読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

本気でお仕事している方々の本気の遊び心に学ぶこと☆今日はウェディング打ち合わせでした〜☆

f:id:santasantasan:20170209215425j:plain

f:id:santasantasan:20170209215441j:plain

 

まだ体力が回復しきっておらず今日もはよ寝ねばという感じですが、

ちょっとだけ書きたいのでそれだけー!

今日はウェディングの打ち合わせで、午前中は挙式を予定している聖路加教会と、

午後は披露宴をお願いしている東京ステーションホテルと、二件続けてのお打ち合わせでした。

もう、今日だけでどれだけ心から泣いて、心から笑って

深い喜びで心震えたか。ほんと感動しいでごめんなさいね。笑

 

書き出したらいろいろ書きたくなっちゃうので抑えて後日に回しますが、

教会では牧師さまに、出逢いのきっかけや結婚して今の気持ちなど、いろいろ聞いていただいて。

 

すごいんですよ!

聖路加教会って、

そもそも関係者外は結婚式を行うことができません。

お金ある無し、で式挙げられるところじゃないんです。

特にわたしたちのように、

キリスト教徒でもなければ病院の職員や聖路加大学の卒業生でも無い

一患者だったというだけの立場なら、なおのこと。

 

これも家族含め周りの方のご縁のおかげで実現できたことですけど、

そもそもそのように、ハナからビジネスではないのに、もちろん献金はしますけれどね!

めっちゃくちゃわたしたちのことに、関心をもって、話を聞いてくれるんです。

 

「サービス」じゃないんです。

完全に、ボランタリーといいますか。言い方が正しいのかよくわかんないんですけど。

むしろ純粋に、大切な人のことを、好きだから知りたい、というような。

 

※ちゃんと対価をいただいてサービスを提供してくれるビジネスを批判してるんじゃないですよ!それは完全に別物ですからね。そこ勘違いしないでくれたまえ。←誰?

 

わたしバカで素直で正直者だからうっかり、最後に、

「なんで仕事でもないのに

(わたしたちのこと知ろうとなんてしなくても、当日サクッと式だけ挙げることもできるのに)

そんなにいろいろ関心もって聞いてくださるんですか?・▽・?」

って聞きましたからね。笑

あ、もちろんもうちょい丁寧な言い回しで。笑

 

そしたら牧師さんが笑って、

「こちらで縁あって、挙式される方は、本当に、これからのふたりを応援したいと思っているからですよ^^だからこれは始まりであって、できれば、結婚してからも、ときどき会いにきてくれたり、それからの様子をお知らせいただけたら嬉しいなと思っているんですよ^^」

って言ってくれて。

 

 

マジか!!!と。

 

このお方、マジで言ってらっしゃるわ!!!!!と。

 

 

やっぱり、神様に仕える?ことを決めて生きている人は、もう、

全然違う。

本当に、心の底からそう思って言ってるんですよ。

綺麗事とかじゃないんですよ。

そういう、本当に無償の愛っていうのかなあ、そういう心を持てる方が

そういう心の方が、いるんですよほんとに。

 

しかも全然、なんとゆうのかなあ、

そこでしか生きる道が無かったとかじゃなくて、

超イケメンのアメリカ人牧師さんで、

ジョークも面白くて、

なんか普通の今の社会でも勝ち組にサラリと入れそうな、

とゆうか事実、10年以上日本の企業で働いてブイブイ言って調子乗りまくってた時期もあったという(あ、ここらへん個人情報だからあんま書くのあれですけど^^;)

まあ大変にステキなお方なのです。

 

でも、「自分で選んで」この道で生きることを決められた。

 

うちの母も、今キリスト教を学んでいて、

それは本当に尊敬できる神父さんにお会い出来たからなのですけど、その方もそうですし、

ほんとにその道を選んで、

けっして派手では無いけれど突き抜けて存在感のある方って

やっぱりそうなんですよね。

 

きっとどこでも通用するけど、「選んで」その道に来た。

それが「得」か?とか、「どれだけ何か評価を得られるか?」とかの判断基準じゃなくて。

 

 

だからね、

 

わたしが常々、

良い子とか止めたらいんじゃない?とか、

表面上いい人ぶってても、肚の中でそんな風にきったないこと思ってんだったら

思ってる時点でそれがホントなんだし、

観念してさっさとそっちの自分で生きたらいんじゃないですか??

そう思わない自分になろう!!とか

マジ時間の無駄だしアホくさくないですか?

