読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

今日のわたし。

自分を大切にする

↓ ↓ ↓

・旦那さんが起きてきても放置して、

お昼どうするかとかも伝えないで

書きたいブログを黙々と更新。

(途中で「えっ、お昼の準備ないの?」って旦那さんに言われる(わたしが用意してる前提)。

この時点で(=旦那さんにこういうことを言わせてる自分である時点で)、最近自分中心の生き方からズレてることを痛感。改めて初心に変える決意。)

 

・旦那さんが、お昼を諦めて、住んでる団地の手続きに行ってる間にブログ更新完了。

お昼どうする?って言われて、

最近気に入ってる地元のお店に、

ラストオーダーまであと残り30分という時点でも

行くことを決行。

 

・美味しいチーズフォンデュを食べる。

食べながら旦那さんに、今日のブログに書いたようなこと

(「わたし、何もできない自分だということを忘れてたよ」とか

「もうわたしは、ごはん作らない方が前提って感じでよろしくお願いしたいの!」

とか、自分のことを気が済むまで語る。)

 

・もう一個、初心に帰るために、

あることをしたくて銀行に立ち寄る。

(これは何したかは秘密。継続コースの方は、気になったら直接聞いてください〜)

 

・スーパーでお買い物。

ここまで自分の好きなようにした時点で、

お夕飯を作っても良いような気になる。ので、材料を買う。

※ただし自分が好きに作れるものを買う。旦那さんが何食べたいか?とかはそもそも聞かない。

 

ここまで来て、

たった半日だけど

その中で自分のやりたいようにやりきって満足してきたので、

心から旦那さんに

「ワガママ付き合ってくれてありがとう〜〜〜」

って言える。

 

夕暮れ前の空や雲の美しさが、

「美しいなあ〜〜〜」って

気持ちに染み入る。

 

わたしのタイミングが来るときが自分にとってのタイミングでもあるんだと、

メールの返信を気長に待ってくれる継続コース生の懐の広さに

感謝が湧き出る。

 

世界が、最初から愛で溢れてたことを

ようやく思い出せる。

 

 

 

わたしが、大事だと言ってるのは、

清く正しく在ることでは無い。

ワガママと非難されることを恐れない強さを持つことでもない。

 

小さい汚い自分そのままでいいから、

怖がりで弱い自分そのままでいいから、

何も変わらずそのままでいいから、

ただ、やれよ!!っていうことを言っているんだ。

 

怖くなくなったら、やる。

絶望しきったら、動く。

勝算が見えたら、やる。

 

そんなのは、言い訳なんだ。

 

動いてきた人、わたし始め、誰も、

そんな人いないよ。

 

怖いし、嫌だし、上手くいくかもわからないまま

その自分のまま、体当たりでやってんだよ。

 

わたしだって一年経った今も、

あーー情けない

あーーー小さい

あーーーー旦那さんのお荷物

あーーーなんでわたしはこんななんだろう

 

そう思いながら、

思ったところでじゃあ変われない(変わる気も無い)自分を明らめて

その自分で生きる道を切り開いてきてるんだよ。

こんなちっさな日常の出来事の中で。

本気で自分を明らめて

本気でその自分を、大事な人に知ってもらおうと全力を尽くして。

 

その大事な人から、呆れられたり理解されない時も経験して、

それでも自分がその自分であることが、

大事な人をも本当に大事に出来ることに繋がると信じて、

それをやり通してきた。

(から、旦那さんは今、わたしのぶっ飛んだ宣言にも、

耳を傾けてくれる。最初からそうでは、無かったよ。)

 

 

だから、

怖いままでいいから、ビビリのままでいいから、

弱いままでいいから、

絶望しきらなくても別にいいから

(大体”絶望しきる”ってなんだ。どこで判断するんだそんなもの)、

泣きながら、震えながら、批判されて誤解されて白い目向けられて

悔しい想いを持ちながらも

とにかくやれよ!!

自分がそっちに進みたいんなら!!

ということなんです。

 

さもなければ望まないほうがいいんですよ。

一刻もはやく、

「望む自分を生きる」なんて青い鳥を追いかけるのを

止めたほうがいいんですよ。

動く気がないのなら。

自分から出てくるもの全てを、受け止めきる気がないのなら。

 

 

 

継続コース受けていて、

変化してる人、

自分を認めて生きることができるようになった人、

外側にほしいものを得られた人、

見せてないだけでみんな、

ちゃんとやってますからね。

 

途中であっても、どこかで覚悟を決めてますからね。

 

誰のせいにもしない人生を。

 

自分から出てくる嫌な感情も、弱さも、ワガママも、

まっこうから受けとめて、正面から向き合うことを。

 

苦しくても、そこを逃げずに、

そこを端折らずに、やってるんですよ。

時間をかけて、丁寧に、何度も何度も。

 

