「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

あの、伝説のただのオンナ(!?)のお店オープンに行ってきました!

 

f:id:santasantasan:20170610224015j:plain

 

こんばんは!

今日はジョーさんと

新小岩にある用事があって出かけてきました。

 

このブログで一年前から度々ご紹介している”Mさん”、

皆さま覚えていらっしゃいますでしょうか??

 

ご存知無い方のためにご紹介ですが、Mさんとは、えーーーと、

 

まだこのブログがスタートしたばかりの頃にこのブログを見つけてくださいまして、

「ただのオンナ」という生き方に衝撃を受けてくださいまして、

仕事中にお腹が痛いとかなんとか言ってはお手洗いにこもってブログの全記事を読破してくださり、

その頃から生き方を大転換されて、

2度めの離婚と10キロ以上のダイエットの成功と11歳年下の男性に交際を申し込まれる

という人生の大転換的出来事を同時にトリプルで経験され、

 

あまりに伝説的な勢いに、去年の5月にはMさんをゲストに招いてトークライブを開催し、

 

その後なぜか、ひょんなことがきっかけでMさんのお勤め先企業のウェブサイトをジョーさんが作成させていただくことになり、

このご縁がきっかけでジョーさんはお仕事が軌道に乗り、

もともとわたしのブログの一読者さんであったMさんとジョーさんはお仕事関係でとても近くなり

(今はジョーさんのほうがMさんとやり取りが多い^^)

 

さらにわたしたちは去年の9月に入籍しましたが、

Mさんも、その11歳年下の彼氏さんと今年年始にめでたく入籍!! つまり新婚さん仲間?でもあり、

 

そんなご縁で数ヶ月前にMさん夫妻、わたし&ジョーさん夫婦4人で飲み明かしたところすっかり意気投合し、

 

その流れで図々しくも先日の結婚式にお招きし、

さらにご夫婦で挙式時の立会人にまでなっていただいたという、

 

当人たちもなんだかよくわからない流れとお導きによって

このブログをきっかけに、

この一年で夫婦で非常に縁が深まり、そしてお世話になってる方でございます。

 

 

…ってこの説明で伝わる??ややこしくて申し訳ない。。。

 

あ、Mさんが初めてお茶会で会いに来てくれた一年前の記事があった。

この方です^^

santasantasan.hatenablog.com

 

 

で、そんな前置き説明が長くなりましたが、

今日わたしとジョーさんが何しに新小岩にいったのかっていうと、

そのMさんのご実家会社が新小岩にこの度、婦人服店をオープンされたので、

遊びにお祝いに行ってきたのです!

 

このお店、ちょっと普通の婦人服店ではなくってね…!!!フフン。←何。

 

中心が50代の女性向けの商品を扱ってるんですが、

すごく質の良いもの、

通常だと伊勢丹とかの百貨店でワンピース10万円、とかで販売されている高級な商品を扱っているのですが、

上記写真の看板の通り、

それらの商品がななななんと、40〜80%オフで販売されてるんです!

 

それだけ安価で提供できる理由が、

商品に傷や何かの問題があるとかじゃなくって、

 

実はMさんのご実家、

有名百貨店等に置かれている某婦人服ブランドの商品の

外注先企業さんなんですね。

 

どうゆうことかっていうと、

そのブランドさんは百貨店で婦人服を販売しているんだけれど、

その販売している商品はそのブランドさんが製造してるんじゃなく、

自社で行うのは販売のみ。

 

百貨店等での販売以外のお仕事、

デザインから製造までの部分は全て外部の取引先に外注していて、

Mさんのご実家、つまりお父様の会社が、

この外注先の一社なのだそうなんです。

 

 

ただ、そうすると、どんなに良い商品でも、

一定期間を過ぎても店舗で販売しきれなかったものは

全て外注先企業で引き受けなくてはいけないんだそうなんですね〜。

 

販売しきれなかったものといってももともとは、

百貨店等では一着10万円とか、

ブラウス等でも数万円で売られているような、

全てmade in Japanのとても質の良い商品なのだそうです。

 

つまりこのご時世、海外の工場労働とかで”労働者”といわれる人たちが縫製をしてるんじゃないんですよ〜

全て、オール日本の”職人”と呼ばれる方々が

デザインのみならず、縫製を施している商品なんだそう!!

