読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

2016/11/3

パソコンのネットが原因不明で不動になってしまい、

携帯からですが更新します。

先日からお伝えしている「完璧」。

今日改めて深くわかったことがある。

わたしたち、どんなに傷ついたと思ったこと、

後悔していること、

消したい過去も見たくない自分も、

全てなに一つ変わらずにそのままで今日まで生きてきたことに意味がある。

その全てが完璧。

その意味が、わけが、たとえ何も見えない時であっても。

「こんな自分」でたとえあったとしても、

その自分として生まれて来たことに意味がある。

父や母や、おじいちゃんやおばあちゃんや、もっとその先に視野を広げれば人類全体が

解放しきれなかった想いを愛に変えることのできなかった何かを

私たちが引き継ぐために今、私たちの命がある。

解消しきれなかったものを、託されて渡されたバトンが私たちの命そのもの。

だから自分を生きることは自分のためであってそれだけじゃない。

それだけの大きなことを、一人の人間を通してやろうとしてる。

一人の人間がそれだけを本気でやったら、

それだけでない大きなことに勝手に全自動でなっている。

なぜならそれが全てだから。

全てはそれだけであり、それだけであることが全てだから。

あの親のせいで、

あのパートナーのせいで、

やったやられた、傷ついた傷つけた、

そんなくだらないことで四の五の言って、

こんな豊かな時代を使いこなせない人類だけど、

でもいつか時が来たら、

必ず全人類がそのことをわかる時がくる。

自分の命の意味を。

存在の意味を。

起きること起きたことの意味を、

今日まで生かされていることの意味を、

全ての完璧性を。

だからわたしも、もうそんなものには付き合わない。

いつか、一番大事なことに皆が気付けるように、そこに皆が到達できるように、

その未来を見据えて今を生きる。

くだらないことを相手にする先には、くだらないことは解決しない。

それを越えた全ての源の命から見るから全部が手に入るから。

全部が、最初から在ったことがわかるから。

一つなぎに繋がれてきて、

“今”、

自分の中に注がれているその命を生きよう。

“今"、あなたの中にあるその命を生きよう。

完璧の中で、あなたの肉体に宿ったその魂であり、命であり、記憶なのだから。

この一生で、やるべきことはただそれだけ。

今を、わたしを、生きよう。