読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

久しぶりの怒りを放ちます。とても悲しかったこと。わたしがブログという枠を越えて、人に会うことで、伝えたいこと。

最近ずっと抱えていたこのモヤモヤを

ブログに書くかどうかずっと迷っていて、

今でも気持ちに整理がついていません。

 

でも、このブログはもともと誰かのためではなくて

自分が自分のために書きたいと記録しているものなので

あえて目にする人の気持ちは考えず今の想いを書きたいと思います。

 

先日かここずっと、

とても悲しいなという気持ちが自分の中にありました。

 

皆さんご存知のとおり、わたしは、

このブログを1年半ほど前に自己満ではじめて、

今はブログという枠を越えて

人さまに会って、自分のやってきたことや知識などをお伝えしています。

 

それを続けている理由ってなんなのかなと思ったら、

いろいろあるけれど、

やっぱりいちばん大きなことは

「自分を大切にする」ということや「ただのオンナに戻る」っていうことを、

 

知って実践することで、

気持ちがラクになったり、

生きやすくなったり、

自分のことを初めて大切に思えるようになったりすることで、

 

「結果として幸せになる女性が増える」と、

そしてそのことで、

「もっともっと、世界は優しくてより良いものになる(それを、お客さんはじめ、その周りの人たちも、良い方向に導かれていく)」ってことを、

自分なりに強く信じているからだと思います。

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、これはけっこうずっとマジメに思っていることで。

 

だって大きなことではけっしてないけれど、

わたし自身が、

他の誰でもない、自分自身の生き方を変えたことで、

パートナーである旦那さんとの関係がもっと愛あるものになって、

お互いに感謝が増して、

そのことで互いの両親や友人をはじめとする

支えて応援してくれる人たちが喜んでくれてHAPPYになって、

そのことでまた、感謝が増して、

 

結果、仕事やお金も円滑にまわって、

そこに関わる人もまた、HAPPYに豊かになっていって、

そのことでまた、感謝が増して、

 

そしてそんな「ただのオンナ」なわたしとわたしの周囲の自然体で無理のないHAPPYを感じとって、

お客さんとなってくれる人がまた

希望を感じて自分と向き合う勇気をもってくれるようになっていると思うから。

 

そしてその姿にまた、わたしたち、

感謝が無限に増しているのです。

 

 

だから小さいけれど、こんな良い循環を世の中の女性ひとりひとりが、

 

自分を大切に生きることで、

ただのオンナな自分を認めて生きることで

 

家庭の中のみでも、

創り出すことができたら。

 

それは絶対に、必ず、

自分の幸せと愛と感謝から、

家族の幸せと愛と感謝を産み出し、

関わる人の愛と感謝を産み出し、

そして世界に良い影響を与えていきます。

 

そのひとつひとつがどんなに小さくても、

それは女性ひとりが、

合いもしない男性社会の中で

無理をして自分を偽って、競うように働くことよりも

※合う人はいいんですよ、それでももちろん!それは立派な才能です!

 

ものすごく、価値のあることを産み出しているんだと。

 

それは、自分をすり減らすことで生み出すそれらよりも。

 

そしてそれは、

男性の生み出すそれとは違うもので、

だからこそ男性は男性として、

女性は女性として、

それぞれの性の特性でしか生み出せないものを

生み出してお互いに還元し合って

感謝して違いを尊重して、おかげさまの気持ちで

受け取りあうことができるんです。

 

 

わたしは感情表現も言葉もストレートだし、

何よりも、上記の循環の中にいるのとは真逆の女性、

 

・素直でなくて

・ムダなプライドが高くて

・被害者意識が強くて

・可愛げがなくて

・自分の大したことなさを知らなくて(「自分はできる」くらいに思っている)

・感謝やおかげさまの気持ちをしらない勘違いオンナ

 

が大嫌いなので、

(だって女性はみんな、本当は上記の循環を生み出せる、素晴らしい存在なのに

自らひねくれてその財産に気づきもせず、自ら放棄しているからです)

 

このブログの言葉上は、

ものすごくきつくて過激な事を言う、

自分のことしか考えてない調子乗ってる人に うつってるかもしれません。

 

でも誰がどう見えようと、

わたしは最初から今もずっと、

ベースで大事にしてることは

「愛」とか「感謝」とか「おかげさまの気持ち」で、

 

ただ、まず自分を大切にできないと、

他者や世界にそんな想いで接することなんてできないので、

とにかくまずは誰をさしおいても自分を大事にして!!

