「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【グループセッション募集予告&今日の気付き】お金も人の支えも、最初からずっと”有る”んだな。

今日はまず最初にお知らせです〜!

先日お伝えしていたとおり、コミュニティのメンバーさんを再び募集開始したく、

明日か今週末には詳細の記事を書きたいなと思っています◎

 

これに際し、継続コースやスクールの卒業生以外の、まったくの初めましての方は、

コミュニティの参加要件として

数名の方にご参加いただけるグループセッション(対面)を受講いただいた方のみ、

とさせていただこうかと思っています。

 

グループセッション参加費は35,000円、コミュニティの参加費はこれまで通り、

1万円/毎月 となります。

 

逆に、グループセッションに参加された方でも、

その後、継続してコミュニティに参加されるかどうか?は

ご本人の自由に決めていただいて良いようにしようと思っています。

 

なのでまず、ご興味ある方は、グループセッションへ。

その後、継続していきたいな、という方は、別途、コミュニティにご参加ください、

という感じです◎

 

グループセッションの日時は

2/3(土)もしくは2/4(日)の14時〜、東京駅近辺で、と思っています。

 

いったん募集はこの二日間(もしくはいずれか)のみになります。

今後の募集&開催は未定です。

 

というのも、わたしも、対面のお仕事を再開するのは半年以上ぶりというのと、

今後の予定が若干つかめないところがあるので…^^;

 

まずはトライアルで、この二日間の募集をしようかと思っています◎

 

もし参加者が少ない場合、誰もいなかったり…という可能性も、大いにありそうです…^^;

どちらの日程もわたしとマンツーマンとなる可能性もありますこと、

あらかじめご了承くださいませ!

 

募集期間が短くて恐縮なのですが、

もしご興味ある方がいれば、日程空けておいていただければと思います◎

詳細&募集開始はまた、明日か週末に記事を書きますね。

 

まずは告知でした^^

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

さて、今日の記事ですが、

今日はなんだか、いろんな手続きをがんぱった日!!となりました。

なんか、よくわからないですが今日はそういう日だったのかなと^^;

 

まずは1件目、

実はつい先週、実家のほうにゆうちょ銀行から、

「満期を過ぎた定額貯金があります、引落しを忘れないでください」

みたいなお手紙が届いたんですね。

 

でもわたし、全然心当たりがなくてですね。汗

 

というのも、たびたびこのブログでも書いてきたとおり、

わたしの家では母が、結婚式資金として、

お年玉など含め、また、家計をやりくりして

コツコツと定期預金に貯めてくれていまして、

 

一人暮らしをするときに、その定期預金の通帳を全て渡されて

(細かくちょこちょこと溜めてくれていたので、通帳が何冊かあった。)

「あなたももう良い大人だから、これはもう渡すから、あなたの判断で使いなさい」

と言われたんです。

 

当然母は、娘だし、結婚式資金に…と思ったことでしょう。

 

しかし当時のわたしは、家族を恨む(責めたい)気持ちをエネルギーに変えて仕事に打ち込み、

結果、恋愛も仕事も上手くいかないわ、

社会貢献性の強い会社で、かなり低いお給与の中で

働きすぎて身体ボロボロになるわで、

時間的にも精神的にも体力的にもエネルギー的にもお金的にも、

全てにおいて余裕がいつも無く、

心もすさみまくっていたもので、

 

そしてなんなら、仕事ではいつも、

男と戦う気満々!!(「かかってこいやー!!」みたいな。なんでやねん。)だったので、

 

「このままのわたしでは、

花嫁資金があったところでそもそも、

わたしはお嫁に行けないのではないか」

 

と、自分を明らかに直視し、

 

コツコツ貯めてもらった結婚資金のほとんどを、

心の勉強をするのに使ってしまったんですね。

 

結果的に、そのことで、(これもいつもブログに書いていることですが!)

自分の心が変わって、両親や姉とわだかまりが取れて、

姉に友人のジョーさんを紹介してもらえて、おつきあいがはじまって、

自分が学んだ心のことを活かして仕事をはじめて、お金も貯まって、

無事に自分で、結婚式費用を出すことが出来たのですが^^;

 

しかしなのでもう、

貯めてもらってたお金は一切残っていないという認識だったのです。

 

ところが、古い定期預金の通帳を持って、今日、

「手紙来たんです〜〜」と窓口に相談に行ったら、

 

あった。

 

お金、ちょこっとですが、残ってたんですよ〜〜〜

合計12万円ちょっと。

 

まさに棚からぼたもち!まったく予想していなかったので、

おお〜〜!という感じです。。。

 

そして、これ、心の勉強してたときだったら、

残ってると知ってたら、全額使い切ってただろうなと思い、ゾクリ。。。

当時のわたしは、もう、そこにはお金全然頓着していなかったので…^^;

 

気付いていなくて、そして今、気付いて、良かったなあと。

 

昨日の記事ではダイエット(体型)のことを書きましたが

 ↓

santasantasan.hatenablog.com

 

これは、お金もまったく同じだなあと思っていて。

 

これも今回の年末年始あたりの自分の大きな変化と感じてることなのですが、

お金があるか?無いか?(不安か?)とかを、

この頃から本当に何も考えなくなりました。

 

去年までは、ある意味、仕事もバリバリしていたからこそ、

お金が常に大きく”動いて”いたので、

そういう意味で心配をしなかったというのはあまり変わらないんです。

 

会社員を当たり前に続けていくと感じているときにはきっと、

あまり、お金の心配をしないですよね。

それは、お給与が入ってくると”わかって(当たり前にそうだと認識して)”いるからだと思うのです。

 

