「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

【そもそもね、な話。】わたしのストレートな言葉、放つ怒りのワケ。

前に母親と電話で話していたとき、

「どうしてこんな簡単なことなのに、けっして難しいことじゃないのに

こんなに多くの人が逃げちゃって、悩みにいるままなのかな。直視できないのかな。」

みたいなことを言ったことがあって。

 

そうしたら母親が

「うーん、たしかに難しいことじゃないのかもしれないけど、

真穂と対峙すると、

今までの自分や自分の信じて疑わなかったこと、

生き方を、

全てひっくり返さないといけなくなることってあるじゃない。

その衝撃ってやっぱり大きくって、

受け入れがたいというか。

それはとっても、難しくないけどしんどいことだと思うのよ。」

みたいなことを言った。

 

そしてそのあとの母親の言葉がこれまた秀逸で、

 

「たとえていうなら、服を脱いで裸になることは難しくなくて簡単じゃない。

でも、たとえば自分を隠して生きてきた人にとっては、

その服を全部脱いで

人前で裸を晒して生きろというようなことを言ってるわけでしょ。

それは確かに【難しくはないけど、簡単じゃない】じゃない。」

 

と。

 

これにはなるほど!と思った。座布団一枚!てな感じで。

てゆうかうちの母親、別にこのブログ読んでないのに。

わたしがどういう働き方してるかも対して知らないのに、すごい。

さすが母親。かないません。

 

 

それで今、とか、最近、

わたしにストレートに

いろいろなことガツンと言われているコース生たちがいて。(全員ではないけれど。)

 

そこをバネに変わっていった人も、

受け入れられなくて悶々としている人も、

それこそわたしに、隠していた裸を見られたみたいな感覚があって

恥ずかし過ぎて穴があったら入りたい、みたいな気持ちになっている人などなど、

いろいろいると思う。

 

でも知っておいてほしいのは、

わたしもかつてのあなただったってこと。

 

全部、自分もそうだったから、自分も【やらかして】きたから

だからわかるし、言えるんだってこと。

 

【やらかして】きた上で、

でもそこを【やらかした】ままでは

絶対に変われなかったこと

身をもって知っているから、言っているだけだってこと。

 

てゆうか大体、

ホントの核心って、

そういうことばっか=恥ずかし過ぎること、嫌なこと、受け入れがたいこと、見たく無さ過ぎなことばっか なんですよ。

 

で、そういうのは皆言いたくないから。

提供側が、言わないで、やんわり良かった風にしてお金だけもらおうとするから。

てゆうかお金もらうために、機嫌取るのに必死なビンボー自営者ばっかりだから。

だからふわふわスピリチュアルじゃないけど、

こんだけ心のこと扱ってるところが多いのに

悩める人やその現実が変わらない人がゴマンと溢れてるってことです。

 

 

だから(話が戻るけど)わたしが散々やらかしてるからこそ、そのまま放置した先がどれだけ大変かわかってるし、だから言わなきゃって思ってるし、

で、自分がやらかしきってるからこそ

その人自身が思ってるほど、

わたしは大して問題と思ってもないってこと。

 

だって、自分も散々やらかして、勘違いしたり、人のせいにしたりして来た上で、

でもそこをちゃんと直視して、

今のわたしだから。

やらかしたことの数なら

大して皆さんと差がないと思ってるから。

(いや、むしろ多いかも。)

ただわたしは、誰に何を言われなくても

自分の意志で

すべてから目をそらさないで、誤魔化さないで

踏み込んでいくことに長けてるだけってこと。

 

それ=自分を誤魔化さないこと・逃げないこと・やってる風にしないこと が

たぶんいちばん難しいから、

そこはわたしの力を借りて「なるほどこういうことか」って掴んでいけばいいことだから。

 

だからね、たとえば最近だと”ゆめの”さんがわたしに怒られたことからの気付きをブログに挙げてたりしたけれど

(文中の”どすっとやってもらえた”っていう表現がツボでした。笑)

 

これはゆめのさんが、自分のことをちゃんと把握していなくて、無理して企業の面接に申し込んで、でもやっぱり働くの想像すると辛くて

結局面接を辞退した、という報告に対してどすっとやり(笑)ました。

 

そこからつながって彼氏さんにも「わかってもらえてない」的な不満を漏らしていたので、

ふざけるな!と。どすっと。笑

 

以下、わたしが送ったメールの一部

 

