「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

3期スクールが神がかっていると感じる件。

f:id:santasantasan:20170705190611j:plain

(なぜか何度加工を試みても、端が切れてしまう…もういーや…←投げやり)

 

先日から始まった3期スクールのフォローページがさっそく活発に動いていて、

ブログの更新がさっそく滞っています^^;

 

今回3期となったスクールですが、

実は3期直前、ほんとうに数日前なのですが、

ブログを始めてからずっと手放せなかったあることを手放しました。

 

そのことがとても大きかったので、

3期から、

流れがハッキリ変わってきたのを感じます。

もうめっちゃ全然違う。

何これ、という感じです。

 

そしてその感覚で、

3期スクールは神がかってるなって感じるんです。

 

他人に知らしめることのできる何かの結果が出たとか

そんな小さな部分的な、今的なことじゃなく、

もっと大局的なところで。

 

上っ面な「自分を大切にする」な「やってる風」じゃなくて、

それぞれが自分の一番核の部分に触れて

そこをやってってるのがわかります。

 

で、ご本人たちも自分で気付かれているのかわからないのですが、

ものすごく、変化してきているんですよね。

 

なんとゆうかね、ものすごいイキイキしてるんですよね。

 

自分に気付け無かったことを、「悔しい!!」とかね。

ランチをクリームパスタかハンバーグランチにするかというようなことで、

ものすごく”自分”に触れる機会にしていたりね。

 

あの、こうして文字に書いてみると意味わかんないと思うんですが、

なんなら3期のスクール生ご本人たちだって「大げさだなあ」って思われてしまうかもですが、

でもあえて言うと、わたしにはわかるんですね。

 

継続コースからずーっとやってきて、

いろんな方を見てきて、

わたしも本質を見抜く目や伝える力や表現や

いろいろ日々、日進月歩を積み重ねてきましたが、

その上で、それでも、

今までとはぜんぜん違う流れがきてる。

 

そしてそれはたぶん、

ここが表現が難しいとこなんですが、

参加してくれてる方たちのレベルが高くなったとか、

そういうことじゃないんですよ。

(皆さん、それで彼が出来たとか、生きるのラクになったとか、結果は全然出してるからね)

 

なのでそんなことでは全然なく、

とにかく、【流れが変わった】。

 

明らかにハッキリと、それを感じるんですね。

わたしたちの上に、吹く風が変わったような。

 

まったく今までとは違う、

そういう、静かにだけれどものすごい興奮が、今のわたしにはあります。

 

それを喜ぶとか、やったぜ!って密かにガッツポーズをするとかよりも、

今はただ、

この新しい世界がいったいなんなのかと、

目を大きく見開いて、思い切り全身で【感じて】いる感じです。

 

※必死にたとえられそうな感覚でたとえると、

ターザンで、ジャングルで育てられた人間の子が、

現代社会に出て、未知の世界への驚きに

目を見開いて思い切りキョロキョロして全身で今の世界を確かめてるような…感じ。。。

 

 

 

これね、とにかくヤバイ。と思っています。良い意味でのヤバイ、ですよ。

 

誰に恩恵があるとかどんな結果になるんだよとかじゃなく、

確かに世界がまた大きく変わった。

そしたらそのわたしから展開するスクールも

スクール生の皆さんがご自身で向き合って引き出してくるものも

(わたしが引き出してるんじゃないですよ)

大きく変わってきてるってことを感じます。

 

あーーーーー、もう、

ものすごいことなんですが、それを誰よりもきっと実感してるのに、

上手く表現できないことがもどかしいです!!!

 

わたしがわたしでわかる言葉にできないんだから

他人から読んだらもっと意味不明の記事だと思うんですが、

なんなら3期スクール生からも「何言ってるのだ?」という感じだと思うのですが、

しかしすごいことが起きている(わたしにとって、ですが^^;)

という興奮と悦びが止まらないので

ここで吐き出させてください!

 

本当に、世界は自分次第なんだなと。

 

これがなんてすごいことなのかと。

 

アインシュタインや、ライト兄弟や、

そういうすごい天才になれなくても、

最初からわたしたち、

ものすごい天の才を与えられているんですよ。

そのことを、本当に、気づいて取り戻すこと以上に大事なことなんてあるのか。

 

そんなことを、今どうしても放っておきたかったです。

あー、もう、ほんとうにやばいワクワクですね。

この興奮を、卒業生のフォローサービスや3期スクールのフォローで

エネルギーに変えて届けていきたいですね。

いや、いかなくてはですね。

あえて、ここでは「いかなくては」という言葉のほうが、しっくりきます。

うん、楽しいです。そのほうが、絶対、ますます!

 

それでは、意味不明なわたしの気持ちを書かせていただき感謝を込めて!

明日も良い一日をお過ごしくださーい!