わたしもそんな感じで、

自分がガンガン仕事に気持ちが向かっているときは、

お金も当然入ってくるものとみなしているから、

不安に思うことはあまり無かったんですよね。

 

でも、去年こちらに越してきてから、徐々に、

仕事への”今までのような”モチベーションが無くなっていき、

そのときはやっぱり、

すっごく不安になったときもありました。

 

「入ってこないかもしれなくなる不安」

「今あるお金が、無くなるかもしれない不安」

 

だけどこれも、

お金入ってきたら(仕事に気持ちが向いたら)嬉しい、

お金減っていったら(仕事に気持ちが向かなかったら)不安、

 

このブランコゲームをやっているだけだな、と気付き、

気づけばお金のことを考えることが無くなりました。

 

なんか、本当に底をついたらそのときに、悩んだり考えたりし始めればばいいか、と。

 

なんか、わたしが心配していようが不安に思っていようが、必要なときは、

全然想像もつかないところから入ってくることだってあるしな、って。

今までの、リフォームの両親からの提案とか、団地の補助金とかのように。

 

そう思って、特に節約もせず、

変わらず、買いたいものがあれば買うし、行きたいところがあれば行く、としていました。

それは

「わたしにガマンなんかさせない!!欲しいものはなんでも手に入れるの!!使えば入ってくるワ!!」

なんていう、なんというか情熱的な感じのそれじゃなくって^^;、

普通に淡々と、日常を送る中で使うお金は使う。という感じで。

 

「お金」っていう概念が、わたしの意識からほとんど抜け落ちていって。

 

そんなときに、こうしてまったく予期していなかったところでお金さんが来てくれて、

「なんだかやっぱりどこかしらにお金ってあるんだなあ。」と

しみじみ思ったのです。

 

きっと、お金、どこからか巡ってくるとゆうか、

常に「有る」んだと思うんです。

上手く言えないのですが。

 

今、特に必要としてることもこれ欲しい!もないので、

このまま有難く通帳に置いておこうと思います。

 

そして思ったんですが、

すごく有り難いなあと。

 

だって、こちらが勝手に預けておいて、

勝手に忘れてて、

勝手に忘れてるのにちゃんと

「忘れてませんか?」って、お手紙くれるんですよ??

 

なんて親切なんだろうかと。

 

そして今日、手続き関係というのではもいうっこ、

コミュニティの参加費の手続き引落しで利用させれいただいている

ペイパルさんと、

ちょっとメンバーさんのお一人の会費が引落しできなかった件で、

かなり電話でずっとやり取りしてたんですけど。

 

ペイパルさんって、カスタマーサービスの担当の方たちが(たぶん)全員、

外国の方なんです。

 

名前的にたぶん、アジアの人??

 

なのに皆さん、

めーーーっちゃ日本語上手なんですよ。

 

ペラペラ、って意味じゃなくって、

いつも何聞いても、ちゃんとこちらの意図が伝わるのです!!

 

コミュニケーション能力が高い、っていうやつです!たぶん!

そして敬語もかなり訓練されていて、「とんでもないことでございます」とかサラッと言っちゃう。わたし「とんでもありません」が日本語として正しくないことなんて、

ほんの数年前に知りましたよ。。。

 

何度かお電話で相談させてもらってるんですけど、

今までの対応の方で、

イラッとしたり、通じない!ってなったり、

不快な感じの対応の人とか、

一人もいなかったんですよね。

 

皆さんすっごく、丁寧で感じ良いのです。

 

すごいなー!!と。

 

今回、かなり何度もお電話してわかったのですが

かなり何度もお電話したのは、引落しできなかったメンバーさんが悪いのでも、

ペイパルのスタッフさんが悪いのでもなく、

わたしの要領と飲み込み力が悪いだけです…

 

わたしが使わせてもらっているサービスで、ちょっと、

苦情が相次いでいるシステム変更があって、

でもそのサービス自体、

世界のペイパル利用者の中でも日本の利用者しかほとんどない、

ってサービスなんですって。

 

なので苦情の多い、そのシステム変更自体は、わたしも、

ちょっとそれは困るな…(何かあったとき、メンバーさんに手間かけちゃうから)というものだったのだけど、

でもサービス自体はとっても良いから

「できましたら(日本の顧客しかいなくて、利用者数が少なくても)サービス自体はこのまま続けていってほしいです。助かってます!」

ってラブコール(?)しておきました!!

 

 

ゆうちょ銀行も、ペイパルさんも、

本当に、日本におけるサービス業界って、

ものすごい質が高いんだなーーー!!と

 

今日は感動した一日でありましたし、

 

本当に、わたしみたいなボーっとしたのでも

こういう仕事ができているのは、

こういうサービス会社さんのものすごい厳重なシステムや、

細かいケアがあってこそなんですよね。

 

つまり、助けてくれる人、支えてくれる人(組織)って

本当にたくさんいるんじゃないかなーーーって。

 

だからこそ、できないことがたくさんあるとか、ちょっと何か欠落してるとか、

至らないところがたくさんある、

そういう”ただの自分”に戻って生きていっても

絶対大丈夫!誰か助けてくれること。

 

たぶん、お金と一緒で、そんな「助け」「支え」も

最初からずっと、常に「有る」んです。

 

改めてそんなことも思いました〜!

 

最後に、今日感動したもう一つ、

近所の神社の巨木のものすごい根っこの写真を。

f:id:santasantasan:20180124192100j:plain

 

この立派な巨木先輩の

ものすごい生命力のパワーが届きますように^^

 

では、今日はそんな感じで♪