「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

わたしもほんの一年前は、「すごいね」「えらいね」って言ってもらえることに一番の価値を感じていた「ただの隠れビビリ」でした。

今、Facebookのフォローページでスクール生が

「評価されることに気持ちを懸ける(結果的にそれを求めるがために嫌われない、NOと言われない、周りに合わせる をしてしまう)人生」から

 

「嫌われても、ダメって思われても、そのまんまのただの自分を生きる人生」

少しずつ勇気を出して向かっている姿を

「ガンバレガンバレ!」って念じて陰ながら応援してる真っ最中です。

 

(実際伝える言葉は、今はなかなか手厳しいことのほうが多くて

皆さんつらいかもしれないけど^^;)

 

そんな折、こんな過去記事を見つけた^^

santasantasan.hatenablog.com

 

まだブログを始めたばかりの頃のわたしの想い。

なんか強がってるんだけどどこか素直でかわいいなあ。(自画自賛。笑)

 

今の、スクール生の姿と、なんだかかぶった。

そしてこのブログで書いている、

 

良いことかどうか、素晴らしいことをしてるかどうかを、

私の価値なんだと思い込んでた

 

だから発展途上国や地域の支援をする仕事に素晴らしさを感じて

そこ(※当時の会社)を選んだし、

ものすごく一所懸命働いていました。

 

「すごいね」「えらいね」って言ってもらえる。

そのことで、自分に対して価値を感じられる。

それがたぶん、当時の私に対しては一番大きな価値だったんだと思います。

 

こんな、悩みまくっていた頃のわたし(笑)の姿は

きっとブログを読んでいる人でも

「あ、これ今のわたしだ!」って感じる人

きっと少なくないのじゃないかな^^

 

あれから一年と少し。

今は、この頃予想し覚悟していたことと、

全然違う自分がいる。

 

当時、「誰かに”すごいね””えらいね”って言ってもらえることをしていることが、わたしの価値」と思っていた

「わたしがわたしに感じられる価値」というのは、

一年たった今は

「ただ存在しているだけ」ということなのだと、

やっとそう思えてきた。

 

それは、「そう思いたくてそう思えるようになった」んじゃなくて、

どちらかというと自分にとっては

「自分ばっかりは、まさかそんなはずはない(これだけお客さんには「事実自分で在るだけで価値があるし上手くいくんだよ!!」って力説してるクセに!^^;)」

って想いが強くて、

そんでそれでいいと思ってたんです。

当時の記事にあるとおり、

わたしさえ、わたしを大事にできていれば、

人から嫌われたって、大事にされなくたって、評価されなくたって。

 

だけど一年経った今、

実はこのブログ記事に書いた前職や前前職時代の先輩や上司とも

まったく違う良い関係を築けて。

このときはまだそうなってはいなかったのだけれど

わたしが勝手に無理して勝手に自分を作ってそこで働いていたのを辞めて、

離れた結果、一年経った今は

時々わたしが会社に遊びに行ったり、時々飲みに行ったりご飯を食べにいったりする関係になれました。

そしてなんと、

ほとんどの人(わたしが辞めてからも好き、とか尊敬とか思える人)が

結婚式にも来てくださるんです^^

 

それも、遠慮してなかなか誘えない、誘うのを迷ってたわたしに、

まだ現職の先輩やら上司やらすでに職場を離れて地方にいるもと同僚だったりが

「大丈夫だよ!みんな声かけたら喜ぶよ!」と背中を押してくれたり、

「海外だったとしても絶対に行くよ!」

とかって言ってくれたんです。

わたしとしては自分のワガママで迷惑かけまくった結果退職しているのに。

本当に何度、感謝で涙したかわかりません。

 

そういうことが、結婚式に至る前も何度もあって、

それで、ようやく少しずつ認められるようになってきました。

とゆうか、昨日書いた奇跡のような出来事が何度も起きることや

いろんな人の優しさから

そのことを認めざるを得なくなってきましたという感じです^^

 

先日も久しぶりに会った方に

「今は、やりたくないこととか、イヤな人、違和感を感じる人が現れたときはどうしているの?」

と聞かれて、

上手く答えられなかったんです。

 

なぜなら、今のわたしの日常に、

イヤな人も、やりたくないけどどうしてもやらなくてはいけないことも、

違和感を感じる人も、

もういないから。

 

現れないからです。

 

脳内を振り返って一応思い出してみたけど、

ほんとに無いなあと思って。

 

それで、そういう今の自分と今の人生を迎えることができたのは

ここの部分、

価値ある評価されると思っていた行動を捨てるのは、今もとてもこわいです。
玉ねぎみたいに、剥いていったら最終的に私には何も残らないんじゃないかという^^;

でもその分、それを捨てても私を好きと言ってくれる人を本当に有り難く思えます。
そして弱い世の中の役に立っていない自分もOKと思えるようになっていきました。

 

このひとつひとつを本当に、地味に

積み重ねてきたから。

 

ちょうど先日、スクールのフォローページである方が

 

(自分は)弱さ隠して強がるビビリ…(だったと気づいた)

イタイ‼︎ >_<

 

って投稿してくれて、

それに対するわたしの、

超クソ真面目な面白くもなんともない返答。(長いんで途中まで。)

f:id:santasantasan:20170329201433p:plain

f:id:santasantasan:20170329203914p:plain

 

(以上、長いんで途中まで)

 

…おもしろくないやつ、わたし。笑

 

でも、なんとなく伝わりますよね?