自分という人間がどこまでできるか、
自分のキャパシティ等はどれほどのものなのか
ちゃんと直視せず「できるだろう」とか「これくらいなら」とかって曖昧にして臨んだ結果、
一週間でどれだけの人を悪者扱いしたか、どれだけの人に迷惑をかけたか
ちゃんと直視して絶望してください。

 

自分の無責任な、自己把握の出来ていない選択が

どれだけ周りに迷惑をかけたか自覚すること。

それを自覚したら、自分が何ができて何ができないか、
きちんと知ること省みることで二度と同じようなことを繰り返さないという自戒に変えられれば
周りに迷惑をかけてしまったとしても、それを実体験で学べた貴重な経験に生まれ変わります。

 

”だから”、わたしは、「自分のことを一番大切にしなくちゃいけない」と言ってるんですよ。

 

自分のことを大切にしていない=自己把握が出来ていない、ただのオンナでしかない、大して本当に何も出来ないということを自覚していない人間の浅はかで傲慢な行動が
どれだけ迷惑を生み出すか知ってるからです。
誰かを勝手に悪者に、加害者にするかを、知ってるからです。

 

自分を覚悟をもって幸せにしなければ結局は人にも迷惑がかかるというのはそういうことです。

 

かなり厳しいことを書きましたが、ここ直視しないことには同じことゼッタイどこかで繰り返して
たとえ結婚できても勝手にまた自分でできないことをがんばって彼や誰かを悪者にしますよ。

 

これ、厳しいこと言ってるけどつまり、

わたし自身が自分を把握していないことで、

たくさんの人を悪者にした経験も、

たくさんの人に迷惑をかけた経験も、

【やらかしてきた】ということです。

 

それを経て今、【そうではない】自分の立ち位置から過去を振り返って心底、

 

やらかしっぱなしでそれで仮に何かをもって自分を正当化したとしても、

自分を被害者にしたとしても、

これはこれ、って終わったことにしても、

 

何も自分に得られる幸せも豊かさも無いこと

むしろマイナスしか自分に及ぼさないこと、

そして相手が変わっても環境が変わっても、【その自分の生き方のスタンス】を変えないことには

未来永劫、自分の穏やかな人生、HAPPYな人生はやってこないことを、

身をもって知ってるから。

 

めんたい子さんとまだ出会う前に落としてしまった一撃も

(あれは、会う前にやってはいけなかったなと未だに反省&教訓ですが…)

自分がお金を手に入れている人を羨んで、どうしてわたしは!!!って

心底悔しんで、歯がゆかった時代が

確かにあったから、言えるんですよ。

 

今、不倫しているというコース生も何人かいるけれど、

不倫がいけないとも思わないし(するほうもされるほうもやっぱり自己責任。)、

だから別れろとか全然思わないけど、

【自分が】二番で、結婚できないことがイヤならば、

そうして相手にもその気がないのがわかっているならば(わからないなら怖くてもまず確認しなきゃ始まらないし)、

別れが辛くても一人から再スタートしなかったら

始まれないでしょ?って話。

 

これも言えるのは、

わたしだって今の旦那さんと会う前に

一年くらい失恋を引きずりつつも、

自分の足で自分の人生を

歩き出した経験があるからだしね。笑

(今となっては、なんであんな男に気持ち入れ込んでたのかホントに謎ですが。。。)

 

いつもいつも、「つらいつらい!」って、「聞いて聞いて!」って、

その場限りでも誰かに優しく接してもらえること、

こわさや不安を共有してもらえることを望んで、

自分のつらい気持ち、怖い気持ちを直視できない人もたくさんいるけれど、

わたしもそうだったから。

 

だけどそれやってるうちは、

自分で自分の荒ぶる感情を肚据えて引き受けようとしないうちは

誰かに優しくされよう、助けられようとしているうちは、

絶対に誰とも交わって生きてはいけないことを

これも身をもって経験しているから。

 

 

そうやって見たら、わたしの人生、失敗まみれです。

 

【やらかし】まみれです。マジでアイタタタ〜って感じですよ。笑

 

 

だけど、だからわかるわけ。

 

だから誰でもできる・変われると信じられるわけ。

 

だって、わたしは今に至るために

強くなったのでも、乗り越えたのでも、賢くなったのでも、優れたのでもなく、

弱くて何も出来ないどこにでもいるただのオンナである自分自身に、自分の人生に

責任を持って、

この自分で生きると決めただけなんですから。

 

オンナだっていうことには、これ読んで何か自分の糧にしようとしてる人

たぶん全員皆同じでしょう?