 

とかってサラリ突っ込んでるのは、

こうやって本当の本物ってゆう方たちがいるからなんですよ。

 

 

本当の本物は、「与えます♡」とか言いながら内心は

「返ってこないかなあ…♡」とか、

 

「お客様のために!!!」とか言いながら内心は

「だからわたしのもとにいつまでもいてね♡」とか、

 

「こうあるべきなんだ!」とか言いながら内心は

「ね?わたし正しい良いこと言ってるでしょ?認めて!」とか、

 

そんなアホなこと思ってないわけですよ。たぶん。

なぜなら、

本物だから。

望んで、選んで、自己責任で、やってるから。たぶん。

 

絶対、「迷える人に与えよう!って思わなくちゃ!」とか

「感謝!って思わなくちゃ!」とか

そんな忙しい一人劇やってないし。

 

だから、そんな忙しい一人劇やっちゃってる時点で、

もう違うんだから、

諦めたらいいと思うんですよ。

それはわたしには無理。って。

それで自分が感謝も与えたいも、勝手に好き勝手、やったらいいんですよ。

そしたら感謝も与えたいも、自然に湧くって。

 

まあそのなれ果てがコレ(わたし)ですけどね。

 

誤解のないように繰り返しますが、

お金をいただかないで、事業にしないでそれをやってるから牧師さんが尊い!!すごい!!=ビジネスが良くない!では無いんですから。

 

わたしは、お金いただかなかったら絶対にできないことについて

何がどの点においてなのかを自分を常に疑って明らめ続けてみて、

だからこそ他人様をすごい!って思っても

自分は100%出来ないしやりたいとは思ってないことも明らめてますから。

 

ただ、自分にはまた出来ないことだからこそ、その【違い】が

純粋にすごい!ステキ!カッコいい!!!感謝!!!って思うだけ。

 

ここで、ただそれで感動して感謝して終わらせればいいのに

「そっちが素晴らしい=自分はすごくない」とかしだして、

合いもしない土俵に足突っ込んだら、

そのほうが本当に奇跡の大バカものです。

 

そしてそれって、真剣にその道を喜びをもって選択してる人からしたら、

大迷惑でしかないと思うし。

 

自分に自信つけたいからこの仕事、とか。

評価されたいからこの仕事、とか。

 

マジでその仕事に喜びと誇りを持ってやってる人の迷惑でしかないですよね。

だから、ニセモノで、自分を偽ってやましさ隠して生きてる人からどんどん人生上手くいかなくなってんだよ。

苦労してわたしはこれを選んでるんです、仕方なく。ってスタンス、

ほんとに望んでやってる人からしたら、不快以外の何者でもないですからね!


誰もオマエに頼んでねーよ!!!

大して期待してねーーーよ!!!
(残念ながらきっと頼みやすいから頼んでるだけ)


って全力で突っ込みたいわ。

よくこういうこと書くと「いやわたしの会社の仕事はホントにみんな嫌がってて。」みたいな言い訳を持ってくる人いますけど、いやいやあなたがそういう人だから、そういう嫌!!って人ばっか同等レベルで集まってんですよ。って話です。まずはその自分を疑おう。笑

 

 

おっと話が飛んでしまいましたが、

だから逆にね、午後から打ち合わせ東京ステーションホテルはまた、

別の部分で感動なんです。

 

お金をいただくからこその、本気の愛出し勝負というか!

そうなの、本気の「愛出し」なのですよ。

 

そしてその愛は、誤解を恐れず言えば、

わたしたちお客様にというよりも、

自分の仕事に対して向けられているというか。笑

 

 

ドレスをお願いしているデザイナーのチカさんも、

ステーションホテルのプランナーさんも、

今日はお花屋さんとBGMの担当の方と、それぞれ会ってきましたが、

皆さんめっさくさに共通してるのが、

ホントにこの仕事大好きってゆうか、むしろめためたに愛してますよね!?っていう。笑

 

だからね、お客様のためであって、お客様のためでないのではと。笑

 

これまた誤解を恐れず言うと、

自分がこの仕事が大好き過ぎて愛しすぎて仕方なくって、

だからどうにかそのでかすぎる愛を最大限、

どこにも妥協せず表現したいがために、

それを実現するために、

ちゃんと誰かに喜ばれて、喜んで対価を払っていただけるシステムやスタイルを実現させたよ!!って感じ。

 

だって、わたしたち以上にこだわってるもん。

なんかさ、結婚式って一生に一度のことだし、わたしたちからすると初めてのことだし、

わかんないことだらけでしょう。

だからこっちがわからないことを逆手にとって、手を抜こうとできることも

本来ならたぶんたっくさんあるわけなんですよ。きっと。

 

