読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

自分に踏み込もうとしたら世界が変わる☆&新たなコース生のブログ紹介など!

来週のセッションでやっと初めてお会いできるぼのぼのさんの記事^_^

(これのひとつ前の記事からぜひ読んでみて!)

bonobono-happylife.hatenablog.com

 

ぼのぼのさんは過去記事でも明らかにしているとおり、

休職中で、心療内科に通ってるそうです。

わたし、継続コースの申込みを受けたあとにブログでそのことを知ったんですけど、 

その状況で、10万越えの継続コースに申し込むのは勇気いたと思うよ。

 

でも、彼女はやった。

 

それだけでなくブログまで始めた。

ブログが絶対、という話じゃなくて、この機会を最大限活かそうと、

自分を見つめる機会を意識的に作ったということ。

 

そうやって、自分で自分を良い意味で追い立ててるというか。

 

それってつらいことじゃなくて、自分をいじめることじゃなくて、

自分のために、自分を愛してるからできるんだよね。

愛してる自分に、どうせならチャンスを活かしてできる限りの経験を

体感をさせてあげたい、っていう気持ち。

 

 

わたし以前、仕事を辞めて、収入が無くなって、

失業保険はもらえてたんですがなかなか前年度の収入に比例して健康保険やら住民税が高かったもので、

なんかほとんどそれに消えてしまっていて(「消えた」と思ってた自分を疑えよ!なんですけどね!)

しまいには定期預金を崩したことがあったんです。

 

ホステスやってて収入が一時的に上がって完全に舞い上がってたときに入った利率がすごく良いものだったから、

今解約すると半分しか戻ってこない、という設定のもので。

 

結局、半分は戻ってこなくても、今目の前の現金を確保することを選んだ。

 

保険会社さんは悪くなくて、わたしが本当におバカだったんですよね。

この時のことは今でも手痛い学びとして大きな財産です。

 

その手元の現金も、働いてないわけだから徐々に減って行って、

でも仕事をしていたわけじゃないし、

多分その頃一番怖かった。

 

もう、めちゃくちゃ怖かった。

 

だから、わかるつもり。

その状態で、お金を使うことの、こわさやしんどさが、どれだけのものか。

自分にお金を懸けることの、こわさやしんどさが、どれだけのものか。

 

あとね、「可哀想だから」とかいうような理由で

低いハードルで手を差し伸べてくれる人もたくさんいるから。

今は心の病気というのも、「病気」だから「わたし病人です」って

甘んじたままでいることもできますからね。

そのほうが、ラクですからね。100%。

 

「儲けにならなかったとしても、救いを求めてる人がいるから必要なんです!!」っていう大義名分のもと、

「安い金額で提供しますよ!」

「いいんですよ!あなたは弱い立場なんですから、甘えても!!」

「不幸が多かったぶん、多少良い想いもしていいですよね!!」

的な甘い言葉を囁く輩もたくさんいますから。

(その輩が果たして実力を備えてるのかは知りませんけど。)

 

ぼのぼのさんのすごいとこ、(まだ会ってないからもちろんわからんですけど)

そこに逃げなかったこと。

 

世の中が、それでも「弱者」とみなしてくれる立場のままでいることに

自ら甘んじなかったこと。

 

一番わかりやすいとこでいうと、お金を出す、って行為は、つまりそういうこと。

 

「弱者」に甘んじる人は、

親のせいにして、会社のせいにして、国のせいにして、

お金にかぎらず何かを、気持ちを、メリットを、

「もらおう」とするからね。

 

「自分は不幸で、弱い立場だから」

というもっともらしい理由で。

 

だから、

治っちゃったら、仕事見つかっちゃったら、儲かっちゃったら、幸せになっちゃったら、

困るもんね。

もらえなくなっちゃうから。

責めれなくなっちゃうから。

優しくしてもらえなくなっちゃうから。

 

だからその願い、叶ってるから、

治らないし、仕事見つからないし、儲からないし、不幸のまんま。

 

ハイ、お望みどおり、叶ってます!♡

 

なんですよね。結局ね。

 

わたしも旦那さんも、既存の社会の枠組みでいったらゼッタイ病気か発達障害ですもん。生きづらさ半端ないわ!