 

そんな良いものが、

店舗で販売しきれなかったらはいおしまい、というのはあまりに勿体ないということで、

この度、ブランドから引取ったものを自分たちで販売するべく、

初めて実店舗で直接お客さんに販売しようと試みてオープンしたのが

この新小岩のお店なんだそうなんですね。

 

なんとゆうか、すごく夢のある素敵なお話じゃないですか!?

 

 

f:id:santasantasan:20170610234905j:plain

f:id:santasantasan:20170610234824j:plain

f:id:santasantasan:20170610234850j:plain

f:id:santasantasan:20170610235017j:plain

f:id:santasantasan:20170610234938j:plain

f:id:santasantasan:20170610234951j:plain

f:id:santasantasan:20170610235110j:plain

(店内でくつろぐわたしとそれに付き合ってくれてるMさん。笑)

 

店内も、すごーーく広いでしょ!?

 

だけど、もともとは大工さんが作業場に使ってた場所らしくってね、

それをゼロから作り変えて、

床板もMさんのお父様が貼られたりして、

以前ウェディングサロンで働いていたというMさんのお母様(これまた親子で美しい)が接客を担当されていたり、

Mさん家族みんなで一丸となって作り上げたお店なのだなあと。

 

わたしもジョーさんも、店舗も無い、商品も無い仕事をしているので、

ただただ感動!!

本当に、コーフンしてしまいました*^^*

 

 

それでわたし、ちょっと前まで自分はミセスの婦人服なんて全然興味なかったんですけどね、

ちょうど先日の結婚式の際に、

ジョーさんのお母さんもわたしの母親も、

どちらも洋装で出席したいという希望があり、

 

で、どちらの洋服も、

一緒に見に(買いに)行ったの。

やっぱり百貨店で、フォーマルドレスとかで探してね。

 

わたしジョーさんのお母さんに買い物に誘われた時に、正直、

嫌ではないけどわたしが50代60代のミセス服を見てもわかるかなあ??と思ってたんですよね。

でも、一緒に見ていたら、

ものすごく楽しくてね!

 

もちろん自分では着ないけど、

興味ない、面白くないってわけじゃないというか、

「これもそれもあれもどうですか!?」

「これ試着してみましょうよ!!」

って、自分のことでも無いのにものすごく楽しくってね!^^

 

お義母さんも、やっぱりとっても楽しそうだったし、

何よりうちの、ファッションに全然興味のない(疎い)実母もね、

 

黒いワンピースと、それに合わせてパールのネックレスとイヤリングを店員さんがあわせてくれたんだけど、

それ付けたときに顔がパッて輝いてね、

とっても素敵だったからわたし、それを母の日がわりに買ってプレゼントしたんです^^

もちろんパールってイミテーションなんですけど^^;

当日それつけてヘアメイクさんに綺麗にしてもらってる母を見て、

自分のドレス以上に嬉しかったというか、

やっぱり自分のお母さんが綺麗にしてるってすごく嬉しいし誇らしいな!って^^

 

そしてそれは、お母さんたち自身も同じなんだなって感じたのです。

やっぱり、オンナはいつまで経ってもオンナなんだ!って。

 

Mさんのところで扱ってる婦人服が、

ツーピースとか、ジャケットとか、

まさにそのときそれぞれの母たちと見たものと系統が一緒でね。

(そりゃそうだ、百貨店の婦人服で同じようにしっかりと良いものとして売られているものなんだから^^)

 

だから見ていてそのときのことをすごーく思い出したし、

わたしたちがお店にいる間に来ていたミセスのお客さまたちも、

試着したりしてすごくときめいているのが伝わって!

 

なんだかわたしまでとてもワクワクしちゃったのです☆

 

わたしは心のことを通じて女性が女性に生まれてきたことを楽しんで

輝くお手伝いをしているつもりだけど、

お客さんたちにはいつも言ってるとおり、

女性がオンナであることを楽しんで生きたら、

男性が元気になって、

しいては経済も世界も活性化するわけ。

 

だって、今の便利なもの、綺麗なもの、

全部女性のために生まれたんだよ!

