「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

椿山荘にて、美食とホタル観賞♪良いご縁に恵まれる方法!

昨晩は、結婚式で主賓のご挨拶をしていただいた

ジョーさんとふたりでお世話になっている社長さんに

椿山荘にホタル観賞とお食事ごちそうになりに行ってきました^^

 

お食事場所はホテルのお庭の奥のこんな素敵なところにあって、
(ちまっと前に映ってるのわたしです!髪のびたな。。。)

f:id:santasantasan:20170609104857j:plain

 

f:id:santasantasan:20170609105016j:plain

木春堂さんという石焼料理のお店でした。

f:id:santasantasan:20170609110457j:plain

 

f:id:santasantasan:20170609105345j:plain

お通し。

 

f:id:santasantasan:20170609105436j:plain

お造り。

 

f:id:santasantasan:20170609110522j:plain

社長とジョーさんはワインも飲んで、わたしはお酒弱いので…

 

f:id:santasantasan:20170609105511j:plain

魚介も焼いてくれました!

 

f:id:santasantasan:20170609105558j:plain

お肉…美味しかったです…;;

 

f:id:santasantasan:20170609105629j:plain

この焼き石が、富士山の溶岩石なのだそうです。スゴイ!!

そして個人的にこのお芋さまが、やばかった。

石川県のなんとかというところで作られていて、(忘れてしまった…)

市場ではあまり出回っていないお芋さまなのだそうです!

 

f:id:santasantasan:20170609110027j:plain

社長のVIP力により、お店からサービスでもうひと皿和牛をいただきました。

全て食べ尽くすコバンザメジョー&真穂。

(ここで社長がね、「(サービスさせていただきたいというお店の方の言葉に)そうですか。すみませんね。では全てふたり(わたしとジョーさん)に出してください。わたしはメタボになっちゃいますからね。ハハハ〜〜」ってスマートにがっつかないのが流石だと思いました…!)

 

f:id:santasantasan:20170609110406j:plain

そしてお口直しやごはんをいただいて、デザート^^

 

おなかいっぱい心もいっぱいになったところでお庭に出て、ホタル観賞!

 

これが…

 

ものすごく感動しました。

わたし、数年ぶりのホタルだったのですが、

こんなに間近でこんなにたくさん活発に飛んでいるホタルを見たこと無い!!

という感じでした。

妖精じゃないの!?と思ったよね!ピーターパンのティンカーベル…♡

 

とゆうかホタル最初に発見した人は、妖精だと思っただろうな〜〜〜*^^*

 

表現力がなく恐縮ですが、本当に心洗われました!

 

しかし、ジョーさんこの日、プロ用カメラを持っておらず、携帯では写真は撮れず…

心に焼き付けておきます!!

 

ホタル鑑賞は7月までやってるそうなので、すごくすごくオススメです!!!

椿山荘のお庭を歩かせてもらうだけでも、

ものすごく良い体験だなあって思いました。

こんな巨木もあって、

f:id:santasantasan:20170609111343j:plain

すごくリフレッシュできますよ〜!

 

 

そしてお食事にホタル観賞に、それだけでも大満足でしたが、

最後ラウンジでデザートもごちそうになって帰りましたとさ〜〜〜♡

f:id:santasantasan:20170609111211j:plain

 

昨日の写真は以上^^

社長、いつも本当にありがとうございます!!!

 

 

そういえばこちらの社長は、

ブログの随分最初の頃のこの記事でご紹介していた社長です!

santasantasan.hatenablog.com

 

 

最初の出逢いからもう3年とか?4年?

 

上記の記事のとおり、ものすごく怒られた?ところから始まって、

くっついて回って、

当時仕事も結婚に関しても色々スムーズに行っていなかったジョーさんのことも相談し、

「じゃあ、鮎を食いに行きたいからふたりで魚沼来る??」という謎のお誘いに、

「行きます!!!」とジョーさんを道連れ(←!?)に

社長の息子さんである専務やシェフにくっついて、

魚沼の視察について行かせてもらったり。

※社長のお店では、100%魚沼産コシヒカリを使用してます!

