「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

その先を望む、もっとより良くなりたいということにセットでついてくるガチさを知ろう!

【ただのオンナに戻って、その自分を大切に生きて、

その自分が望む世界を創っていく】。

 

この世界は本当に、めっちゃめちゃ奥が深くてですね。

 

まずはよく知っておいていただきたいのですが、

 

いろいろと、

・「自分を明らめる」とか「決める」とかいう「目に見えないところ」と、

・その「目に見えないところ」で明らかになったこと決めたことにそって実際に日々生きていく上での「行動」とか「選択」とかっていう「目に見えないところ」、

 

このふたつの世界があると思うんですが、

絶対的に覚えておいてほしいのが(※しつこい。)、

「目に見えるところ」の世界にまで上がってきたときのその「行動」とか「選択」自体は、

「自分を明らめてない人」や「何も決めてない人」、

もしくは最近流行りの「やってる風したい人」のそれと

目に見える世界ではほっとんど何も変わらないっていうことなんです。

 

 

たとえば同じように金脈に向かって穴を掘ってる人がいて、

この生き方をほんとにやってる人と、

やってる風とか、聞きかじった知識や情報を自分の視点から取り入れてるだけの人(それが悪いというよりは、それだと人に突っ込まれないのでズレてても気づきにくいということ。)、

金脈に向かって穴を毎日◯時間掘る っていう行動自体は同じになる、ってことです。

なんなら、使ってる道具も、着てる服も、

同じに見えます。

 

ので、素人目では

「見えるところ」ではほぼ見分けのつけようが無いってことなんです。

 

だけど何が違うって、

結果が違います。

 

たとえばさっきの金脈掘る例で例えたら、

「目に見えないところ=本当にやるべきこと」とするならば

 

そりゃ毎日毎日掘り続けてたら、

本当にやるべきことをやってなかったとしても

そこがすっぽり抜けてたとしても

金脈たまたま当たったね!っていうことももちろんある。

 

一度きりじゃないだろうし、とにかくやってさえいれば

なんかしら得るものはあります。

 

だけど、本当にやるべきことを自覚して

ただひたすら逃げずにやってる上で金脈を掘るって行動を取ってる人は

 

・前者の半分の時間と労力で金脈がザクザク当たったりとか

・なんなら帰り道にもっと近代的なパワーシャベルが落ちててゲットできちゃったとか(パワーシャベルが落ちてるって無いだろって突っ込まれそうですが^^;)

・なんなら困ってたお年寄りを助けたらその人が金を売ってるお金持ちで金脈掘らなくても金手に入っちゃったよ!とか

 

そういうアホみたいなことが起こります。

これを奇跡と人はいいますアレです。

 

そして先程同じ行動なので違いは見えないとは書いたものの

本当にやるべきことやってる人はそこで明らかになった「自分にしかわからないこと(見えないもの)」に従って臨機応変に変わるので、

 

・金脈をあえて掘らないでバカンスに出かけることもあるかもしれないし、

・逆に苦労して掘ったところを穴埋めにかかる みたいな

 

外から見た人からは

「はあ?あいつ何やってんの?大丈夫か?」的な

せせら笑われたりキチガイ扱いされたりするような行動になることもあります。

 

でも、結果が違う。

 

そのことが、

「努力もせず超アッサリ全てを手に入れてる」

と人には映る、というからくりなんです。

 

 

で、本題なんですけど(前置き長いわー)

わたし今日自分の、

【なんかちょっと「それ違うでしょ?」って言いたくなるというか、時にはむっとまでしてしまう部分】ていうののパターンが見えてきまして、

それが上記のことだったんじゃないかなって。

 

昨日までのわたしは、なんでそれにムッとするというか、

それ違くないかな?(別に良い悪いは無いんだけど、現実という結果は伴いにくいんじゃないか?)って感じるのかわからなかったんです。

 

だって表面上、まさに

「目に見えるところ」では

自分と全く同じなんですもん。

 

たとえばわかりやすい話で言えば

先日のめんたい子さんの、月収7桁の人に悔しいー!!って思う気持ちとか。

※めんたい子さんの秀逸記事♡まだの人はぜひ見てね♡

gokigen-mentaiko.hatenablog.com

 

 

これ、コレ自体、「羨ましい!」とか「悔しい!」って思うこと自体は何も悪くない。

わたしも欲しい!って思って全然悪くない。

望んじゃいけない身分とか無いし。

 