 

高度経済成長時代、洗濯機、冷蔵庫、

出来て助かったのは男性じゃなくて女性でしょ!?

 

男性が自分のことだけ考えていて女性のことなんて無視だったら、

洗濯板のままでいいわけよ。男性にとっては不都合ないわけよ。

だけど男性が女性を思う気持ちがあったから、洗濯機が普及したわけで。

 

高級ホテルのラウンジは、なんであんなに内装が美しいのか?

ケーキが美しいのか?

お花や食器まで美しいのか?

 

男性が連れて行く女性が喜ぶからでしょう?

 

ただ喉の渇きだけ癒やされれば、ただお腹がいっぱいになればいい、なら、

こんな発展の仕方はしていない。

 

経済の発展ってほとんどが、

女性をときめかせるために生まれてきたものなんだよ!

 

じゃあ今が不況なら、それはつまり…??

 

Mさんも言ってたけど、

「旦那が稼いで来ないから、オシャレにお金かけてられない」じゃなくって、

女性がオンナを楽しんで綺麗にしていたら、旦那さんは喜んでがんばって稼いでくるんじゃないかなあ、と。

「ほんとう、真穂ちゃんのブログに書いてあることが、お店やるにも全て本質ではつながるって感じてるよ!」

と言ってくれたMさん><

 

 

なんだかそういう女性が販売する、

商品力自体も高いお洋服。

 

最強だと思うのです!

 

 

実は自分たちのお母さんだって、

母としては結婚の顔合わせとか、

祖母としては孫の発表会とか、学校の入学式とか、

そんな素敵なお洋服に袖を通す機会って

実は作ればたくさんあると思うのですよ!

 

なので母の日とか、お誕生日とか、

折に触れてそういうお洋服をプレゼントされてみてはいかがでしょうか〜^^

そんなときに、少し手の届きやすい価格で間違いの無い品質のお洋服が販売されてるMさんのお店は

ぜひぜひオススメです♪

 

以下、お店情報なり^^

☆「path code(パス コード)」

【住所】東京都江戸川区中央1-18-8

※新小岩駅南口から①番線のバスに乗り「江戸川区役所前」停留所下車、徒歩約2分ほど。

※江戸川区役所の左手小道を突き進み、スーパーサミットを越えた先右手にあります!

【営業時間】10:30〜18:30

※定休日は確か月曜日と言っていた。うろ覚えか。

【電話番号】03-5879-5512

 

 

では、今日はそんなところで〜^^

明日もわたしの知人からのご紹介でジョーさんのお仕事の仲介をしてきます!

今週末は少し立て込んでおり、

音声配信の皆さま、6月最初の音声は6/12頃配信予定です!

数日遅れてしまいますが、この土日の体験でまた放ちたいことが増しそうな気がするので

その後の収録とさせていただきたく、何卒よろしくお願いいたします*^^*

(メールも、週明けに対応させていただきます!><)

 

それでは今日もお読み頂き感謝を込めて♪

引き続きスクールのご参加もお待ちしています^^

 

【募集中☆残④席です^^】

Just a womanスクール
〜自分を大切に生きる方法〜第3期

 

【日時】2017年7月1日(土)13時〜18時

 

【場所】JR東京駅徒歩10分圏内の貸し会議室

(お申込み者様に直接ご連絡いたします)

 

【対象】【そのままの、ただのオンナな自分に戻ってその自分を大切に生きる】ことをしたい上で、(いつかは)結婚したいと思っている女性の方。 

年齢は20代〜40代前半まで。

 

【特典】①Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのものです)でのフォロー(スクール当日から一ヶ月間)

②卒業生向け音声配信サービス4月分の配信

 

【代金】140,400円

 

【お申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。

2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。

※2日以上経っても折り返しのご連絡が届かない場合はメールの不具合等ですので、

お手数ですがメールアドレスや迷惑メール設定などをご確認の上、再度ご連絡をお願いいたします