(そして「ただのオンナ」として生きて)

ということを

言ってきてるだけです。

(それが自己中に聞こえるのかもしれない)

 

そしてだから、わたし、

基本的に自分の周囲の人には感謝とおかげさまの精神でしかおつきあいしていません。

 

見下している相手も、ジャッジしている相手も、周囲に一人もいません。

 

そういう人=自分とは合わない人 は自分の世界から即座に切り離しているからです。

仮に、目の前にいたとしても、

その人を責めたり見下したりすることに

自分の貴重な時間とエネルギーを割いて小さい優越感に浸るようなことはしないと

決めているからです。

 

以前ときどきいた、会ったこともないのにブログにクレームを送ってくるような人などは

ネタにしてましたけど

気持ちの上で「相手にしない=わたしがそういう人を、バカにしたいがため優越感に浸りたいがために欲していない」ので、

最近はほんとうに平和になりました。

 

そうしてそれは、

そういう風に人をいつまでも見下したり、

その人の「せい」に心の中でいつまでもしたりすることで

自分の人生の責任を自分で果たすことから

逃げてしまわないためです。

 

言い訳を自分に創らないためです。

 

だから政治とか、今の教育が、とか、

ましてや親が、パートナーが、周囲の人が、とか

そんなのブログでもセッションでも一度も批判もしたことないの、

ちゃんと読んでいてくれている人がいれば、わかると思います。

 

(ただ、因果関係がある、というのはもちろんですし、

だからそれを、書いたことも伝えたこともあるかもしれないけど、

そのことを、出会った人自身の【今】に対する言い訳として持たせる気は

今もこれからも一切無いです)

 

そうやって、「ただの大した事ないオンナ」である自分として生きることを受け入れていきながら、

そのことが結果として、

自然と謙虚な気持ちになれて

(自分を「ただのオンナ」と明らかに見るなんて、究極の謙虚さだと思ってるから言ってるんですが。)、

結果、周りのどんな人にも

感謝やおかげさまの気持ちが芽生えて、

自然と世界に謙虚に素直になっていって、

その気持ちが世界にも伝わって、

周りも見えない何かの流れも

こぞって自分のことを助けてくれる。

=結果、運がよくなったり、苦労しないでも何かが手に入ったりする。

でもそれも、基本「ただのオンナ」っていうことがブレなかったら

自分の力ではないことがわかって

ますます謙虚&感謝&おかげさまの気持ちが増していく、、、の好循環になっていく

 

このことだけを、わたしはやっていて、

その結果(証拠?)として

自分や自分の周りのラッキーやHAPPYを伝え続けてきてます。

 

本当に、関わってくれた女性には

周りに感謝する心や謙虚な気持ち、

おかげさまの気持ち、

いつも持っている、

でもそれが卑下ではなくて、ただのオンナな自分のことも尊重して、

大切にして、生きていく、

結果として、みんなが幸せで、

その人を起点に愛ある関係性になっていく

 

そういう素敵な循環を産み出していってほしくて

その上で自分のHAPPYを自由に追求してほしくて

ブログを越えた活動をしています。

 

そしてそれが、関わってくれるお客さんがどんどん素直になっていくことで、

そしてこの生き方は本当に、変化が早いので、

いろんな変化や奇跡みたいなこと、自分の人生で体感することで

「自分はほんとにただのオンナで、おかげさまだな〜〜」って気持ち、

 

伝わってると勝手に思ってました。

(なにせ皆さん、わたしの前では本当に素直で可愛いただのオンナの姿、

見せてくれるからです。。。)

 

 

だけど最近、卒業生たちのブログを見ていたり、報告を受けたりするなかで、

 

一部、ちょっとした違和感を感じるようになっていきました。

 

上手くその違和感が何か、というのは言葉にできないんですけど、言うなれば、

 

「ただのオンナとして人生が上手く回り始めたら、

今度はそのことをまた理由にして、

また「ただのオンナで人生うまくいってる自分」に優越感を感じて、

そこで人を見下したり(心の中で)、誰かを責めたり(心の中で)、

自分の正しさを身近な人に無言のうちに押し付けたりして、

被害者な自分、優れてる自分を(事実そうではないのに、ただのオンナでしかないのに)

楽しんでることで

自分に対してまたLazyになってる」

 

って感じです。

 

このもやもやした違和感を、

ものすごーーーくストレートに、

端的な言葉に表すなら、

 

あなた、何様?