だってわたしも確かにそう思った時があっての今だもん。

ただのオンナていうかむしろただの引きこもり、社会(会社員)不適合者の身だった当時に確かに

思ったんです。

「もっとお金が欲しい!」って。

 

「会社員じゃなくても、好きなことだけしてても、お金すごく稼げてる人もいるらしい。だったらなんでわたしは無いの?わたしもそうなりたい!なっていいはずじゃん!」

って。

(書いてて変な汗かいてきた。。。だって当時は貯金を食いつぶしてた身ですから^^;他人には感じないけどやっぱり自分には何様!って感じちゃいますね^^;)

 

そうそう、そんな自分だったんで、

めんたい子さんの心の叫びは全然悪くなくて、むしろイイね!って感じ。

そうそう、そうやってどんどん望んでいいんですよ!って思う。

 

の一方で、これはもう経験と直感で、

「自分の気持に正直になって叫ぶのは全然OK!」

けど、

「これは、自分の気持に正直になったところで、

やっても現実が伴って来ない=やり損パターンだ」

っていうのは明らかにわかるんですよね。

だから伝えて。

(とゆうか伝えにもなってない乱暴メールだったけど。。。なのにそこから自分と真剣に向き合って自分の答えを見つけためんたい子さんがほんとにすごいし素晴らしいんです!♡)

 

このときは「なんか向き合ってる風、やってる風な感じ」っていう言葉にしてるけど

つまりはこれって

「何もやることやってないくせに、それさえわかってないくせに、

欲しいとか羨ましいとかばっか簡単に言うな!!!」

っていうことだったんですね。

 

それでそれは、お金稼ぐのは大変なんだからね!という世間一般の常識よろしくな意味ではなく(めんたい子さんのお友達はそっち側の人かも?と思ったからメールにはそのことも書いたけど)

つまりは上記の

「目に見えないところ=本当にやるべきところ をリアルに直視してないだろ!とゆうか見ようと思えばリアルに感じられるのに、もそもそもしてないで逃げているだろ!」

っていうツッコミ。

 

で、めんたい子さんをかばうわけではないけれど

めんたい子さんとはまだこの時点でまだセッションしてないんだから

ここまでメールで言われる筋合いも(めんたい子さん側には)何も無いんですが!

なのに受け止めてくれためんたい子さんの器の広さ&真剣さが素晴らしいってことですね。そしてわたしが乱暴過ぎってことね!ひつこいけど。

 

それでめんたい子さんに限らず、

たぶん同じところで最近いろいろ引っかかってたんです。

 

たとえば「嫉妬します」って言われたりとか。

京都に行ったこと、羨ましい!わたしもやっぱりそういうことを望みます!って言われることとか。

あとはもう10日ほど前の継続コース生のメールからなんですけど(これはもう御本人にはこの記事書く前にメール済ですが^^素敵なお返事くださいました☆)、

「パートナーに生活のすべて(のお金)を支えてほしいと思ってて、

でも自分でも稼いで好きな人達に物質的(金銭的)にも愛を与えたいと自分は思っているようです」

というような言葉とか。

 

※全部、そう言ってくれた方たち自体には何もマイナスイメージ持ってませんので誤解なきように!わたしの問題なのでね!その前提で続きを読んでね!

 

で、そういうの全部、

なんか「ん〜〜〜??」だったんですね。

しつこいですが言ってきたその人達が悪いとかダメとかじゃないですよ!

わたしの中に何かがあるんだと思って。

でも別に、わたしもそれらのことを思ってきての今だしな?と。

 

当時の自分と似たような境遇の人、

それこそ会社員が続かなくて今無職とか、

そういう人が「(良いなと思うと同時に)嫉妬の気持ちも感じる」とか

「わたしも(今働いていなくても)旅行に行きたい、羨ましい!」とか

わたしもそういう想いから出発しての今だから

全然そう思うこと自体は悪いことじゃないんです。

 

わたしも旦那さんに、自分は働いてもいないのに

「お金こういうところで出してほしい」とか

「これこれこうはイヤ」とか

望んできた上での今だから。

同じように、そうやって自分は養ってもらった上で

人さまにプレゼントしたり喜ばれることをしたりしたいなあって思っていましたもん。

 

