「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【そのときが来たら、そのときに、 めいっぱい、悩んだり落ち込んだりしたらいい】

f:id:santasantasan:20180209091158j:plain

(綺麗に咲いている椿を発見◎

今、椿の開花時期ということで期間限定で伊東港から伊豆大島へのフェリーが出てるので、近いうちに行ってみたいね!とジョーさんと話しています^_^)

 

* * * *

 

最近、家のネットの調子が悪く、PCが使えてません。

そのためブログも久しぶりに更新止まってしまいましたが、

先週末は東京でがっつりお仕事しましたし、

今週はのんびりしなさいよということかな〜と、

勝手に良く捉えてのんびりめに過ごしています。笑

 

そうしている中でふと、思ったことなのですが、

 

【そのときが来たら、そのときに、

めいっぱい、悩んだり落ち込んだりしたらいい】

 

 

まだ起きてもいないことを、いつか起きるかもとか、

そろそろ起きるとかって思って、

妄想して悩んだり不安になったりしてるより、

 

それが起きるのがたとえ明日でも、一時間後でも、

 

まだあと一日、

まだあと一時間残っているんなら、

 

わたしはその、あと一日や、あと一時間を

喜んで受け取って、

つまり自分の好きに使いたいなと思います。

 

だって、健康な、動かせる身体、あるし。

今日もお日さま、めっちゃあったかく照らしてくれてるし。

外は寒いけど、寒さをしのげる家あるし。

 

今、もし健康じゃないっていう人も、

でもこれを読んでるってことは、今、生きてるでしょ。

 

もしかしたら、【明日】は無いかもしれないけど、でも、

【今(今日)】は、あるじゃん。

 

じゃ、今(今日)を、

好きに使えばいいと思うのです。

 

というか、すでに、わたしも含めてみんな

好きに使っていての【今】なんですよね。

 

【今】があるのに、

まだ起きてもいないこととか、不安になったり先の心配したり、そうしてため息ついたり愚痴を言ったり、落ち込んだり、

そうやって何も今日も変わらないことをするって選択しているのが、

【その人の選んでいる好き】ってことなんですよね。

 

だって、某独裁国家みたいに、

管理されて自由を奪われてるわけでもないし。

 

某貧困地帯みたいに、今日一日生きるためのお金、

今日一日生きるために食べるもの、

そういう生きること自体に限界を抱えているわけでもないのに。

 

某紛争地帯みたいに、

いつも命の危険に晒されて、緊張状態にあるわけでもないのに。

 

こんなに自由^^

だから、何をも自由に選べる◎

 

その自由の中で好きに選んだことが、

未来を心配して悩むこと、グチること、

誰かと比較して落ち込むこと、の人もいるかもしれない。

 

でもやっぱりわたしは、

その自由を、できれば気持ち良く享受したいなと思うんです。

 

その選択として、わたしはとりあえず、今朝は、

ゴミを捨てて、洗濯機を回しましたが!笑

 

 

でも、そんなありきたりのことだけど、元気だからしあわせ〜!って思うんです。

 

そんで、つらいこと、望んでいないこと、悲しいことが、

もし実際に起きたらそのときは、

心底悲しんで、落ち込んで、また自由にそれを味わったらいいと思う。

実際に起きた時にね!

 

先日グループセッションで、久しぶりにリアルに(=直に)お客さんと対面して、

いろいろな発見があったけど、

※ジョーさんもわたしも基本その生き方で数年生きてきて、

ほんとに困ったこととかほんとに悩むことって起きないまま、

むしろどんどん良くなるしかないまま今日まで来てしまってるので、

その悩みのカラクリとか、どうしたら良いってことはもちろんわかるけれど、

悩んでた頃の状態とか気持ちとかって、ほぼ忘れつつあるのです。

 

もしかしたら現代人の多くは、こんなにも豊かで自由なのに、

 

日常は、まだ起きてないこと(の心配や恐怖)に心や在り方を縛られて、

すっごく重い鎖をいっぱいくっつけていて、

 

そしてその割に、いざ、そういった悲しいこと、落ち込むことが起きた時に、

ちゃんと心底悲しんだり、落ち込んだりすることを自分に許していない、

感じすぎてしまうとつらいから、っていって、

なるべく感じないように感じないようにして生きているのかなと。

 

それって、つまり何をも本質を生きていないってことだと思う。

映画のマトリックス並みに、実体のないバーチャル世界を生きているようなものじゃないですか??

 

でもそれは、誰かが強いていることではなくて、自分が選んでいることなんだって、まずは自覚すること。

 

ジョーさんと話していると、結局は、

贅沢病で、暇なんだろうね、っていう結論に至ってしまう。

厳しいかもしれないけど、わたしはそう思うんです。

 

でも誰しも、

そういう人生を生きるために生まれてきて、生かされているわけじゃないとも思うのですよね。

もっと素晴らしい存在だと思う。

 

何を書きたいのかわからなくなってきてしまったけど^^;

 

書いてるうちにジョーさんが起きてきて、2階に行って、ネット直してくれて、

そしたら最近、コミュニティのメンバーさんが話に出してくれた

バッハの「主よ人の望みよ喜びよ」のyoutubeが勝手に流れ出して、

それ大音響で流しながらPC抱えてジョーさん二階から降りてきました。笑

 

朝からなんか荘厳な感じになりました。笑

 

www.youtube.com

 

この曲は姉の結婚式のときも、わたしの結婚式のときも、

聖路加国際教会でバージンロードを父と歩いた時に、

パイプオルガンで生演奏してもらった思い出深い曲^^

(わたしは披露宴は東京ステーションホテルだったけど、挙式は姉もわたしも聖路加で挙げています◎姉のとき、旦那のジョーさんと出逢った◎)

 

コミュニティのメンバーさんのある近況報告の投稿で

「バッハが好きで」というお話しを伺って、

無知過ぎるわたしはどういうのがバッハの曲がわかっておらず。

 

「おお、コレか!!(コレなら知ってるぞーー)」となり、

歌詞を調べてみたら(yahoo知恵袋で…笑)

とてもグッと来てウルッとしてしまった。

こんな感じらしい。

「イエスさまは私の生命の泉です。主は私に幸せと喜びを与えてくれます。私はいつもあなたのもとにいます・・」 

 

わたしは宗教への信仰とかなく、

でも 、

自分が生かされてて、いのちとか時間とか、たくさんのものが与えられてて、

有り難いな、喜びだな、与えられているなって、

何かわからないけれど感謝の気持ちが溢れる存在はきっとあるな、って思うのです。

 

バッハの生きた時代なんて知らないけれど、

でも今よりはずっともっと、不自由だった時代だと思うんですよね。

 それでも人は、こんなに貴い心で生きることもできるし、

今みたいにどんどん、自由で豊かな世界になっていっても、

文句やグチや、人との比較や誰かの目を気にしたり、

そんな生き方をすることもできるし、

人間って不思議な存在。

 

わたしは、せめて、自分で悩みを創り出したくはないし、

貧しい心で生きたくはないと思う。

バッハまでとはいかなくても、できれば、

有り難いな、嬉しいな、って思って、生きていきたいと思う。

もちろん、くだらないことで悩む時、苦しい時、も、

それが起きたときならば、自分に許すことをしつつ^^

 

今日は荘厳な気持ちのまま、これを流しながら洗濯するとします。笑