「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

”迷い、ブレるわたし”を克服するのではなく、”わたしを迷わし、ブレさすものを捨てる”という選択もありなのです。

f:id:santasantasan:20171113155353j:plain

 

ご近所さんからりんごをいただいて、

特性パワーフード作りにチャレンジ中!

 

これ、作ってみたら驚くほどにカンタンで、

しかし美容と健康にしこたま良いらしいので、

実際に自分で試してみてよかったら、

こちらかコミュニティにて紹介しますね!

 

さてさて、昨日ふと、こんな記事をアップしたのですが

↓ 

santasantasan.hatenablog.com

 

これを投稿したきっかけって、

コミュニティ内での恋愛談義(談義?)。

 

かつて失敗した(と感じた)恋愛での雑だったコミュニケーションを、

今度は繰り返さないようにと、

「まずは身近な人から丁寧なコミュニケーションを努力したい」

というような内容の投稿をくれたメンバーさんに、

 

「後悔して努力して、そうして繰り返さないようにとどんなに気をつけたところで

そんな心がけも理性も吹っ飛ぶのが恋愛ってもんだ!

なぜなら恋愛は感情でするものだからだ!

理性では抑えられないのだー!!」

 

みたいなことをアドバイスしたのがきっかけ。

※実際はもうちょっとまともに回答していますよ。^^;

 

じゃあどうしたらいいの?というのについてはコミュニティ内で書きましたが、

つまりやっぱり努力して自分を変えることはできないのである。

たとえどんなに後悔していようとね。

 

だったら、自分を生きていくほうが早い。という話。

 

そしてちょうど今朝、

また別のメンバーさん(※Eさんとします)が、

先日のまた別の記事にアップしたKさんのメールに感動したという旨の投稿をしてくれたんです。

↓この記事に対してです☆

santasantasan.hatenablog.com

 

Eさんの投稿(一部)。

 この記事を読んでとても心打たれました。

また、「あれ?私って自分を見れてたかな。」というような不思議な気持ちになりました。

自分を見るってなんだったかな、とも。

私はまだまだ外側の問題に意識を集中させていることが多いのだとも。


二つめは、友達の結婚式に参加した時のことです。

疲れが激しすぎて、なぜかなと思って、後から気づいたのですが、

私はとにかく理性がうるさいんです。

「話しかけてくれてる話し返さなきゃ」

「こういう時はちゃんと目をみなきゃ」

などなど。

「こういう振る舞いが世間のスタンダードだな」

というのが頭では分かっているので、

それに合わせようと理性が「普通は、こうだよ!」と無意識にいちいち言ってきて、

私の気持ちは追いやられることが多いのだと。

私は私で生きると決めたのに、

めちゃめちゃ外側の意見採用しているじゃん!って思いました。

しかもそれ無意識でした。

 

あれ、私は一体なにをやっているんだと不思議な気持ちになったのは、

我にかえる気持ちと、

よそ見ばかりをしている自分へのもどかしい気持ちなどで混乱したからだなと。

じゃあどうする?というところがまだ出てこないのですが、

自分のペースで行動もしていきたいです。 

 

 

それで、このEさんの投稿に対して

わたしはこんな返信をしたんです。

(あ、文最初の”Eさん”は”Kさん”の間違いですね^^;)

f:id:santasantasan:20171113160949p:plain

 

☆☆さんこんにちは^^
Eさん(Kさん、でした!(汗))のよろこびをまた☆☆さんが受け取ってくれて良かったです☆

> 世間や人に合わせてしまう、理性がうるさすぎる、

これ,なかなか抜けないですよね。

なのでそこを抜けていこう!

いつも他人の目を気にしないぶれない自分になろう!

