読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

起こる出来事に気持ちを持っていかれない。「わたし」の在り方を、けっして預けてしまわない☆

御覧頂いた方もいらっしゃるかもですが、

本日夜まで一時的にアップしていた記事のとおり、

20日のスクールにお申込みくださったお客様宛にお送りした入金確認済みのご連絡メールが届いていないことが昨晩わかり、

原因もわからなければやはりメールは届きもせず、

今日は一日ソワソワ、どうしよう〜〜〜大丈夫かなあ〜〜〜となっていました〜〜><

 

(※今はお客さんと無事にご連絡取れましたので、記事すでに削除しています^^)

 

お客様にはとても不安とご心配をおかけしてしまったはずなのですが

それでも気持ちよく対応してくださり(有難うございました!)、

原因もいまだにわかっておりませんが、

なんせ昨日こんな記事を書いたあとでしょう?

santasantasan.hatenablog.com

 

なんてタイミング!(ナイスじゃないほうの!笑)ということで、

普通に思いました。

 

ヤバイ、調子に乗って、

いよいよバチが当たったか…?

 

と^^;

 

そんなことを、何か異例の事態が起これば、

わたしでもふつうに思うんですよー!ってことなんです^^;

 

思わなくなるんじゃなくって、

思っても無かったことにするのじゃなくって、

たとえ思っても、最終的には持っていかれないと決めるだけ。

 

生きていればただでさえいろいろなことがあるなかで、

「フツー」とか「常識」とか言われるものを逆行するような生き方をひとつひとつ選択していくなかで

※逆行しましょうとかするべきとかではなくて、

ただ自分が在りたい自分を明らかにしていったら結果的にそういう方向性だった、というだけですよ!

反抗したいわけではないのでね(むしろそこに沿えて生きれたらどれだけ良かったか…^^;)

もしかして試されてるの?と感じるようなことや

わたしのワガママのせいでバチがあたったのかな?と感じるような歪(ひずみ)が起きることって

やっぱりあるなあ〜って思います。

 

でも別に誰も試してないし、

誰もバチ当ててないんですよね^^;

 

なんだか、自分の中で勝手に、

起きた出来事に勝手にビクついて、

勝手に自分の在り方の是非と結びつけて、

 

「何か悪いこと起きたらダメってことなんだゲーム」

 

「何か良いこと起きたらOKってことなんだゲーム」

 

と勝手に展開させてスリルを楽しんでるだけなんですよね。笑

 

こうやって文字にして書いてみると、事実、

「あんた何やってんの?(ヒマか?)」

って気持ちになって面白いですよね。。。笑

 

 

わたし先月インフルになったときにも思ったんですが、

最初インフルだって気付かないでブログでも「風邪ひきました」って言って

寝込んでいたじゃないですか。

 

でも気付いてないから、病院にも行って無くて(行く体力があるなら寝ていたかったので…^^;)、

いやに熱が高いなあ。。。って思ってただ市販の風邪薬テキトウに飲んで寝込んでて

熱が下がってから、

体調崩す前日に会ってた友人が同時期にインフル発症した!って知って

「あれ?じゃああのときのあれって…??」

ってなったんです。あとから。笑

 

そういえば風邪にしてはあまりにも苦しすぎたよなと。笑

身体、おかしすぎたよなと。笑

薬、全然効かなかったよなと。笑

 

でも、別に、治ったので。

 

それでそのあと、その友人からのメールや、

タイミング良くセッションでステーションホテルを訪れた時に

エレベーター待ちしていた親子のインフルに対する会話を聞いて、

確信したのです。

 

ああ、インフルに、

かかるかどうかが問題なんじゃないんだわ、と。

 

持って行かれるから、【問題】になるんだわ、と。

 

これ、確信したんです。

今の季節で言うなら花粉症とかもまさに同じ!

 

その時期になると、ニュースで、電車広告で、雑誌で、

いたるところで、

 

「インフルを防ぐには!?」

「予防接種はいつごろまでに!?」

「こんな風になったらご注意!インフルエンザの初期症状は!?」

「今オススメの花粉症対策グッズはこちら!」

「今年の花粉の飛散状況、予想は!?」

 

などなどなど…。

 

インフル、花粉症を大問題視して避けようとしているようで、実際は

めっちゃ意識。

 

心の中で、

インフル撲滅!!」

「花粉症退散!」←なんか違う

って、

めっちゃ意識。

 

その「めっちゃ意識している」ということはすなわち、

なりもする前から「めっちゃ戦っている」ということでもあり、

それはさらに言うと

めっちゃ気持ち持って行かれてる

ということ。

 

気持ちめっちゃ持って行かれてるから、めっちゃ強くそれらを引き寄せ、

引き寄せたとおりにやってきたときにはめちゃめちゃ

「ハイハイキタキタキターーーーーーー!!!!!(魂大喜びーーーーー!!!!)」

 

ってなる、という。

 

気持ち、完全に持っていかれているから。

 

何か起きることに対して、

「全てのことが自分次第(自分の責任)」ということの括り方をまったく残念な方向に捉えているがゆえに

何かが起きたときにはなんでも自分のせいにして

一喜一憂して感情を喜ばせてそこでゲームしている人生。

 

そうじゃなくて、自分が決まっていれば、

何か起きて気持ちは揺れても、

100%には、持っていかれない。

 

起きる出来事、誰かの評価、「何か」によって、

自分の正しさや価値を、上げ下げされない。

 

そこで上げ下げゲーム、やっていないからです。

そこで遊ばないと、決めているからです。

 

