「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

【旦那さん家族の存在。】今の当たり前のしあわせに至るまで、陰でずっと支え応援してくれた思い出に涙…。

昨日、ジョーさんご家族との新年会を終え、日帰りで伊豆に帰ってきました◎

santasantasan.hatenablog.com

 

さすがに東京方面への日帰りは足がパンパンになりますね〜!

今日の伊豆は朝から一日雨なので、

今日は一日こたつに入ってボーーーっとしてます^^

 

昨日の新年会のごはん^^

ジョーさんのお兄さんの奥さん(義理のお姉さん)が用意しててくれました!

 

f:id:santasantasan:20180108145043j:plain

 

 

乾杯のワイン…ではなく、アルコール弱いわたしには、

それっぽいジュースをちゃんと用意してくれてました。(感謝…)

f:id:santasantasan:20180108145103j:plain

 

 

このブログの長い読者さんであれば皆さんご存知のことかと思いますが、

わたしの旦那さんであるジョーさんは、そもそも、

わたしの姉の長年の友人で、

 

でも、ほんの数年前まではわたしが姉にものすごくコンプレックスを持っていたことが原因で、

姉とわたしの仲はかなり良くなくて^^;

 

それが原因で両親や弟とも気持ちの溝が深くて、

だからわたしは、自分の家族を否定しまくっていて、

そのエネルギーを仕事に向けて逃げてて、恋愛もいつも上手くいかなくて…

 

そんなだからとても、結婚するとか、家庭を持てるとかできそうになくて…

 

それが、3.11の震災を機に、仕事も恋愛もますます上手くいかなくなったことをきっかけにして あ、もちろん震災のせいではなく自分のせいですけどね^^;

心の勉強を始めて、

 

そこから姉への気持ちが大きく変わった瞬間があって、

コンプレックス=本当は姉みたいになりたかったんだ っていう気持ちを素直に認めて姉に素直に謝ることができて、

 

そのわたしの変化を、ひどく喜んでくれた姉から

その日のうちに紹介されたのが、今の旦那さんのジョーさん。

 

ほんとは、その一年前の姉の結婚式でジョーさんとは会っていたんだけど、

そのときはむしろ逆にお互い印象サイアクで^^;

 

でも、その一年後の再会(姉が紹介してくれたとき)からは、

ほんとに不思議なくらい自然にスムーズに距離が縮まって、

紹介があってからほんの2週間後の、わたしの27歳の誕生日当日に、

なんとわたしが山手線の中でスリにあったことをきっかけにお付き合いが始まって^^;、

 

その後もいろいろありつつ、なんとか(?)入籍できて、

最初の出逢いの場所=姉の結婚式を挙げた場所である聖路加国際病院の教会で、

無事に去年式を挙げられたわけなんですが。

 

詳しくはこちらの記事を!笑

↓ 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

こういう流れはやっぱりすごく珍しいことだと思うし、

だからわたしとジョーさんのキューピッド=わたしの姉 みたいになってもいると思うんですが、でもでも!

 

確かに出逢いのきっかけをくれたのは姉なんですが、

結婚に至れたのは、

青戸家のご家族の皆さんの存在おかげ、っていうのが

すごーーーーく大きいかな。って、

個人的には思っているのです。

 

ジョーさんのご家族は、お母さん、お兄さん、お兄さんの奥さん、

あと、そのお子さんたち(ジョーさんにとっての甥っ子くん)2人、っていう感じで、

お父さんは、以前の記事にも書いたことあったと思いますが、

8〜9年くらい前に病気で亡くなっているので、

わたしは直接お会いしたことは無いのですが…。

 

でもそのぶん、お兄さんを中心として、なんとゆうか、

すごく家族が一致団結してるって感じのファミリーで^^

 

でも、我が家は我が家で、小さい頃家族でいろいろあって、

わたしがそのことを長い間引きずって不器用に生きてきちゃったのと同じように、

今はそんななかよしのジョーさん家族も、

小さい頃はほんとにいろいろあったらしく、

 

ジョーさんはもうずーっと、

「自分は、結婚は無いわ」って当たり前に思っていたらしいんですよね。

 

今はほんとに、わたしの両親までものすごく大事にしてくれるジョーさんですが、

かつては何度わたしが掛け合ったところで、

「(結婚)する意味なんて何があるの?」

って当たり前かのごとく言われたものですよ…チーン。。。

 

ジョーさんのお兄さんもお母さんも、

ジョーさんのそのブレない意志はしっかり感じてたみたいで

そんなところでブレない意志の強さを発揮しなくてもって感じですが…

 

息子(弟)のことを、やっぱりすごく気にしてたみたい。

 

でも、度重なるわたしの結婚したいアタック(っていうと可愛い感じしますが、マジでガチンコでしたからね?笑)で徐々にジョーさんも気持ちが変わっていったのか(?)

