいなあと思います^^

そしてそう思うとともに、

じゃあわたしは何をどうしたいかな〜〜〜?とまた、ふと思ったり。

 

ちょうど、前回のノートグループセッションから一週間以上経ちましたしね◎

わたしもわたしなりの役割を考えるようになり、コミュニティも、

ちょっと雰囲気が変化してきたかなとも思いますし^^

 

ジョーさんはジョーさんの土俵で輝いている◎

 

そしたらわたしは、どうありたいかな…◎と、

またそんなことも、ふと思ったりしているところであります◎

 

長くなったのでまた書きたいと思いますが^^

今日はいったん、そんなところで♪

 

☆関連記事☆こちらのお仕事依頼がカタチになりました☆

santasantasan.hatenablog.com