だから、インフルかかれば苦しいけど、気持ちは持ってかれない。

ジタバタせずに薬飲んで寝てれば、いつかは治るのはみんな当たり前。笑

(もちろん病院でちゃんと薬もらって飲んだほうがより良いですが^^;)

 

だから予期せぬ出来事が起きたときにも、気持ちは持ってかれない。

そのときの最善と思うことをやっていれば、

やがて結論は出る。

(それが最悪、たとえば今回のことで言えば

いろいろなタイミングや気持ち等のすれ違いで

お客さんを怒らせキャンセルに至った、となったとしても、

死にはしないし自分の価値を上げ下げするものではない。)

 

だから、なんとゆうのかな、

避けようとするとか、いかに避けられるか?(避けられたら自分ヨシ!的ゲーム)みたいなところに気持ちを持っていかれるよりも、

そこを操作しようとしないで、自分の在り方だけ決めて、

何か起きたらそのとき考えればいいし、

そこで不安や焦りが出たらそれもいいし(人間ですもの。笑)

そしてそれらの気持ちに蓋をして無理にポジティブになろうともしなくていいし、

ただ来たら、その場その場で淡々と対処していれば

勝手にまた流れ、去っていく。

 

まるで川の流れのそれと同じように、

一生とどまることなんてないのだから。

 

そしてそれを、

川がちゃんと流れているのに、

めっちゃ早く流れていけ!!!って操作しようと躍起にそのゲームにハマる人ではなくて、

「いつか流れていくべさー。わたしのやれることをやるのみだべさー。」という人に、

なぜか比較的、一見良い流れの川が太くなり、

一見悪い川の流れは早くなる。

という世の不思議な矛盾。笑

 

そこはやっぱり、

何がどうあっても、

気持ちを持っていかれない

「ただ自分で在る」という淡々とした姿勢。

 

 

ってね、こんな偉そうなこと書いているわたしも

以前はもっともっと「結果」「起きる出来事」にこだわっていたんだよなあ^^;

そこで「答え合わせゲーム」に、ハマっていたんだよなあ^^;

 

今ならすごく良くわかる。

その限りは、どこかでどうしたって

「自分以外の何か」に

左右され続ける人生になるということが。

 

本当にここ一ヶ月ほどで、それに気づかせてもらえることがとっても多かったような!♡

 

それは一見イヤなこと、ヒヤリとすることもあったのだけど、

今となってはやっぱり

全部全部、与えられてるしか無かったのだなあ♡

 

そういう、一見した良いも悪いも全てをグルリと飲み込んで、

自分の糧にしてしまうという器のデカさというか。

そこをもっと、育てていきたいと、思うのです^^

 

そしてこういう記事を見て

「(原因がわからない、にせよ)お客さんに迷惑がかかったのに、なに開き直って、信じられない!」

みたいに感じる人がもしいたら、ますます

そういう人はわたしの世界からは離れていってくれるはず^^

それは良い悪いでもなく、やはり好みの問題なのです☆

 

そういう世界だと

「こちらはちゃんとやることはやった!」と主張することが自分を守ることのようで、それは同時に

「あなたが間違ってる!」と言っていることになって、

正しさが関係性を左右してしまうことになる世界でしか無い。

※事実を伝えるというのとはまた別ですよ^^

 

「原因」っていうのはきっと確かに、調べればあるのだろうし

事実をただ伝えるというのとはまた別ですけれど、それとは別の次元で、

 

わたしからは

「連絡が届いていなくて本当に不安で心配でしたよね。(そういう意味での)ごめんなさい!」で、

(今回の)お客様からは

「連絡が取れて、本当にホッとしました!有難うございます!」

で、

お互い

「そんな風に対応してくださって、本当に有難う!」

で、

有り難い&気持ち良いしかない、っていう世界^^

 

こういうトラブルって本当に避けたくて、無ければ無い方がいいけれど、

それでも起きたときには

そこの世界で対応したいとわたしは思う。

それが、「どっちに非があるのか突き詰める」とか、「謝って」とかっていう話になってしまうなら、

そんな関係さっさと離れたほうがよくて、

起きる出来事も起きるべくして起きてくれてるんだと思う。

 

そしてもし、相手ではなく逆に自分がそれをしたいと思ってしまう側ならば、

それは起きた出来事に、自分の価値(ただしさみたいなもの)をくっつけて

価値を下げないように!っていう焦りがあるから。

 

そこを保持することに躍起になれば、ますます強固にその窮屈な世界に自分を居続けさせることになる。

 

なので自分から、そんなゲーム、そんな人生の遊び方は

さっさと捨てていく。

やっぱり、自分がしていくのはただそれだけだわ、と

あとは相手や宇宙に委ねたらいい、と

改めて強く確信したのでした☆

 

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて^^

明日は素敵な休日を〜♪

 

【募集中☆】Just a womanスクール 〜自分を大切に生きる方法

 

日時:2017年3月20日(月祝)11時〜16時

場所:上野駅より徒歩数分の貸し会議室(お申込み者様にお知らせします☆)

特典:Facebookでの秘密のグループページ(参加していることが外側に漏れないタイプのもの)でのスクール当日から一ヶ月間のフォロー

代金:140,400円

※価格は今年1月まで募集を行っていた「継続コース(継続セッション)」と同じ金額になります^^

※当日の音声は個別に録音可です。こちらからの用意の予定はありませんが、録音し繰り返しお聞きいただくのも大歓迎です^^

 

【スクールお申込み】

フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「スクールについて」などの件名でご連絡ください。2日以内に事務局より折り返しご連絡いたします。