 

 

その後、なぜか3人で沖縄に行って、

地元の気功師のご夫婦とのご縁で

ものすごく貴重な神秘的な体験をする機会に恵まれたり。

 

ニライカナイの石碑とか!

その写真はジョーさんのカメラの中だ><

 

村のわずかな人しか知らない御嶽(うたき)の場に連れて行っていただいたりとか。

(このとき、わたし確かヒールだったんだが、一歩踏み外せば死ぬ!くらいあやうい緑の生い茂った崖の上にあって、よく登ったなと今なら思う。。。)

 

色々なことに、すごく感動したけれど、

そんな素晴らしいご縁も体験も、社長がつないでくれたものだった。

f:id:santasantasan:20170609112445j:plain

(社長仕事で不在の間、チョロチョロとホテル周りを探検しまくり写真撮りまくってたたわたしたち。笑)

 

 

昨日、社長から直接、

「一番最初に会った頃から、真穂ちゃんもジョーくんも、

本当に成長したよ。」

と言ってもらえて、ものすごく嬉しかったです;;

 

でね、食事をしながらまたいろんなことを聞かせてもらったんだけど、

(わたしが質問魔なのです…

しかしうっかりノートを鞄に入れっぱなしで、

ほとんど感覚でしか覚えてない;;ミスった;;)

 

わたし、「なんでわたしはこんなラッキーなんですかね。」って聞いたのです。

 

「これはわたしだけがラッキーなんでしょうか。

それともわたしは、みんなに平等にチャンスがそれぞれ降っていて、

それに気付いてるか気付いてないかなだけで、

そういう意味で全員等しく与えられてるものは平等だと思っているんですけど、

それって違うんですかね。」

 

みたいなことを聞いた。

 

そしたら、

「うん、みんな平等に与えられてるね」と。

 

「だけどそれをつかめるのは、

自分が変わり続けられるかどうかだよね。」と。

 

ここ、男性でバリバリにこの資本主義で闘い続けている社長と

女性でボケボケで、のらりくらりと狭い自分の世界を自分の望むように創り続けているだけのわたしとでは、

「変わり続ける(進化・成長・発展し続ける)」という言葉の奥の表面上の意味合いは

全然違うと思うんですけど、

深いところで根っこはやっぱり同じだと思うんですよね。

 

やっぱり、そうなんだろうな〜〜って思った。

 

そしてこれも嬉しかったんだが、

わたしが良い縁や良いチャンスを得られることを

「勘が良いんだよね、真穂ちゃんは。」

と言ってもらえた*^^*

 

初めて会ったときも、

たくさんの人の中で、社長だけがわたしに嫌なことを言い続けてた中で、

普通だったらそんな嫌なこと言うやつに近づかないだろう、と。

 

でも泣きべそかきながらも、わたしが自分から社長に近づいてきたから、

それって計算や損得じゃなくて、

完全に勘でしょ。と。

 

社長にそう言ってもらえて嬉しかったけど、

ハイ、そうなんですよね!

わたしは不快なこと・快なことの二者択一であれば、

基本的には快なことをいつも選んで、

嫌なことは逃げちゃいます。

 

それは、多くの人のそれと変わらないと思う。

 

だけど時々、

あえて「不快(こわいとか、嫌とか)」の方を瞬時に選択することがあって、

それって苦行をしようとか、

何かを得るなら嫌な想いもしなくちゃ!とかいう頭でっかちな設定での選択じゃなくて、

なんかただ自分の勘で(実際のとこは「勘で、、、」とか考えてることもなく無意識で)

そっちに近づくことがある。

 

で、振り返ると大体、わたしの人生、それが飛躍のきっかけになってるんですよね。

こちらの社長も、

わたしが心の世界を知るきっかけになった方も、

なんならジョーさんも、

 

最初の印象は皆最悪です。笑

 

