「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【Just women新年会レポ①】ただ対等に、出逢いを喜び、経験を交わし合う、そんな関係の温かさと、心地よさ。

昨日、東京での「ただのオンナ新年会(笑)」から帰宅し、

今日の伊豆は先日と打って変わって冷たい寒さと、朝からシトシトと雨が降っております!

 

太陽も隠れていることなので、

今日はゆっくりしよう〜〜〜と、お昼近くまでベットでゴロゴロダラダラのんびりし。^^;

 

でも、起きてみれば雨の音が気持ち良くて、

寒さも、

嫌な寒さでは無いのです。

 

なんというか潔い、

凛とした底冷えのような感覚がします◎

 

そういえば、伊豆で暮らし始めてから変化したことのひとつに、

雨があまり嫌じゃなくなった、というのがあります◎

 

たぶん、山があって海があって、空気が良いからなのでしょうか??

雨に嫌な感じがしない、というか。

 

そうはいっても、夏場はやはりジトジトした鬱陶しさを感じざるを得ないこともありますが^^;、

特に冬の雨は、

また晴れの日と違った、清々しいような気持ち良さを与えてくれるな、と思います◎

畑の野菜も、きっと喜んでるんだろうな〜〜と思いますしね^^

 

本題に入るのが長くなりましたが、

そうそう、今日は昨日のただのオンナ新年会のレポを書きたいなと^^

 

昨日も少し書きましたが、

santasantasan.hatenablog.com

 

現在15名のコミュニティメンバーさんのうち、

関東圏の方たちはもちろん、新潟や兵庫、大阪から、そしてわたしは伊豆から。笑

8名の「ただのオンナたち」がお昼間の東京に集まりました◎

 

メンバーさんは、ふだん、

完全非公開のFacebookグループで集っている間柄なので、

過去のスクールやお茶会で一緒だったね!久しぶり〜!という方もいたものの、

わたし以外の人は全員、完全に、(リアルでは)はじめましてです!という方も数名いました〜〜

 

しかし、これが本当にすごいことだなあと思ったのですが、

なんとゆうかすごく、

”はじめましての人たちが集まった”って感じが無く。

 

最初こそ、皆さんちょっと緊張してたように感じたものの

でもあのときの最初の緊張感みたいのって、
お互いに対してじゃなくて、素敵過ぎるお店の雰囲気に対してだったような気が??笑

 

ものすごく和やかというか、温かくというか、アットホームにというか、

そんな優しい空気感が

終始流れていたような、

ほんとに心温まる時間でした。

 

f:id:santasantasan:20180122145338j:plain
今回、新年会で使わせていただいたお店。幹事のMさんが見つけてくださったのですが、素敵過ぎました!感謝!!

 

f:id:santasantasan:20180122145357j:plain
開始時間を間違えてるかも疑惑で、一人オープンの30分も前に、一番乗りで着いてしまった私。。。
お優しい店員さんに中で待たせていただき、パシャリ。
わたしたちは、この白い扉の奥のお部屋でお食事いただきました^^


 

お店ではランチのコースをいただいたのですが、

11時半から始まって、

デザート食べ終わったのがなんと15時過ぎ!!

ほぼ、4時間もお店にいたことに!!

 

わたし、終わりしなに腕時計見て、目が一瞬点になり、

「あれ?わたしの時計おかしいよね??ほんとは何時??」

って隣のAさんに確認しましたから!笑

 

しかしそれだけの時間になったのもそのはず(?)で、

一人ひとり、食べ始めから自己紹介をしてもらっていたんだけど、

こういう初めましての会ってついつい、

変に他の人のことを気にしてしまったりして、

サササと簡単に自己紹介しがちじゃないですか??

 

でも、自己紹介スタートの幹事のMさんが、

もうとってもMさんらしく、

ゆったりながらも気さくに、とても楽しそうに

いろんなご自身の近況を話してくれて、

 

それでたぶん他の方たちもなんかより気持ちがほぐれ、和んだというか、

それでみんな、

一人15分くらい自己紹介していきました。笑

 

わたしも間にチャチャ入れちゃったりしたので^^;、

一人の持ち時間、もっと長かったかも!

 

 

そんなこんなで、かなりゆっくーーーり食事が進み。

 

ランチのコースがかなりボリュームあり、数品あったとはいえ、

よくお店の人も許してくれていたなあと…^^;

本当に感謝です…!笑

 

今回の企画は、昨年のクリスマスに、

今回幹事を引き受けてくださったMさんと

ステーションホテルでのホームカミングパーティの翌日にお茶できたことがきっかけで実現できて。

 

※ホームカミングパーティレポの記事◎思えばこの時をきっかけに、すごくいろんな視点が変化したんだったのです^^

santasantasan.hatenablog.com

 

 

今まで、もう半年以上、コミュニティをやってきて、でも、

リアルでみんなで会おう!みたいなことはやってみたことが無かったのです。

 

それはひとえにわたしがそういうの苦手で、
幹事とか、企画とか…もうほんとに出来ない。プライベートでも、いつも人の企画に乗っかる側です…

そしてメンバーさんも、北は北海道から南は広島までと、

あちこちに点在していて、むしろ都内周辺の人のほうが少ないから、

なかなか呼びかけても人は集まりにくいかな…という気持ちもあり。

 

でも、何かやれたらいいなあとは思っていて、

そんなときにMさんが、

やりたいですね〜!って幹事引き受けてくださり!

