読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

幸せを願い、創りだした2016年☆良いお年をお迎えください☆

自分を大切にする

f:id:santasantasan:20161231194920j:plain

 

2016年も残すところあと数時間ですね。

ブログ更新しますと言っていたのに、

伊豆に来てからあまりにまったりし過ぎて

ネットに触れることが無くなりました…

 

何度思い返してみても、

こんなに「今年最後!」という意識の薄い年内最後の日(大晦日)ははじめてです。。。

それは、あまりに今年一年、何にも縛られることも決めつけられることもなく自由に過ごせて、

大晦日といえども

いつもと変わらないまったりした日々だからかも…

 

元旦である明日になっても、

明後日になっても、

世間では仕事初めになってギュウギュウの電車がせわしなく行きかっても、

わたしと旦那さんの間に流れる空気はたぶん何も変わらなくて。

 

まったり、穏やかで、

好きなときに好きなことをして、

何気ない今日一日に感謝して、

明るい未来の話にワクワクして、

日々を真剣に生きて、笑って、

二人で生きていく。

 

わたしたちはわたしたちの生き方をわたしたちなりに楽しみながら築いてきたから、

クリスマスも年末も、たぶん年始も、

気負うことなくのんびりいつもの幸せを噛み締めてる。

 

だから、

お蕎麦食べたり、掃除をしたりもしたけれど、

あんまり実感が湧かないのですかね。

 

そしてそれは、

去年のわたしには無かったもの。

 

安心感。

幸せ。

豊かさ。

 

今は「当たり前に最初から在ったのだ」とわかるもの。

 

 

ちなみに他愛もないことなんですがね、

今朝、ふと目が醒めたら、

もう旦那さんが起きて、

父親の生家である今いる家(伊豆の家)を掃除してくれていた。

わたしには、寝てていいよ!と言って、

せかせかと、誰に言われるでもなく掃除してくれて。

大きな家で、あったかい布団に包まれて、ぼけーっとして、

わたし、守られているなと思った。

 

彼は旦那さんになり、

優しさ、頼りがいはそのままに、

お金や生活の面でも、わたしにおっきな安心感を与えてくれるようになって。

 

なんの話をしても、同じ意識で同じ視点で物事を捉えられる安心感も、

この一年でしっかりと生まれて。

 

何を考えてるのかわからない!

わたしのこと考えてくれているの?!という不安や葛藤は、

本当に無くなって。

 

そこに至れたのは、

本当にどんな些細な想いも不安も、ごまかすこと無く伝えてきたから。

わたしの夢も、今日感じたことも、嫌なことも、全部全部、

パートナーに伝えてきたから。

 

そうしてそれを伝えられたのは、

他でもないわたし自身が、わたし自身のどんな些細な想いも不安も感じたことも嫌なことも全部、

目をそらさずに見つめてきたから。

 

そしてそんな自分から逃げずに、抗わずに、

「何も出来ない、何も持たないただのオンナ」に

高速スピードで戻っていったから。

 

 そうして、そこに割いていた無駄なエネルギーぶんすべてを、

「ただのオンナなわたし本来」がもともと持ってる才能に

もとの芽吹ける核に

注ぎ戻していったから。

 

わたしの当初の小さな小さな願いは、

彼と二人、安心して笑いながら生きていきたい、だった。

 

その上で、結婚出来たら嬉しいし、

わたしはもう会社員には戻れないから、

旦那さんとなる彼の仕事が上手く行ってくれたら嬉しいし、

その上でわたしはやっぱりオンナだから

少しでも、男である彼にお金をかけてもらえるようになったら嬉しいな、

両親にも、助けてもらえたら嬉しいな、

ちょっとだけでも、人並みの生活が送れるようになったら嬉しいな、

だった。

 

だからほんの一年前までのわたしの望みなんて、

「好きに生きていくという自由を手に入れられるのなら、多くは望めないのだから、

せめて人並みの生活が、できるようになったらそれだけで大成功。」

って、本当にそんなもので、

それさえ何年も先に実現できる

贅沢過ぎるようにさえ思えた望みだったんですよね。

(本気で、5〜10年くらいかかると思ってた。。。)

 

だけど最初に挙げたように、

自分の想いにどんな些細なものも素直に応えていく、

それを自分で受け止められるようになっていきながらパートナーにも放っていく、

そんなシンプルな積み重ねの中で徐々に

まったく違うものの見え方が、世界が、広がっていって、

その隙間から、

「あれ?」っていう新しい希望の光が

いたるところに認められるようになってきた。

 

そうしてそんな「あれ?もしかして?」っていうほどの小さな希望の光を

「もしかして」で終わらせず、

怖いながらもわたしは掴みに行ったんですよね。自ら。

リスクや失敗を恐れずに。

 

そうしたら、体験から、

わからなかったことが、わかっていった。

常識が、どんどん塗り替わっていった。

学問で学んでた真理っていうものの、

ほんとの姿がどんどんクリアーになってきた。

自分を生きることのセンスが、どんどん身になっていった。

そうしたら毎日の中に、「奇跡」としか言えないことが

当たり前に起こるようになっていった。

 

月収は、仕事をはじめてたった9ヶ月で

最終的には75万越え。

 

自分が稼げるようになることで、

旦那さんに甘えられなくなるんじゃないか?

それは損なんじゃないか?