 

って感じの一言になる、

わたしの個人的な感想です。

 

 

そのうち自分で気づくかなあって様子を見ながらも

なんだかたまたま(必然?)そういうことが重なって、

いろいろ考えたとき、わたしは悟ったんです。

 

 

この生き方は、カンタンに、【自分の実力外】のところで

つまり【何かよくわかんないけど見えない運や縁など】の力も手伝って、

【コトがかなりあっさり上手くいくようになり過ぎる】ので、

 

そこを【自分がただのオンナ】だということをちゃんと明らかにし続けていたら

【見えない何かや周りの人のおかげ、感謝!】って素直に展開できるのに

(そしてそういう姿勢で要られ続けたら今後も無限に展開するのに)、

 

ちょっと調子に乗って、そこ=わたしはただのオンナ を忘れると、

 

【何か目に見えない、偶然や縁がきっかけで得られたこと】まで

【自分がすごい】って勘違いして、←おおいなる勘違いです

 

今度はそこで、

この生き方を知らない人や、既存の枠組みで努力をしてる人(でもそれがストレスでちょっとゆがんじゃってる人)や、

自分の身近な人を、

 

見下したり優越感もったりすることに、逃げるんだ、と。

 

またひとことで言うならば、

 

ちっさ!!!

 

です。

 

くだらな!!!!

 

です。

 

で、さらにえぐるようなことかもしれませんが、勝手な分析の結果、←趣味

なんでそんなちっさくてくだらないところにハマってしまうのかというのが

わかったんです。

 

てゆうか、分析なんてしなくても、

そんな自分をごまかさず明らかに見ていたら、

わかるはずなんです。

なんでそんなとこで楽しんじゃう、くだらない自分なのかが。

 

コンプレックスまみれだからです。

 

人生の長い間、

負け組出身(※本人比)だからです。

 

そしてそこと、そこに対する自分の想いを

明らかに丁寧に見て、受け止めていないからです。

 

端折っているからです。

 

そしてそれゆえに、過去がいつまでたっても

「これで良かった(=勝ちも負けも本当は最初から無かった)」に

ならないからです。

 

 

だからちょっと、自分の人生が、感覚が、

良いほうに流れ出して、

そんな風に今まで無かったことを経験して、

 

調子のっちゃった、で終わってる。

 

今まで経験したことのない、

「勝ち」組がわへ

自分が行けたような、行っているような、錯覚を起こすから。

※ほんとにけっこうあっさり奇跡が手伝ってくれるので、

よほど自分で気をつけていないと、自戒していないと、

起きる良い出来事に引っ張られ

この勘違い(錯覚)をカンタンに起こしやすいです

 

 

そうしてその結果、なんかよくわかんないけど、

周囲に対して謎の上から目線。

 

たとえば「どうでもいい人が増えた♡」とか、

仮に事実そう感じていたとしたって、感じることは自由なので。

 

そんな周囲の人のおかげで仕事できているわけでしょう?

 

助けられていることもあるわけでしょう?

 

その事実を、ちゃんと明らかに見たら

 

感謝が湧きませんか?

 

おかげさまって、思いませんか?

 

調子になんて、乗れなくないですか?

 

 

なのに感謝もおかげさまもあったもんじゃない、

むしろ真逆の態度、失礼過ぎです。

 

何か、自分がどんどん仕事などで手が抜けることや

言いたいことを言えるようになっていることを

なにかよくわからないんですが

「そんな自分がすごいから(優秀だから、それにふさわしい人間だから)」とか

勘違いしていませんか?

 

そうじゃなくて、

ただ自分が小さくて、大したこと無くて、

だから手元を減らすしかなくて、もっと自分に集中しなかったら精神的に余裕が持てなくて

そういう【ただのオンナ】だから、

だから仕方なく、

やれないことやりたくないこと=無理してやると余裕の無さから人に心であたっってしまうこと を

手放していくのでしょう?そう伝えてきてるよねわたし?

 

で、それができたのは

そんな大した事ないただのオンナなあなた(が勝手に引き受けていた)何かを

引き受けてくれた人がいたからでしょう?

 

それは仕事だけじゃなくて、

気持ちだったり、

その場にいること・逆に離れることを

許してくれた誰かの寛容さだったり。

 

そういう、【誰か】のおかげでしょう?

 

間違っても

【あなたがすごいから】じゃ、ねーよ!!!

 

勘違いするな!!!

 

そして調子に乗るなら乗るにしたって、

今の事実を明らかに見たら、いくら良い方向に行ってるとはいえ、

「この程度で調子に乗れるか??」って思いません?

