「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

わたしも、ますます「快」に生きよう。それは「誰かのため」と何も矛盾しないのだから!

継続コース卒業生Yさんの本日のブログ。

twinklejewels.hatenablog.com

 

 

一読してものすごく、

清々しくて素敵だな〜〜!と爽やかな気持ちにさせていただきました^^

 

ここ数週間ほど、わたしも含め、

悶々やドロドロやよくわからない重さがつきまとっていた人は少なくないと思いますが、

(季節の変わり目による気温や気圧の変化や、天体の動きや、人によってはホルモンバランス等々、

いろんなものの影響があったのだと思いますが、それも全て完璧です^^)

 

しかしそこにジタバタせず、

早く楽になりたいと焦り躍起になるのでもなく、

 

受け止めてただ心の中の嵐が過ぎるのを辛抱して待った人、

もしくは嵐を経験することで、

自分のこれまでの過ちに気付いて、

それにそって「二度とこんな生き方を、貴い自分にさせない!!!」と、

今後の生き方や在り方の何かに決断を下すことができた人、

 

そういう人が放つ清々しい輝きって、

まさに嵐が過ぎ去った後の太陽と同じくらい、

人の心を惹きつける、

希望に満ちた輝きなんだと感じます^^

 

 

そしてYさんがブログに書かれていた

「快に生きる」という決意。

 

ものすごく、拍手を送りたくなるほどに、応援したい!!

 

何を自分にムチ打って努力するよりも、

人の期待にどれだけ応え続けることよりも、

どこまでもツライ中で頑張り続けることよりも、

自分を否定し、痛めつけることよりも、

何かを諦めることよりも、

 

「自分の快に生きる」と決めることは

おそらくいちばん勇気がいることではないでしょうか。

いちばん、怖くて、タブーと感じる決断なのではないでしょうか。

 

わたしも、そうだったのですよ〜。

 

数日前、伊豆で、

「もっともっと、ただ、自分のためだけに生きていく」

と決めるまでに自分の中が悶々としていたのは、

そう思うことはいけないと、自分に強いていたから。

 

こんなにすでに幸せなんだから、

もうこれ以上望むのなんていけないとか、

これ以上、自分の中の「快」なんてあってはいけない、認めてはいけない、

黙らせておかないとダメだ、と、

このブログを始める前のわたしのように、

自分に誤魔化しと嘘をついて、生きようとしていたから。

 

それは、他ならない、

自分の更なる「快」に生きることが怖くて、

その勇気を持つことに背中を向けていたからです。

 

でも、そこから抜き出て、

今、ブログの更新や音声配信やスクールのバイブル作りが

以前の自分と同じかそれ以上に、

夢中になるほどに楽しくてワクワクして、いくらでも取り組むことができるのは、

まずは自分が自分の「快」に生きることを許したから。

 

わたしはわたしの快に従って生きていく、と、決めたから。

 

そうしたら、自分の中の悦びのエネルギーが再びこれでもかと満ち溢れて、

その満ち溢れたぶんだけ、

伝えたいこと、分かち合いたい気持ちも溢れに溢れて、

そうして「あ!このことブログに書きたい!」ってワクワクしてブログを更新したり、

「あ!こういうことを今、卒業生に教えてあげたら何か役に立つかも!」って

ウキウキして動画を収録したり、

「そうだ!こういうことも、もっともっと次回のスクール生に手渡したいな!」って

ノートにひたすら、図も入れてまとめては書き込んでを、

楽しみながら夢中になってやる毎日になってる。

 

f:id:santasantasan:20170624234624j:plain
(ちょうど今日、「今、伝えたい!」と思い、音声講読の卒業生への動画配信のために書き出したスケッチブック。この内容はスクールのバイブルにも入れますよ!^^

スケッチブックの背後のノート類には、バイブルにまとめるため、「ただのオンナ」「自分を大切にすること」に関しての知識やわたしが実践してきたことの集大成が詰まっています)

 

 

自分の中の大小さまざまな「欲」や「快」を、

悪いものとして蓋をして生きている女性もたくさんいるかもしれない。

自分の生きたいように生きる、ではなく、

「社会的に、世間的に見てOKな範囲か?」

「”みんな”もやっていることか?」っていう判断基準で

自分の在り方や生き方を決めている人もたくさんいるかもしれない。

 

でも、こんな風に、わたしのように、

自分が自分の快を生きると決めれば、

それを自分に許せば、

 

それは最終的に、満ちて溢れて、

溢れるからこそ、自分の存在のかけらが誰かに渡り、

結果、誰かの役に立つこと、誰かの希望にことが、わたしたちはできるんだ。

 

だから、一人でも多くの女性に、Yさんのように、

まずは「自分の快を生きる」勇気をもってほしい。

 

そして、そう生きると決めて、

そこに自分なりに向かってみてほしいと思います。

 

自分の快に生きて、

そしてその結果、その自分の生き様が

誰かに必要とされたり、喜ばれたり、

誰かの人生をわずかでも良い方向に変えるきっかけとなるのならば、

こんなに嬉しいことって無いです。

 

こんなに、「ただの自分」で生きていて

喜ばしいことって無いと思うんです。

エネルギーが無限に湧き出て、人生がワクワク無限に楽しいことって

無いと思うんです。

 

きっとYさんも、

自分の快に生きると決めたことで自分を許せて認められた輝きや、

素直に真っ直ぐに自分の快に向かってイキイキと楽しんで生きる姿に、

Yさんが気づくと気付かざるとにかかわらず、

職場の方やそのお客様、家族の方、その他Yさんを大切に思う周りの方たちが、

良い影響を受けて、そうして見えないところでまた誰かの悦びや幸せに

繋がっていくに違いありません^^

 

「自分の快を生きること」と「誰かのためになる」ことは

本当は一つも矛盾しない。

 

だから、あなたも自分の快を生きて、大丈夫だよ!

 

 

改めて、

この生き方を、この悦びを、

一人でも多くの女性に味わってほしい!

 

その女性たち一人ひとりの、

唯一無二の命が悦びで輝く美しい姿を見たいなあと^^

 

そうしてその女性たち一人ひとりの在り方から、

その方のパートナーや、職場の方、ご家族に、

幸せの波が伝播していく現実を

たくさんたくさん、当たり前にしていきたい。

 

でも、それにはまず、

わたし自身が、わたしの「快」に素直に生きること。

 

そうしてその在り方で、旦那さんや家族や信頼してくださるスクール生や卒業生、

そして周りの愛する人たちを

同時に幸せにし、愛が増す関係性が深まるばかりの現実を、

わたし自身が示し続けることなんだなあと。

 

そこに向かうのは、

誰かが決めたルールや評価に応えるような苦しさはなく、

わたしに与えられた命と個性をただただ輝かせてくれる、

とってもワクワクとした原動力であり、そして悦びでしか無いのです*^^*

皆さん、ぜひ見ていてくださいね^^

 

この悦びを、やっぱり一人でも多くの女性に知ってほしいから、

まずは日々の卒業生向けフォローや

7月のスクールを、

楽しんで進めていきたいと思います!☆

  

それでは本日もご覧いただき感謝を込めて☆

明日も素敵な日曜日をお過ごしください!