 

そして遠方のメンバーさんも、時間やお金を使って東京に集まってくれたり、

 

今回参加できなかった方たちも、ちゃんと行けないことを丁寧に返信とかしてくれたり、「楽しんできてください!」ってコメント入れてくれたり、

 

数日前に急遽、のっぴきならない理由でキャンセルとなってしまって落ち込んでた方に対しても、

他のメンバーさんが励ましやフォローの言葉を入れてくれたり。

 

なんか、なんでこんなあったかいんだろうか。皆さん。。。

 

って、

この数日間、それをすごく感じて、

そして昨日、リアルでみなさんが集まっても、

やっぱり、

流れるあたたかな空気感は、ネットを通して感じたそれと

まったく同じだったのです◎

 

しかも皆さん、それぞれの自己紹介のときに、

メモとかしだしてて。

 

それが、「勉強!インプット!インプット!メモ大事!!聞き逃すまい!!」みたいな、

いわゆる巷であるようなガツガツした意味でのそれじゃなくって、

 

まして、

誰かの存在が特別輝いて見えて、

だからその人の言っていることが特別すごく感じた、だからメモ取らなきゃ、

とかでもなくって、

 

住んでるところも年代も、状況も、

みんな一人ひとり違っても、

聞いてる自分次第で、全員から、

心に響くものは持てて、受け取れるものがある、って、当たり前に皆さん感じていて、

 

だからそのメンバーさんたちとの出逢いや言葉や体験を

ただ自分の中に留めておきたいな、っていう

なんてゆうかとにかく、とってもピュアで純粋な おんなじか^^;

自然な感じのそれ、だったんですよね。

 

なんかもう、わたしとしては、

みんな、なんて素敵な女子たちなんだよこのやろう!!(涙)みたいな気持ちになってしまい。笑

 

一人、胸をジーーンと熱くしておりました。笑

 

と同時に、これもいつも割りと思ってることですが、

こんなに気持ちの良い方たちが集まってくれているというのは、どう考えても、

主宰者(=わたし)の人徳とか実力では無いな、っていうのも心に浮かび。笑

 

明らかに、わたしの中には、

こういうたぐいの温かさや優しさや、人への気持ちのよい心を開いた人懐っこさとかってないなと思って、
わたしはもっと人見知りで、ゆえに一匹狼で、
もっとたぶん、冷たいというのとは違うけど本質にばっかりにいつも目が行ってしまい、
なのでなんとゆうかほんともっと、つまんない感じのただのオンナです…卑下ではなく、事実として…

 

だからなぜこんな良い人達が今も残ってくれているのか?という

このナゾはますます、わたしの中では一人、深まり。^^;

 

でも、そんなものはナゾのままで良いんですよね。

 

感覚を言葉に表すとしたら、それは本当に、

【有り、難し】という感じなのですが、

 

ナゾのまま、その気持ちのまんま、

文字通り有難く受け取っておけばいいんですよね。

オマエ(わたし)がどう思うかは関係ない、と。

黙って、有難く受け取っておけ、と。

 

改めて、そういう結論になりました。笑

 

そしてそして、一番感動したことは、

わたしは、今回の参加者さんには、全員、

この一年以内くらいに一度、直接スクールやらセッションやらで会っているのですが、

しかし、

全員が、その時よりも明らかに、とっても綺麗になっていた、と感じたのです。

 

綺麗という言葉以外で表現するならば、

より魅力的になっていた、というか、

もしくは、

輝きを増したというか、

軽やかになっていた、というか。

 

でも、矛盾してるようですが、あるところでは、

地に足がついているという意味で、

深み、人としての奥行き、重み、みたいなものは

増した、というか。

 

なんだろう、肌が綺麗になってる??なんかつやつやしてる??とか、

色々なんでだろー??(なんでそう感じたんだろー??)って思ったけど、

たぶんそういう”部分”のことじゃなくってね??

 

なんか、ほんと、上手く表現できないんですけど、

たとえば最初に会ったときも、たとえば単純に容姿が「可愛いな」、っていう印象を受けていた子がいるとするじゃないですか。

 

その子が、より可愛くなった!!とかそういうことじゃなくって、

なんてゆうか、

洗練された、みたいな感じだったのです。

それはたぶん、もっと、内側から湧きいでたものが映し出す印象。

 

それで、帰りの電車で、

なんかこの感じ、どっかで同じことを感じたことがあったな…としばし考えてみたら、

それを思い出したんです。

 

それは、伊豆に引っ越した一ヶ月後くらいに、

たまたま真夏の東京で見た川べりで感じた感覚。だったのです。

 

なんか、ここまでで長くなってしまったので、

次の記事に続きます!

 

★続きの記事はこちら^^

santasantasan.hatenablog.com

 

★【予告】コミュニティJust women、近日メンバー募集再開予定です★ 

santasantasan.hatenablog.com