「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

【お金や名声や立場。】欲しいものに純粋に手をのばしてきたからこそ、それらを得られた悦びの質が変化してきた件。

今日は楽しみにしていた嬉しい再会があり、

そのあと歯医者に行って、またいろんな気づきや喜びがあって、

帰宅後ひとり、ほっこりと感謝と喜びの気持ちに包まれていました。

 

そんなときに、同じく仕事にでかけていたジョーさん(※旦那さん)が

仕事上でもサプライズな嬉しい報告を持って帰ってきてくれて。

えー!すごい!!おめでとう!!!と。

※ブログでもご紹介できるときが来たらご紹介させてください^^

 

ただ、自分の喜びの感じ方が

以前とは明らかに変わったなと。

 

たとえば今回のようなお金とか、人にすごいと言われるような立場・結果を

わたしや彼が得られたとき、

 

以前のわたしはもっと、

「よっっしゃ!!」って感じの喜び方だった。笑

 

興奮というか、ハイになって、

「やばくない!?すごくない!?」みたいな^^;

 

それこそ語尾にハートマーク飛ばしまくっちゃうような、

どこか、

誰かに見せつけてやりたい、知らしめたい、

そんな気持ちがどこかであったと思います。

 

同じ【喜び】でも

ドラッグとまでは言わないけれど、

いえーーーい!!!みたいな、

変なハイテンションな感じっていうのかな??

 

そして、これまた同じ【感謝】でも、

「ありがとね!わたしたちのために!ウフフ!←笑」

みたいな気持ちの【感謝】だったと思う。

 

少し前のわたしはそういう感じだったんですね。

 

そしてそういう結果を自分も得たくて、

彼にも得てもらいたくて、

自ら能動的に積極的に動いていた、という部分も事実ありました。

 

その奥には、「わたしは(彼は)本当はこんなもんじゃない」という気持ちがあったから。

「本当はこんなもんじゃない」というその気持ちを、

何がしかの結果を出すことで「ほら!やっぱりそうでしょ!」って

証明したかった時期があったというか。

 

そしてそれも別にけっして悪いことではなくて、

わたしの場合は特に、

それが自分自身の喜びとともに

わたしのいのちをこの時代に繋いでくれた

親や祖父母やご先祖さまへの

最大の感謝の表し方と恩返しになると思っていたんですね。

 

だからその時期はその時期で否定しないというか。

 

「そう思って、超ワクワクしながら全力のエネルギーでやってきたんだよね〜よしよし^^」

と、かつての自分の頭を愛おしくなでてあげたい気分というか。笑

若さゆえの突っ走りみたいのを可愛く思うというか。笑

あ、ほんの半年前くらいの自分のことを言っていますけどね。笑

 

純粋に欲しいもの、お金や目に見えてわかる結果に手をのばしていった過程があったからこそ、

今はまた、階段を一段か二段昇って、

何かを得られた悦びの質が変化してきたと思うんです。

 

この「得られた」って言葉も今はもうちょっと違うのかもしれない。

「得られた」ではなくて、「与えられた」。

 

なんというのかなあ、

ただただ、

有り難い。

おかげさま。

そんな気持ちに尽きるというか。

 

いえーーーい!!!ではなくて

静かに熱く胸がいっぱいというか。

 

わーーー、そんな有り難いこといいのかなあ、

恐縮してしまうなあ、

でもそれでも、お話をくれた方たちや、

もっと全体としてご縁を与えてくれた神様が

それでいいと言ってくれるのなら、

有り難く引き受けたいね、

というような。

あ、この仕事の話はジョーさんに対してであって、

わたしは関係ないといえば関係ないんですけどね^^;

 

きっと、「よっしゃ!」「えー!すごくない!?やばくない!?」って思っていたときは、やっぱりどこかで

自分やジョーさんの力だと思っていたんだと思う。

 

でも今は、本当に

【恐縮にございますが、有り難くお受けいたしまする】みたいな、

ははあーー…って

そのお声かけてくださった個人の方たちへというよりも

その奥にいる

神様にひれ伏しちゃうような、ひざまずいてしまうような、

そうして恐れを感じながらも引き受けてしまうような、

そんな感じ。

※しつこいですが、引き受けるのわたしじゃなくてジョーさんですけどね^^;

※そして仕事をくださった個人個人の方たちにももちろん大感謝ですけれどね^^

 

そしてこの悦びの感覚も、

仕事の利益と言われる部分が特別なのではなくて、

今日は、時を同じくして結婚式の立会人を

素敵なご夫婦に引き受けていただけることにもなったんですが、

 

仕事のことも、その、立会人を引き受けてもらったことも、

どちらも等しく同じ深い種類の悦びというか。

 

今日の嬉しい再会の時間も、

そこで感じた大切な人のしあわせそうな穏やかな様子を嬉しいと感じることも、

全部同じ感覚の【悦び】で。

 

興奮じゃなくて、勝ち取った!!とかじゃなくて、

「わたしたちすごい!!ふふん!←笑」でもなくて、

 

