「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

100%オリジナル、自分仕様の世界と人生の創り方◎

昨日一昨日は私的にスーパーデトックスデーで、眠くて眠くて、

もう丸二日部屋着のまま、

家から一歩も出ずに寝て起きて寝て起きてときどき食べて、

ときどきコミュニティに返信して。。。。って自堕落な生活をしていました。^^;

 

 

 

自分がしたいから、する。

(もしくは自分の体が今、それを必要としているから、そうする。)

 

ただそれだけのことなのに、

そしてそれを咎める人も、それができなくなる弊害のような環境や条件さえ、

今やなにもないのに、

未だにこういうときに、

「みんなちゃんとやってるのに(ちゃんと我慢してるのに)」

とかいうような、

ちゃんとできていない・ちゃんとしていない(と感じられる)自分を責める言葉がでてきます。

 

やっぱりこんなにも人は、

自分がフツーではないかもしれないことに対して

得体の知れない恐怖や不安を覚えるのじゃないかな。

 

そんなこわさは計り知れないから、

だからこそ

【努力】しようとして、【克服】しようとして、

そんな自分を根こそぎ変えて、無かったことにしてしまいたくなる。

 

でもそれは命への冒涜で、不自然で。

 

だってそういうあなたを、

あなた自身が作ったわけじゃないもんね。

 

性格も、性質も、体質も、

その与えられたいのちのかたちになるべく沿って生きようとする。

従ってみようとする。

”その努力”をする。

 

世間が言うところのふつうや、レールに沿って生きようとするのじゃなく。

そこから落ちない、そこに合わせる努力をするのじゃなく。

 

f:id:santasantasan:20171112113056j:plain

(うちの庭の畑。冬野菜も順調に育っています◎自然に見習うのだ!)

 

 

そうすると不思議な奇跡が起きる”ことがある”。

変えようとしないときに、

自分の性格も、性質も、体質も、

勝手に変わって展開していく何かがある。

 

出逢うご縁や、生きる環境が、世界が、整ってくる。

オンリーワンの、自分仕様に。

 

自分を生きる、自分を大事に生きるって、つまりそういうこと。

わたしはやっぱり、これからもその生き方をしていく。

だってわたしはわたしでしかいられないから。

 

と、そんなことを思う日曜の朝。

いっぱい体を休めたので、今日はちょっとお出かけしてきます^^

良い休日を♪