なんなら相手からも最悪です。笑

 

そういうところに、なんでか自分でも理由が説明できない感覚で、

なんとなく自分に必要だと思うから近づいてみて、

今があるんだと改めて思いました。

 

自分では自分のことって、当たり前過ぎてわからないから、

そう言ってもらえるのは嬉しいよね^^

 

 

きっと自分の人生に今、何かしらの不満がある人の中には、

わたしが社長のおかげで美味しいもの食べたり良い想いをしてる部分だけを見て、

「いいなあ」

「みんな平等って、わたしにはそんな縁は周りにないし!結局はそういう人とつながれてるほうがずっとラッキーが多いじゃん!!」

って思うかもしれないよね。

 

それも素直な感想かもしれないし、

わたしも昔のつらかったことは忘れちゃってて今の幸せや感謝ばかりにフォーカスしてるから、

「そう言われるとそうだなー」

とか、思う気もしちゃう時があるんですよね。

 

 

でもやっぱり、きちんと振り返ってみると、

そんな社長と出逢えたのは、

数百万円もかけて自分のための学びを続けていたからで

(そこのフォローセミナーとかで、ある日初めてお会いしました)

 

出逢ったはいいけれど、大勢の人の前で

淡々と辛辣なことを言われて泣きべそかいて大恥かいてるし(笑)、

 

ご縁が深くなれば、良いこともあるけれど、

愛をかけられるということは楽しい嬉しいことだけということもなく、

めっさ怒られることも何度もあったし、

(社長が怒ると本当に迫力がヤバイ。。。)

 

そういうことも同じように受け取って(といっても積極的にではなくって、

だって勝手に降ってくるんだもん。。。)、

それらを経ての、今の「良いことばっか」なんだよね。

 

きっと、「いいなあ」「そんなことわたしには無いもん!どこが平等だよ!」っとかって思ってる人って、

そこの奥の部分を綺麗に端折って良い結果だけ見てると思うのです。

 

たとえば何か自分としてこのままでは嫌、ということがあっても

手頃な価格で手に入るブログや本だけを読んでいて、

何十万円も何百万円も出して勉強に行くのはお金が惜しい、

もったいない、嫌だなあ、と思っている人は

それで「出逢えない、そんな縁は無い」というのはやっぱり

少し違うと思うし、

 

よしんば出逢えたとして、

嫌なこと、自分の痛いとこ突かれるようなことを言われたら

プライドを潰されたくなくて逃げちゃえば、

 

良いとこどりだけしようという人は、

百戦錬磨の先輩方にはすぐに見抜かれちゃうよね。

 

(社長が、「こいつと付き合えば、良い飯食わせてくれる」とだけ狙って会いに来るやつも山ほどいるからね。と言っていた。)

 

(そして知り合いの社長さんなんかは、そういう人には現金だけ渡して帰らせちゃうんだって。

「これで美味しいものでも食べなさい」って表面上優しく言って、3万円とかあっさり渡しちゃうんだって。

それくらい、お金渡しちゃうほうがまだマシなくらい、

そういう貧乏性の人と時間と空間をともにするほうがよっぽど

マイナスな影響が大きいからなんだって。

それくらい、トップの人というのは、

お金よりも、付き合う人間や何に時間とエネルギーをかけるかのほうが、

重視しているんだって。

そこからまた生み出されるお金を考えれば、

そこで渡すことで避けることのできる数万円なんて、

安いものなのでしょうね。。。そういう方たちからすると。。。)

 

そういえば前回、お金に関しても大変厳しい記事を書かせてもらいましたが、

「お金が無い」というのも、

わたしは本当に学び続けたいことがって、

そのために深夜にホステスのバイトをしてたよなあって思い出したんですよね。

 

親に借りるという選択肢は考えもつかなくて、

そのぶん、働いて稼ごうということで、

働いたのですよね。

 