なんてがめつい思考に、もし少しでもとどまっていたら、

こんな発展もきっとどこかで頭打ちになってたんでしょうね。

 

旦那さんに、お金払ってもいい、くらいに思うようになった。

そうしたら、

そんな必要もないくらい、

旦那さんは旦那さんで、

勝手にしっかり、

稼いできてくれる男になった。

かといって仕事だけにけっして偏らず、

わたしのこともわたしの家族も大事に思ってくれる、

非常に家庭的にもなっていきながら。

 

そんな風に旦那さんもわたしも自然体で、

「まんまの自分」で勝手に稼げるようになったので、

当初の望みの「男の人(彼)にお金をかけてもらえる」とか、

ほんとどーでも良くなった。

 

そうなって初めて(※これはほんとに最近ですけど)、

自分を生きていないときの望みなんて、

「上手く行ってない前提」の

有限なものの見方での望みでしかないんだ、って

気がついたんです。

 

親や彼や誰かに、何かをしてもらえるかどうか?なんて

それでいかに自分は得を取れるか?

自分は損をしないか?なんて、

自分がいくらでも自分を生きられたら

自分の人生を創造し続けられたら

ほんとどーーーーでも良いもの。

 

だって、その世界はきっと、

永遠に無限なんだから。

こちらが立てばあちらが立たず、なんていう

有限の世界なんかじゃないんだ。

 

ようやく、そのことがやっと腑に落ち始めてきた2016年年末。

これはわたしにはまだきっと、

「あれ?もしかして…?」の入り口のところ。

 

だからこそ来年の今頃は、本当に肚の底から

「無限の世界」を感じている自分でありたいな。

 

だからこそ、その前提で、2017年は

素直に私の願いに、欲に、望みに

素直に手を伸ばしていきます。

 

 

余談ですが「今年一年どうだった?」と旦那さんに聞いたところ、

「良かったね。でも、もっとやれたというか、甘かったところもあったよね」と。←あ、わたしにではなく彼自身に対してですね!わたしに対しては放任主義で、ブログさえ興味を示してくれません。笑

 

わたしもそう思う。わたし自身に。

良かったし、最高に楽しかった!

「良くやった!わたし♡」

自分にドヤ顔出来る一年の最終日は、わたしから逃げなかったからこそ、実現できた財産。

 

だけれど、同時に

「つーかあんた、この一年、いったい何やってたの??」

って思う自分もいるんです。

あんた、

そんなとこにビビって、自ら停滞させたの?

そんなとこに甘んじて、自ら目をそらしたの?

つーかあんた、この一年、いったい何やってたの??

 

そういう風に、自分を見ている一部分も、確かにある。

てゆうか、なきゃいけないと思ってる。

 

それくらい、自分に応えていった自分を褒め称え、

それくらい、自分に応えなかった(というよりはそこに時間がかかりすぎたと感じる)自分には絶望し、

そうしてまた来年を創り出していく☆

そうして、取りこぼしを無くしていく☆

 

皆さんは、この一年、どんな年でしたか?

 

一年間で人生を大きく変えたわたしの一年前は、

会社員失格で、

結婚が出来なくて、

ただのオンナで、

つまらない、望まない、不安や不満まみれの人生だった。

 

でも、わずか一年で、人はこんなに変われること、

少なくともただのオンナで、なんの人脈も無く、ゼロから、証明したと思ってる。

それはなんてことない、

幸せを、安心を、

願い、創り出したから☆自分で☆

 

そんなわたしの軌跡をこのブログを通じて見てくださっているあなたは、自分に対して、

「わたしも、良くやった♡」が、

どの点に対して、どのくらいか?♡

 

「つーか、あんたこの一年、いったい何やってたの??」が

どの点に対して、どのくらいか?♡

 

ほんとにね、”忘年会”なんて言いますけど、

忘れちゃダメというか、むしろバカですよ♡

今年一年がもし、

忘れたいことの多い、

望まない、こんなはずじゃない人生だったなら、

明日から、年が変わったからって

忘れていきなり生まれ変わろうとして

何かが変わるわけ、無いんですから♡

 

年が変わったって、

あなたの決定的な「生き方」が

ほんとの意味で、変わんないならばね♡

 

2016年も残すところあとわずか。

 

わたし、「良いお年をお迎えください」の意味は

笑って楽しくいえーーーい!って明るくポジティブに迎えることだけでは無いって思ってる。

絶望して、泣き叫んで、

こんなはずじゃなかったのに!!!って、

後悔しまくって、涙に明け暮れて迎える新年が

ものすっごい変化のパラダイムシフトになることだって

容易にあると思うから。

 

とゆうか、本当はあなたは、そっちが必要なんじゃないですか?♡って人のほうが

いっぱいいると思いますけどね☆

それがきっと、怖くて出来ないままなんとなく逃げちゃうんだよね。

だから、”良かった”ことに、しちゃうんだよね。

曖昧に、傷つかないスレスレのところで。

そうしてまた、「そこ」を見ないで新しい一年も、

なんとなくいつもいろいろな悩みを伴って

また過ごすんだよね☆

それならそれで、いいけれど☆

 

わたしは来年も、幸せを願い、創り出していきたいです!

そのために、時間やお金を投資していくこと、

不要なものは甘んじず排除していくこと、絶望すること、失敗も、

恐れず果敢に挑戦していきたいなと思います☆

 

 

2016年最後まで、結局ピリリとした記事になっちゃいましたが、これがやっぱりわたしらしいっていうね。笑

応援してくださった皆様、出逢ってくれた個人セッション、継続コース受講生の皆様、

今年一年本当にありがとうございました!

来年も、素晴らしい日々と素晴らしい出逢いを楽しみにしつつ、

ただのオンナ青戸真穂をどうぞよろしくお願いします^^

それでは、良いお年を〜!

 

【募集中のコース詳細】

※コースの価格、内容は予告なく変更している場合がありますので、必ず下記ページから最新の情報をお確かめの上お申込みください。

santasantasan.hatenablog.com