まんま過去の自分だから、今のわたしにそう言ってくれる人たちも

何も悪くないじゃん!イイね!望んじゃいなよ♡って

本当にそう思うのに、

 

「ん〜〜〜〜???」

 

っていう何かの引っ掛かりがずっとあったんです。

本当にそれは、わずかなささくれ程度の引っ掛かりで

ぼーっとしてたら見過ごすようなものなんだけれど。

でもこれ絶対大事なことだと思ってずっととどめてた。

なんだろう?なんなんだろう?ってずっと残してた。

 

望みという、表向きに出てることは自分とまったく一緒。

それを両手を広げて素敵!って言えない何かはなんなんだろうか?と。

 

わたしけっこー悩みまして、

なんならもしや、実は

 

「誰でもできます!」とかこんなに言っておきながら、

「自分はこんな苦労してがんばってきての今なんだから、

お前らにはできないんだよ!わたしだからできたんだよ!フンッ!!!」

 

「わたしはいーの!でもあなたがたはダメなの!!!」

 

とか実はわたし思ってる!?

 

それとも実はわたしが嫉妬してる???

 

とか真剣に悩んでみたり。。。笑

 

どれだったとしても

えー、マジでか!?!?

もしそうならわたしダサい!!!

ダサすぎる!!!

 

とか真面目に凹んでみたり。。。笑

 

なんかいろいろ七転八倒してみました。笑

 

 

結果、やっと今日わかったこと。

 

それは、

「嫉妬する(羨ましい)」ということを他人様に口にすること、

「自分の本音に正直になる(自分の欲望を明らめる)」ということを他人様に口にすること

 

このことに【必ずセットでついてくるもの】を

経験を通して知ってるか知らないかの差からくるものなんじゃないか、って。

 

わたしは、その【必ずセットでついてくるもの】を知ってるから

他人様に「嫉妬する(羨ましい)」って気軽に言えないんです。

言うということは、100%自分が動かなくてはいけなくなることを知っているから。

自分の本音に正直になることも、

自分のドロドロとした欲望を明らめることも

【必ずセットでついてくるもの】の存在を知ってるから

毎回すごく勇気が入ります。

めちゃくちゃ怖いし、エネルギー使います。

なぜならこれも、それを明らめると同時に

100%自分が動かなくてはいけないことをイヤということ知っているからです。

そこにはすごいリスクが伴うことを知ってるからです。

 

だから、わたしはそうだから、

それを簡単に言われると、

「ん〜〜〜〜?(それ、その恐ろしさわかってて、それを引き受ける覚悟があって言ってるの?)

って思ったんだなと。

 

で、皆さんはそれを知らないだけなので、やっぱり全く悪くなく。

もちろん、教えられなければわからないものではないけれど、

それをわからなくて知りたいと思ってるからこそ素直にお金払って来てくださってるのでそりゃ悪くないわっていうね!

↑ちなみに「皆さんは悪くない」の想いが、ここに気づかないときは「まだ頭で思ってるレベル」で、ここに至ると「ほんとそーだわ!」って深く落ちて感情もスッキリするレベルですね!

 

だからもっと、明らめること先の世界を望むことの深さを

伝えていかねばなあと思いました。

誰でもできることだけど、簡単だけど、

でも勇気はいるよ!っていうことのリアルさを。

それがわたしの仕事に足りなかったことだなって

それとともに、わたし自身を小さく低く見積もってたなって

気づきました。

 

自分のやってることやってきたことにプライドと誇りを持ってないというか

必死過ぎて通ってきた道のりのすごさに気づいてないと

自分を見誤って、自分を低く見積もるから。

結果、自分はすごくないよーってなると、

できない人が逆にダメ、みたいなことになるから。

ダメじゃなくて、それがフツー。

やってきて結果が伴ってるわたしがフツーじゃない=スゴイだけ。

それでそれを、皆さんに伝えて、今からその道に進んでもらって

一緒にすごくなっていこう♪っていうだけ。

 

そんな自覚を、自戒を込めて、改めてしました♡

 

続きまして明らめる嫉妬するには何がセットでくっついてくるのかわかりにくいと思うので、

次の記事で実際にお客様に送ったメールを元に具体的なことを書いてみようと思います!

がしかし今日出かけるので、電車の中か帰ってから更新しますので今日はそんな感じで!

では!☆