じんわりじわじわ、

気持ちがあったかくなる。

感謝が溢れ出る。

 

あーーー、本当に、

おかげさまだよなあーーーーって

そんな気持ちが全身にあふれる。

 

そんな、純粋な悦びな気がするのです。

 

そして更にありがたいなと思うのが、

本当に、自分の力なんてとてつもなくちっぽけだなと思うのが、

そんなハイな、浮かれポンチみたいだったわたしであったときも、確かに、

 

今日再会できた大切な人も、

立会人を引き受けてくれた素敵なご夫婦も、

旦那さんに再度仕事を依頼してくれた方も、

そして旦那さん自身も、

 

ずーっと変わらず、わたしの周りにいてくれた。

直接面識があるかは別として、

ずーっと、

そんなわたしの周りを取り囲んでくれている人たちだったんですよね。

 

浮かれポンチなわたしが、

さらに次の階段を上がっていくまで、

必要な段階を自ら選択して、

楽しんでいる期間さえ、

そうした人たちは常に隣にいてくれたし、

神様とともに許し、見守ってくれていたと。

 

大感謝だ。

 

今、スクール二期生の中で、

【自分を商品にして、人からお金をいただける経験をしてみたいと思っている】という方がいる。

 

わたしはそれを、浅はかとか、時期が早いとか、もっと大切なことがあるとか、

あなたにはお金をいただく価値があるの?とか、

そういうこと一つも思わない。

今、思ったことに、ほしいと思うものに

価値とか、身分とか考えず

素直にどんどん手をのばしたらいいと思う。

その「自分が望むもの」が何であっても、

恥じらいを感じることはないと思う。

 

だってわたしもそうやってやってきたから。

やってきたからこそ、気付けたことがあるから。

そうしてそれが全て財産になるのだから、

間違いも失敗も、本当はひとつもない。

 

どんなチャレンジも、どんな想いも

ものすごく素敵だと思う。

否定することなんて何も思いつかない。

 

それは、わたしの中から湧いたものを

わたし自身が、ひとつも否定せずにここまできたから。

 

自分への姿勢が他者への姿勢にそのままつながる。

そこって本当に、ごまかせないな、と。

 

 

今日最初書こうと思っていたことなんだけれど、

わたしは今、本当に、

「自分の力じゃない。おかげさまばかりだ。

いやむしろ、おかげさましかない。」ということを

これでもかと神様に、心に刻まれている時期なのだと思う。

 

少しの感謝やおかげさまなら、

また調子にのったときにそのことを忘れるから、

 

これでもか、これでもかと

いろんな人や出来事を通して深く深く刻まれているときなんだと。

 

それは、調子にのっていた勘違いしていた身からすると本当にいたたまれない。

厳しすぎ!少しはわたしの手柄ってのも残しておいてよ!とかも、正直、思う。笑

 

でも、そのとことんまでの厳しさは、

ものすごく深い愛だなあと思う。

 

わたし、ものすごく愛されているんだなあと思う。

(いたたまれないけどね。。。)

 

わたしはすごいとか、わたしはえらいとか、わたしがやったんだとか、

そういうのを怖がっていつまでも必死に握っているわたしの手を

優しくほどいてくれている気がする。

優しく肩を抱かれている気がする。

 

その愛があまりにおっきくて、

だからわたしは泣きそうになりながら、

その手を少しずつゆるめることができている。

 

力を抜くことができている。

 

今、きっと、そういう期間。

そうしてまた、階段を一段ずつ、

わたしなりのペースで昇っている。

 

そうしてそれは、

わたしなりのペースでおぼつかないながらも常に階段を昇り続けることができるのは

目に見えない何かだけではなくて、

助けてくれる人の優しさや温かさがあるから、

できるんだと思います。

受け取れるわたしになっているんだと思います。

 

感謝。

 

 

その感謝に対して、

わたしはわたしにできることをやっていく、という言葉さえ、うすっっぺらく感じるほど

ただわたしはわたしとして、生きていくしかできないのだと思います。

そのことを、やっぱりわたしは自分がただそう在るだけで、

人に何か感じ取ってもらいたいなあと思う。

けどそれは「それを感じ取ってもらえるために何かする」ということさえできなくて、

それよりももう

「祈り」みたいなものに近い想いかな。

 

それでは今日は簡単ですが、読んでいただき感謝を込めて。

明日も素敵な一日をお過ごしください^^

 

【募集開始】

Just a womanスクール
〜自分を大切に生きる方法〜第3期

 

【日時】2017年7月1日(土)

13時〜18時

【場所】JR東京駅徒歩10分圏内の貸し会議室

(お申込み者様に直接ご連絡いたします)

【特典】

①Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのものです)でのフォロー(スクール当日から一ヶ月間)

②卒業生向け音声配信サービス4月分の配信

【代金】140,400円

 

【お申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。

2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。

※2日以上経っても折り返しのご連絡が届かない場合はメールの不具合等ですので、

お手数ですがメールアドレスや迷惑メール設定などをご確認の上、再度ご連絡をお願いいたします