でも、それしてないからね。絶対。

わかるもん。

「済まそう」としてるか「愛を表現したい」と思ってるかくらい。

で、そのためには、絶対にお金が必要なんです。

何においても。あったりまえですが。

だから、ちゃんと、いただく。「そのため」に。

 

わたしもだもん。

今回対面セッションを無期限停止にしてスクールにしたのは、

わたしが気持ちよく愛を放てない(というかそもそも受け取ってもらえない)現実が

次々起こったからです。

それは結局、わたしがわたしに誤魔化していたところがあったからでもあったんですけどね。

(現実を創ってるのは全部自分という点では。受け取れない人はそれはそれでもう放置ですけどね。)

 

でも、それが望む在り方ではないから。わたしは。

だから、それを実現できるかたちを創りだしただけ。

 

 

ステーションホテルさんに披露宴会場をお願いした要素はいろいろあったんですが、

そのうちのひとつが、この記事を見つけたことでもあります。

toyokeizai.net

帝国ホテルより高いのか。。。ちゃんとタイトル読んでなかったかも。。。

 

 

他の式場さんと比較したことがないのでわからないけど(他のフェアとか一切行ってないのです。)、

本当にすごく勉強になります。

仕事っていう遊びで本気で楽しんで、自分の愛(大好き)を表現して、

結果的に人さまに喜ばれてお金がついてくるということの循環が。

だからつくづく、「会社員だから、(何かが)できない」は言い訳でしかないのだと思います。

(どっちが良い悪いじゃないですよ。ただ周りがどうの発言は全て言い訳でしかないってこと。)

 

 

なんてゆうかよもや自分たちの式がどうのというよりも、

そんなステキな循環の中に乗っからせていただいて有難うございます!!

へえ〜!なるほどこんな想いでやってるんだ!

ほお〜!こういう業界だったら、こういうかたちでこだわりを出すんだ!!

はあ〜!!そこまでやっちゃうんだな!(←マジ楽しそうに。笑)

 

って毎回楽し過ぎる勉強って感じなんです。

 

それが、業者さんや個人の対応だけではなくって、

ホテルの方針やら出入り業者さんが古株さんばっかりではない(=常により良いものを積極的に探してるからこそ)ところからも

ああここなら大丈夫だ、って思うわけです。

だって、ステーションホテルなんて業者さんをそうそう変えなくたって、

絶対知名度だけでお客さん来ますからね。
お花とか、作り込むのはプロなわけでそんな変えなくても、見栄えは大きくは変わらないし別にいーや今のままで!とか思うよね?笑新たにプレゼンとか新規の業者選定とか絶対手間はかかるしね!?

他にも、細かいことだけど、愛をもってもっとより良くしたいって想いでやってらっしゃるのが垣間見られることばっかりです。

 

だから、多少(多少ではないのかな?笑)高くても

ここでお願いしてよかったなあって思うし、

わたしもまた大好きと愛で稼いで、

そのお金で気持ちよくお支払できる自分でありたいなあって思います。

※結婚式の費用は両親が貸してくれる予定ですが、今のペースだと自分で払えそうなのでちょっとがんばっています^^

でも「借りたらダメ(な娘)」なのでも無いし、ほんとにどっちでもいいですけどね!

 

 

って、今日は簡単に!とか言ってたけどめっさ長くなってますねわたし!

まあいつものことですけどね!!

でもまだまだ書きたいこといっぱい!

ほんとに、今日もまたいろんなコトを受け取りまして、

まだまだ書ききれないのでそのほかの気付きやら感動やら怒りやら絶望やらはまた今度に!笑

 

スクールに関しても、今回の路線大幅変更についてはいろんな想いがあったのでそれも書きたいのですが、

まあとにかく一番、わたしが愛を放てるかたちを準備できたと思ってます。

今のコース生の皆さんの素晴らしい例も、残念ながら受け取ってもらえず取りこぼしまくられた例も、

それぞれわたしも生身の方たちと向き合わせていただいたからこそ、

何が大事なのか、ずれちゃうのか、

わかってきた気がしますので。

ブログにはなかなか書けないことも(口が悪すぎて^^;)、お話しできればなと思います。

もともとこんなに豊かな世界で、豊かに喜びばっかり愛ばっかりの世界で自分自身が生きていきたい方、

心よりお待ちしています♡

てゆうか、うだうだ人生にさっさとサヨナラ告げて、さっさと来ちゃってくださいな。(ツンデレ式。)

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 そいではまた〜・▽・ノ☆