どんなに今、望まない自分だったとしたって、

【その自分】からしか始まれないんですよ。

【その自分】からしかやり直せないんですよ。

 

それで、それは誰でも出来ると言っている。

だって、変わらなくちゃいけないことなんて何一つないって言ってるんだから。

そのまんまの自分で、とにかくそのまんまでいいから、身を投じるだけ!って言ってるんだから。

 

そして誰でも、それをやり通したとき、

素晴らしい(本来の)自分が待ってると言ってる。

誰のこともわたし、諦めていない。

絶対に、全ての人が、自分を生きることができると信じてる。

たぶん、本人よりもずっと、その人のチカラを信じてる。

 

信じてるわたしが見てるほうに沿うか、

自分を信じられないその人が思う自分に逃げるか、

後者をいつも取るから結局、

わたしのことも自分のことも、

何者も信じてないんだわ、上手く行かない人は。

残念だけど、それはわたしにはどうすることも出来なくて。

 

そしてそれは、誰かを見捨てようが裏切ろうが、

不倫しようが浮気しようが

親のスネかじってようがオンナの武器使ってようが

親や誰かを利用してようが

はたまた前科があろうが

どーーーーーでもいいんです。

 

そんなのは、何したってしてたっていいんですよ。

そこで引くようなら、はなからこんな仕事してないわ!!

 

むしろそういう【非】がある人のほうが、

正しさを振りかざして生きてた人よりずっとずっと

素直だったりするから別にいいんです。

なんでもござれなんですよ。

 

ただ、わたしが怒るのは、

そのままの自分を受け入れようとする気がなくて、【やってる風】を演出するときだけ。

逃げ続けて、体裁を整えようと、わたしどころか自分をごまかす時だけ。

一時的に、【非】を取る勇気もないときだけ。

いつもいつも、曖昧な【誰か】や曖昧な【社会】に

自分の正しさを理解してもらえるような範囲でしか

動くことができない人だけ。

 

そこを踏み出す気持ちがないんなら、

わたしのところに来たってムリなもんはムリなんです。

※何か、強要するわけではございませんが。

 

自分が自分をどこかで諦めていて、

それを受けとめる気がないなら、

怖い怖い苦しい苦しいで本当に向き合う気がないのなら、

そこをやり通す気がないのなら、

諦めてさっさと【他人や社会に評価される生き方】に戻るしか無いんですよ。

どっちかしか、無いんですよ。

本気でやる気もほんとはないのに、

【やってる風】に甘んじて、

中途半端に足突っ込んでるほうがつらくないですか?

ブログ読んだりつまみ食い、

なんか知った気になれて明日も明後日も大して変わってない、

そんなほうが、つらくないですか?

 

そんなこと続けてるくらいなら、

早く自分に見切りをつけて、

もう望まないほうがいいんです。

自分を生きるなんてことは。

自分が動く気がないのに望むだけ、夢見るだけ、不幸だもん。

 

そう、結局は

「何も、決めない」人生が

一番つらいんだってこと。

 

 

 

わたしはわたしのところに来る人は、

それを独りでは出来ない、と明らめて来てくださってると思ってる。

独りではできないし、

そのやり方もわからないし、

だけど少なくとも、

わたしといることで、

見えてくる自分のどんな自分をも

とにかく一度真っ向から向き合ってみよう、という

そのつもりはあると思ってる。

 

だから、変われるんですよ。

これまでの人生で越えることができなかったところを、越えていけるんですよ。

新しい自分に出逢えるんですよ。

わたしがスゴイとそういうことじゃなく、

ただ、シンプルにそれだけのこと。

(あ、もしわたしがスゴイところがあるのだとしたら、

そこから少しもブレないところかもしれないけど)

 

きっとこれ、継続コースが終わりかける人、

コース中だけどある一定の何かを掴んで次のステージに行った人、

”越えた”人ならわたしが何を言いたいのかわかると思う。

「ああ、ほんとに(自分も)そうだったな」って

わかると思う。

何かを得るために、

情けないそのまんまの自分で

何かを手放す覚悟で体当たりで飛び込んだ人だけがわかること。

 

そこに、引きずりこむことしかわたしは考えてないんですよ。

その人が望むけど、独りでは飛び込めない踏み込めないところに

貞子のように引きずり込むことしか。笑

わたしにはそれしか能がないから。

嫌われるだろうなと思っていつもやってて、

結果、好かれる。

それだって、好かれるということを一旦捨てて、

やってみて、結果ついてきたこと。

それは、やった人にしかわからない。

抜けきった人にしか、わからない。

だから、とにかく、やれ!!!ということに尽きると思う。

 

そんなことを、今日またしつこく語りたくなった。

いつも皆さん、読んでくれてありがとう。

まったくまとまってませんが、

個人的には気が済んだので、夕飯のしたくをしようと思う。

それではそれでは。。。

 

【募集コース要項】

santasantasan.hatenablog.com