 

 

身近な誰かを責め続けている人も、

本当にそうやって、自分の大したことなさを明らかに見て、

いろいろなことを手放していったとしたら、

誰のことも責められなくなるはずです。

 

昔はすげーージャッジしてたけど、

他人のこと、そんなに今のわたしなら、

言えないわ。(アハ。)

ってなるはずです。

アハ。は、つかなくても別にいいけど。

 

 

よく旦那さんが言うんですけど、

旦那さんのお父さん、お酒のみで、

家で小さい頃めちゃくちゃ乱暴してたんですって。

毎日毎日。

 

だけど、自分は今、そんなことはもちろんしてないけど、

だけどいろんな何かを親も親なりに抱えて、

それを(自分と違って)吐き出す出口がなくて、

社会で必死に、自分を何か作って、

そうやって生きていくしか術を知らなかったのだとしたら、

気持ちもわかる、って。

 

少なくとも、殺さないでいてくれたから、今の自分がいるって思う、って。

 

そしたらそれはもう、おかげさまでしかない、って。

 

親のこと、いろいろ言えるほど、

自分だってきっと大したことない、って。

(繰り返しますが、彼は仕事もちゃんとしているし、暴力とかふるったことなくても、ですよ)

 

 

それは別に、親とか、責めてる許せない誰かを許しましょう、って話しをしてるんじゃないんです。

 

許さなくていいんです。

仲良くならなくてもいいんです。

それだけのことを、事実されたんだから。

 

ただ、自分が何か、苦しくなったときに、

そのせいで、っていう気持ちが向かう先があることは

本当は逆に、とても苦しいんですよ。

 

終われないんですよ。

自分が終わらそうと思わなかったら。

 

もう目の前にいないその人を、

その人との思い出を、

 

何か自分が苦しくなったときに、持ち出してきて、

そこに気持ち割くことを、

 

自分が一度、本当に、

切り捨てて、終わらせようとしないと。

 

それが奇特でつらいものであればあるほど、

周りの人は

「それだけつらい思いをしたのだから、仕方ない」

ってなってしまうから。

 

被害者として、認められてしまうから。どうしたって。

 

だから自分から終わらせないと、終わらないんです。

被害者であった自分を。

 

もしくは、負け組であった(と自分で勝手にしていた)自分を。

 

そうして、そこで苦しかった自分を、悲しかった自分を惨めだった自分を、

弱い、かっこわるい、情けない自分を、

ただ自分だけが、真正面から受け止めていくことだけを

地味に愚直に続けていかないと。

 

優越感や被害者意識がある自分を責めましょう、と言ってるんじゃなく、

その優越感や被害者意識のその奥の奥にある、

「それを持ってその世界で生きていないと、とてもじゃないけど保てない自分の弱さ繊細さ」を、

自分が明らかに見てあげて、気づいてあげて、受け止めないと。

 

じゃないと、「いつか」っていって永遠に終わらないから。

 

負け組って勝手にしてるから、

勝手にコンプレックス握ってるから、

勝ちたく成る。

劣等感をもってきた過去を自分が捨てないから、

何かにつけて

優越感持ちたく成る。

そしてまたハマるんです。

謙虚に感謝に戻れない、

ただのオンナでいられない、

苦しかった自分に。

 

そしてそうであれば、必ず、

残念だけれど良い流れも逆回転して戻ってしまいます。

 

自分が自分を(優越感持つことや被害者でいることで)ごまかしているから必ず、

息苦しくなっていきます。

自分で自分の首を

じわりじわりと締めていくことになります。

 

だから、

「ただのオンナでしかないよ」と、言っているんです。

 

何かができない、特別でない、

もし誰かと競う世界で生きたら「負け組」に入るしかないような人であっても

(わたしもですよ!)、

この生き方でなら、誰もが、

感謝やおかげさまの良い流れに乗れて、

そうして人生を良い方向に持っていくことができるから。

誰と競わなくても。

誰に勝たなくても。

 

 

そういう想いのもとに、いろいろなことを、

言っていました。

このブログで。

個人セッションで。

 

 

今、スクール生は、ものすごく最初の一週間でそれを

(見たくなくて受け取ろうとしない人は)

コテンパンにわたしに言われたからこそ^^;、

自覚はないかもしれませんが、とても強いし、

少しずつでも大きく変わっていると思うんです。

たとえ1ヶ月後、ひとりで歩んでいくことになったとしても、

【何が大切か】を

わかっているからこそ、変にズレていかないんじゃないかなと思うんです。

 