というのが世間的に人気だしそこを目指す人が多いですが、

人の性なんてそうそう変われるもんでもなく、

なので逆に、人に振れると理性がうるさくなる自分そのまんまで何一つ変わらず、

都合よく、理性うるさくならない人にだけ囲まれて生きる人生を望むのも

ぜんぜんありだとわたしは思います◎

ここ、ぽっかり意識から抜けている人がすくなくないのじゃないかなと。

いやいやそんなの現実的に考えてムリでしょ?!じゃなくて、

今見える外側の世界や景色を前提に、

現実的に可能かどうかはわたしたちが決めることではなく、

自分がそれもありだと意図して願うかどうかがまず先だと思っていまして、

ちょうど前回の記事にも書きましたが、

そういう自分さえも自分が抱えて生きようとしたときに、

そういう自分がそのまんまで心地よく生きられる世界や環境が用意されていくのだと思っています^^

世の中の多くの人が、”変わる”ことばかりを考えてそれを推奨する流ればっかりな中で、

そんな抜け道も実はあるよ、っていうのはわたしが実際に経験してきたし、

言いたいことでもあるかな^^

そんなことも、ふと思いました♪

 

何気ないことなのですが、

これってすごく、

現代人の意識からすっぽりと抜け落ちている、

いわば盲点なのではないかと思うのです。

 

 

つまり言いたかったのは、

 

強い、ブレない、周りのことを気にしない自分になろうとするのではなく、

自分をブレさす、自分が気にしてしまう周りや人や環境を自ら放棄してしまうのもありなんだよ。

 

ということ。

 

つい外側にいる人に気を遣ってしまう自分ならば、

気を遣わない自分になろうとするのではなく、

人とそもそもつきあわなければいい。

 

 

SNSやブログ見て、誰かと比較して自分のしあわせ感がブレるなら、

SNSやブログ見ても人と比較しないでしあわせ感じられる自分になろうとするのではなく、

SNSやブログをそもそも見ないことにしてしまえばいい。

 

 

みんなが当たり前にできている(と感じられる)

会社勤めや通勤がつらいと感じるなら、

精神薬飲んだり治療をしたりするのではなく、

そもそも勤め人であることや通勤を諦めよう。

 

 

自分を生きることに必要な努力(?勇気?選択?)って、

つまりそっち。です!

 

で、そういうことを言うと、

コメントでも書いたように、

いやいやそんなの、現実的に考えてムリでしょ?!

っていう気持ちが湧くのも当然だと思うんですけど、

 

ムリかどうかの前に、

自分がそれもありなんだと、まずは気づくかどうか、

そしてそれを願うか、意図するか、

そしてその努力やら環境整備?やらを

今の現実の中で最大限やろうとするかどうか。で。

 

そうしたときに、

”現実”のほうが、

想像もつかないかたちで”自分”に合わせて寄ってくるというか。

 

仮に寄ってこなかったとして、しあわせであることはできるわけで。

なぜって、自分が自分を受け入れているから。

そうであれば、仮に現実が何も変わらなかったとしても、

心の安心感は全然違うのです◎

これ、ほんとうにやった人だけがわかる境地◎^^

 

わたしも、今思い返すとそれをやっていたのです。

 

人に気を遣う性格、今も何も変わってないと思うし、

こんな生き方をしているけれど、

理性や【一般社会人として、”こうあるべき”】は

きっと誰よりも理解しているつもりですので、

それを暗に求められる環境にいけば、

今でもきっとそれをやってしまうと思うのですよ。

 

たとえば、前にどこかの記事で書いたけど、

わたしは心の勉強をしていたときに、

やたらそこのお客さんのおじさんたちに好かれて、話しかけられて^^;

 

それってわたしが、

そういうところに来る、

自分に自信のないおじさんたちが、

何を言われれば嬉しいか、

どんな気の遣われ方をしたら嬉しいか、

 

そういうの、手に取るようにわかって、

わかるだけならよかったんだけど、

わかっちゃうからそれを全部やってしまっていたからなんですよね。

 

そりゃ、好かれる。笑

 

でも、こっちはそんなおじさんたちの機嫌をとってても、

得がないどころかよしんば何かをごちそうになったとして、

自分の大切なエネルギーを割くにしては

割に合わないわけで。

 

なので自分がそういう人たちの相手をしない、とまず決めて。

 

でも、決めたところでときには無意識に過去のクセでついご機嫌取り、

しているときが出ちゃうんですよ、やっぱり。

 