この投稿ができるのは、

何かのノウハウというよりも、

心のことを学んでいたからというよりも、

この一年以上前の記事に書いたように、

わたし自身が事実「弱さ隠して強がるビビリ」で、

そこを怖いながらに

「隠さない、事実弱いビビリ」になると【決め】て、

コツコツやってきたから。

※事実、わたしは現在も変わらず【弱いビビリ(隠してない)】です。笑

 

そしてその選択は、わたしのもので、

お客さんの選択は、お客さんのもので、

どっちが良いとか正しいとかいうことじゃない。

 

ほんとうに、どっちでもいいんです!

選択するのは。

 

ただ、たぶん、「堂々と弱いビビリ」でゆるされて生きたいのだろうから、

一応、その前提で話しを進めているだけ。

 

そして冒頭の過去記事でじゅうぶん伝わるとおり、

わたし自身だって、その転換期はこわかったのだから、

こわいながらにやっていたのだから

(特に自分には「それでいいんだよ!」と言ってくれる人も見せてくれる人もいなく、あくまで仮説で進んでたので^^;)

 

お客さんの【今】抱えてるこわさも

十分わかってますから、

だから逆にバカにしたりとか、

そんな小さなことで喜ぶか?とか

思ったり絶対しない!

 

だって、わたしもしてたもん!

こわいながらのちょっとずつの前進も、

小さなことでバカみたいに大きく喜んで、

小さなことで大きく自分を褒めて、

小さな気づきを宝物のように感動して、

 

それあっての今だもん。

 

だから、何か些細なことでも聞いてもらったり、

取り入れてもらったり、報告してもらえればと。

(ただし「やってから聞け!」ということはそのように突っ込みますが。笑)

 

 

そんで、真穂さんも同じだったなんだなあ。。。ってちょっとでも思ったら

こわくてもがんばってやってくださいね。笑

もちろん、その、わたしみたいなのの生き方が「好み」ならばね!^^

 

 

あ、ちなみに過去記事で書いた

根本の原因は、ココロ。そしてココロを作ってるのは、育った環境と家族と知る。

ここに関しては、今は少し考え方が変わっている。

確かに根本原因に違いはないけれど、

だからといってそこが解決しなければ変われないわけじゃないし、

「親のせい」っていうスタンスを握りしめていれば結局何も変われない。

そういう意味では、他人のせいにできなくなるし、見たくない自分も明らかになってしまうから、

ラクで最高の生き方だけど、

やっぱりちょっとイタいところを通ることもある^^;

 

今日は北海道とベトナムの方、2件の電話セッションでしたが、

※セッションを行う継続コースの募集は現在行っておりません

ふたりとも一ヶ月前の電話のときと全然変わっていて、

ひたすら自分と向き合ってきたんだなと^^

 

わたしだって、ほんの一年前はこんな感じ。

なんにもみんなと変わらない。

そのことが、旧継続コース生や現スクール生、

今前をコツコツ進んでいる皆さんに

伝わったらいいなと思います^^

 

それでは今日は、そんなところで☆

明後日は3月ラストの音声配信も予定してます☆ギリギリですみません!

また何か、参考にしてもらえそうなものがあったら取り上げていきますねー!

お読みいただき感謝を込めて♪

 

【募集中☆】

Just a womanスクール
〜自分を大切に生きる方法〜第二期☆

 

【日時】2017年4月15日(土)

13時〜18時

【場所】JR東京駅徒歩10分圏内の貸し会議室

(お申込み者様に直接ご連絡いたします)

【特典】

①Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのものです☆)でのフォロー(スクール当日から一ヶ月間)

②卒業生向け音声配信サービス4月分の配信

【代金】140,400円

 

【お申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。

2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。

※2日以上経っても折り返しのご連絡が届かない場合はメールの不具合等ですので、

お手数ですがメールアドレスや迷惑メール設定などをご確認の上、再度ご連絡をお願いいたします

※5月の開催予定はありません(第3期の開催は未定ですが、開催する場合は6月もしくは7月を予定しています)

 

☆卒業生向け音声配信サービス詳細とお申込みはこちら☆

santasantasan.hatenablog.com