で、コテンパンにするまで非道になって言うことができたのは

一対一ではないからです。。。

これが、逆に、個人セッションでは足りなかった、と思ったんです。

一対一で、月イチで会っているなかで

情に負けたんです。

そこまで、今ほどしっかりはっきり、

言えなかった。

良い人で、いたんです。わたしも、どこかで。

 

で、だからスクールにしてよかったと思っています。

その選択はやっぱり、まったく後悔していないどころか大正解だったと思ってます。

 

そして、個人セッションの継続コースを受けてくれた方には

その点が、

とても後悔しています。

 

別に誰かが悪いんじゃなくて、みんな満足してくれて感謝してくれてても、

わたしがわたしとして、

勝手に後悔しています。

 

もちろん今、ちょっと最初の素直さからズレてきてしまってる人たちが多いわけではないにせよ、

言えば、その人たちなりに、

受け取ることができた人たちだったと思うから。

 

だから今日、ブログにわたしの想いを書きました。

 

 

一人の人だけに向けているものではありません。

 

で、その人たちが終わってる!!という話でもありません。

(だから別に落ち込まなくていいです)

 

待っていたら、自分で気づいたかもしれないけれど、

わたしそこが、

同じただのオンナでいながらも

自分と皆さんとの違いだと思っています。

 

「自分で気づけるかどうか」、

そこがわたしは強いけど(自分に対してとことん冷酷でシビアだから。)、

それが自分で気づけ無いからこそわたしを必要としてくれたと思うし、

そうして自分で気づけなかったとしたって、

こうして誰かに言われて気づけたら、別にどっちだっていいと思う。

自分で気付けるだけが能じゃない。

 

しつこいですが、わたしは個々の幸せ以上に、

あくまでその人自身の世界に実存する周囲の人たちに

その人自身が、

「がんばらなければ大して何もできないただのオンナ」

だって自覚することで、

その自分を大切に生きることを真摯に取り組むなかで、

それを支えてくれる(許してくれる)周りに対して

感謝の気持ちやおかげさまの気持ちが自然に湧いて、

結果、

良い流れに乗れて、結果、(副産物的に)この三次元的にもHAPPYを享受できるよう、

そうして本人も周りの人も世界も三方良しとなるよう、

 

そこに願いを込めてこの仕事をしています。

 

間違っても、その逆、

ただのオンナっていう世界や生き方で得た何かで、

誰かや何かに優越感をもって

周りに感謝どころかどこかで見下したり、

自分をすごいとまた変なところでプライド持ったり、

 

そういう風になってほしくてやっているわけではありません。

 

それで、そういうことやってたら、絶対に、

三次元的な幸せも逃げていってしまいます。

気持ちもHAPPYじゃいられなくなってしまいます。

 

大してできることもないけれど、

それでもそんな自分を大切に生きていこうと決めて

だからこそ、素直で謙虚で周りにも感謝に溢れてる皆さんのが、ぜったい

可愛いです。

可愛いゆえに、運にも人にも味方されます。

 

そういう皆さんが、わたしは好きです。

そしてわたしも、そうありたいと思います。

自分がこうして怒る時は、

自分の小さな優越感を満たすためじゃなくて、

本気で「あんたそんなもんじゃないだろ」って気持ちのときだけだと

そうありたいと思います。

それを受け取る受け取らないは、個人の自由ですけども。

 

 

それでは、今日は今の思いの丈を、ただのオンナの一人として、綴ってみました。

めっちゃ長い上に辛辣な文章になってしまったかもしれませんが、

お読みいただき感謝を込めて。

こんなわたくしでよろしければ、皆さまこれからもよろしくお願いします。

 

【募集中☆申込み締切りは4/10まで】

Just a womanスクール
〜自分を大切に生きる方法〜第二期☆

 

【日時】2017年4月15日(土)13時〜18時

【場所】JR東京駅徒歩10分圏内の貸し会議室

(お申込み者様に直接ご連絡いたします)

【特典】

①Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのものです☆)でのフォロー(スクール当日から一ヶ月間)

②卒業生向け音声配信サービス4月分の配信

【代金】140,400円

 

【お申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。

2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。

※2日以上経っても折り返しのご連絡が届かない場合はメールの不具合等ですので、

お手数ですがメールアドレスや迷惑メール設定などをご確認の上、再度ご連絡をお願いいたします

※5月の開催予定はありません(第3期の開催は未定ですが、開催する場合は6月もしくは7月を予定しています)

santasantasan.hatenablog.com