でも、そこに甘んじることを止めたから(旦那さんは最初からその発想ゼロですが)今がある。

でも、現状は、

甘んじることを止められない人のほうが多い。

 

だけどぼのぼのさんでいうなら、そんな立場よりも、

もっと大きな幸せを、喜びを

自分に与えてあげよう!と決めて、踏み込んだからこそ、

コース始まって無くてももう、ぼのぼのさんは山を登ってる。

自分の人生っていう山を。

だからもう、次々気づきが飛び込んでくる。モノに出来てる。

 

来週やっと初回セッションでお会い出来るので、

わたしはわたしで、わたしが見えるものの目線で何か、ぼのぼのさんがより登っていくサポートができたらいいな。

楽しみにしてます!♡

 

 

他にも、今日初回セッションだった方は岡山から来てくださったんですけど、

ブログを見つけて継続コース申し込もうと思ったときに、

その方、去年バイクで事故に巻き込まれたそうなんですけどその補償金が

コースと同額、入る連絡がきて

それで申し込んでくれたんですって。

 

あと来週関西から初回セッションに来てくださる方からはこんなメールも〜!

真穂さんのブログを読みながら、日常生活に「タダのオンナ」の要素を取り入れていっています。
そうすると、不思議なことが起こってきました。

いつも職場で、「やらなくて良いけどやったほうが良いかしら?」と思って、気を遣いまくってやっていた仕事があるんです。

本来は私の仕事ではありません。責任も取れませんし。

ですが、立場もありまして、どうしても私がやりたくない、と言い出せなかったんです。

ブログを読んだ後、それをやるのをやめてみました。気にはしつつも。

すると、年が明けて、職場に行ってみると、なんと、やらなくて良い状況が用意されていたんです。。

ビックリです。自分の仕事に集中できる環境が出来ていたんですね。。

 

すごいでしょ〜?(ドヤ顔。)

 

これでわたしが

「ほら、わたしのところに来ると決めると人はこうなるんです!」

「これがコースの効果です!!ここだけですよ!!こんなことが起きるのは!!!」

とか言い出したらちょっとアブナイ方向言ってますから誰か止めに来てほしいんですけど(笑。まあそれもある意味で一理あるけど”いわゆるそれ”じゃないですからね。)、

結局は自分が自分に本気になろうとしたら、

その一歩を踏み出したら、

勝手に自分の中外関わらず

変化が起きないわけないっていうことです。

 

だから、同じお金出しても、

「お金さえ出せば何か良いこと起きるんだ!!」っていうがめつい発想の人は一生何もおきないだろうし、

岡山の今日の彼女はたとえ補償金がそのタイミングで出なかったとしても

どこかで行くことは決めてたと思いますよ。

ほんのキッカケにしたに過ぎないだけだと思うな。(そういう人だからこそ、チャンスはやってくる。)

 

外側の何かが起きなければつまり本気ではない、ってわけでももちろん無いですし。

ぼのぼのさんみたいに自分の内側が開拓されていったら、

絶対に外側もついてくるから。ちゃんとやることやってればね☆(それはコースが始まったらまたおいおい^^)

 

わたしはわたしのとこに来てくれる人のことしか大事にしないですけど、

真理から言えばわたし以外のところでもどこでも、ピンときたとこに行けばそれでOKなわけだし、

逆に言えば今それなりにピンと来てる何かがあるのに(何もなきゃいいんですけどね別に)

「もっと良いところ(良い人)があるんじゃないか」

「もうちょっと探してから」

っていうのもまた、お門違いってことですよね。

「今」の「ピン」に応えていかなかったら「もっと良い」なんてステージ来ないんだから!

 

と、今日はそんな感じ!

 

最後に、またお一人ブログ始められた方がいるのでご紹介^^

twinklejewels.hatenablog.com

 

彼女はブログのタイトルどおり、とても丁寧に一つずつやってきた方だから、

ブログもきっととても参考になると思う!(Yさんプレッシャーになったらごめん!)

 

あ、今度ブログ勉強会もやろうかと^^

最初のモチベーションをどんどん膨らませていけるコツ等々いろいろやっぱりここっていうのはあると思うから、わたしがやってきたこと知ってることを、役立ててもらえるなら明け渡したいです!みんな地方にてんでバラバラに住んでるからこじんまりになるかもですが!

 

では今日は生理中&セッション続きでなんか頭回ってませんがそんなところで!

さよなら〜!(何この終わり方新しい。笑)

 

【募集中のコース詳細】

※コースの価格、内容は予告なく変更している場合がありますので、必ず下記ページから最新の情報をお確かめの上お申込みください。

santasantasan.hatenablog.com