それも、ホステスだから華やかな良い想いもさせてもらったけど、

でもやっぱり、嫌な想い(先輩にいじめられたり)、こわい想い、

無かったわけじゃないんだよね。

多少のセクハラや女性蔑視の扱いや、眠くてツライーー!!も(笑)、

無かったわけじゃないんだよね。

 

ただ、あんまりそこにフォーカスしてないから、

忘れちゃってるだけなんですよね、当人はね^^;

 

そして、(これは昨日社長とも話したけど)

何かを選択する時に、それが、

道徳的にダメとか良いとか思って選択してるわけじゃなくて、

ただ”勘”で、

「それをやったら今はラクだろうけど、それを積み重ねれば、

実は後々自分がつらいことになるだろう」ということを

なんとなく感じてるから、やらないだけなんだよね。

 

親からわたしがお金をそのとき借りずに働くことを増やすことを選択したのは、

悪いとか申し訳ないとか人としてダメなんじゃないかとかバチが当たるかもいう道徳観じゃなく、

ただそれを続けたら、

そのときはラクだろうけど、ぬけだせなくなる自分の弱さを想定できて、

そうして抜け出せなくなったらきっと、深いところでは自分がいちばんツライだろうことを、

察しているから自制してるだけなんだよね。

 

これって最近巷でよく見かける、

華やかなものが羨ましいとかってホテルのラウンジでお茶する、

ブランドバック買ってみる、

とかにも通じる気がする。

それ、無理してまでやって楽しいか?

そのときは優雅な気持ちになれるかもだけど、

自分がつらくないか?

つらいのはその前に、本当は自分が向き合ったほうがいいことから

逃げ続けてるからじゃない?

 

っていうことなんだよね。

 

つまりやっぱり、自分のためなんだよね。

道徳からじゃない。

 

 

 

だから「ズルい」とか「真穂さんだから特別だ」と言われれば

「そうなのかな」という気もするし、

(だってつらかったこととか忘れてるから^^;)

 

だけど思い返せばそこに至るまでの光が強い分、闇も引き受けてるわけで、

でもそれを闇とはあまり思ってないってだけのこと。

 

そこも今となっては良い思い出だし、

そう思える未来を知ってるから今も、

ある程度いろいろあっても苦に思わないだけ。

 

わたしでそうなんだから、

やっぱり何かを得てる人って、

きっと得てるだけの理由がちゃんとあるのだと思います。

 

だからそういうことを、

良いとこ取りとか、どうしたらラクにラッキーだけを得られるかに頭をひねり続けることは

実は生きててしんどいと思う。

 

それならば、今の自分から「全て受け取る」と決めて、

受け取って積み重ねて、全部光にひっくり返してしまえばいいだけのこと^^

 

そこも各自の価値観や常識や思い込みがジャマをしていることもあるので、

そういうのを気付いて手放してくことに、

やっぱり実践のフォローは必要だと思い、わたしはやっていますけどね☆

 

 

今日はわたしのただの自己満日記に終わりそうなところを、

良い感じに良い話ができた気がする!←自己満。笑

 

お付き合いいただき感謝を込めて♪

今日も良い一日をお過ごしください^^

 

【募集中☆残④席です^^】

Just a womanスクール
〜自分を大切に生きる方法〜第3期

 

【日時】2017年7月1日(土)13時〜18時

 

【場所】JR東京駅徒歩10分圏内の貸し会議室

(お申込み者様に直接ご連絡いたします)

 

【対象】【そのままの、ただのオンナな自分に戻ってその自分を大切に生きる】ことをしたい上で、(いつかは)結婚したいと思っている女性の方。 

年齢は20代〜40代前半まで。

 

【特典】①Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのものです)でのフォロー(スクール当日から一ヶ月間)

②卒業生向け音声配信サービス4月分の配信

 

【代金】140,400円

 

【お申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。

2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。

※2日以上経っても折り返しのご連絡が届かない場合はメールの不具合等ですので、

お手数ですがメールアドレスや迷惑メール設定などをご確認の上、再度ご連絡をお願いいたします