なのでいつからか、

そういうおじさんたちに声をかけられそうになったら

全力で逃げる、というやり方に変更した。笑

 

そうしてだんだん、

そもそもそういう人が集まるところに

何かの目的があったとしても、

行かないことに決めた。

 

たとえそれで何か、お金を得るチャンスを失ったとしても。

学びのチャンスを失ったとしても。

 

そんな人たちとおつきあいしていることで浪費されるわたしのエネルギーのほうがはるかに貴いとみなし、

どんどんどんどん人付き合いがなくなっていった。

 

そうして今、わたしがほんとに体の芯からリラックスして”自分”でいられるのって、

旦那のジョーさんだけで。

※親きょうだいでも、ジョーさんほどにはいかない。

 

でも、実質今の生活、

ジョーさんと以外ほぼほぼ接触がないから、別に問題にもならない。笑

 

コミュニティの皆さんとも、とても良い距離感^^(わたしにとってはね◎)

 

それってどうなの?さみしくない?という

【世間一般的に良しとされる姿】はあるのでしょうけど、

わたしの人生の主役であるわたし自身にとっては最高に快適なので、

何も問題ないどころか天国なのです◎

 

なら、それでよくない??という話。

 

そうして日々、100%素の自分でいられる快適で余裕のあるほうを【日常】に据え置いているので、

仮にEさんが書いてくれたように

友達の結婚式などあっても、

そのとき気を遣ってしまうじぶんがいても、

それってあまり問題に感じないんですよ。

 

たまにはそういうときもあっていいんじゃない?って思うし、

それで大事な友達や、式を迎えた友人がHAPPYでいられるなら、

そこはわたしがわたしを見失うことがあっても、

たまにはまあいっかー◎な領域になるんです。

なぜって、自分に余裕があるからです。

どんなときも、自分が堂々自分でいられることになんか、

全然こだわり過ぎない、

そういう余裕が常日頃から生み出されているからなのです。

 

※疲れてしまったEさんがダメということではないですよ!

 

 

それで、そういう【今】は、

ちゃんと【そうではない】ときから、

そんな都合の良いことを望むことを自分に許していたからだし、

 

仮にそういう環境になれたとしても、なれなかったとしても、

そんな風に人付き合いも狭めていって、

味方が一人もいなくなったとしても、

そして【世間一般の良】のレールから大きく外れたとしても、

 

でもそういう自分そのままに、なるべく環境も生活も人付き合いも沿わせていこうと

心がけてきた結果でしかないのです。

 

”そこ”を中心軸に

据えてきた結果の、”棚ぼた”だと思うのです。

 

だからEさんも、

「わたしはわたしを大事に生きると決めたのに、

外側にばっかり意識がいってしまって…!」というところではなく、

まず、

【”今は”どうしても、

外側の人や何かと接触すると、”こうあるべきが無意識に発動してしまう自分”】を

まず受け取ることが大事なのかもしれないですね^^

 

じゃあその自分は変えられないのだとしたら、

じゃあどうする?何ができるかな??

 

というのを考えて、

その自分を、強く、ブレない人にさせようとするんじゃなく、

その自分にあわせて、

外側とのつながりかた、付き合い方、向き合い方、などなどを

変えられるところはないかな?

(放棄する、逃げてしまう!嘘つく!などなどの世間的に良しとされない選択肢も大いに含めて!笑)

と、

考え行動するのがとっても大事^^

 

その積み重ねで環境が気付いたら都合良すぎるくらいに変わってることもあるし、

もしくは変えられないと思っていた自分が気付いたら変わっている(結果的に、そんなに周りにあわせないでいられる自分になっていた!)

とかもフツーにありますからね^^

 

だけど、この【それもありなんだ!】の発想が

たいてい一人だと出てこないもの。

 

自分の意見、自分の意志だと思っていても、

それは【常識的にこれこれこう】という枠の中での選択になってしまっていること。

 

それがなかなか、人間の常なので、

だからこういう相互のやり取りが良いんでしょうね◎

 

わたしも、改めて、都合よく自分にあわせて選択していこ〜〜〜と思いました◎

Eさんありがとう♪