なんとある日、

お兄さんとジョーさんが飲んでるとき、

わたしをその席に呼んでくれたんですよ。。。!!

ああ、今思い出しても感動。。。。涙 ←完全に自分の世界

 

今思えば、それが転換期だったなと。

 

ジョーさん、付き合ってる人紹介したのはこれが初めてだって、

お兄さんすごく喜んでくれて イヤ、フツー誰でもそういうことにすると思うけど、ジョーさんはマジだわ。。。

なんと翌月、ジョーさんのお母さんのお誕生日のお祝いで軽井沢に家族で旅行に行くことになってるからと、

「真穂さんもぜひ!!」

って声かけてくれて、そこでほんとに行っちゃう図々しいわたし。

なんとジョーさんのお母さんとは

軽井沢旅行で初対面しました^^;

 

それでそのときも、

どーーーしよ!!ってなってたんですけど、

ジョーさんのお兄さんの奥さんがいっぱいおしゃべりしてくれて盛り上げてくれて、

そして何よりジョーさんのお母さんがすごく優しくて、

 

なんかそこで、ジョーさんも、「お?」って感じだったんだと思う。

 

ジョーさん、家族に対してはめちゃくちゃツンデレだけど、

やっぱり自分がどうこう以上に、自分の家族を大事にしてくれる人、

家族的にも、OKな人、っていうのが、

ジョーさんの中ですごく大切なことだったんだなあと。

 

そしてご家族(特にお母さん)からわたしへの感想は

「フツーの人で良かった!^^」とのことで、

なんか、ヤマンバギャルみたいなすごい派手なの連れてきたらどうしようって思ってたらしい。ジョーさんよ。。。

 

とにかく、仕事は?とか、親は?とか、育ちは?とか、

一切、何かジャッジされるような目線を持たれたと感じることなく、

クリスマスだ新年だ、なんだかんだとイベントの度にわたしも当たり前のように家族行事に混ぜてもらえるようになって、

 

その後もジョーさん本人とは、

結婚まで何度も何度も別れギリギリのところまでになったこともあるんですが、

そのギリギリスレスレのところが、

ギリギリスレスレでもいつもなんとかなってたのはひとえに、

 

青戸のご家族の陰ながらの長年の、支えと応援と辛抱(汗)があったからだな…と、ほんとに思うんですよね。

 

なんか、昨日の帰り道、そんなかつてのことを思い出して、

なんかジーーンと、青戸家の皆さんへの感謝がこみ上げてきてウルッとしてしまいました。。。

 

いつもの、青戸ファミリーのあったかさの中で安心してたくさん笑えて楽しかったー!っていう気持ちももちろんですが、

今回は個人的に、

小学校高学年になるお兄ちゃん甥っ子くんも、態度には示さなくてもちゃんと慕ってくれているんだなあ…♡という”気持ち”を感じ、

次男くんとともに「可愛いなあ♡可愛いなあ♡」とほっこり思えたこともまた、ほんとに嬉しかったです…♡

 

やっぱり、もう、ちゃんと、”家族”なんだなあ…。(しみじみ。)

 

ちなみに甥っ子長男くんはよりジョーさんに似ていて、動画や音楽の編集とかすごく興味があって!そして言葉数は少ないけれどさりげなくいつもおばあちゃん(ジョーさんママ)やわたしを気にしてくれたり、実はとっても心が優しいというのも、ジョーさんそっくりです*^^*

次男くんは、まだ小さいので、もう、何をやってもただただ可愛いです♡笑

 

 

そして今、ふと思い出したんですが…

 

よくセッションをしていたときとかに、

 

「わたしも、彼氏と結婚したいのにできなくて、ずっと平行線状態で、

でもブログを読んでいたら真穂さんもまったく同じような状態だったのに、

どうして結婚できたんですか?(どうやって彼の気持ちを変えたんですか?)」

 

みたいなことを言われたりしたことがあったのですよね。

 

でもわたしも、その頃は無我夢中で、

実際、なんで?って聞かれたらなんでだかよくわかんないんだけど…←オイ〜

 

でもね、それでも少し、

最近こういうことかな?と感じたことがありました◎

 

長くなりましたので、また次の記事に続きますね^^