皆同じなら、どこまででも平等ですから、スタート地点も。

 

だから、あなたが変われない・出来ないことの言い訳も何もないし。

 

そして継続コースの皆さんが、たぶんそのときは

きっつー!て思いながらも

自分のために、受け入れて糧にしていこうとする姿は

本当に感謝しかないです。

いくらわたしが言ったところで、本人に受け入れてもらえなかったら何にもならないので。

(それならそれで、自分の自由だから、わたしはどちらでもいいですけどね。)

 

放ってるものを、取りこぼさず受け取ってもらえたら

そりゃわたしも嬉しいし

やっぱり感謝です☆

 

最後に、今ブログを書いてたら問い合わせフォーム宛に、

継続コースの代金を支払うことができなくて、それでブログを読んでいて…というメールをいただいたのですが(ごめんなさい何回か読み直したのですが、何を伝えたいと思ってのご連絡だったのか、主旨がよくわかりませんでした…)、

 

いろんな事情の中で生きている人がいる中で厳しい言葉なのかもしれないけれど、あえて書くならば、

今この日本にいて、

携帯電話を持っていて(アドレスが携帯アドレスだったので。)、

インターネットでブログを読める(そしてその時間がある)という環境にある人にとっては、

今の継続コースの代金は

【払えない】っていう金額ではないな、と思ってます。

今すぐ、かどうかは別として。

 

ただ、その今の価格が、

その金額と天秤にかけたときに、結果として

「これにこの額のお金は使いたくないな」、になるだけかなと。

 

本当にほしいものなら、本当に必要と感じるもののためなら

生活費だけで給与が消えても

仕事を増やしてでもバイトしてでも、人に借りてでも

わたしは手に入れますもん。

それをやってたのが、ホステスかけもちしていたときかもですね。

勉強代のために働いて、

睡眠時間も少なくなってほんとに疲弊したけど、

でもやっぱりあの頃の経験ってとても財産です。

 

そうしてちなみに、その頃を経てから長い間わたしは学ぶことにお金をかけていないけど、

それは「払えなかった」んじゃなく「払わなかった」んです。

 

一年前の、収入がなくて、お金がどんどん尽きていく中でも、

事実「払えなかった」けど、それ以前に意志を持って「払わなかった」んです。

 

当時のように、無理して働くか誰かに借りるかするまでして

払いたいと思うほど学びたいものが無かったから。

気になるものはいくらでもあったけれど、

価格と内容を天秤にかけたときに

そのときは

自分の中から湧き出てくる気づきとその実践の日々のほうが

何千倍もの学びがあると「選択」しました。

だから、払うためのお金も作ろうと思わなかったし、

事実手元にお金があっても「払わなかった」と思います。

それだけの価値があると判断するものが無かったから。

 

そしてちなみに言うならば、それくらいの想いと覚悟を持って書き溜めた気づきであり、挑戦し続けた実践であるからこそ、

わたしのこのブログは今、無限にお金を産んでるんだと思います。

31歳の、他に何も出来ない、コネも人脈もSNSの活用も無いただのオンナのわたしが、

月収100万円以上なんて金額を

このブログ一本で産んでるんだと思います。(そうそう気づいたら今月アッサリ100万越えてました。ビックリ。)

お金だけでなく、他の方の人生をも変えていくものを、産み出してるんだと思います。

 

そこまでのわたしが言う「ブログだけ読んでても変わらない」ですよ。

そこまで独りでやれるだけの人なら、きっと、「ブログだけ読んでても変わります」。

わたしのようにね。

 

 

と、話が逸れましたがそんな感じで、わたしには、

「支払うことが出来なくて」

というのの「I can’t」が

「そうだよね」って言ってはあげたいけれど

そもそも向かう本気度が違うのかなって

思ってます。ごめんなさい。

それでそれは、人それぞれですよね。どれくらい、自分の人生に本気を出したいかどうかも。

ホントに本気出したい、だから今すっからかんでも、お金まずは貯めます!って人は

いつでも(いつまでこのサービスもやってるかはわかりませんけど)お待ちしてます☆

 

それではまた^^v

 

【募集中のコース詳細】

※コースの価格、内容は予告なく変更している場合がありますので、必ず下記ページから最新の情報をお確かめの上お申込みください。

※※2017年1月の新規継続コース生の募集は満席のため締切となりました。ご希望の方は2月以降の日程で初回セッション希望日を複数お知らせください

santasantasan.hatenablog.com