「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【心地よくまどろめる期間】生理があること、来ることを嬉しいと思えるしあわせ◎

相変わらず良いお天気にのんびりした日が続いていますが、

昨日から生理が来て、

今日は特にあたまがずっと思考停止状態で、一日中トロントロン。。。としておりました。。。!

 

こんな日は、温かいお風呂に浸かって

身体も一緒にトロントロンになってしまおう!!

 

ということで、今日はゆず湯に。

 

昨日、東海館に行った際、

駅のそばの商店街の福祉作業所さんのショップで

無農薬のゆずを手に入れたのです!

ナイスタイミング!!

 

f:id:santasantasan:20180111165541j:plain
無駄にハートをちらしてみました。笑

 

 

無農薬無化学肥料ということで、傷もあるし、デコボコではあるんですが、

お風呂に浮かべるにはもってこいな良いサイズ!

 

しかもなんと、4つで100円!安い…。

 

ありがたく、お風呂に浮かべて、

 

f:id:santasantasan:20180111214551j:plain

 

これでもかとばかりにお風呂の中でべたべたナデナデとゆずを触り、^^;

くんくん香りをかいではもう全身にゆずをまとった(つもりで)

おもいーーーっきり長湯しました◎

 

ああ気持ちよかった◎

 

上がったらジョーさんに「ゆずの匂いする!」て言われたくらい^^;

 

身体ぽかぽかと同時にますます頭がボーっとして、

全身血流ぐーるぐる、

もうたまらなく気持ち良いですね◎

 

特にここ数ヶ月、生理に対する心持ちが大きく変わり、

これまではおっくうだったり憂鬱だった生理期間が

楽しみというか、

ただただ気持ちのよい、心も身体もまどろむ幸福な期間へと

自分の中で変化を遂げています◎

 

それに伴い、生理時の痛みもほとんど支障を感じないまでになったのですが、

痛みや支障がなくなったからしあわせな時間への変容したのではなく、

しあわせな時間だと感じられるようになったら、

気づけば痛みも支障もほぼ無くなっていたな?という感覚です^^

 

そして痛みを感じることがあっても、”幸福な期間”という定義は変わらず、

それさえもまるっとしあわせの中に溶け込んで、問題ないことになっている気がします。

 

会社員時代は痛み止めを飲んで重い体を引きずって、

いつもの仕事のクオリティが体調によって下がることのないようにと、

より力んで仕事に当たっていましたが、

 

自分を大事にすることを一番にしはじめて、

そこで生理中も、

痛い、つらい、という身体の声に従って

横になって安静に過ごすことが増えました。

 

そんなときも経て今は、

つらいからというよりも、

このトロントロンとしたまどろみ感が気持ち良く、

せっかくのこの期間こそ、その感覚を心地よく思い切り味わいたいなという気持ちから

フカフカのベットに日中から(笑)、自ら飛び込み、

ぐでんぐでんとなることで、

一人、ささやかなしあわせを噛み締めています。笑

 

伊豆での暮らしも落ち着いてきて、

そろそろ子どもを授かりたいなという気持ちはずっとあるのですが、

妊娠すれば当然、その間は生理が無くなりますよね。

 

周りからは「(妊娠すれば、生理が1年近くも無くなるから)すごくラク!」という声もよく聞くのですが、

どうせならば妊娠する前に、できるならば、

生理を楽しめる、

生理があること、来ることを、しあわせだな、嬉しいな、と思える

そんな自分になりたいな。という気持ちが

なんとなくこれもずっと、ありました。

 

ひとつ、ささやかな願いが叶って、嬉しいです^^

 

そしてその、

生理が来ることを、しあわせだとか、嬉しいなとか思えるようになる、というのは、

たとえば、

 

PMSを無くす!とか 

生理痛を無くす!とか

生理周期を安定させる!とか

血液の状態を良くする!とか、

 

そういったことの延長線上にあることではないなあ、と

個人的には思います。

 

むしろ順番は逆で、

生理を楽しむ、歓迎できる自分になったときにはじめて、自ずから然りで、

 

PMSが無くなっていたり、

生理痛が軽くなっていたり、

生理周期が安定したり、

血液の状態が良くなったり、

 

するのではないかな?と、思います。

 

もちろんそういった体の状態にさえ無関心で、

気づきもしないよりは、

関心があるからこそ問題が見えるのは”良い”ことかもしれませんが、

 

それでもそういった”かたち”の”解決(改善)”にこだわり続け、そこに一喜一憂する限りは、

ほんとうに大事なことが見えなくなってしまって、

心ゆるんで、穏やかな気持ちで生理を迎え入れることはできなくなってしまうのではないかな?とも思っています◎

 

そして上記の問題が無くなることが、”しあわせ”や”正しさ”の指標になるとも思いませんし。

 

そういった(世間一般では問題とされる)何かがあったままで、

しあわせと感じても、気持ち良いと感じても、

生理を歓迎しても、よろこびと感じても、

それでもいいんだよ^^

自分の好きで、自由でいいんだよ^^ということ。

 

そんなことを、ちょっと今日は書きたくなりました^^

 

…お風呂上がってこのブログを書いて、けっこう時間経ちますが

未だ頭も身体もトロントロンのぽかぽかで、ゆず効果すごい。笑

ボーっとした状態で上手く書けたかわかりませんが、

今日はそんな感じでお許しくださいませ〜^^;

 

ではまた明日♪

おやすみなさい◎